« できる限り残す道を | トップページ | コンブの右眼の治療 »

2017年8月30日 (水)

テラとコンブのこの頃


コンブを保護して2週間。


↑お腹すいたよー!の朝。声が大きい。


先に保護していたテラちゃんとはまだ一緒にできないから、交代で私が遊んであげる毎日。


↑テラくん



↑コンブくん


あと2週間経ったらFeLVの検査をするので、子猫同士で一緒に遊べるのはそのあと。



というわけで、ケージの中でも楽しく過ごせるよう、爪研ぎタワーを二本買いました。





接着剤か?袋を開けたら臭うから、丸二日干して。



設置すると、テラは大喜び!
見るなり登る!笑
テラは本当にわんぱく小僧!





コンブは…

やっぱり距離感つかめないのかな??

なかなか下りられず、大声で鳴き…

濃い色の布で包んだら下りられた。



コンブの目にはあまり光が届いてないのかしら。



眼球の中で光をキャッチするのは桿体細胞。

ロドプシンという物質が光りに反応するのだそう。


このロドプシンは
タンパク質とビタミンAからできているそうなので、

その辺を意識した、
コンブのための特製ごはん。

鶏むね肉
砂肝

モロヘイヤ
かぼちゃ






どうかなーと思ったら、みんなよく食べてくれてひと安心。


テラは「お代わり希望!」と言わんばかり鳴いてました(笑)





栄養価が高いから
かぼちゃがいいとか、モロヘイヤがいいとか、

そういうことではなく、

季節のものだから。


季節のものは美味しい。


もし選べるのなら、
選べるときは、野生に近いもの。


夏なら、
モロヘイヤとかツルムラサキとか。


秋なら、
原木椎茸とかさつまいもとか、
栗とかレンコンとか。

晩秋ならまたもっと美味しいものがたくさん☆


お肉なら野生の鹿肉とか。
旬のお魚とか。


まあ、無理のない範囲で。
良質なたんぱく質は高価だから効率よく。


品種改良されていない野生のものは、
生きるパワーがみなぎる感じがあって(^^)


食べたらパワー100倍!笑笑!

そんな気がするのです。


また食の話にズレました。


これからコンブの眼の検査に行ってきます。




お気に入りの座布団をキャリーケースに入れて行こう。


初めて6時間留守のテラちゃん。

とーちゃんがちら見に帰ってくれるみたいだから
大丈夫。それがないとなかなかね。




いたずらっこちゃん、
留守番はケージです(^^)



« できる限り残す道を | トップページ | コンブの右眼の治療 »

テラくん(決定)」カテゴリの記事

コンブくん(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テラとコンブのこの頃:

« できる限り残す道を | トップページ | コンブの右眼の治療 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。