« とらお、ダイエットするよ! | トップページ | サラは快調! »

2019年2月20日 (水)

アビーが膿皮症に


アビーがマズイことになってます(>_<)
昨年7月からぽつりぽつりと出てきた
膿皮症。

ニキビのように治ってはまた出来て…
の繰り返し。

4週間から6週間の抗生物質を服むこと3回。

つまり、

服むと治り、

止めるとまた出てくる、

の繰り返し。


顕微鏡検査でわかったことは、
常在菌である黄色ブドウ球菌が
異常に増加している、とのこと。

血液生化学検査や
ホルモン、甲状腺の検査は
異常なし。


炎症部分は、
パッと見にはわかりません。




舐めやすい右ひざからお腹が一番ひどく、
胸と脇の下にも頻繁にできます。










4年前に発症して、
実に2年弱も苦しんだ全身膿皮症の
悪夢を思い出します。



3年前くらい


今回は私もただ病院へ
連れて行くだけでは
なくなりました。

まず、原因を探りました。

獣医の先生に相談しながら。

おそらく原因は「蒸れ」。

さらに、ばい菌に勝てない年齢…

私のブラッシング不足も
加担しています…

それと、室内が暖かいから
尚のこと良くない。




寒い地方の出身だから、
もっと涼しくしてやらねばならないのですが、
9頭もいるとそうもいきません。

寒さにへっちゃらなのは、アビーだけ。

なるべく外に出す時間を増やしましたが、
気温差は身体に堪えるかとも思い。





けれど、私が心配する間もなく、
「オラも家に入るー」と
ドアの前で中を見ています。

あっさりと「お外にいなさーい」と
言ってしまえば、庭に穴を掘り
すっぼり埋まってます(~_~;)


穴掘りは好きなだけしていいのですが、
土にいるブドウ球菌がまた付着してしまうので
ほっとく訳にもいかず。

穴掘りできない位置に繋ごうかな…

いやぁ、犬を繋いで飼育するのは
避けたいです。
可哀想です。

ある程度動けるような長いケーブルでも
設置する?

いやいや、そういう問題じゃなくて
家族と同じ場所に居たいのです。

群れで暮らす動物なんですから。


そんなわけで、悶々とする日々。

庭に一人でいることが
好きになるようにと、
食事をデッキに出してみるも、


「ここでごはん?」

嫌だよねぇ(涙)
この作戦は、1回で終わりました…



結果、
日中はなるべく窓を開けて
(これがなかなか寒い)
過ごすようにし始めました。


さらに、掻いて悪化しないよう、
エリザベスカラーを装着しました。





痒くならないよう、
まずは3週間、ステロイド入りの
塗り薬を使います。


シャンプーは刺激のあるマラセブだと
ピリピリするのか、シャンプーあとの
掻きかたが強いので、
肌に優しいものに変えました。

ばい菌を殺す力は弱いかもしれません。

とにかく週に2,3回洗ってみてます。

右ひざを洗ったところ。



水嫌いですが、毎日ここで足先を
洗っているため、じっとしていてくれます。


仕上がりはいいようで、
気にして掻いたりしません。

そのまま散歩に出掛けたり、
ドライヤーで乾かしたり。

サロンのように
ブロワーが欲しくなります。



痒がるときは、
濡らして絞ったタオルを当てて冷やします。

痒いところは大抵、熱を持っています。



ストレス発散のために、
大好きなお出掛けも週に二度くらい
行くようにして…









お願いだから治ってー!と
叫びたい日々です。



















« とらお、ダイエットするよ! | トップページ | サラは快調! »

4.病気のこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アビーが膿皮症に:

« とらお、ダイエットするよ! | トップページ | サラは快調! »

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。