« ジャスとマニアックな山へ(前編) | トップページ | スミレ、完全にうちのコに »

2020年3月 4日 (水)

ジャスとマニアックな山へ(後編)

加波山登山の続き。

 

八合目を過ぎ、

疲れてきたー

膝の上がビリビリしてるー

と思った頃、

 

そんなハイカーの気持ちを察してか

まるで勇気付けるかのように

「あと5分」の道標。

0b2f0f44c4d847e4939bdc02afc9e404

 

この手前に細い砂利敷の道があり、

二、三人が腰掛けられるベンチがありました。

座ってみると危ないくらいグラグラ(・_・; 

バランス取りながら腰掛けて、しばし休憩。

 

 

再び歩き始めると、お若いトレランの人が

挨拶とともに私とジャスミンを抜いていきました。

同じニンゲンとは思えない身軽さ。

まさか、下から来てそれ?その速さ?

すんごーい☆

0266af9952b9403f903ec9206d53a38c

(トレラン:トレイルランニング。山歩きならぬ山走りすること)

 

ゼイニクが削ぎ落とされたスリムな後ろ姿に

惚れ惚れしながら、

よーし!もうちょっとだ!

とまた自分を奮い立たせて歩きます。

 

 

すると右側に鳥居が見えました。

Ecb5e793e1ae427ab95b147d47589907

やっと着いたー!

と思ったらまだ「0.4km」!

あのトレランの人は雨引山のほうへ行った様子。

1a1b1ee5728949bc80e52ffe02dea256

 

最後の踏ん張り。石階段。

82ccecd7a2e044d8b74207e455de8ad9

 

 

で、着いたーー!!

ここにも「加波山神社」とありました。

E5267588a1344a5fb8eb69a00abbec5b

左側に大きな天狗さま。こんにちは。

 

 

 

それにしても静かな頂上…

人の気配なし。

Ab2ec64041104721a0eb81b81b277d8e

 

 

見晴台が無いなぁ。。。下界を見渡したかった。

いいお天気なのに、残念すぎる。

 

 

でも空にはパラグライダーたちが。

気持ち良さそう。8機も見えました。

6cdde21d32a045ef8023946cbc43bdc8

 

 

下界は見えないわ、上にはパラもいるわで、

なーんか高いところに来た感が薄れるなぁ。。。(^_^;)

 

 

とりあえず、おにぎりタイムしたいな♪

えーっと、ベンチは、、、無いっぽい。。。(+o+)

 

 

ん?

33cbbdacc7d3450fa910747638fe8bc7

え?まだ上がある??

 

 

達成感もつかぬ間・・・(-_-)

 

 

もうここまで来たら、行くしかないでしょ。

見晴台があるかもしれないし。

 

で、登る。

ジャスミンも張り切る。

8444c6b9375c4f6ba744e03c55be2ed5

 

 

いやまあ、すごい自然。

これはもう、修行の域。

 

で、2,3分でお社が。なんかシンプル。

Cd7a740252d34b2a940e417aa008a6c6

 

 

ここが頂上?と思ったらまだ道が続いてるー

78bd3e17e4044b60949e25a30aa36305

 

終わりなき戦い。。。

やはり修行の域。

 

 

2,3分登ると、

なになに?「たばこ神社」?!

13f100972e504295a436ac7d8583a126

たばこの葉の豊作を願うのかな?

 

 

 

で、また道が続いてる…

さすがに行くかどうか迷う。

 

 

けど、きっともう来ないかもしれないから

行っとこう。

まだ脚は動くし。

とにかく頂上らしい見晴らしがほしい!

 

しかしあたりは薄暗くて道もあるのかないのか・・・

 

 

と思ってたら突然目の前に大きな岩!

ヒィーーーッ! ここ通るの?!

 

 

念のため、スマホのアンテナチェック。

何かあったら連絡できるのかどうかを

ちゃんと確認しておかないと(これ大事)

Cf24638b3940410bbe9430775b2c6dec

 

不安定な足場を慎重に登り切ると、右側が崖!

ジャスと私の安全を確保するため、足場を探しながらの徒歩。

写真どころではなかった・・・(;'∀') 

 

しかし、こんなところを通り抜けると、

ちょっとナチュラルハイな自分に気付く。

 

 

行けるとこまで行ったるでー、みたいな。

 

 

 

で、3つ目のお社に到着。前の2つより立派?!

5c6ff3fe519b4b0d921c2fe6e4e97589

 

 

「ジャス~、ようやく頂上かなー」なんて愛犬に話しかけていると、

おじさまがひとり、この左側に腰掛けて休んでて

ちょっとドキッとしました。

 

 

「頂上はここですか」と尋ねてみると

「あと1つお社を超えたらあるよ」と。

 

えー、まだ、あるのーー!?( ;∀;) 

 

けもの道しか見当たりませんが・・・

 

 

でも、あと1つか。

 

進むしかない。(笑)

 

 

 

両サイドは崖と言ってもいいくらいの急斜面。

 

気持ち弱まり、軽くふらっとする。。。

90edf4743fcb46289118b212090be5c8

しかもこの笹藪、

ジャスにも私にもマダニつきそう。

 

 

 

で、着いたー!!最後のお社!!

「加波山大神社」とありました。

小さいけど。

F6ec5fbe2828420087dfb8ced584a32e

 

1beb4e75bb4f40d481684459c588712f

(いつも気になる、お社の扉にある覗き穴・・・)

 

 

というわけで、頂上かと思った神社から、

4つもお社が続きました。

 

細い道と、両側の崖を思うと、

私は尾根を歩いたのだろうか。

 

 

さらに道は見えましたが、

その先は無いなと、

この時はなぜかあっさり結論出まして。

5118639661f945bfb5e99f9bfb8d17c1

 

というのも、写真でわかるように

この先に行っても木々が密集しているので

見晴らし台はまず無いなと。

 

 

それにもういい加減に腹ぺこだし。

確認しなくてもいいや、下りたい。

と思ってしまいました。笑

 

 

 

とにかくどこにもベンチがないので、

「あと5分」の道標があったところまで戻り、

グラグラベンチでおにぎりを食べていると

砂利道からベテランふうな三人グループさんが歩いてきたので

色々と教えていただきました。

 

 

頂上はやはりあの場所でよかったそうで、

もうちょっと歩けば、

三角に組まれた石の頂上印があるのだそう。

 

 

その方たちも、

「もう少し整備して見晴らしを良くすると

楽しい山になるんだけどなあ!」

とおっしゃっていました。

 

そっか。やっぱりね。

 

同じ気持ちの人がいたことがわかり、ちょっとスッキリ。

 

 

下りはまた倒木を乗り越え、

落ち葉に滑り、

6f030fcb7e654571b9bb8d12751405af

 

流水の音がするパイプに首を傾げるジャスミンに笑い、

9e15ebe832af42f7b45af296a62d74f6

 

急坂の石道は膝に負担がかかりそうなので

ボーゲン滑りのようにやや横方向にターンしながら歩き、

738c1f1dba4c46fbb06d05b3c30b01b6

気づけばジャスミンもお疲れ気味で、

膝が心配なのでほとんど抱っこ。

7キロあるので私の腕は痛くなりましたが

無事に帰ってこれました。

 

 

このルートは健脚でないと人も犬も厳しいかもしれません。

3〜5合目のコンクリート道は急だし、凹みが歩きにくい。

 

その他は、距離も勾配も初心者向きなのですが、

整備されていないところが多く、足場が悪い。

 

変な力を使い、翌日にはいつもより疲労感が残りました。

 

でも山歩きなんで、ちょっと疲れて当たり前。

 

 

 

下っている最中は、ここに来ることはもう無いなと

思いましたが、

 

数日経つと、意外と面白かったかも。

なんて思ってしまいます。

その証拠に、この記事は長文になったし 笑

 

 

苦労しても、また行きたい!という感覚になれることが

大自然の魅力なのかな(^^)

 

 

 

 

« ジャスとマニアックな山へ(前編) | トップページ | スミレ、完全にうちのコに »

9.愛犬とハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャスとマニアックな山へ(前編) | トップページ | スミレ、完全にうちのコに »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。