« チビちゃんたち | トップページ | ソレイユが亡くなりました »

2018年5月24日 (木)

一番小さいコの話


おチビさんたちを
うちに連れてきたのは、5月6日。

生後一週間ちょっとと思われ、

一番小さいコ「ソレイユ」ちゃんは
74gしかなくて。




お尻がこんなふうに腫れていました。




こんなの初めて見たと、
獣医さんたちも保護仲間も口を揃えて言いました。


肛門嚢が腫れている感じでした。


結局、この中には膿が入っていて、
それを針で刺して中身を絞りだすという処置でした。

小さなソレイユの悲鳴が続きました。

とてもとても可哀想で、耳を塞ぎたくなりました。

2つの穴から、
血混じりの白っぽい膿みがどんどん出てきました。
獣医さん3人がかりでした。


膿みを出したあと。




膿を出したあと、抗生物質の注射をしたそうで、

それ自体、こんなに小さいのに薬を使っても
大丈夫かしらと、かなり心配になりました。

帰宅後も粉薬をミルクに混ぜて一週間与えるようにと。



といっても、ソレイユの口はあまりに小さく、
子猫用哺乳びんの乳首をうまく咥えられないことが
わかっていたので、

シリンジが欲しいとお願いしたら、
「使えるものがあるといいですね」と獣医さんが
いくつもの種類を用意してくださいました。



ソレイユ好みのシリンジがあり(笑)、

薬入りミルクを与えること自体は
あまり苦労しませんでした。


ソレイユのお尻はどんどん良くなりました☆



一週間もすると、針を刺した2つの穴は
カサブタが小さく残るだけとなりました。



すると今度は、
皮膚がカサカサになってきました。

特に、膝、かかと、肘、横腹…



栄養不良かな、と思っていました。


そしてなぜいつもおでこが濡れてるの?と。




そして気がつきました!

ゴルフィ(茶トラ)のお股に吸い付いて、
ゴルフィのおしっこをかぶっていたのでした。

ゴルフィの陰部も腫れていました。

その日から、別々に寝かせることにしました。

ちょっと切ない。。。





そして皮膚を診てもらいに、
病院にも行きました。


カビは見つからず、

疥癬かな、ということでした。

疥癬とは、ダニの一種が皮膚の層に入り込み、
強い痒みが出るものです。

ダニですから、他の猫にも移ります。

けれど、他の二頭の皮膚には問題ありませんし、

ソレイユもさほど痒がっているようには
見えませんでした。


顕微鏡検査では、
疥癬のダニは見えなかったそうで。

でもソレイユにはノミが付いていたので、
疥癬の疑いは晴れず、

フロントラインスプレーを使ってみることになりました。




アルコールがキツイので、
まだ幼いソレイユが吸い込むと身体に良くないそうで、

顔以外の部分に、一日1回つけています。

私の手のひらにシュッとして、
それを反対の手の指先で取り、
幹部に塗り込む、というやり方です。





アルコールを飛ばしてから、ベッドに戻します。





これが塗布4日めの様子。
カサブタになってきました。





あと2日塗布すると一週間なので、
通院して経過を見ていただく予定です。



ねんねするときは分けますが、
一日に何度か遊ばせるときは兄妹一緒です(^^)






この子達のお誕生日は
4月29日頃かと思われます。

2ヶ月くらいになったら里親募集したいと
思っています(*´꒳`*)


今日の体重は、242gでした。






« チビちゃんたち | トップページ | ソレイユが亡くなりました »

ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定)」カテゴリの記事

コメント

松田と申します。熊本の水俣で抗菌剤を作っています。まだ、試作品段階ですが、試しにお使いになられませんか?  天然の植物の抽出液です。アルコール、農薬などは使っていません。一応病院でも使っていただいています。 小さい仔猫ちゃんたち、よくなるといいです。 試作品ですから、代金は結構です。ただ、送料だけご負担ください。メールアドレスを教えていただけたら、抗菌実験結果の資料などをお送りいたします。それを見て、御試用していただけたらと思います。では。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番小さいコの話:

« チビちゃんたち | トップページ | ソレイユが亡くなりました »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。