« ブーレの吸収病巣は2本 | トップページ | ミーナの結膜炎 »

2018年3月10日 (土)

皆んなの力で、また1頭救えました


昨日は小型犬をまた1頭、
動物指導センターに迎えに行きました。


ぽむ君のおうちが決まらないため、

うちで世話することが難しく…(>人<;)



遠方の預かりボランティアさんのところまで
運びました。


預かりボランティアさんがいれば
命は救えるけれど…

そこにも、やがて限界がくる…



茨城県の昨年度の殺処分数から割り出すと、
毎日、2時間に1頭、殺処分されて
いる計算になるのだそうですよ。


間に合わない…


動物指導センターに行くと、
お迎えを待つ犬達がたくさん。

その一部に、明日はない。

可哀想でならなくて…

帰り道・翌日は、精神的に少し、病む。


考えないように努めるけれど、
それも、それでいいのかとはばかられる。


ちょっと無理すれば、あと1頭くらい
頑張れるかも。なんて考えにも及ぶ。


その繰り返しで、
無理を重ねて重ねて今がある…(。・ω・。)



たまたま、
「レスキューホーダー」に関する記事を読んだ。

https://wanchan.jp/osusume/detail/6781


私にもそんな素質があるように感じる…


「頑張って」と言われたいわけじゃない。

褒められたいわけでもない。

無責任な人間に酷い目にあわされている
小さな動物たちが、

どんなに悲しくて辛い思いでいるのだろうと
思うと、

ただ、ただ、可哀想で、仕方がないから。



普段ほとんど交流のない人が、

犬猫のこととなると、

「不幸な犬猫がいる、なんとかならない?」

と言ってくる。

相談する相手、間違えていませんか?

レスキューホーダーを作る人にならないよう、

お願いしたいと思います。



そして、殺処分ゼロへの具体的な行動を

みんなで、みーんなで、やれたらいいなと

思います。


頑張りましょう(^^)



今回の預かりさんは、
愛犬ちゃんを亡くして、
まだ次の子が考えられないからとのことで
手を挙げてくださったそうです。

素敵な一歩です。


ベテランボランティアさんが
その方をフォローします。

最初のシャンプー、
クリニックでの必要な検査、
メンタルの状態、
性格判断などをしてから、

お世話をお願いします。


センターにしばらくいた子は、
心身ともにバランスを壊していますから
冷静な判断で付き合う必要があります。



どうぞ、よろしくお願いします



« ブーレの吸収病巣は2本 | トップページ | ミーナの結膜炎 »

7.法律とか世の中のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆んなの力で、また1頭救えました:

« ブーレの吸収病巣は2本 | トップページ | ミーナの結膜炎 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。