« いばらきヘルスロード「菅生沼遊歩道」へ | トップページ | アビーと山歩き(宝篋山 常願寺コース) »

2019年12月28日 (土)

アビーの皮膚炎:久々シャンプーとマコモ

年内最後のアビーの皮膚炎記録。

ふぅ。

もう、ほんと疲れてきた(≧∇≦)

 

で、まず大きな変化は、

抗生物質(ビクタス錠)を服んでいるにも関わらず、

再び新しい炎症が出てきたこと。

 

これはもう、

1.ビクタス錠の内服には意味がないということ

2.アポキルのせいで免疫抑制か・・・?

 

というわけでそのことを先生に伝えて、

とりあえず抗生物質はしばらくやめて

アポキルもできるだけ減らしていくことにしました。

 

(もちろん、抗生物質はそろそろ止めなければならない時期でもありました)

 

 

塗り薬ビクタスSクリームはクロロマイセチン軟膏に変更。

391626e2dbb54ff484c921cc9a2eb354

 

 

つまり抗生物質が効かなくなってきた、

のではなく、

抗生物質が効くようなものが原因ではない、

ということなのでは?

 

ということは、このクロロマイセチンに期待するのは

保湿がメイン??なんて想像。。。

 

違う系統の抗生物質を内服する方法もあるけれど

いったん止めて様子を見ましょうとなりました。

 

お腹をよく見ると、赤いポツポツ、

いわゆる湿疹も時々出ています。

これって舐め壊しなのかなぁ・・・

 

舐め壊しならば抗不安薬アナフラニールを

増やした方がいい??

 

 

 

でも、とにかくまずは塗り薬で様子見となりました。

 

 

さて、12月21日の状態。

前回記事の12/8ごろにはなかった腹部の炎症。

Fc8c1b78e1fb4efabe8cf3b8975d4710

3fbcb2f74c9d43acab449fbca3eb4662

↑右前足

 

なんかもう、

「あーあ、またか…」って心境です(*_*)

 


ところで11月下旬にちょっとした出会いがありまして、

二ヶ月ほどシャンプーせずに新たな炎症部分以外のところは

かなり改善したのですが

それでも

「自分がシャンプーしたら、きっと良くなる」

と、猛アタックしてくれたトリマーさんがいまして。

 

 

そう言われましても、悪化したら嫌だなぁと迷いに迷ったのですが、

そのトリマーさんの知識の豊富さに感心し、

とにかく一度やってもらおうと決心しました。

 

23日のことです。

 

ただ、丸投げはできません。

いくつかのお願いをしました。

 

1.全体を通して、乾燥しないようにしてほしい

2.持参した「ダーマモイストバス」で10分程度浸からせてほしい(かけ湯でもok)

3.ドライヤーの前に、炎症部分とカサカサしている箇所に保湿剤(これも持参)を塗ってほしい

4.保湿剤が浸透してから、低温でゆっくりゆっくり乾かしてほしい

5.いずれの工程においても、アビーが鳴くようならば短時間で終わらせてほしい

以上。

 

とまあ、なんてめんどくさい飼い主なんでしょう!!(笑)

 

しかし、このトリマーさんは嫌な顔せず、

さらに、

「シャンプー剤は薄めにして、

よく泡だててからやるようにして、

皮膚をよく見ながら保湿しますね。

ドライヤー低温は皮膚の弱い子にはテッパンなんで」

と、

 

まるでその口ぶりは

「その注文、受けて立つ!!」

くらいの熱い闘志を感じさせてくれました♡

 

これぞ、カリスマ・トリマー!!

 

で、終了後、アビーはとてもご機嫌で

痒がるそぶりはまるでありませんでした!

 

びっくりするくらい

「あー、気持ちよかったー」

な表情で爽快感でいっぱい(*´꒳`*)

 

これはシャンプーしたその日の夕方散歩。

ニコニコしてるし、とてもふんわりしてます。

5d126b03a04a44c1b105f9da97b4cf22

病院でシャンプーしてもらっていた頃は

刺激で痒みが出て、皮膚も赤くなり、

アビーも辛そうでした。

(先生には、2,3日は仕方ないと言われてました)

 

 

そして翌日もしっとりして赤みが出ていません!感激!

61c2684583354502831b6ba9639fb666

9a0c8427180a4a22be7b601e888c3139

C4dee448fda34c458def26f9896df5d6

「ドライヤーの前に保湿してもらったら?」

と、人間の看護師さんからアドバイスいただき、

そうしてもらったのです。

それが実に功を奏したと思われます!

 

 

以下は腰の右側、新たな出来物。

57ccc57c1e274708890e06d98e8b9b87

搔きわけるとこんなんです↓

1a11df7fadee44a2bf883670e53e4114

 

これはシャンプー前にできていたと思いますが、

でき始めに洗ったことで直りが早くなるかも?と期待です。

 

 

実はシャンプーの数日前、鍼灸先生のオススメで

「マコモ液」とやらを使い始めました。

 

 

これがなかなか良くて、皮膚が落ち着きます。

ってかなり抽象的な表現ですが

赤くて荒れた表面が、柔らかくなる感じなんです。

 だからクロロマイセチンは勝手にお休み(笑)



こちらはシャンプーから5日目の今日。

お腹の皮膚の色が正常に近づいてきました。

02277802dcc146278ea7fd964adc5398

 

おへその辺りも赤みが減ってきました。

あとはしぶとく皮膚にくっついているカサブタがどうなることやらで。。。


自然と剥がれてくれるといいのだけれど。

1abda89809d24c0390a791cd0191d9cc

 

 

こちらは左の胸です。中心に発毛あり。

けれどおへそ周りと同じように縁にカサブタあり。

A59be60e259a442198961c1e710e44fb

 

 

以下は左肩。腹部よりあとにできたので

まだまだ炎症は多いし(写真ではそうは見えないけど)、

なんだか広がっているように見えます。

 

ピーク時より赤みは減りましたが

後ろ足で掻いてることもあるので、痒みあり?

775176573877432e944ffc2d9f9ecd95

 

毎日これらの部分の抜け毛や浮いたカサブタを

コームで丁寧に取り除きます。

ふさふさの部分もコーミングしたほうがよいと

皮膚科先生からのアドバイスあり。

 

コーミング中は寝ているアビーですが

皮膚に薬を塗るとハッと起きます。

29c485902c3d472c86ee78c53578000e

 

舐めないうちにシャツで被せて

全身をゆっくり優しく撫でてやると

またグウスカと寝始めてくれます。

023897baf36141779a4fcf05ec149e7c

 

ボティタッチは様々な場面で有効です。

 

とはいえ、毎日1,2時間やってるんだから

もう疲労困憊(>_<)

と、愚痴のひとつやふたつ、

言えるうちに言っといてと。笑

 

 

そんなわけで、

カリスマ・トリマーとマコモに

期待しながらの年越しです。

 

ああ、いつになってもスッキリしないわね…

 

 

そういえば、今年は無しにしようと思っていましたが

世間のクリスマスムードに負けて、

ギリギリになって犬たちにいつものケーキを注文してしまいました。

毎年同じ方に作っていただくのですが

クオリティの高さに毎度驚きます(*´꒳`*)

83e61ecca0a34c9386eb7ee6a0fc63bb

Dde13e3089f646eaaca80323c9d5a679

 

鶏肉にして400g相当の量を

3わんこでペロリと平らげました。

 

 

「クリスマス」なんて犬たちには

まったくもってどうでもよいことなんだろうけど、

なんとなく楽しい雰囲気を感じて

一緒に盛り上がってくれる。

やっぱり人が思う以上に、犬って賢い♡

 

 

 

 

« いばらきヘルスロード「菅生沼遊歩道」へ | トップページ | アビーと山歩き(宝篋山 常願寺コース) »

0.アビー皮膚炎、再び(2019年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いばらきヘルスロード「菅生沼遊歩道」へ | トップページ | アビーと山歩き(宝篋山 常願寺コース) »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。