« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

ポムくん、二週間


ポムくんを引き取ってから二週間が経ちました。

トリマーの友人が二度も洗ってくれました。






はじめは、体表のあちこちにかさぶたがありましたが、

指導センターに三週間いたこともあり、もうほとんどが取れました。





吠えて吠えて、飛びついて… というパニックも起こらなくなりました。

ただ、食べ物を持つ手には飛びついてきますが(^^;;


現在はリビングの一角に広めのサークルを用意し、その中で静かに過ごせています。





おしっこはちゃんとトイレシートのほうにします。


一日に3,4回は庭に出て、フリーで過ごしています。
走ったり探検したりはなく、排泄を数回したら、私のそばに戻ってきます。





元々の性格なのか、二度と離れたくない不安からなのかは、わかりません。もう少し走ったり、探検したりすれば良いのにな。寒いからかしら?


散歩は2回朝晩に行きたいところですが、雪と寒さのため、午後早めの、一番暖かい時間に1回程度、行っています。てくてくと、よく歩きます。




ガリガリに痩せたままで、初日の血液検査では中性脂肪が基準値を下回っていました。体重は4.5kg。

この二週間、太れないどころか、減ってしまいました。たくさん食べると下痢、体重通りだと軟便、少なめでやっと快便。
これだけ痩せていたなら、食べられなかった日が長いと思われ、腸がうまく働かないのかもしれません。ゆっくり付き合いたいと思います。


さらに、後ろ脚などに筋肉がないため、歩いていると膝がポコっと外れてまた戻るようです。筋肉が付いたら膝が外れなくなるかもしれないそうですから、運動は大切なようです。


と言っても、この寒さ(>_<)

コートを買ってあげたいなぁと思っていたら、
友人がプレゼントしてくれました!!





ほんのわずか大きいため、ちょっとごわつきますが、ポムくんはちっとも気にせず、さっさと排泄を済ませていました☆

助かりました〜
ちゃんと温かいコートを買おうと思うと、7,8千円くらいしますよね(汗)友人に感謝いっぱいです。
似合うでしょ!




預かりボランティアの場合、何をどこまで自費で賄うかが心配な方もいると思います。

提供されるのは医療費とフードくらいなので、トイレシートや冬場の寒さ対策に加え、初めての時はサークルやベッド、クレートなどは自分で用意します。



さてと、三週目は、ハウスとマテを教えたいなと思っています。

というのは、クレートが大嫌いなんです(*_*)
通院の際は仕方がないので押し込めていますが、ちゃんとトレーニングすれば好きになるはずなので、重要課題として取り組みます(^^)

ポムくんのhappyのために。



里親のご応募は「ジャックの里」まで。
http://www.jfcj.net/jht/



2018年1月28日 (日)

大雪の思い出


大雪から一週間が経ちますが、
記録を残しておきたいなと。


月曜の昼前から降り出した雪。
















火曜。















水曜。



















木曜。








金曜。







土曜。庭にはまだ雪が残ります。





アビーは軽快に走り回り、
スミレは訳もわからず突き進み、
ジャスミンは寒さに困惑していました(^_^;)

保護犬ポムくんははしゃぐことなく、
淡々と排泄して戻ってくる感じでした。


私は、前日に冬タイヤに交換し、
積もった翌日は、雪が溶けていない朝から
昼までの間に休み休み雪かきをやり、
筋肉痛予防にしっかりストレッチして寝て、
難なく乗り切りました。

自宅周辺道路もご近所さんと力を合わせて
午前中にやりましたからすっかり溶けましたし、

隅に寄せた雪はザクザクして
空気を入れておけば
溶けやすくなると聞いたので、
2,3日後まで実践して。

雪国で暮らしたことのある方に
教えてもらうと対処法が全然違います!

ねえねえ、テレビ番組さん、
そういうことを特集してくださいな(笑)


そんなわけで、
ちょっと得意げに過ごした数日間でしたが…



昨日は鼻風邪ブヒブヒ… (>人<;)


いつも「詰めが甘い」のでありました。。。


あ、でもでも、

雪の日対策の基本、学びましたよ♪

雪はサラサラのうちに片付けると楽です!

朝と昼近くでは、重さが全然違いました。


次回に生かそう (*´ω`*)




2018年1月25日 (木)

新入生ポムくん


「ジャックの里」からの要請で
飼育放棄されたと思われる小型犬を
お世話することになりました。

「ジャックの里」とは、
ジャックラッセルテリア単犬種を
各動物収容所からレスキューする団体です。

7年前に、ジャックの保護犬を迎えたくて
面談に行ってからのお付き合いで、
今回で3頭目のお世話となります。

ジャックラッセルテリアは
俊敏で頑固で警戒心が強いため、
お世話係のボランティアさんたちは
皆、ジャックと暮らし、苦労を知り、
対策を心得ていらっしゃいます。

私もうちの子の気持ちを理解したくて、
たくさんのレッスンを受けました。
それでも、犬の気持ちを理解するのは
難題だと、常々感じております… ( ˘ω˘ )


そんな中でのお世話係、立候補しました(汗


そして、
保護犬のお世話係ボランティアさんが
増えるといいなという思いから、
私目線のお世話日記を書いていこうと
思います。


今回の場合は、
茨城県動物指導センターに
迎えに行くところから始まりました。


2年ぶりでしたが、
収容中に施していただける医療処置が
当時より増えていました。
茨城県が昨年発表した、
「犬猫殺処分数ゼロを目指す」条例の
ための、予算増の影響でしょう。

引き取りボランティアとしては
ありがたいことですが…


話は逸れますが、
昨夜のクロ現、観た方も多いと思います。
広島のピースワンコさんや熊本市が、
殺処分ゼロを掲げた途端、収容数が
2倍以上になったと放送していました。

それは、保護活動をする人間なら、
みな危惧していたこと。

しかしまさか、倍以上とは驚きました。

もう少し、対策を増やしていかないと、
ゼロの取り組みは2,3年で衰退か…


私が保護犬のお世話ができるのは
年に1頭がやっとです。
すでに3頭いますので。


収容された犬猫の行き先
(保護ボラや里親)の確保だけでなく、
安易な購入ができないようにし、
繁殖は免許制に。

安倍内閣が大好きな「抜本的改革」
とやらが必要に思います…



話は戻し、連れ帰ったのはこの子。
ジャックラッセルテリアと思われます。
仮名を「ポム」としました。







りんごちゃんのように幸せになってほしいので
フランス語のりんごの意で「ポム」。


去勢済み、マイクロチップ挿入済み。
攻撃性なし。人好き。対犬問題なし。
ジャックらしく、よく吠えます。

マイクロチップの登録住所に住む方は
飼い主ではなかったそうです。


収容施設には三週間ほどいたようでしたが、
飼い主さんはとうとう現れませんでした。


初めて会うポム君は、
バタバタと落ち着かず、
私に飛びついてきました。

不安と恐怖で精神が参っている様子でした。
怯えるタイプではなく、パニクるタイプです。

そういうタイプのほうが、
メンタルの修復は早いと思われるので
まあ、良かったかな。


ちょっと安心して、必要書類にサインし、
マイクロチップの登録を私に変更して
いただくよう、お願いしてきました。


ポム君はまったく動きが止まらないので
クレートを縦にして上から入れ、
ガリガリバタバタしているまま
車に乗せました。

お世話係だったという男性が
「よかったなあ!」と
声をかけてくださいました。

収容犬たちの生死に
毎日向かい合っているであろう
初老のその男性は、
ポムをにっこり見つめていました。
「この子は噛まないからいいよ、
小型犬の噛みはなかなか直らないからね」
と教えてくださいました。


車を走らせると、ぴたっと静かになりました。
悪臭だけが漂う中、1時間も高速を走り
帰宅しました。


うわー… 恐ろしく臭うな。

何ヶ月放置されていたのかな。

もちろん、ガリガリです。


足先だけでなく、腰やお尻も舐めているようで
変色していました。

保護時はどんな様子だったのでしょう…

腰から下は、毛が刈られていました。


まずはオヤツをあげながら、
コームで埃やらゴミやらを取りました。

ちょっと離れると、ギャンギャンと
激しく、いつまでも鳴いています。
パニック状態です。

洗うのは翌日にしよう。


ふたたびクレートに入れ、
布を被せて暗くし、
脱衣所に置きました。


すると、静かでした。
人気のない場所だと感じ取っています。
そして、疲れていて、暗い中で
ゆっくりできたのかもしれません。


ご飯やお水を運ぶと、
またギャンギャン言いました。

排泄物を片付け、庭を歩かせ、
またクレートに入れ、暗くする。

三日間それをやりました。


ギャンギャンしても何も起こらないよ。
静かにしていたほうが楽だよ。

と、気付いてもらうためです。

収容されている間、不安と恐怖で、
人の気配を察してはギャンギャンして、
それでご飯がもらえると、
勘違い学習をしたのだと想像できました。


ひっきりなしに吠えることは、
著しく体力と思考を消耗させると、
信頼するトレーナーさんに教わりました。


また、興奮を抑えることは、
その逆より簡単だから、とも習いました。


4日目には、サークルに移しました。

ギャンギャンがきゅうーん、
に変わってきました。


なんのコマンドも入っていません。
オスワリどころか、オテもできません。

「人の手は、食べ物を持っている」

そんな思考しかなく、
手を見るとすぐにペロペロしてきます。
オヤツを持っている手には
カメレオンみたいに大きな口を開けて、
パクっと指ごと食べようとします(*_*)

ギャンギャンが減っても、
撫でられる喜びすら、
思い出せない様子でした。



つづく。

2018年1月22日 (月)

サラの検診とワクチン


MDS(骨髄異形成症候群)のサラは、
2ヶ月に一度、白血球や血小板の状態を
チェックしてもらいに通院しています。



服用しているステロイド錠は、
「三日服んだら一日休み」
を一年くらい続けていますが、

年が明けて問題がなかったら
減量しましょうということに
なっていました。


そして年が明けて、血液検査。

問題なし!

念願の減量!嬉しい!

これからしばらくは、

「二日服んで一日休み」

となります。



今回は久しぶりに、
内臓の状態がわかる血液検査も
していただきました。

ステロイド錠を長期服用しているため、
肝臓の病気に注意しなければならないのです。


結果はこちらも、異常なし!!

嬉しいこと続きです。



「アルブミン」が「高」と出ていますが、このくらいの値だと、栄養を十分摂取できているということだそうで、体調がいいことを示しているのだとか。


3つも嬉しいことが続きました。


しかし!

3つでは終わらず、4つめがありました(^^)


先生の勧めもあり、
これほど体調が良いのであれば、
三種混合ワクチンを
思い切って打ってみようということに
なりました。


血液検査の数日後、再び病院へ。

出発前は、
朝食の時間を考慮したり、
ご機嫌さんにしておいたり、
寒さ対策をばっちりして、
排泄もさせてから病院に出発するなど、
できる限り気を遣いました。

普段飲んでいる錠剤のステロイド薬は、
ショック症状を和らげる作用があるとのことで、
ワクチン接種の前日は休み、
当日と翌日に服ませました。


なぜそんな心配するようなことを
あえてするのかと思う方も
いるでしょうけれど、
猫風邪はできる限り
予防しておきたいのです。

過去に、とらおとブーレが
猫風邪から軽度の肺炎になり、
呼吸できなくなるほどの咳を
繰り返しました。
彼らは2年前後、ワクチン未接種でした。


サラがそんなことになったら、
サラの白血球たちは太刀打ちできないと思うので…





アナフィラキシーショックも心配ですが、
そんな状態になったときは
ステロイド注射を使うそうで、
ステロイド注射はサラの最初の発熱時に
効いてくれて、命が助かったという
経験があります。


だから、サラへのステロイド注射は
それほど怖がる理由もないのです。



かかりつけの先生が念には念をと、
ワクチンとステロイド薬との関係性や
副反応(副作用)等について、
ワクチンメーカーに問い合わせて
くださっていました。

皆で万全の体制で臨みました。


接種後、24Hまでは本当に心配でした。
遅延型のアレルギー反応もあるので。


でも、私の心配をよそに、
サラは夕方のおやつも、夕食も
ペロリと平らげてくれました。



サラ、すごい!!





一年後は、ワクチンを打たずに
抗体価検査にしましょう、と先生。
サラについて、そんな先の提案を
いただいたのは初めてで、
まあ、ワクチンですから一年後の話は
習慣なのでしょうけれど、
それでもやはり、
未来があるって嬉しいことです(^^)






ワクチン接種から一週間経ちましたが、
サラは元気です。
偶然でしょうけれど、
接種前より食欲が出てきました。
寒い日もお腹を壊したりすることなく、
のんびりマイペースで過ごしています。


年明けに起きた4つの嬉しいこと。
可愛い仕草のサラを眺めながら、
こんな日がずっと続くといいなぁと、
穏やかな気持ちになるのでした。





2018年1月17日 (水)

ミュウとミーナの健診とワクチン


ミュウとミーナの健康診断に行きました。

ミュウは肥満なので、肝臓大丈夫かな、

ミーナは、急性腎不全の経験ありなため、
腎臓大丈夫かな、

そんなところが気になっていました。


内臓の血液検査は、
アイデックス社に回してもらいました。
SDMAがわかるので。
(腎臓の衰えがクレアチニンより早くわかる)

http://www.idexx.co.jp/smallanimal/reference-laboratories/sdma-resources.html



結果は、すべて問題なし。

え?ミュウのコレステロールは?!




あら、ほんとに基準値内だわ。

肝臓も問題なし。


なかなかのぽちゃこなのにね。




油断しているとあっという間かと思うので、
引き続き、食べすぎないように
工夫してあげましょう。

ミュウの体重は.4.5 kg でした。

昨年から0.2kg 増量…(汗

いかん、いかん。



そしてミーナも異常なし!

こちらのほうが心配がありましたが
全然大丈夫な値。





あらら、意外なことに、
総コレステロールがミュウと同等。

見た目にはわからないものですね。

体重は、変わらず、3.2kg。






そして、ふたりとも、
3種混合ワクチンをしてもらいました。

ミュウは1年ぶり、ミーナは2年ぶり。


歳をとってきたら抵抗力が落ちてくるので、
相性の良いワクチンをして
風邪予防するといいのだと、

何かに書いてありました。

確かにね、人間もそうですものね。


ホッとしたところで、

同じ日に採血したサラの結果に
ついては次回。


2018年1月14日 (日)

ジャスミン、副腎が正常になりました


12/17に多飲多尿による突然の脱水で
入院したジャスミン。

腎不全、肝障害、副腎皮質機能亢進
(クッシング症候群)と、
当初はどれが原因かわかりませんでしたが、


(入院していたときの先生のメモ)


退院後、腎臓が回復して慢性腎不全の線はなくなり、

8日の検査では、副腎皮質ホルモンが
正常値になって、クッシング症候群の
可能性もなくなりました(^^)





肝臓は完全復活にはまだかかりそうですが、
投薬なしで当時より良くなっているので
原因とは考えにくい。


というわけで、毒物の可能性が高まりました。
畑の農薬だろうと想像します。

やっぱり、何か食べてしまったんだと思います。

今後はほんっと、気を付けなければと思いました。


あとは、じわじわと肝臓の復活を待つだけです。
今は出されたリバフィットというサプリのみ。
主成分はシリビン。



さて、犬ごはんの記録。

ありがたいことに、
ねことも・いぬともの方々から
ジビエの差し入れを頂きました。

サラちゃん、ジャスちゃんに、と。
ありがたすぎます(T_T)

丹波鹿


筑波猪


サイボクハムのお肉とレバー。



いただいたお肉で色々作っております♪

まずは、

サイボク豚肉のピカタと、
レンコンと人参のきんぴら。



筑波猪のモモ肉と心臓のソテーと、
春菊のおひたし。卵粥に焼き海苔パラパラ。



丹波鹿のモモ肉ソテーと肋骨ミンチ、
生トライプ。玄米粥。



これはー…なんだったかな(汗



寒シジミを見つけたのでスープに
使いました。
わかるように殻ごと乗せて撮影しましたが、
もちろん殻は食べさせません!
お肉は犬用ソーセージ。




他、忘れましたが、
週に一食はウコンスープにし、
週に三日くらいは卵の日で、
週の半分には大豆製品を加えています。
海藻類も忘れずに、ワカメや海苔など。
きのこ類は、エノキ、キクラゲなどを
使っています。


生の黄身をとろりと加え、黒豆きな粉まぶし。



あ、そうそう、大豆ミートの日もありました。
お肉お魚無しの日も作ります。




モリモリ食べて、運動して、笑うこと。

ノーズワーク、アジリティ、それぞれやりました。
イキイキしてました☆

お散歩もよく歩きます。




ゆっくりですが体重も戻ってきました。


本当にお騒がせしました m(_ _)m


拾い食いと、散歩場所には
より一層、気をつけなければ
なりませんね。







2018年1月13日 (土)

猫たちに冷え対策


12月あたりから、
友人知人の猫ちゃんたちが
次々と泌尿器系トラブルに
見舞われています。

今冬は寒いからかしら。

うちのミーナさんも頻尿体質
なので気を配っています。


先週も里親さんから
「どうしよう、大声で鳴いてます。
おしっこ出てないみたい。
診てもらえる病院知りませんか」と、
朝5時半にLINEがありました。

深夜まで応答してくださる先生は
いるけれど、早朝は電話が通じない
こともあるようで。


近くの総合病院を勧め、
そのまま入院、3日後に無事に
退院したそうです。



愛猫ちゃんたちの身体が冷えてないか、
腰やうしろ脚を触って確認してあげると
いいかもしれません。


うちも、ミーナとサラが冷え性みたい。


以前購入した「ホットブルーン」。
電気で先端が温かくなります。
先端にはもぐさのシートが付いていて、
この香りをサラは気に入ってる様子。


まずは腎臓のあたりを。



首もやってーと自分で体勢を変えます。



肉球はどうだい?


じわーっとくっつけていました。


サラは、とっても気持ちがいいようで、
「ぶる〜んやるよー」と言うと、
走り寄ってくるようになりました。



警戒心の強いミーナは、
機械よりハンドパワーのほうが
いいようです。








冷えは万病の元と言いますが、
犬猫たちも同じですね。


家庭でできるケアを知りたい方は、
マッサージなどを習いに行くといいですよ。
「ツボ」がわかると面白いです。

ちなみに、2/2のこちらのセミナーに
参加します♪ たのしみ!

https://ameblo.jp/fukuokavet/entry-12344033898.html



また、暖房器具も、空調だけでなく、
身体の芯に届くという、
遠赤外線ヒーターがあったことが
よかったように思います。




これがなかったら、
ちょっと弱い子達は膀胱炎などに
なっていたかもしれないな…


それから加湿器。これもいいです(^^)



象印の。
ボディはポットそのもの!
湯気がどんどん出るだけ!
シンプル設計で清潔を保てます。
犬猫さんたち、火傷に気をつけて。


寒さ厳しい1月を、
何事もなく乗り切れますように。





2018年1月11日 (木)

こんぶ、譲渡不成立(涙)


こんぶ、帰ってきました。
複雑な心境です。。。

最高のご縁だと思っていました。

おメメへの理解があり、
先住ちゃんは遊び好きなお姉さん猫、
一軒家で二階もリビング走り回れて、
トイレもキャットタワーもたくさんあって、
まさに猫仕様のお宅。


帰宅途中の車の中で、
自分がタバコ臭いことに気が付きました。

里親さんは、ご夫婦とも愛煙家でした。

悩みに悩み、猫の受動喫煙による影響に
ついて、複数のサイトを確認。
やはりガンの原因になっていたため、
里親さんにもご覧いただきました。

そして、猫がいないところで喫煙して
いただきたいことをお願いすると、

「約束したいところだけど
完璧に守れる自信がない。
改善しますと言ってできずに、
ウソをついたような結果に
なりたくないので」

と誠実なお返事をいただき、
譲渡キャンセルとなりました。


こんぶに申し訳ない。
楽しい毎日だったのに、
私が心配性なばかりに…


里親さんにも大変なご迷惑を
おかけしました。
こんぶの譲渡条件をチェックして、
喫煙禁止の項目がなかったため
選んでくださったのだそうです。

また、お仕事の調整もして、
トライアル期間を作ってくださったのでした。



こんぶを自宅に連れ帰ると、
顔から首輪からお腹も脚も肉球も、
スモーキーな香り〜〜💦

うん、キャンセルで良かったんだ、
と吹っ切れました。



とにかく優しい奥様でした。

「心配されながらじゃ嫌だしね。
LINEはこのまま繋がっていましょうね」

と笑顔で言ってくださいました。


愛煙家さんたちを責めるつもりはありません。

たとえば私が誰かに、
「猫たちのために犬は外で飼うように」
と言われても、聞き入れることは
難しいですし。


というわけで、こんぶさん、
再び里親募集となりました。

「おめでとう」をたくさんいただいたのに
すみませんm(_ _)m










2018年1月 9日 (火)

ジャスミンの術後検診2回目


ジャスミンが退院してから
18日目の昨日、
血液検査をしてきました。


腎臓、肝臓、副腎皮質ホルモン

この3つが心配な点だそうです。


待ち合い室で異常に震えて
顔面蒼白。





採血→投薬→採血

だというので、
1時間半くらい預けました。


迎えに行くと、少々興奮。
入院ショックはなかなか
なくならないもんだなと。


結果は、

腎臓は前回同様
落ち着いていたので
心配なくなりました。


肝臓は横ばいで、改善するかは
まだ時間がかかるとのこと。

ただ、あまり心配ない数値だそうで
普段通りの生活でよい。
薬も無しで引き続きサプリだけが
出ました。

あと1ヶ月変わらなければ、
詳しく調べましょうとのことでした。


副腎は外注のため、わかるのは数日後。




肝臓が悪いままではあるものの、
普段通りでよいということなので
お休みしていたドッグスポーツを
再開しようと思います♪


楽しい時間を
たくさん作ってあげよう(^^)


次の肝臓検査は1ヶ月後です。


そうそう!
多飲多尿の症状は
全くなくなりました!


今日は私がクレートを洗うのを
少し離れた場所から眺め、
終わると嬉しそうに
芝生でゴロゴロ転がったり
寝そべったりしていました。




散歩の具合もよく、
軽快に歩くようになりました。



今日は風が強かった。




昨日の記事


昨日アップした記事に訂正が生じたので、

いったん非表示にしました。


読んでくださった方にはお詫び致します。




2018年1月 4日 (木)

謹賀新年


三が日、2つの実家と親戚を回り、
お年玉あげたりもらったり(!)して
上げ膳据え膳で三食しっかり食べ、
お財布は一度も開かないまま、
楽しいお正月でした(*^o^*)


自分で作ったのはお雑煮のみ。
一球入魂のごとく、
美味しくできたなぁ〜(笑)


今日は生鮮食品を買いに行ったりして、
すっかり普通の日になりました。
ざーんねん。


お正月のご挨拶、
2パターン作ったりしました。

全員、元旦の朝に撮りました。




こちらは犬たちだけを
二日の朝に撮りました。





節目節目の写真は、
よい思い出になるんですよね。



義母は猫が嫌いなので、
今は6頭いると言ったら
身震いしてました。

異常な数かな、やっぱり(-。-;


でも、ちゃんとお世話していますよ。

たぶん人並みにはできていると思います。


病み上がりのジャスミンも、
元旦あたりから
夜中のトイレがなくなりました☆


メンタル面ももう少し。
「お留守番」と聞くと、少し動揺します。
いずれ、元に戻るでしょう。


9年間の習慣が、
5日の入院で崩れたりはしないと
信じています。




とにかく身体を冷やさないように
しています。


不治の病と闘うサラとも
二回めのお正月を迎えることができました!




おかしな格好でよく寝てます(笑)







こんぶくんも、バニラちゃんも
正式譲渡になりそうです。

来週にはご報告できると思います。


嬉しいことたくさんの年明け。


今年もよろしくお願い致します(^^)



年明けの犬ごはん。
(体重6kgのジャスミンのお皿です)


タラとササミの雑炊。
ゆで卵のせ。




納豆をネバネバしてから乗せました。



この2週間、ムカゴ率高し!

といいますか、
これはちょっと多すぎだったと思います。



残り物お肉3種混合。





ワカメ入り。秋ウコン少量入り。
乾燥ワカメは水でしっかり戻してから
使う方がいいみたい。
なぜ?と気になった方は
「ワカメ、ヒ素」で調べてみてね。



ワカメを細かくしたいときは、
乾燥のまますり鉢で潰すと簡単。



犬用骨つき肉を茹でてから、
骨から削ぎ落としました。



「スジ肉」になるのかなぁ?





白菜とムカゴが多かったお正月でした。

さて、今夜は、鶏肉と鮭の予定です(^^)


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。