« やっと、またたびケリケリ | トップページ | アビーの復活と、四ツ谷でのフォーラム参加 »

2018年10月 9日 (火)

とらお、エリザベスカラーを着ける


1ヶ月半くらい前、
とらおの左肘の内側が
大きく脱毛していることに気がつきました。





慌てて近所の病院に駆け込むと、
何の検査もなく、
細菌・真菌に効くというクリーム
「ビクタス」が処方されました。
ステロイドも入っています。


うちに皮膚糸状菌症の子猫がいたことを
話したからでしょうね。

ケトコナゾールという抗真菌薬も
出されました。

それを飲ませると、
とらおは連日下痢をしてしまったので
中止しました。

クリームだけを二週間続けると、
患部はどんどん赤くなっていきました。





獣医さんに確認すると、

「皮膚に詳しい先生に代わりますね」

とのことで別の先生に代わりました。


新しい先生は、
患部の被毛と皮膚を取り、
顕微鏡検査をしてくださいました。

すると、真菌も細菌もなく、綺麗だと。

そして「培養液」に毛を埋め込み、
このまま数週間観察しますとのこと。
4週間後の今日、やはり真菌も細菌も
ないとのことでした。




何かあると、琥珀色が赤色になるそうです。



そんなわけで、どうやらとらおちゃん、
「舐め壊し」のようです…



患部を舐めないよう、
エリザベスカラーをしてくださいとのこと。

二週間前のことです。


薬は何も無し。


エリザベスカラーって、
とらおは経験がありません。


病院からお借りしたものを着けると
案の定、ものすごく嫌がり、
数分で外してしまいました。

ぜったい、やだ!!!

と、訴えます…



でも、とらおを観察していると、
本当に良く舐めているのでした。

これでは悪化する一方だ…



というわけでー


とらおの首回りなどのサイズを測り、
nekozukiさんでエリザベスカラーを
買いました。





それを着けてみると、残念ながら
同じようにとても嫌がりました。

着けても着けても、取り払ってしまいました。


どうしたものかと、悩みました。


アビー(犬)が問題児だったとき、

東京の駒沢でカウンセリングを受けたのですが、

そのときの佐藤真奈美先生の
「ことばの処方箋」を思い出しました。



そこで、とらおを膝に乗せ、
いつまでも撫でてやりました。




「とらおはイイコね」と繰り返し、
好きそうなオヤツを食べさせました。





そっとカラーを着けて、
カラーの上からまた撫でて、
「とらおはイイコね」と繰り返しました。


それを半日の間に2,3回。

最後はそのまま着けて寝ました。


一晩過ぎると、

おー!取らずに着けているではありませんか!





それ以降、おとなしく着けさせてくれて、
自分で取ることはなくなりました。

すごい!言葉の処方箋。





食後の2,3時間くらいは外してあげて、

(食後のグルーミングは
猫にとっては大事な身だしなみタイムなので)

昼寝と夜寝の時間はずっと着けてくれています。




このカラーは首に優しくできていて、
首の動きに柔らかくフィットするので
あまりゴワゴワしないのかもしれません。





お水も飲めていました。




着けるときも逃げたりしません。






包まれる幸せ…

そんな雰囲気すらあります(^^)






不思議すぎるこの変化☆


スヤスヤ寝ているときに着けても、
平気です。






そして頑張ること、二週間。

患部の赤みが取れ、
皮膚の表面が乾いてきました!

こんなふうに触っても嫌がらないように
なりました。







そんなわけで、実はとらおも
夏の暑さと外壁工事への恐怖で、
ストレスを溜め込み、
体調不良に陥っていたのでした…




まだまだ続く(~_~;)


« やっと、またたびケリケリ | トップページ | アビーの復活と、四ツ谷でのフォーラム参加 »

4.病気のこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とらお、エリザベスカラーを着ける:

« やっと、またたびケリケリ | トップページ | アビーの復活と、四ツ谷でのフォーラム参加 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。