« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

いい顔してるでしょ


うちの犬たち、とってもいい顔します(^^)

散歩中。











ノーズワーク後。
(箱におやつなどを隠して探させる遊び)





集合を解除すると、とたんに探し始める(笑)








「楽しい・嬉しい」の笑顔を

今日は何回見たか。



「はーい!スマイルー!(^o^) 」

と言ったら、愛犬たちは笑顔になるか。




飼い主は、兎にも角にも
毎日そこを頑張るといいかもしれません☆











ご近所さんや、里親さんから愛犬愛猫の
健康不良のお話を聞くことが増えました。

気のせいかもしれませんが、

『◯◯ちゃん、それはダメよー』

をよく聞きます。



小言(こごと)、多くなっていませんか(^∇^)



一度も注意しない日をたくさん作ってあげると、

犬たち猫たちの表情は

とてものびのび、生き生きしてきますよ♪


そこで提案。

あ、それやめて!と思ったら、

『◯◯ちゃん、こうしてくれるかな。
そうそう、おりこうさんね』

と言いかえたらどうだろう?



「病は気から」

「笑うは最良の薬」

って、本当らしいですから(^ー^)


こんな記事がありました。(今年8月)

「「病は気から」は本当だった! 北海道大が世界で初めてメカニズム解明」

https://www.j-cast.com/healthcare/2017/08/17306027.html



私の夫も小言が多くて参ります(笑)

でも留守がちだから、私は病気にならずに済んでます(笑)


そうそう。
留守中のわんちゃんたちのイタズラは、

「やったー!今だー!解放のときがきたー!」

という場合があるそうです。


でも飼い主さんたちは

「自分がいないとダメなのね」と勘違いし、

「うちの子、分離不安なの」と言うそうです。




私は夫の留守中にイタズラしたりしませんけどね、

やっぱり、ちょっぴり、解放感ありますっ(≧∀≦)


ナイショ!



2017年9月28日 (木)

今、気になるネット署名



ネット署名で、注目している記事が3つあります。

1つは、

「世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!」

https://www.change.org/p/世界遺産を口実に-奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください



2つめは、

「猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を懲役刑に!」

https://www.change.org/p/猫に熱湯をかけ-バーナーで焼くなどして虐待死させた-大矢誠容疑者を実刑判決に




3つめは、

「動物愛護法 44条2項違反(ネグレクト)の適正な運用と起訴を求めます!」

https://www.change.org/p/動物愛護法-44条2項違反-ネグレクト-の適正な運用と起訴を求めます




動物のことばかりです。

まだの方はぜひ。


2017年9月24日 (日)

秋の始まりは体調に注意


ちょっと暑かったけど、今日はいいお天気でした。

といっても、8月から腰痛ひどく、整体通いなため
出掛けずにいましたが(;ω;)


でも、秋の美味しいものをいただいたり、




愛犬愛猫たちと旬の食材をシェアしたりと、


↑鶏肉と冬瓜の煮込み


秋の始まりを楽しんでいます(^^)




そして、みんなの身体のメンテナンスも
ちょっとチカラを入れてやってあげないとなぁ。

自分が不調だから尚更… (^_^;


チェック項目は、

背中の皮、伸びるかなー

舌、綺麗かなー

肉球、張りはあるかなー

そんな程度ですが。



猫たちの皮の伸びが悪く、気になります。

特に、なかなか痩せてくれない「とらお」は
未病の状態にありそうです。
身体全体の皮が固い…



被毛はツヤツヤなのに、体質は弱め。
ワクチンで風邪ひいちゃうタイプです。





↑ブーレ

しっかり換毛期を迎えています。
太っていた5歳くらいの頃よりも
8歳のいまはスリムになって身軽。

でも、食後3,4時間経ってからの吐き戻しがあり、
未消化なんです…
気になります。

鍼灸が効きそうだよねぇ、と思っているところ。


他の猫たちも順番にチェックするとして、
犬たちは…



↑アビー、いい舌してます。

痩せていて、背中を撫でると
背骨がコツコツしますが、
被毛はフサフサで調子が良い様子。

痩せているほうが、調子がいい子は
多いと思います。







ジャスミンも痩せたので身体は軽くて
キビキビしていますが、
相変わらず胃もたれ体質で。

なんとかしてやらないとなぁ、
と思っているところ。




↑スミレは夏の間、ケホッと2,3回続けて
乾いた咳をしていて、
それも毎朝晩に聞こえていましたが、
涼しくなって治まってきました。

なるほど、スミレは夏に弱いのね。
来年は梅雨頃から対策してあげようと思います。
忘れそうだけど(笑

秋の健診もしたいところです。



そんなわけで、アビーとスミレだけは快調☆

他の猫たちもまた今度、チェックしてみます。



2017年9月22日 (金)

動画、もっとあります(笑)


テラとコンブの動画をご覧いただいて、ありがとうございます♪

04と05もあります。
同じく、取っ組み合い編(汗


【子猫の遊び・テラとコンブの場合04】
https://youtu.be/qHLgG6XfvX8


【子猫の遊び・テラとコンブの場合05】
https://youtu.be/VjgzWG-wNUQ




また、この辺をタップ(クリック)していただくと↓
私がアップした動画の一覧が表示されるかと思います。



過去の保護犬猫ちゃんたちの動画がたくさんありますです、はい♪♪



少し前までは、何分もある動画をダラダラと記録していましたが、YouTubeの機能に、閲覧された時間を確認できるところがあることを知り見てみると…

15秒弱のものがほとんど!!(笑)

笑っちゃいました

みな、気が短いっ



じゃなくて〜、私がタブーだったのね(汗


Googleの無料サービスに、ITをお勉強できるツールがあるのですが、

https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp

こちらを見てみると、やはり動画の時間は短いほうが人気があるとのこと。

もちろん変化のある内容でしたら、ストーリー性を持たせて長めでも良いようです。


そんなわけで、
テラコンブの遊ぶ様子は、15秒前後でまとめるようにしました。


彼らの元気さ、
コンブの見えない右眼は大丈夫か、
などが伝わるといいなと思います。



ところで、
以前、テラっちはトイレシート派とお知らせしましたが、今朝、面白いことがありました。


コンブが砂タイプのトイレを使っているのを、
テラが不思議そうに見ていたのです(≧∀≦)







コンブが去った後、めっちゃ覗き込むテラさん(笑)





この後テラは、手を入れたりすることなく
立ち去りました。

何を感じたのかしらね〜





2017年9月21日 (木)

テラコンブの遊ぶ様子


テラとコンブの遊ぶ様子を、
YouTubeにアップしました(^^)/


なぜか3番から始まり〜

しかも2桁表示!笑

【子猫の遊び・テラとコンブの場合03】
https://youtu.be/-Zs1utcy0jg


01はテラを保護した時のビデオを、

02はコンブのときのものを、

近いうちにアップしようかと思いまして。


できればたくさん。

だから、2桁表示に。



さらに、

5月から8月まで保護していた子犬カプくんのビデオも
追い追いアップしたいと思っています。




ビデオを見直すと楽しいです(^^)

ビフォーアフター

犬たちも、猫たちも、自分も、

なんらかの形で成長していたり、

同じ失敗してるなーと気が付いたり。


ちなみに広告は入れてませんので、
すぐに始まりますよ♪

2017年9月18日 (月)

大型台風の夜


台風による猛烈な強風と、
叩きつける雨の音を聞きながら書いています。
すごいですね…

ゴトンと、何かが外壁に当たったような…

見にいったら起きちゃう子がいるから
見にいけない(汗

犬たちは静かに耐えているのだと思います。

とらおは不安顔…
ミーナもお耳閉じたい様子。

ブーレはカーテンの隙間から外眺め、
「うぉーん」と小さな鼻声。




ひとり部屋のサラとは、
2時間ほど添い寝しました。
あまり気にしていない様子でしたが…
どうかな、ちょっと気になります。

書き終わったら行ってあげよう。
心細いはず。

サラは最近、胸の辺りのマッサージを要求してきます。




FeLVによる最も多いリンパ腫は
胸の辺りから始まることが多いそうで、

胸から脇の下にかけてのマッサージは
(胸だけじゃなく全身も)
サラみたいな子にはいいみたいです。

大阪在住の獣医師さんのブログにありました。


毎晩、満足するまでさすってあげます。



子猫たちはぐっすり寝ているのかな。
ニャオニャオ鳴かずにひっそりしています。


テラもコンブもトイレの失敗なく、
お通じも快調で、
ウールサッキングもまだないので、
新しいベッドを買ってあげました。

すぐに気に入ってくれたテラちゃん。




コンブにも同じものを買い、
同じく、すぐに寝そべっていました。

写真は何が何やら黒いかたまりになったので
無し…笑


テラは2回目のワクチンが済みました。

1回目の接種後、ぐったりと気持ちが悪そうにしていて、

深夜まで食欲が出ませんでした。

お顔が腫れたりの症状はなかったのですが。


今回はアレルギー抑制の注射を先にして、
それからワクチンとなりました。

また、1回目のワクチンとは違うメーカーに
したとのことでした。




おかげで夕方から食事ができて、
いつもと変わらない様子で過ごしていました。





1歳ワクチンの際には注意しないといけませんね。



ふたりでよく遊ぶようになりました。

その様子はまた次回。


というのは、
YouTubeに動画をアップしようとしたら
途中でフリーズしてしまい。

2回繰り返したので、時間置いてからにします(汗


2017年9月13日 (水)

コンブもウイルスなし☆


昨日、コンブさんの検査に行ってきました。



(早起きのコンブ。「起きてよー!」と)



検査は、猫白血病ウイルスと猫エイズウイルスを持っているかです。

結果は両方とも陰性、
つまり感染していませんでした(^^)





良かった〜〜

ハンデはおメメ(右目)だけ♪


保護から4週間経っているので、
猫白血病ウイルスの潜伏期間の心配はほぼ無いでしょう。

風邪も治ってきたので、
三種混合ワクチンもしてもらいました。

生後4ヶ月くらいまでの子猫のうちは
2回接種したほうが良いそうなので、
1ヶ月後にもう一度接種します。

体重は1.9kgでした。


診察台でのコンブはまたしても
クネクネ、ゴロゴロ

なーんと、採血中もゴロゴロ!!

あり得ない〜〜笑!


よほど、人が好きみたい(#^.^#)

でもキャリーバッグに入れると

「ガオー!出してよー!!」

とダミ声で泣き叫んでいました(^_^;)


帰宅するとトイレに入り、その後はスヤスヤ。
疲れたよね。





右目の目薬も頑張ってますよ♪






【ペットのおうち】にも近々掲載します!
医療費の一部、ご負担をお願いします。


猫白血病ウイルス感染のないことがわかったので、
テラっちと遊ばせることもできます。
どうなるか、楽しみ!




2017年9月 9日 (土)

テラちゃんは野生児タイプ


ハチワレ、テラちゃん。




【ペットのおうち】に里親募集掲載していますが、
まだお問い合わせがありません。

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn172044/



でもゆっくりでいいです♪


ものすごく可愛いから(*^ω^*)






おトイレはシート派です。

色々試してみましたが、砂はダメでした。

今はケージ生活なため小さなトイレを使用している関係で、

トイレシートは小さなタイプを折って、テープで留めています。





養生テープ5本セットを買ってしまいました。
サクラ色もあるんですね。


トイレ掃除中は犬たちのクレートに居てもらうのですが、

これがまた、おもちゃを転がしていつまでも楽しそうにはしゃいでいます。

クレートは四方でおもちゃがすべるからスリリングなのでしょうね。



1日2回、犬たちに別の部屋に居てもらい、
テラちゃんを放牧します。


「おっ!体育の時間ですか!」




そのときは、嬉しそうに走り回っています。









それがまた、元気いっぱいで、野生的で、



あの、



きぃちゃんを思い出します!


野生的な子、好きだわぁ☆ 笑


目一杯遊んだ後は、スヤスヤとよく眠ります。





ごはんは、
子猫用ドライフード、ウェットフード、
そして鶏肉や鹿肉を茹でた手作りごはんも食べます。








もう少ししたら、大人ねこの部屋に放そうかと考えてはいますが、遊び相手がいないと部屋中を走り回り、大人ねこたちが迷惑かなと思うので…

しばらくは今のキッチン横にいてもらおうかなと♪


よく私の動きを観察してますから、楽しいみたいです。





とはいえ、テラちゃんをお迎えくださるファミリーに

早く出会いたいと思っておりますので、

どうぞよろしくお願いします


2017年9月 5日 (火)

サラの定期検診は問題なし


サラの定期検診に行きました。


↑評判のキャリーカバー☆
プレゼントでいただきました。


2、3ヶ月おきに、CBC検査(各血球の数を調べる)をしてもらっています。

今回も異常なしでした(^ν^)






平和な明日が、またやってくる☆

大げさかもしれませんが、治らない病気を持ち、いつ発症するかわからない状態の子を持つと、明日への不安というストレスはそれなりにあったりします。


発症中はまた違う感覚なのですが。


採血、辛かったよね、いつもごめんね、
ありがとう、サラちゃん。

お茶でも一杯どうぞ(笑)


(薄めのルイボスティ)





サラの良い結果に気持ちが軽くなり、

実に数ヶ月ぶりにジャスミンと二人で森林浴に行きました。

楽しそうでした。終始キラキラして。









カプくんのお相手をしていた頃、
ジャスの体重が6.5kgから6.1kgにまで減ってしまいました。

カプくんが卒業してから3週間、体重が戻らず、癌かもしれないと心配になり、いざ病院かと思った4週目、やっと体重が6.3kgに戻ってきました。

これならたぶん、大丈夫でしょう。




サラの「問題なし」な結果に、

お酒の飲めない私ですが、

嬉しくて飲んじゃいました☆







すぐに眠くなり(笑)

サラと添い寝しました。

心地よいゴロゴロ音を聴きながら。

このクリクリおメメと、チュンとしたお口、
いつまでも眺めていたいものです。




2017年9月 1日 (金)

コンブの右眼の治療


可愛い可愛いコンブちゃま。



眼科専門医に行ってきました。




さすが専門病院。人の眼科と同じような設備がありました。検査内容は以下の通り。





コンブの角膜に穴が開いたのは、猫風邪といわれる症状の元である「猫ヘルペスウイルス」が原因でした。


これは私の絵。しっかり予習していきました。
おかげで先生の話がよくわかりました。




猫ヘルペスは角膜の表面を溶かすそうです。コンブの角膜は中心に穴が開いた跡がありました。

角膜が破け、眼房水が外に出る際、虹彩も引っ張られ中心に寄ってしまったようです。瞳孔を塞いでいました。



↑左が正常な左眼。光が水晶体を抜けて硝子体まで届いています。
右は光が届いていない右眼。




だから、コンブの右目はまったく見えていない状態だそうです。わずかな隙間から光を感じることはできるかもしれないけれど、と。





角膜と癒着した虹彩を剥がすとか、傷ついた角膜を切り取って移植するという方法もあるそうですが、

猫ヘルペスウイルスが残っているところにメスを入れると、またヘルペスが騒ぎ出し、予後が悪い場合が多いそうなんです。


なので、角膜に癒着しているコンブの虹彩は、自力で元の位置に戻るかもしれないことを期待するに留めることにしました。



幸いなことに、網膜の損傷はないため、虹彩が瞳孔の前から少しでも動いてくれたら、少しは見えるようになるかもしれないそうです。

角膜の白濁は取れそうにありませんが、ヒアルロン酸ナトリウム0.3%という目薬を頻繁に差してやり、デコボコで乾燥しがちな表面に潤いを与えてあげたほうがよいとのことでした。


そしてヘルペスウイルスがまた暴れ出さないよう、ウイルスをやっつける薬を2ヶ月飲ませてみましょうということになりました。


その錠剤が大きいんだな、これが…
コンブの体重だと1回、4分の3。4等分にしてもこのサイズ。







できるかなぁと不安でしたが、なんとか飲ませることができています。
サラへの投薬で培ったコツが通用しているみたい。


猫ヘルペス、なくなったらいいな〜

イメージ的には、花粉症のない人みたいになるね✨





そんなわけで、10月いっぱいくらいは投薬することになりそうです。

里親募集もしていきますが、錠剤と目薬を引き継いでくださる方にお願いしたいと思います。錠剤は10月いっぱいくらいです。


コンブは甘えんぼさんで、抱っこが大好きです。
うっとりしてしまいます。

取っ組み合いできる同年代とは分けたほうがいいかもしれません。右目が見えないために、取っ組み合い時に瞼を閉じられず、相手の爪などが入る可能性が高まります。

だから甘えんぼさんにできてるのかな(^^)


コンブちゃん、とっても可愛いです😍





« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。