« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月26日 (火)

サラは快調!


2週間前になりますが、
久しぶりにサラの検診に行きました。




採血して、

CBCは病院内で、
生化学はアイデックスに
出してもらいました。


結果は良好!

血小板が少なめなだけ。




長期間のステロイド服用にも
関わらず、
肝臓や腎臓の値に問題なし。


***
現在の投薬量

プレドニゾロン 0.8mg/kg SID
2日服んで1日休み

***



いいね、サラちゃん。

日々の様子も調子良さげです。


外の空気をたっぷり吸い込んで、
鳥を眺めたりしています。

見ていられるときだけ、
ガバッと開けてあげます。





そしてもう1つ、
採血したついでに
ワクチン抗体価検査も
お願いしました。

我が家の状況から、
ワクチンはとても大事な存在ですが、
接種することで免疫を刺激するとのこと。

サラには死活問題のようです…

外部の検査機関のため
結果が出るまで10日ほどかかりました。

パルボは十分な抗体があることが
わかりました。


しかし、猫風邪の原因となる
カリシとヘルペスウイルスの
抗体価は不十分と出ました。


さて、ワクチンはどうしよう。


かかりつけの先生から、
生ワクチンよりも不活化ワクチンなら
影響が少ないんじゃないかという
ご提案をいただきましたが…


当面は保護猫さんを受け入れる
予定がないため、

というよりも、

よほどのことがない限り
受け入れない方針でいるので

ワクチンはひとまず見送ることに
しました。


外から持ち込まないよう
気をつけなきゃ。


で、サラちゃん。


相変わらずベビーリーフの
ピノ(小松菜)が好きですが、

この時期、葉の柔らかいピノは
なかなかありません。



寒さと乾燥で固くなってしまうようで。



で、カブの葉を試しにあげてみたら、




食べました!


カブの葉は根より栄養があるから
捨てずに食べろと聞きます。





βカロチンが豊富で
抗酸化作用とか免疫賦活作用など
色々あるようです。

けれど、サラの場合には
免疫賦活になってもいいのかな?
という疑問ありで
ピノにしろ、カブの葉にしろ、
食べすぎないように週に3日ほどに
しています。





何やら探し物?




しっぽの先端が可愛いすぎる
サラちゃんでした(^^)




2019年2月20日 (水)

アビーが膿皮症に


アビーがマズイことになってます(>_<)
昨年7月からぽつりぽつりと出てきた
膿皮症。

ニキビのように治ってはまた出来て…
の繰り返し。

4週間から6週間の抗生物質を服むこと3回。

つまり、

服むと治り、

止めるとまた出てくる、

の繰り返し。


顕微鏡検査でわかったことは、
常在菌である黄色ブドウ球菌が
異常に増加している、とのこと。

血液生化学検査や
ホルモン、甲状腺の検査は
異常なし。


炎症部分は、
パッと見にはわかりません。




舐めやすい右ひざからお腹が一番ひどく、
胸と脇の下にも頻繁にできます。










4年前に発症して、
実に2年弱も苦しんだ全身膿皮症の
悪夢を思い出します。



3年前くらい


今回は私もただ病院へ
連れて行くだけでは
なくなりました。

まず、原因を探りました。

獣医の先生に相談しながら。

おそらく原因は「蒸れ」。

さらに、ばい菌に勝てない年齢…

私のブラッシング不足も
加担しています…

それと、室内が暖かいから
尚のこと良くない。




寒い地方の出身だから、
もっと涼しくしてやらねばならないのですが、
9頭もいるとそうもいきません。

寒さにへっちゃらなのは、アビーだけ。

なるべく外に出す時間を増やしましたが、
気温差は身体に堪えるかとも思い。





けれど、私が心配する間もなく、
「オラも家に入るー」と
ドアの前で中を見ています。

あっさりと「お外にいなさーい」と
言ってしまえば、庭に穴を掘り
すっぼり埋まってます(~_~;)


穴掘りは好きなだけしていいのですが、
土にいるブドウ球菌がまた付着してしまうので
ほっとく訳にもいかず。

穴掘りできない位置に繋ごうかな…

いやぁ、犬を繋いで飼育するのは
避けたいです。
可哀想です。

ある程度動けるような長いケーブルでも
設置する?

いやいや、そういう問題じゃなくて
家族と同じ場所に居たいのです。

群れで暮らす動物なんですから。


そんなわけで、悶々とする日々。

庭に一人でいることが
好きになるようにと、
食事をデッキに出してみるも、


「ここでごはん?」

嫌だよねぇ(涙)
この作戦は、1回で終わりました…



結果、
日中はなるべく窓を開けて
(これがなかなか寒い)
過ごすようにし始めました。


さらに、掻いて悪化しないよう、
エリザベスカラーを装着しました。





痒くならないよう、
まずは3週間、ステロイド入りの
塗り薬を使います。


シャンプーは刺激のあるマラセブだと
ピリピリするのか、シャンプーあとの
掻きかたが強いので、
肌に優しいものに変えました。

ばい菌を殺す力は弱いかもしれません。

とにかく週に2,3回洗ってみてます。

右ひざを洗ったところ。



水嫌いですが、毎日ここで足先を
洗っているため、じっとしていてくれます。


仕上がりはいいようで、
気にして掻いたりしません。

そのまま散歩に出掛けたり、
ドライヤーで乾かしたり。

サロンのように
ブロワーが欲しくなります。



痒がるときは、
濡らして絞ったタオルを当てて冷やします。

痒いところは大抵、熱を持っています。



ストレス発散のために、
大好きなお出掛けも週に二度くらい
行くようにして…









お願いだから治ってー!と
叫びたい日々です。



















2019年2月18日 (月)

とらお、ダイエットするよ!


うちのとらおちゃん、
5月で7歳になります。

昨年、
エリザベスカラーを着ける騒動から
どんどこ、どんどこ、
体重が増えていたようで、
(通院開始時は7.2kgだった)

気がつけば、8キロ超えてました



( ̄∇ ̄)






肥満は万病の元…


かわいいかわいいとらおちゃんを
病気にさせるわけにはいかないので

始めました。

本気のダイエット。


しかし、すでに身体が重たいために

動きが… に、ぶ、い。


うーん、、、狙ってるの??








一応は目で追ってるけど…





あのぉー、催眠術ではないのですけど…







あ。寝るな!寝るな!とらおー!



寝た。。。






「とらちゃん!!」






「はい!!!寝てないよ!!!」



また別の日に、別のじゃらしでは…






おいおい、寝たままかい…






もう飽きたんかい!!





そんなわけで、ちっとも減りません(涙)







ごはんも変えました。

内容はダイエット用にして、
量は6キロ体重に適用するくらいで。


あれかな、

「なかなか落ちなかったけれど

ある日を境にどんどん減って。」

みたいな感じなのかな♪



だといいのですが…


これまでも「7キロ切るぞ!」と
工夫してきましたが、

まったく成功できずにきたので、


今度こそ!!がんばる!!




あー…





お腹に乗せちゃって…


(-_-)


先は長い。







2019年2月12日 (火)

やっと抜糸できました


三連休、最初と最後の日に雪が降りました。

真ん中の日は快晴。

おっかなびっくりで外を眺める、ふわりさん。


(外側に網戸があります)


いつのまにかブーレもやってきて、
ふたり並んで眺めていました。




実は予定の日に抜糸ができませんでした。

傷口に赤みがあり、
かさぶたも付いていたためです。





そして4日過ぎた日曜は、
こんな感じになり。




お腹の毛もふわっと生えて
赤みも無くなり、
これなら大丈夫そう!というわけで、
病院へ行ってきました。



そして抜糸後。





ようやくエリザベスカラー無しの
生活が戻りました。


煩わしさが無くなり、
とにかくルンルンのふわりさん。


寝る前のじゃらじゃらタイムは
とても張り切っていました。













お風呂場の洗い桶に入れたお水を
オトナ猫たちの真似して
ガブガブ飲んでみたり、

カラーが邪魔で入れなかった隙間に
入りこんで探検に精を出していました(^^)


ごはんの催促も突然始まり(笑)


食べるときはカラーを外してましたが、
糸を引っ張らないよう
そばで見ていたので
落ち着かなかったのかもしれません。


とにかく、私までもスッキリして
晴れやかな気分なのですから
ふわりはもっとルンルンなんだと
思います(^^)












ふわりさん、現在の体重 2.6kg。

意外にちゃんとしっかり成長しています☆

お誕生日は推定4月29日ですから、
まだ0歳です(^^)

くっつき虫で、お返事もよくする、
可愛い可愛い女の子です。


里親募集は
近いうちに再開したいと思います。







2019年2月 3日 (日)

ふわりさん、順調!


退院から一週間を超えても
まだカラーの取れないふわりさん。



でも全然気にしていない感じが
ふわちゃんらしいです。

のんびり屋さんな性格が出てます(^^)



↑トンネルは駆け抜けないで
歩きます


でも困ったことに、
お水を飲むときに
カラーですくってしまうのです。



ボウルの大きさや高さを変えて
様子を見ていましたが
どんなものにしても
うまく飲めたり掬ってしまったりで。


だから気付けばカラーもアゴも
ときには首まで濡れていて。

そのままでは気持ち悪かろうに、
と思い、頻繁にカラーを交換しています。

手間がかかるのう(^_^;)


グルーミングだってしたいだろうから
時々外してあげて。

でもその間はお腹の糸を引っ張らないか
見ていないとなりません。




とにかく時間を取られますが、
ストレスをできるだけ溜めずに
過ごしてほしいので
なんとか時間を作ります(^^)/


そんなわけでこれまで以上に
一緒にいる時間が長いわけですが
やはり、

ウールサッキングの兆候は

まるでないんですよねぇぇぇ


なぜ、首輪なんか飲み込んだのかしら。



穏やかな子なのです、とても。


掃除機をかけていると、
慌てることなく
トンネルに隠れて
静かに様子を見てます(笑)






朝寝坊で、ごはんが出てくるまで
ケージで丸くなって寝ています。




術後5日目くらいにブラシをかけたら



なかなか取れました。




長毛ゆえ、吐き出せるよう
猫草を用意してあげないと。。。


気付けば、みんなそろそろ、
猫草のシーズンです。


以前はやたらこだわって
安全な大麦の種を買ってきて
発芽させていましたが、

忙しすぎるので
発芽しているものを買おうかな(汗)

何個買えばよいのやら。



水曜には抜糸できる予定なので、
あと3日!!


« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。