« ぽむくん、トライアル決定 | トップページ | ぽむ君、譲渡決定となりました »

2018年4月 3日 (火)

ぽむ君とお花見、そしてトライアルスタート



昨日から
ぽむ君がトライアルスタートしました。

お宅に到着すると
車から降りる前にわかったのか、

「なんだあ、ここかぁ!」

と、クレート内でニコニコしていました。

リビングには大きめのクレートを
ご用意いただいていました。

先代のわんちゃんのクレートですね(^^)

ぽむをよろしくね。

なんて思った瞬間、

ぽむ君はすんなり入って得意げ!






いやぁ、うれしいですね!!!

まさにこのために、

苦手なクレートインを
「ハウス!」で練習したり、

クレートに入って楽しい場所にお出かけしたり、

昼寝も夜寝もサークルの中、

おやつをもらうのもサークルの中、

と、丁寧に習慣付けてきました(^^)



もちろん、
いつ何時も「ハウス」で完璧に入る、
というほどにはなっていませんが、

初日にできれば私はもう、大満足です。

新しい場所で
不安を少しでも減らすために
練習してきたので。



その後、奥様と私が食卓に座ると、
その周りをウロウロして
何か食べ物をもらえないかと
膝に前脚をかけたりしていました。

あれ、静かになったな、と思ったら、

またまた自ら、クレートイン。




想像以上に、「ヨク、デキマシタ!」
であります \(^o^)/


クレートの上にあるハーネスと首輪は
ぽむ君のためにご用意くださったもの。

こちらは今朝いただいた、お写真。



似合う!!!

別犬のように可愛い(≧∀≦)


ぽむくんの新しい名前は
アポロくんだそうです。
とってもいいお名前☆
イメージに合ってますね☆

それにしても、初日に寝顔が撮れるなんて。

すごいっ!!!

すっかりリラックスしてるんだなぁと
ほっこりします(^^)




と浮かれてばかりいられるのは私だけで、

トイレやごはん待ち、散歩なども
新しいご家族は何かと苦労するもの。

どうかぽむ君が大失態をやらかすことなく、
ご家族皆さんが心地よい疲労程度で
済みますように(≧∇≦)




一昨日、ぽむ君と最後の散歩では、
ジャスミンとアビーと夫と一緒に
近所の桜並木を歩きました。





ぽむ君には初めての場所。


写真を撮るため、マテさせて、
ちょっと離れると、もう不安な顔。




オヤツを食べたら
ちょっと嬉しそうにしました。
ジャス姉が頼り♪ なこともしばしばあり。




お口に花びらつけちゃって。




ジャスミンは女の子らしく桜を飾り(笑)
口元は「おかわり、ウェルカム」






思い出のラストランになるのかな(^^)







ご家族皆様の写真、
掲載OKをいただきました(^^)

皆様ニコニコで迎えてくださいましたから
本当はお顔を隠したくないんですけどね♪







生きられるギリギリのところにいた犬を
家族に迎えるってすごいなぁと。

そんな覚悟を持てる方は
そう多くないのです。


私たちのように一時的に保護することと、

その子のこれからの一生を
すべて背負って家族にすることは、

責任の大きさが全然違いますから




双方の幸せのために、
トライアル期間が一週間あり、
何かあればキャンセルも可能です。

みんながhappyになれますように。



あ、ぽむくんの思い出を
スライドショーにしました。

Instagram内ですが、
初めてのリンク、、、

観られるかしら。


https://instagram.com/p/BhBcZIenGTd/



« ぽむくん、トライアル決定 | トップページ | ぽむ君、譲渡決定となりました »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽむ君とお花見、そしてトライアルスタート:

« ぽむくん、トライアル決定 | トップページ | ぽむ君、譲渡決定となりました »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。