« コンブの眼科通院3回目(最後) | トップページ | ブレーメンパークが終わり »

2017年11月18日 (土)

ブレーメンパークのブース位置


コンブちゃまの出陣日が明日に迫りました(^^)




コンブの待機場所はこちら。
犬ブースの【ジャックの里】です。




小さくて見えない場合は、
サイトのほうからご覧ください♪

http://www.bremen-park.com/common/pdf/bremen-park_2017_map.pdf






主催者のピースワンコさんが、
わんちゃんの不妊化手術をせずに
譲渡していることを不満に思って
参加しない方々がいるとか。



やっぱり。

気持ちはわかります。

私も最初はびっくりしたし。


でもね、

本当にそれが悪いことであれば、
39団体も参加しないと思うのです。


なぜ、参加を即決したのかなぁと
ある団体の代表の方に聞いてみたり、

ピースワンコさんのサイトを見たりすると、

2千頭の保護…


想像を超えています。


私が経験したことがあるのは、

3時間で60頭の保護猫さんのケージの掃除!


60頭というか、ケージ60個ですが。


つまり…

1ケージあたり、3分。


凄まじいです、これ。


下痢やらでトイレ本体が汚れていたり、

ハンモックの紐が切れていたり、

本猫在宅中の掃除ですから、
手に絡みついてきたりはまだ可愛いけど、
脱走を測る子はキャリーケースに入れて、
噛みつき虫はトイレ本体でガードしながら



これを毎日、毎日、朝ごはんの後と、
夜ごはんの後の2回やるんです。


猫のために部屋は年中暖かいので、
冬でもTシャツで、それでも汗だくです。

一番下のケージにハンモックをつけ直すときは
這いつくばります。


そして下痢や嘔吐、顔色の悪い子は
管理者に伝えて、必要に応じて
専任獣医さんの診察を受けます。

獣医さんは数人、交代でいましたが、
ケージは60×3箇所くらいあったんじゃないかな。


ぐったりした猫ちゃんが保護されたら大変です。

乳飲み子がいたら寝ることもままならない。


あのときの大変さを思い返すと、



2千頭の保護犬猫ちゃんたち。


きつい性格の元ノラ猫さんもいるでしょう、
人を信じない元野犬さんもいるでしょう。


なんせ、2016年の広島県の収容犬を
全頭引き取ったのですから。



あ。。。
うちのアビー(推定、元野犬)も
最初の1,2年は恐ろしく大変でした。
食べ物が絡むと守りに入り、
攻撃的になりました。




術後のケアも考えると、

里親さんのもとで
気持ちが落ち着いてから、

ゆったりした気持ちで

しっかり術前検査をしてもらい、

万全な体制で手術してもらった方が
そりゃあ、いいですよね。



最近保護を手伝った猫さんが
術後に体調不良になりました。
病院で猫風邪をもらってきたようです。


過去にも、ぐったりしてしまい、
5日ほど入院になった成猫さんがいました。


うちのアビーも
3.11の恐ろしい津波をおそらく経験し、
くりかえしやって来る大地震に怯え、
精神的に参っていた頃に保護され、

推定3-5歳で去勢手術でした。


ホルモンバランスが崩れ、
軽い甲状腺機能低下症になっていました。

引き取ってから1年前後も軟便や下痢。
まともな排便はありませんでした。



だから、

何がなんでもまず不妊化、

という考えはちょっと野蛮にさえ
感じています…

あくまでもそれは、
時と場合によりますが。




というわけで、
保護した犬すべてには、
まだ不妊化せずにいるという
ピースワンコさんの主催でも、
参加を決めました(^^)



こんなこと、わざわざ書かなくても
いいのですが、


少し前から、山田ズーニーさんの
「おとなの小論文教室。」を読み、

「とにかく、思ったことを書く」

を実践しています(о´∀`о)



考え方が違う方もいるでしょう。

お互いに、それは受け入れましょう。



なぜ、思ったことを文章にするのか。

それは、自分の意見に責任を持ちたいから。



3年前に、ペット食育指導士の
資格をいただいた時も、
小論文の問題がありました。

1年ごとの更新試験がありますが、
お題に対して、
800とか900字とか、
そんなサイズの小論文で回答します。

きちんと説明するためには
書けることが大事だからです。


書けないことはきちんと話せない。

だから

「なぜ、あの団体の譲渡会に参加するの?!」

と聞かれたら、

以上のように答えたいなと思い、
活字にしました。




さあて、コンブちゃまに良い出会いは
あるでしょうか♪


おメメのことは前回の記事に書いた以上に、
ご説明できると思います、たぶん(о´∀`о)

書くために頭の中を整理したつもりなので。
あんなでも(笑)




奥が志麻、手前がコンブ。
体重3kgになり、小柄な女の子と
変わらないサイズになりました。


今朝のコンブは窓の外に釘付け!




となりの白菜畑で収穫が始まり、
賑やかです。


明日はハンモック付きのケージにしようかなと。




グリーンドッグさんも出るから、
お買い物もしちゃおう(^ν^)


« コンブの眼科通院3回目(最後) | トップページ | ブレーメンパークが終わり »

コンブくん(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーメンパークのブース位置:

« コンブの眼科通院3回目(最後) | トップページ | ブレーメンパークが終わり »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。