« 祝!ふわりのカビが完治 | トップページ | 犬たちと秋のお出掛け »

2018年10月19日 (金)

犬ごはんも秋っぽく


ゴルフィの募集要項をやっと登録できて
すっきりしました(^^)

結局【ペットのおうち】に出しました。

良いご縁がありますように。



ところで、秋も深まり、
美味しいものが
続々と出てきました(●´ω`●)


特に私が好きなものはレンコン!



地味すぎるーー(笑)





しつこい!?笑


きんぴらにしたり、
お鍋に入れたりするのが好きでして。
切り方で食感の違いを楽しめるのが魅力。


以前、煮物にしたレンコンを
小さめに刻んで愛犬たちにあげましたら
翌朝、揃いも揃って
ケポッ、ケポッ、ケポッと
吐き出してくれて。

犬たちには消化が難しかったようです。


それからはすりおろし作戦で
食べさせています。





義母が、レンコンの節をすりおろして
お味噌汁に入れたりしていました。
糖尿病だったかなあ…

何かにいいとかで。


すりおろしたレンコンを煮ると
とろ〜っとしてくるので、
身体も温まり、
朝の一品にはもってこいかと思います!

一品って、犬ごはんはいつも一品しかありませんが。



で、スープ完成。



内容はレンコン、ほうれん草、
えのき、ひじき
だったかな。


別途加熱したお肉投入で、出来上がり。





大体いつもスープには、

根菜、葉物野菜、きのこ、海のもの

を加えるようにしていて、
冷蔵庫に何か足りなければ
乾物を使います。


お出汁は具材によりけり。

炭水化物はその日の犬たちの状態次第。



今夜はアサリとジャガイモがメイン。



ジャガイモ、小松菜、パプリカ、えのき、アサリ

そんな感じだったかな。

あ、あと、緑豆春雨が入ってます。


どこが秋っぽいのかわかりませんが(笑)


しかも、お肉投入後の写真を忘れました。



先日、わんちゃんの飼い主さんから
「どんなドッグフードをあげていますか」と
ご質問いただいて、

手作りだとお返事しましたら
話が終わってしまいました… 残念。

語りたかったのに。笑



世の中には「フードジプシー」
なる飼い主さんたちがいます。

さらには、常に同じフードをあげていて、
ある日メーカーを変えたらお腹をこわした、
なんて話も聞きます。


何年もフードを食べているわんちゃんと、

手作りごはんのわんちゃんでは、

きっと身体の中が違います。


コンビニ飯ばかり食べていると…

とか、

ファストフードばかりだと…

なんていう話がわんさかありますから。



うちは猫たちにはキャットフードをよく使います。

手を抜いて、申し訳なく思います…

手作りにしてあげる日は
飼い主、得意げになります!
鼻歌も出ます笑

猫たちも常に手作りにしたいのですが、
うちの6ニャン、みな好みが分かれまして
好きで食べても、
数分後に吐き戻したりするものですから、

今日の手作りごはんは
ミーナと、とらお用、

とか、

イワシを煮たけど、ブーレとミュウしか
食べないのよね、

なんてことになってます。

だから猫たちの場合は
手作りごはんは半分以下。

病気にならなければいいなぁと
思います。


でも、飼い主さんが
頑張って手作りしてるのに、
しょっちゅう体調崩すわんちゃんも
いました。


手作りごはんの内容が
その子に合ってないと、
不具合が出ますね。


でも、不調の原因が食事だと
断定できない場合もありますからね。


こだわり過ぎないのも大事だなぁと。


なだ万の季節限定、マツタケ弁当。




人間は好きなものをいただけて幸せ。

わんちゃんたちはいつも制限されていて。

気の毒になること、しばしば。



« 祝!ふわりのカビが完治 | トップページ | 犬たちと秋のお出掛け »

5.ごはんのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬ごはんも秋っぽく:

« 祝!ふわりのカビが完治 | トップページ | 犬たちと秋のお出掛け »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。