« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

腎不全、治りました


ジャスミン、退院後9日目に
また検査に行きました。

血液検査で、腎臓機能が
復活したことがわかりました☆




なので、腎不全は腎不全でも、
「急性腎不全」だったということに
なるようです。


肝臓はまだダメですが、回復までに
時間がかかるのは仕方がないそうです。
自力で回復するはずだからと、
肝臓サプリ「リバフィット」をもらうだけ
となりました。

肝臓なら再生する臓器だと、
それくらいなら私も知っているので
心配していません(^^)


突然の多飲多尿→脱水→急性腎不全→入院
となってからちょうど二週間。

やっと、ひと息つけます。



のんびり日向ぼっこ。






結局、ジャスミンが
脱水になった原因はわかっていません。

担当獣医さんが最初の症状を見たときに
アジソン病
(副腎皮質ホルモンが激減する病気)
を疑い、
ホルモン検査をしたために発覚した
「副腎皮質ホルモンの過剰分泌」。

つまり逆だったのですが。

それだけが今は引っかかる状態で、

その検査については、
年明けに行うことにしました。


しなくてもいいかな…
なんて思っているくらい、
副腎皮質ホルモン亢進症の
特徴的症状がないのですが、

多飲多尿の部分がやはり
どうしても気になるので、
1月8日に検査予約を入れました。

トイレは相変わらず頻繁で、
平均3時間置きなのです。


ただ、3日前からは深夜に限り、
5時間くらいは我慢できています。
熟睡できるようになったのです。


8日までに排尿が普段の頻度になれば、
先生に相談して副腎の検査は先送りに
してもらおうかなと思っています。

というのは、
ジャスミンの入院ショックは大きくて、
病院の待合室では
ガタガタ震えるようになっていましたら。




検査でまた数時間も病院に預けるとなると、
ちょっと可哀想で…

それに、強いストレスがかかるわけですから、
まともな検査ができるかどうかも疑問あり。



年末年始をのんびり過ごしつつ、
好きな遊びやお出かけも交えながら、
メンタルの完全復活を気遣ってあげようと
思っています。

ご心配いただいた皆さま、
ありがとうございました。


ここ数日の犬たちのごはん。
ジャスミンは食事制限なしです。

ジャガイモ、人参、キャベツ、黒豆を
お肉と一緒に煮込みました。





新鮮な「からし菜」を買えたので、おひたしに。
キウイも添えました。
この日はたっぷりレバー。
玄米せんべいを砕いて加えてます。





こちらは、サツマイモ、豆腐、白菜、海苔。




再び、むかご(笑)
自然薯の隣りに置いてあったので
自然薯のむかごじゃないかしら♪
久しぶりにトマトも加えて。




こんな普通の食材をうちの子たちは
食べています。
お肉は、鹿肉、馬肉、豚肉、鶏肉の
ルーティン。
それぞれの内臓も時々使います。


この間、鮭と鶏肉の煮込みも作りました。

写真撮り忘れましたが、
鮭の日が、月に2日くらい。
それ以外のお魚の日は1〜3日くらい。
特別決めていません。


それぞれ、仕上げにはオリーブ油かごま油を
足していますが、

昨日はゆっくり買い物に行けたので、
国産えごま油と、国産秋ウコンを購入できました。

知識人の友人知人の皆様から、
ジャスミンにハーブのサプリも
色々と勧められました(^^)
ありがたいです。


まずは国産の「食品」で様子を見てみます。

それでダメならサプリ!

ホルモンの病気が確定したら、
いよいよ本格的に考えてみます。
情報ありがとうございます(^^)

次の手があるって、心強いです。


今は、病院から出た肝臓サプリと、
時々、ウコンをパラパラして、
時々、えごま油をたらりとして。

そんな感じで、ジャスミンの回復力を
見守ります。


昨日はイワシにしてあげようと思ったら、
スーパーには鯛やマグロや数の子、しめ鯖と、
お正月準備品ばかりでした(笑



今日は大晦日。

みんなで年越しそばを食べられる幸せ。



笑う犬。昨日、万博記念公園にて。




サロンで綺麗さっぱりした子。





お正月飾りはサラに選んでもらい(笑




みんな元気にお正月を迎えられそうです。





命救ってくださった先生に感謝しながら、
ツルツルと長いお蕎麦を楽しみます(^^)


2017年12月30日 (土)

こんぶくん、トライアル順調


トライアル中のこんぶくん。
毎日ご報告をいただいてます(*^^*)

ご家族の皆様にどんどん慣れていることが
手に取るようにわかります。


「ごはん、まだー?」





「ぼく、こんぶです、よろちく」




先住のねこちゃまとの距離も縮まって、
昨日は一緒にこたつに入っていたそうで。



こんぶくんがうちで過ごした4ヶ月を
思い起こすと、

前半はおメメの治療とケージ暮らしで
楽しいことが少なかったかもしれません。

テラちゃんと遊ばせると、
テラちゃんのほうが体が小さいのに
かなり強かったし(笑)


その分、後半は兄姉ねこたちに甘えて
楽しさ増えたかなとは思いますが、


それよりさらに、
今のほうが楽しそうです(^^)


「階段ってたのちー!」





たくさん遊んで、ねむねむ




「早くドア開かないかなー」





まだ0歳なのに、
こんぶは偉い子良い子です☆


トライアルはお正月まで続きます。




2017年12月26日 (火)

ジャスミン、退院5日目


ジャスミンが退院して5日が過ぎました。
点滴なしの生活をしてみて腎臓がどうなるかを、退院2日後に検査しましたら、入院最終日よりほんの少し悪化しただけでした。





点滴を外した状態でこのくらいなら心配ないそうで、
「急性腎不全が改善傾向にある」
とのことでした。

実際のところは、
排尿間隔は 2,3時間おき。
なかなか改善しませんが…


副腎皮質ホルモンが過剰分泌になると、
多飲多尿の症状が出るそうですが、

腎臓に何か強い異変があった場合も
副腎がたくさん働いて過剰分泌になるのだそうです。


そのため、今回の脱水の原因が
副腎にあるのかどうかは、
しばらく日常生活をしてみて、
落ち着いた状態で再検査してみないと
わからないとのことでした。



毒だった場合は、解毒できれば
腎臓、肝臓、副腎のすべてが
落ち着いてくるだろうし、


副腎皮質ホルモンの過剰分泌が原因で
多飲多尿になり
脱水を起こしたとすれば、
いよいよクッシング症候群という
病気が浮上してきます。


クッシング症候群の原因は、
副腎のガンや下垂体の癌が考えられるとのこと。
副腎に腫瘍があるかどうかの判断の1つに、
エコー検査で5ミリ以上という状況が
あるそうで、ジャスはちょうど
5ミリだったそうです。


どうか癌ではありませんよう願うばかりです。


検査の帰り、ドッグカフェに寄ってあげました。





というのも、病院の待合室では
ものすごく震えていて、
これを軽く見たら
今後の通院が厄介なことになると
思ったので(>_<)
早めに「良いこと」で上塗り。






ワンめしチャーハンを喜んで食べていました。

食欲は問題なくありました(^^)




散歩は日中の暖かい時間帯に一回だけ。
足元から冷やさないようにしてやらねばと。




家では、自ら遠赤外線ヒーターの前に寝たり、
身体が温まればソファで寝たりしています。




明け方は熟睡しているためか、
トイレの間隔が
4,5時間になります。

体重が、入院前6.5kgから退院後5.8kgに。
1割減。


次の通院は一週間後で良いとされました。
ホッとしました。

退院時は、
数日おきに点滴かも、と言われていたので。

腎臓が回復したからですね。


年明けに、副腎皮質ホルモンと
肝臓が回復したかどうかを調べてくださるようです。


薬(抗生物質)はなくなりました。
肝臓サプリだけ。


嬉しかったのは、食事について、

「手作りですよね。腎臓サポートを少し意識して作られてもいいですね」

と言っていただけたこと。

すぐに療法食フードを…
と言われたらどうしようかと思っていました。


犬たちは、見た目は何でも食べますけど、
作りたての美味しさは、
ぜったいわかっていると思いますから。


今回のことで、ジャスミンはじめ、
みんな確実にシニアになってきたんだなぁと
実感しましたから、

ごはんの内容も、お肉を減らして、
大豆や卵からタンパク質を考えても
いいなと思いました。


久しぶりにゆで卵。若干、お肉少なめに。





ビーフン。豆腐。キャベツ。ムカゴ。味噌味にしました。






サツマイモとワカメを煮てみました。





卵チャーハンには、
スピナッチ(ほうれん草)とピノ(小松菜)を加え、
キヌアもパラパラと。
これ、普通に美味しい(笑





先週はベビーリーフ三昧でした。
新鮮な小松菜やほうれん草の幼葉を
オリーブ油であえました。
きっと、アマニ油などのオメガ3オイルなら
もっと身体にいいでしょうね。

ムカゴも旬は終わりかと思いましたが、
産直屋さんにまだありました。


季節のものが並ぶ産直屋さんは
栄養の宝庫です(^^)


おうちごはんは美味しいねー






そんなわけでジャスミンは、
排尿間隔以外は
日常生活に戻れています。


ご心配をいただいてすみませんm(_ _)m



2017年12月24日 (日)

コンブくんもトライアルスタート


8月16日に保護してから、
約4ヶ月程うちで暮らしたコンブくん。

バニラちゃんが居なくなった日は
心細くなったか、
寂しそうな顔をしていました。



ミーナとコンブくん。





3,4歳の先住ねこちゃんがいるお宅で
トライアルスタートしました。


二日前にはバニラちゃんが出発。

仲良しなふたりでしたから、
寂しさと緊張が同時にやってきて…

緊張する様子を見るのはとても
つらいのですけどね…


でも、人間と違って、
すぐに現実を受け入れられるのが動物。


ごはんOK、
危険なし、
寝床OK、
天敵なし、
ここ楽しい!
これ面白い!


そんな感じでひとつひとつ探検して
チェックして、
その場に慣れていくのですよね。

頑張れ!みんなこんぶの味方だよ♪


こんぶを希望してくださった方は、
眼科病院でご勤務経験があるそうで、

眼のことを少しお話しくださいました。


こんぶの右眼の不憫さを、

一般的な人よりも専門知識を持って
理解してくださる方が
新しいお母さんになってくれるなんて、

とっても嬉しい。


でも、先住ねこちゃんは
食欲がなくなってしまったそうですから、

慎重に様子を見ていただければと思います。


全員がhappyにならないとね(^^)




とらおとこんぶ








バニラさん、トライアルスタート


保護からわずか1ヶ月ちょっとで
スピード決定となったバニラちゃん。

同じ歳の白ネコくんがいるお宅で
先日、トライアルスタートとなりました。

早く仲良くできるといいね(^^)

出発前の我が家での様子。





上手に日向を活用してました。













とても美しい子でした☆

性格も穏やかで。

私や、うちの猫たちには
すぐに慣れてくれましたが、
夫にはダメでした。

何かあるのでしょうね。


先住ねこくんと、うまくやれますように。

猫同士の相性は、
人の努力ではどうにもならないところ。


もし仲良くできそうになかったら
戻ってきていいよ。

そんな気持ちで送り出しました。


みんなが幸せにならなきゃ、意味ないもんね。





がんばれ、バニラちゃん







2017年12月22日 (金)

ジャスミン、退院しました


入院5日目の朝。
腎臓の状態を表すBUNの値が
やっと、しかもストンと下がったとのことで、
退院してみましょうか
ということになりました。






夕方までに処置をしておくので、
5時に来てくださいと。

ワクワクしながらお迎えに行きました(^^)


原因や身体の状態はまだよくわかっていないので、

点滴を外してみて
普通の生活をしてみてどうか

というところを見るための退院でもあり。



副腎皮質ホルモンの検査結果も出て、
そこに異常があったそうです。

過剰分泌で、数値的には
「クッシング症候群」
という病気の範囲に入っているんだとか。


ただこのクッシング症候群は、
ゆっくり進行して気付かないくらいの
病態がしばらく続く場合が多いそうで、

今回のように、突然多尿になって
震えが出るというのは、
あまりないんだとか。


急性腎不全になったことと、

ホルモン異常は別物かもしれないと。



まだまだ何がどんな状況なのかは

よくわからない、というわけです。


お薬2日分もらい、土曜にまた通院です。






さて、
帰宅したジャスミンはしばらく興奮状態で、
私が動くとぴったりマークで
そばを離れませんでしたが、

深夜には私の動きも止まったので
落ち着いて眠っている様子でした。



(まだ興奮中の時)


ただ、排尿が短時間で
繰り返しやってきたため、
まだ腎臓がおかしいのか、
ホルモン異常の影響か、
尿カテーテルの違和感なのか、
わからないことだらけ。

ひとまず、メモを取っています。



こんなペースでお水のような尿が
出ていました。


飲水量は、ペロペロペロ、くらいしか
飲みません。


肝臓もまだ不調ですが、今は考えなくて
良いそうなので、とりあえず食事制限なし。

昨夜と今朝は、
食べ慣れた鹿肉を食べてもらいました。
卵入りのトロトロお粥と
ベビーリーフ、
人参はオリーブオイルで炒めて
甘くしました。





ストーブで焼き芋を作ったのでオヤツに。


久しぶりのお散歩は暖かい時間にしました。





排尿ペースも間隔が開いてきたので、
今日は通院しなくてよさそうです。


退院翌日はこんなところです。

ふぅ。。。



心配尽きません(涙



2017年12月19日 (火)

ジャスミン、入院3日目


うちの子の入院で、こんなにも自分のメンタルがやられるとは想像もしませんでした…


2日間ほとんど食事が取れず、朝起きると胃痛と、腹筋痛、嫌な夢も見たりして。

がんばらねば!と思って飲んだ900円ユンケルも
瞬時に吐き気を催し、
もったいない状態に(汗


結構、情けない… (>_<)



ジャスミンは初日から
ICUに入っていたのですが、





3日目の今日、昼頃には
一般入院室に移っていました。

ちょっとホッとしました。

6,7頭の子がいたように見えました。



昨日は血走っていた眼も、

今日はいつものキラキラした瞳に戻っていました。

私だとわかるとピーピー鼻を鳴らしました。



獣医さんにケージから出してもらうと、
急いで帰ろうとしました。

私が抱きかかえ、

「ジャス、どお?楽になったでしょ、

もう痛いところないよね?

お利口してたね、えらいねぇ!」

と話しかけると、
顔中を舐め回してくれました。


「もう少し頑張ろう。

また明日来るから、

ここでもうちょっと待ってて。ね。

ジャスはお利口さんだから頑張れるね。

もうちょっとだけ、待っててね 」


私を一生懸命に見つめ、

言ってることを理解しようと

首を傾げてくれました。



ジャスミンは「もうちょっと待ってて」の
意味は理解しています。



「お利口さん」は褒められているということも
わかっています。



そんなふうに話しかけようと、
私はあらかじめ決めていました。

ジャスミンの不安が少しでも解消されるように。

お利口に待っていれば迎えに来るよねと
思えるように。




ケージに戻すと、扉を前脚でカリカリして
開けて!と言っていました。

再度、「また明日ね。

ジャスはお利口さんだから、

もうちょっと待ってて」

と告げると、首を傾げていました。


状況を理解しようと、
集中して私を見つめてくれていました。


その眼差しには、
昨日はなかった力強さと冷静さが見えました。

きっと大丈夫。



病状は、原因不明の「急性腎不全」です。

まだ原因を探っている段階だそうです。


毒性のあるものを口にしたか、

腎臓病が少しずつ進行していたのか、

副腎皮質ホルモンの異常か、

なのだそうです。


明日くらいには、ホルモンの検査結果が出るとのこと。


現在は点滴をしながら尿カテーテル。


それでも腎臓の値が下がらないため、
退院できないと…


今の段階で点滴を外すと、
また一気に上がる可能性があるそうなのです。




しかしながらこうしてみると、
下から三段目のBUNという腎臓の状態を表す値は
わずかながら基準値に近づいてます。




どうか早く、家に帰れますように。


ジャス、頑張れ!もう少しだ!





2017年12月17日 (日)

ジャスミン、入院


ジャスミンが今朝、脱水症状で入院しました。

昨夜から明け方までに、排尿すること5回(たぶん)

血混じりでもなく、嘔吐下痢もなかったのですが、明らかに元気がなく、歯茎が白っぽくなっていました。お水は頻繁に、でも少しずつ飲んでいました。


膀胱炎かなと思い、明け方まで腰のあたりなどを温めてあげたりしました。



↑電気の温灸。布団の上でも使えて便利。先端にはビワの葉シートを挟んで使います。


これが良かったのか、悪かったのかは未確認です。


でも朝にはいよいよ震え始めたので、これは異常だと感じ、朝イチで診てもらいました。


すると、やや低体温になっていて、ひどい脱水状態だったのです。即、点滴開始。





腹部エコーでは異常がなく、
血液検査結果で、毒か、副腎の病気か、腎臓そのものの異常か、とのことでした。

脱水状態がすぐに改善されなければ、このまま循環不全となり危険だと。脳や胃腸や腎肝、あらゆる臓器に影響が出ると言われ…

とにかく明日までは入院と。

驚いてしまいました…







夜になり担当獣医さんから「脱水は改善された」と聞いてホッとしました。しかしBUNが65(通常は9から29)ほどあり、腎臓の機能はほとんど改善されないままだと。


面会はNGでした。とにかく安静とのこと。
酸素室で落ち着いて横になっていると聞いて、少しホッとしました。


なぜこんなことに…

昨日はいとこが遊びに来て、犬たちを連れて一緒に歩きました。いつもより遠くまで歩き、おしゃべりにも花が咲き、ジャスミンの道草については注意不足でした。何か悪いものを口にしたのかも…と思っています…


可能性のある病名を教えてもらったので、病気辞典を読んでおきました。夫はネットで「急性腎不全」を調べ、恐ろしくて仕事に集中できないと嘆いていました。ネット調べはダメダメ、と修復するものの… ため息が家全体を覆うかのような状態で。


現在、うちには11頭いるんですけどね。ジャスミンがいなくなるだけで、ものすごく静かです…


ジャスミンに元気が戻るよう祈るばかり。




↑(4日前)

バニラさん、お見合いしました


11月3日に保護して、まだ1ヶ月ちょい。

バニラさん、お見合いをして、

年内にトライアル開始が決まりました。


バニラさんはとっても穏やかで優しくて、
空気読めるタイプ。

まだ人間に慣れていないため、
ついつい緊張してしまいますが、
翌朝はもう、顔見知りになれます。


噛みつきも爪だしパンチもなし。

初見はちょっと唸るけど。



お見合い終わったあとのバニラさん。







私に気づいて、テンション下がる…






邪魔してごめん、ごめん。


あと数日、みんなとの生活を楽しんでね。



2017年12月12日 (火)

譲渡会は不発に終わり



行ってきました、
保護ねこさんのための譲渡会。

コンブとバニラを連れて。



あ、
コンブの写真が…
1枚もない…(汗



結果は、ご縁なし。



一週間お預かりしていたチビねこ4頭も
連れて行ったのですが、

たくさん抱っこされて、かなり疲れた様子でした。

あまり長く抱っこさせてはいけませんね、
反省。

1ニャンは少し体調を崩してしまいました。




ちょっとがっかりした一日だったとはいえ、

3年前に、キキサトちゃんたちの
里親になってくださったご夫妻が、
コンブとバニラの応援にきてくださって!

それがなにより嬉しく思いました (*´∀`*)

ウチの子だけじゃなく、
保護ねこさんたちのことも忘れないで
いてくださるんだもの。





というわけで、引き続き、
里親募集しております。


が!
月曜になり、地元で
バニラにお見合い希望がありました。


そして、本日また、
コンブに別の方から
ご希望をいただきました。


2組とも先住ねこさんがいます。


さて、どうなることやら。


2017年12月 6日 (水)

新人バニラさん


先月初め、

「どうしたもんだろう?」

と連絡をもらい、

「あちゃー」

となった私。(笑)


3年前だったかな、どうにも人間嫌いだった
オス猫トヨくんを仕方なく地域猫(TNR)に
したのですが…


そのトヨくんに白い恋人ができちゃったのです(汗)






トヨくんはTNR後、
地域猫として見守られているのですが、

どんどん人が好きになり、
穏やかで優しい子になったため、

ご近所Aさんが「かわいい、かわいい」と、
時々玄関に入れたりしながら慣らし、

少しずつ家猫にする習慣を作ってくれて
いるところでした。


そのトヨくんに寄り添うように、
白い女の子がお庭に居着くようになり、
可哀想だからと、そのお宅でごはんを
あげたら、ずーっと居るようになって。









私が見に行くと少し警戒しましたが
逃げ去る様子もなかったので、

ケージ内でごはんをあげてもらうこと
3日、あっさり入ってくれて
通院もできたのでした。





ベレー帽を被るように
黒い毛が頭にありますが、
身体は真っ白。





獣医さんのお話によると
1歳くらいの女の子。

県の迷子届けはありませんでした。
Aさんは宅に来たばかりの頃は
痩せていたし、黄ばんでいました。



最初は、私がTNRしたトヨくんに寄ってきた
新ねこさんだから
私の責任でなんとかせねばと
思っていましたが、


Aさんも「ごはんあげたの私だし」と
責任感じてくださって。


まずはAさんが最初のお世話を
買って出てくれました。


時々びっくりしちゃうけど、
すぐになついて、
手のかからない良いコだそうです。




避妊手術のあとも良好で
ワクチンへの強い反応もなし。

とはいえ、健康なねこちゃんであっても、
四週間は感染症チェックのため、
ひとり生活をしてもらいました。


静かで、甘えん坊さんで、Aさんのご主人が
メロメロだそうで。




たしかに、美人さん!(笑)


隔離期間も過ぎたので、
明日、うちに連れてくることにしました。

里親さん探しをしなければなりません。


バニラちゃんと名付けてみましたが…

似合うかな?

Aさんはモーリーちゃんと呼んでいました。

えー… … 全然イメージわかない(≧∀≦)

男性っぽい名前だし(笑)




そんなわけで、うちの保護猫さんが
増えることになりました。


大変になるけれど、
ちょっと楽しみだったりもします(^^)



2017年12月 5日 (火)

うちの犬たち、なかなか良い子です


毎日毎日、犬たちとなかなかの距離を
なかなかのスピードで歩くわけですが、








いつのまにか、犬たちは私を超えて
歳をとったのかなぁ…

散歩後はぐっすり寝てしまいます。





そして夕食の支度を始めると起きてきて

まだ?まだ?とワクワクしながら
30分ほど待たされて、
(手作りだから)





やっと、

「できた!」

の合図で、お皿の前に並び、

食べるのはあっという間の、1,2分(笑)



その後、丁寧に丁寧にお皿を舐め尽くし、

しあわせ〜と言っているのか、いないのか、

再び、パタンと寝てしまう3ワンズ。


大きさ・性格、犬種もグループすらかすりもせず、

見事にバラバラ。





けれど…

3ワンズいても…

なんだろうなー

まとまっていて穏やかな感じ。

いい子たちで本当に良かった。
ありがとう






2017年12月 2日 (土)

12月10日は譲渡会に出ます


あっという間に冬の到来。
クリスマスシーズンですね



http://nekonoouchi.jp/


じゃじゃじゃーん(笑)





コンブくん、12月10日の譲渡会に
参加することにしました。
場所は銀座です。



昨年、サラが血液の病気になり、
朝の投薬に時間がかかるようになってから
朝から丸一日の外出ができなくなりました。


また、チワワのスミレも家族になったし、

サラの投薬に時間がかかると、
犬たちの朝散歩が遅くなり…


さらに、起業した夫は毎日激務で、
休めるのは土曜のみ。

譲渡会は日曜のみ。


まあ、ほんと、昨年から
近場にしか出掛けていない日々で。


最近やっと、
夫が日曜もぼちぼち休めるようになったので

12月10日は犬たちの朝散歩を頼み、
思い切って銀座まで
行ってみることにしました。


「コンブ」改め「こんぶ」くんで(笑)

ひらがなにしただけですが。


ビビっとくるような出会いに期待します!






こんちゃんはめちゃくちゃ性格良いからね





しっかりしたお宅じゃないとね、

なんて。

思いは膨らむのでした(^^)



« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。