« 茨城県でミルクボランティア制度スタート | トップページ | こんぶ君、おうち決定! »

2018年6月24日 (日)

オオミズナギドリと森ねこ


伊豆諸島の1つ、御蔵島(みくらじま)に生息する「オオミズナギドリ」というカモメに似た水鳥が、絶滅の危機だそうです。

半年くらい前かなぁ、Facebookで知りました。

この島は伊豆半島の先にぽっこりと浮かぶ島で、ドルフィンウォッチングで有名とのこと。
それを楽しむ方々が、オオミズナギドリを守る活動をされていました。

https://oomizunagidori.jimdo.com


なぜこの話題に触れるのかというと、

オオミズナギドリの脅威の一つに「ノネコ」の存在があるのだそうです(ToT)

この小さな島には500から2000頭の猫が生息しているそうで、

オオミズナギドリを捕食してしまうそうなのです。



以前も記事にした、沖縄 奄美大島のノネコ問題では、アマミノクロウサギなどの希少動物を猫が捕食する問題があり、とうとう7月から国によるノネコ殺処分プロジェクトが始まってしまいます。捕獲は月30頭の予定だとか。一週間の里親募集期間を過ぎたら殺処分するそうで…

中止を求める5万の署名があるにもかかわらず…

以下、このプロジェクトに反対する獣医さんたちのFacebookページです。

NPO法人 チームZERO
https://m.facebook.com/npogoalzero/




御蔵島のプロジェクトが同じようにならないために、少しでも応援したくて記事にしました。

ノネコを保護して「森ねこ」と愛称をつけ、人馴れさせて、里親募集をしているそうです。

野生で育ったねこさんが、そんなに早く慣れるものかなぁ、と、まず最初に思いましたが、

なんと!
森ねこさんたちは、驚くほど早く「家ねこ」に変身するそうです!ぜひ、上記リンク先の記事を読んでみてください(^^)

人からの怖い体験をせずに、自然でのびのび生きてきたから、警戒心が薄いのかしら??


うちの、野良犬出身のアビーも、ネズミ取りが上手だけど、それ以外は本当に素朴だもんな〜(笑)

最初の「家イヌ修行」は恐ろしく大変でしたけど。


森ねこさんたちの最初の家ねこ修行は、プロジェクトのメンバーさんたちがやってくれますから、あまり怖がる必要はなさそう(^^)


ちなみに、私はこの方々となんのコネクションもありません(笑)

勝手に注目して、応援しています。

できることなら、森ねこさんたちを1頭ずつお預かりして、里親探しをしたい。

でも1回で終わってしまった飯館のことも常に気にかけており…


ねこブームの裏側で、
遠い島々のねこたちが置かれた状況は、本当に本当に厳しいようです。

このプロジェクトが広く知れ渡りますように。



« 茨城県でミルクボランティア制度スタート | トップページ | こんぶ君、おうち決定! »

7.法律とか世の中のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオミズナギドリと森ねこ:

« 茨城県でミルクボランティア制度スタート | トップページ | こんぶ君、おうち決定! »

カテゴリー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。