« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

サラの定期検診は問題なし

 

やっと梅雨明けかしら!!

長雨、日照不足、河川の氾濫、

野菜は育たず品薄。

でもって、増え続けるCOVID-19感染者。

 

不安ばかりですが、家の中は明るいことばかりにしたいもの。

 

さて、先週、サラの定期検診に行ってきました。

 

3ヶ月ごとに血を抜かれるので可哀想ったらないのですけど・・・

間隔を空ける勇気もなく。

 

白血球内の好中球の割合は問題ないかな、

プレドニン生活で肝臓や腎臓への負担はどうかな、

そんなところを診てもらう必要があります。

 

 

で、結果は、問題なし✨

 

133ce465f3924897b984d55f1dfd341a

 


ホッ。

 


すごいなー、サラ💓

 


最近仕入れたベビーケールも食べました。

アンチノールだって、粒のまま食べちゃいます。

納豆サプリも食べるし、

全身マッサージも要求してきます。

 

これ、すごいことだと思うのです。

 

06ad4f01e55e47e9a4d0e4bc7bb98787

 

 

全身触れるということは、

リンパの流れが良くなるようなマッサージができるし、

足先も触ってー!というので、肉球のツボ押しもできちゃいます。

 

306fdea8e9c3470d8ce89088d06dabaf

 

 

このあったかい時間が、なるべくなるべく長く続きますように。

 

おっと、それはなんでもふざけすぎじゃない?サラちゃん!(笑)

 

22a69b7938294c21a91ac8a818b24ee1

 

 

サラは本当にお茶目さんで可愛いです(^^)

A774b9c3d88d4fab89d39ad85613c90c

 

 

 

 

2020年7月25日 (土)

スポーツの日

朝起きて、今日も雨かぁと落胆。

この週末から梅雨明けになりそう、と聞いたのはいつだっけ。。。

 

 

 

さて、昨日はスポーツの日!

本来10月の体育の日が、東京オリンピックイヤーだけ

7月に移動なんだそうな。

しかし梅雨は明けないし、コロナ禍だし、

オリンピックと共にどこかに吹き飛んでしまった感じ?

 

でもやっぱりそれらしい日を過ごしたいなぁと思っていたら、

雨も上がったので出掛けることにしました。

 

午前はアビーと、午後はジャスと。

(スーちゃんごめんね、あなたは明日ね)

 

 

9778773687514f21b58e12195f5c0e40

ここは、高崎自然の森公園

 

 

ちょっと涼しいけど、やっぱり蒸し蒸しする。

それでもアビーはとっても楽しそうに

散策してました。

9ac4c2a92bff47d5a1d3cb19bd09ae2b

 

私はハスの花が目当てでしたがほとんど咲いておらず、

6b1e6905620a4e2eb9c59b91f0c96aa6

 

 

その代わりにヤマユリがあちこちで

良い香りを漂わせてくれました。

癒される〜

B5e064751b824732b1085c36204881a4

 

 

 

 

 

 

そして、いったん帰宅して昼食を摂り、

ジャスミンを連れてフィールドへ。

 

1dce54da37994a53b49140803700f9f5

 

すると先生が、言いにくそうに、

「7月13日に逝きました」と。

 

「あと2,3日だと思う」と先生から聞いてから

10日もウトウトしながらも生きてくれたわけです。

16歳、病気なく、大往生でしたね。

 

6月から周囲で訃報が続いていて・・・

ルナちゃん、ファミーちゃん、ルルちゃん、キッちゃん。

13歳から16歳。

うちの犬たちと遊んでくれたワンちゃんたちです。

 

みんな安らかに。ゆっくり休んだら生まれ変わってきてね。

 

気付けば、犬友がたくさん。

 

ワンコ同士も、

飼い主同士も、

あったかい友情で結ばれて、

オトナになってからこんな幸せなことって

なかなか無いなぁと思っています。

 

 

 

ジャスはあとどれくらい走れるのかなぁ。。。

 

 

10歳になった頃からハードルのバーを下げ、

12歳の今ではバー無し。

E1721383a9de47fcbf88a5387b357c51

 

トンネルをくぐり、スラロームをこなし、

調子が良ければシーソーやドッグウォークも

コースに加わわります。

 

若い頃は、アジリティの怪我のことばかり

耳に入ってきたので、

シニア期に入ったらやめようと思っていましたが、

 

今の先生は個々の能力に合わせて

怪我のないようきちんとコース作りをしてくれるので

安心して走らせることができます。

 

379a93523a07432b9f1ca7e30c0cae6f

 

 

先に逝った仲間を大事に想いながら、

いつもより広々と感じるフィールドで

ジャスミンとガンガン走りました。

4コース、2本ずつ、計8本。

私も体が軽くてよく走れました。

 

 

スポーツの日、そして梅雨の晴れ間、

ジャスとアビーの運動欲求を満たしてあげられて

飼い主としてたいへん満足。

 

 

 

帰りに先生からカサブランカのお福分けをいただきました。

先輩ワンコの愛と魂を分けていただいた気分。

1a63ba89d4b4456bbbc6fefc381532ce

 

 

昨日はユリいっぱいの一日にもなったのでした。

 

キッちゃん、ありがとう。

 

 

 

 

 

2020年7月21日 (火)

12歳ミュウのこの頃

 

昨日は朝から久しぶりの晴れ。

窓を開けると、

ミュウが、のぺ~っと窓辺に。

7e104d54524c49f88eacf445665bf8f2

 

その姿を見ながら、「朝日新聞digital」を読む。

今朝の記事は、

 

****

「死んだらゆるさん」と伝えたのに 

コロナに奪われた父

****

 

こんな別れかた、人生の終わりかた、

なんとも辛い。

 

自分の身にも起こったら

立ち直るのにどれだけの時間がいるだろうか…

 

そして、そんな恐ろしいCOVID19を、

自分の不注意から誰かに感染させてしまったら

悔やんでも悔やみきれない。

 

東京で生きるって、リスクあるよなぁ・・・

 

 

朝から悲観的になりつつも、

ミュウやらブーレやら、まったりした猫たちを見ると和む。

 

ペット様は偉大だ。

 

 

そんなミュウの近況。

5月で12歳になりましたが、まだまだ元気。

タワーに飛び乗ることもできます。

12歳じゃあ、まだそんなものかな。

Bd12dcde05a94c1a87ed2caff20d53c8

 

 

階段だって、ホイホイと上り下りします。

D118d3ad4fe9409899938f4573f2d801

 

でも体つきは少しずつ老いてきました。

飛ぶように走ることはなくなり、

走ってるといえば走っているけど、

どちらかというと、早歩き、って感じかな。

 

 

アビーの鍼灸先生に伺った話によると、

猫って、年を取ってくるとほとんどが関節痛を患うそう。

だからその対策を早めに始めたほうが良いとか。

 

たとえばですが、お灸に慣らしておくとか、

関節に良いとされるサプリを始めておくとか。

 

 

犬たちに使っているアンチノール、

それもよいそうで。

 

猫たちにも、シニア対策をやってあげなきゃねぇ。。。

 

 

 

性格の面では、

歳をとって丸くなるのかなーと思いきや、

気難しさや頑固さは、より強くなってきました(^_^;)

 

7ef9b0d79c554bad9811d81c83477f2c

 

 

 

毎度のごはん時には

「一緒に食べよー」と呼ばれます(笑)

 

 

 

「一緒に食べよー」なのか、

「食べてるとこ、見ててね」なのか、

「ブーレが来ないか、見張っててね」なのか知りませんけど、

 

とにかくそばに居て!とうるさいのです。

 

1aca35ad21e945bbb6eedec65f963b7a

 

私が邪魔をしているように見えますが、違うんです。

 

鼻息がかかるくらい顔を近づけて、

ミュウが食べるのを、「応援」してやらないと、

食べ終わりません。

 

途中で離れると、「にゃーーんっ!」と鳴いて

呼び戻されます。。。

 

 

年々、この執着が増してきました。

 

 

「ミュウちゃん、先に食べててよ~」

と言っても、そこは通じないようで。

 

 

食べる様子で口内環境もある程度察することができるので

ちょうどいい、といえば、ちょうどいいけど。

 

 

年々手がかからなくなったと思ったのも束の間、

あっという間に10年過ぎて

色々とケアする必要が出てくる。 



日々たくさんの癒しをもらっているので

その恩返しはしなきゃと肝に命じてます。



この夏も元気に過ごせますように。

A111c78d7a3f4f788b3d872ee8f76b61

 

 

 

2020年7月18日 (土)

雨なので読書「少年と犬」

 

まったく晴れ間のない一週間でした。
しかも気温が20℃前後。
 
猫たちが風邪をひかないよう、
気を付けながら過ごしていました。
 
今朝も強めの雨で
バードウォッチング会が中止。
とても残念。
 
 
ぽっかり空いた時間で
直木賞受賞作品をKindleで読みました。

38ad2ee0583e4edebd2fc3506cbbec20

 
 
迷い犬「多聞」が、
様々な「事情ある人」と
心でつながってゆくストーリー。

(と、私は思いました)

 

 

面白かったー
 
そして、まさかのエンディング。
 
 
最後の最後で、ぶわっと泣けます。
 
 
この馳星周さんは、犬を描いた小説を
何冊か書いているようで、
犬の心理描写がお上手でした。
 
 

やっぱり犬っていいなー。

 

そこそこ大きい雑種犬ってのも、

存在感と力強さがあっていいなー、

なんて、

しみじみ思いました。

 

 

  

うちの雑種犬。おとなしいから存在感はあまりないけど。

32a51459cb0243c491c53b1406733974

 

私のところで、どうにか暮らしてくれてます。

どこかへ帰りたいというそぶりは無いように思うけど・・・

 

28b47bbea8554fcc92fd15f072b924a9

 

でも、

故郷への熱い想いがあるかもしれないなぁ。。。。

 

 

2020年7月14日 (火)

ステロイド中止とホルモン剤の減量

虹が出た、日曜日の夕方。

10分ほどのスコールに濡れながら、

アビーと気持ちよく歩きました(笑)

私はすっかり犬化している。。。

 

濡れながらも「スワレ・マテ」して、

ユニコーンに仕立ててみました。

可愛い。良い子。虹色の角。

3f197476ae064cbd81f96137171a3223

 

そういえば「スワレ・マテ」を習ってないわんこさんが

ほんっと多い(笑)

その話はまた別の時にするとして。

 

 

 

とにかく、アビーの皮膚の状態。

 

痒みを止めるためにプレドニゾロンを与えてみたけれど、

痒みはほとんど収まらず。

量を増やせば春の頃のようにピタッと止まって

それこそ感激なんだけれど、

そのあとにやってくるのは膿皮症。

 

だから今回は量を増やさず、別の方法を探ることにしました。

結局のところ、2週間だけのお試しステロイドとなりました。

 

 

痒みが止まらないのと同時に気になるには、

なんだか更年期のマダムみたいに

体に熱がこもった感じで

「あっちぃ(ハアハア)」となっていることと、

痰が絡んだような湿った咳をすること。

 

冷房の室内でも、冷たい床を探して横になるほど。

F2454b06d283472b9641a4dc75e80a5d

 

そのことを鍼灸先生に伝えると、

甲状腺機能低下症の薬(チラーヂン)を減らして、

薬膳でいうところの「補気」の食材を与えてみましょう、

ということになりました。

 

(ホルモン剤は、2週間ほど前に、

液体のレベンタから錠剤のチラーヂンに変えています。

理由は、鍼灸先生のところではレベンタの取り扱い無し)

 

 

チラーヂン4錠を3錠に減らし、

毎日なつめ1コを食べさせるようにしています。

 

 

すると、数日後にはかなり症状がよくなりました。

 

あまりの効き目に、

 

もしかしてホルモン剤を減らしたことよりも、

あるいはなつめを食べさせていることよりも、

 

ステロイドを止めたことがよかったのか?

とも想像してしまいますが。どうなんだろ。

 

 

あるいは、百会(ひゃくえ)への鍼1本のおかげ?!

7bc3de613ba74415b0452af3cef78dc0

「のぼせ」は頭に血が上ることなので、

熱が抜けるようにと、ここに鍼なわけです。

 

多くの経絡が集まるツボだそうなので効き目は抜群かと。

 

 

 

そして、皮膚の状態。

どうしても赤みが引かない場所に、

ステロイド入り塗り薬(ビクタスSMTクリーム)を塗ることに。

 

昨年の今頃も使ったことがあるのですが、

「なにか塗ったなー!!!」と激しく舐めとるので

ストレスが大きいと思い、やめたことがあります。

 

 

なのに、今回はあまり気にしません。

気持ちが穏やかになってきた証拠。

 

 

塗った箇所は首。

ピタリと効いて炎症が消えました!!

B720b09d7ddd40719f88ed0d30972193

 

掻いてもいないので、あとは毛が生え揃うのを待つだけ(*'ω'*)

 

 

 

そして一番ひどい胸と脇の下にも塗りました。

赤みはほとんど消えましたが、

後ろ足で掻くのは収まらず。。。

上のほうの生え際のポツポツが痒みの原因か。

Ba533ba6df7a4a38a25c667e50cb5497

まだ油断できないとはいえ、

普通のお薬が、ある程度普通に効く安堵感は大きい♡

 

 

そしてお腹。ここには何も塗っていません。

ゆっくりながらも改善しているし、

赤みもないので。

それに、じわじわとちんちんに毛が生えてくると、

なんだかすごくホッとします(#^^#)

Afc704cf51334c2f8afd916848e7465d

 

しかしながら、内腿のあたりに軽い膿皮症ができては消え、

できては消えで、

さらにここ数日は脇腹のほうを気にして舐めまくっています。

どうなることやら。。。

 

 

というわけで、残るは胸とお腹だけ。

首は心配なさそう。

 

 

 

1年前は皮膚科専門医にかかっていても、こんなでしたから。

9392a7d95c99466f98c38b2621d8884c

見るに堪えませんな・・・

 

当時は疲れてどうしようもなく、

なぜ治らないのかと悲観的になり

涙が出る日もちょいちょいあり。

 

今思えば、私にもノーズワーク的作業が必要だったのよねぇ。

いっぱいいっぱいで、

いわゆる「ストレス発散」という作業ができずにいました。

 

 

 

犬たちにはしてあげてるのに(苦笑)

 

9b3e831d082d465b8129710ccb3916c8

 

 

特にアビーのように、

命にかかわるほどの恐怖体験を若いうちにした犬には、

「ストレス」どころではない「トラウマ」が

ずっしり残っているに違いないと思います。

 

 

様々な刺激を受けて日々自由に生活している人間でさえ、

恐怖体験のフラッシュバックは

10年20年と身体から抜けないと聞きます。

一生残ることもあるでしょう。

 

 

私はそういうことがアビーにもあるんだと

思いやってあげることがとても大事だと

現実的に思えるようになりました。

 

 

 

 

アビーの状態が段々とよくなってきて、

私も久しぶりに自分の時間を持ちました。

B40c3c0968cb4b0fb8d502ffe2240c68

 

できれば真夏が来る前にコースに出たいけれど、

ゴルフ仲間の父はもう暑さに耐えられない年齢だし、

夫はコロナ禍で激務。日曜はヘロヘロでゴルフどころでない。

友人を誘うのも今は避けたほうがいいなと思うと、

練習場で打ちまくるしかないかなと。

 

 

久しぶりに練習場へ行くと、

私の会員ナンバーは抹消されていました。

確かに、8年ぶりくらいだ(笑)

新しく作ってもらい、レフティの打席に行くと、

おー広々!!!!な、なんか、優遇されてる☆

どこの練習場でも、レフティはだいたい端っこに追いやられるので

すっかり練習嫌いの私になっていましたが、

ここならば悠々と練習できる♡

 

そして来週は5カ月ぶりの、バードウォッチング会。

 

心置きなく楽しめるよう、

みんな引き続き元気でいてくれますように。

特にアビーが悪化しないことを祈ります(*'ω'*)

 

(9頭もいますからね、介護不要な日々など

めったにありません)

 

 

 

 

 

2020年7月 7日 (火)

振り向いたら、なんじゃコレ!

毎朝、猫たちがごはん食べ終わった横で

 

軽くストレッチをしているのですが、

 

1541fed4c8d644e998ad00bfa5410e19

 

振り向いたら、、、

 

 

なんじゃコレ!!!

 

3f7bd98a2788463dbd0de7609ab05484

 

 

とらおちゃんのお腹でした(笑)

 

 

C60b5b5b6f29474ba47f16c0a1cfbc5f

えへへ。

 

 

そんな、とらおさんですが!

 

 

3週間でようやく、100g減りました!!

 

 

6/13 は、8.20kg、

 

6/20は、8.25kg、

 

で、7/4 は、8.10kg ☆

 

 

いったん増えたときに、

もう、ごはん量を減らすしかない!

と思いまして、

 

どのくらい減らしたかというと、

体重6kg目安のごはん量だったのを、

心を鬼にして、

体重5kg目安の量に減らしたのです。

 

 

すると、二週間後、減りました!

 

 

「もうちょっと食べたいー」と聞こえてきて

辛かったのですが、

 

その分、スキンシップの時間を増やしました。

 

 

 

するとなんと、

その時間を心待ちにしてくれているじゃあ、

あーりませんか(*'▽'*) 

 

私もとらおへの可哀想な気持ちが軽くなって、

少しやりがいが出てきました☆

 

結果が出ないとね、とらおが辛いだけだものね (^-^; 

E04452dc4a2c4e75a41d7690f6bf101a

 

 

 

2020年7月 4日 (土)

お別れの前に感謝を

11年間お世話になっている

アジリティトレーナーさんのわんちゃんに

昨日、会ってきました。

今日で15歳になります。

 

もう、自力では動けませんし、

話しかけてもほとんど反応はありません。

 

桜が咲く前から、ヨロヨロ歩きでした。

 

一週間前までは

どうにかこうにか自力で立てていましたが

昨日はまったく動かず、

目を凝らしてお腹の上下を見てしまうほどでした。

 

 

「よくて、あと2,3日かなぁ」と先生。

 

 

もう11年の付き合いになります。

フィールドを走る姿は無駄の無い身のこなしで、

美しい瞳のサラサラ被毛の美人さんでした。

 

大きな病気なく、ゆっくりと

でも人に比べたらあっという間に

歳をとっていく様子を、

ずっとフィールドで見せてくれました。

 

 

老いてゆく先輩わんこの生き様を

しっかり目に焼き付け、

聞こえないその耳に、

見えないその瞳に、

たくさん話しかけ、感謝を伝えました。

 

 

 

わんこの老いは、

ものすごい速さで進行していくこと、

 

そして多くの飼い主はその変化についていけず

時に苛立ったり、悲しみが溢れたりして、

 

かけがえの無い時間を

ちょっぴりマイナスに過ごしてしまうこと、

 

そのコが本当は何を望んでいるかを

よく考えてあげること…

 

様々なことを学ばせてもらいました。

 

 

ペットとの付き合いかたが十人十色ならば、

死への向き合いかたも、人それぞれ。

 

介護の仕方も、末期の対応の仕方も、

それぞれの環境によって大きく違います。

 

違ってよいことなのに、だからこそ

これで良かったのかと、皆、悩み抜くわけです。

 

 

うちのコたちも、先生のわんちゃんのように

少しずつ老いてくれたら理想ですが、

突然の難病でゆっくり介護できずに

お別れがくることだってあります。

 

 

どうにかそれを受け入れて

飼い主として最期に訪れる様々な選択を

しっかりできたらいいなと…

 

それがペットを迎えるときの

「最期まで責任を持つ」という意味であり、

つまりは、その命の終わり方を

選択する覚悟を持つことなんだなぁと。

 

 

そんな強くいられるかどうか、

まったくもって自信がありませんが…

 

 

 

とてもたくさんの時間を同じフィールドで、

いや、彼女のフィールドで

過ごさせてもらいました。

 

たくさんの思い出がよみがえります。

 

彼女のいないフィールドがどれだけ

がらんとしてしまうのか、想像もつきません。

 

・・・ 辛いね、先生 ・・・

 

 

15歳のお誕生日を迎えることが

先生の願いでしたから、

彼女はきっと踏ん張って

今日を迎えていることでしょう。

 

6b3adab4f33a440aa1dfc2f14aedd8d6

 

 

 

2020年7月 1日 (水)

7月はバランス?!

今日から7月!

カレンダーは、絶妙にバランス取ってるお澄ましミーナさん(笑)

 

0f15d16a0807489d8240ac02cbe439f7

 

 

散歩コースの水田には、

カルガモやサギのファミリー。

 

Ef3ebe4c301d41d6a63653d38281a075

遠くて何がなんだか…(^_^;)

 

 

そして夏になると飛来してくるアマサギもいました〜!

 

8a268697f2d04268899698d03fe58b57

 

右端の、頭部が薄い茶色のサギで、

左側はアオサギ2羽です。

 

 

カルガモの群れ。

3dd7817c8adc44fb8f11b4d06bc489df

(本当にカルガモー??笑)

 

この時期の散歩は

活発な夏鳥を見ることができるので

とっても楽しいです。

 

 

ただ、ウェザーニュースをちょいちょい見ながら、

雨降る前に犬たちの散歩、散歩!

と調整していると、なんか忙しない (^_^;)

 

かといって、行かないと運動不足になってしまうし。

 

 

そこでとうとう、

バランスディスクを買いました!

私のではなく、犬たちの運動のために、です!

De833fb606a947518f69d0aa1c80ccce

 

バランスボールとかディスクとか、

巷で流行り出した頃は

邪魔になるだけ〜なんて思って

私はあまり興味を持たなかったのですが、

 

気付けば人だけでなく、

わんこもこれらを使って

体幹を鍛える時代になっていました(*_*)

 

そこでノーズワークの先生に

どんなふうにやればいいのかを聞いたのは

昨年の冬くらいだったかなぁ。

 

ちょうどレッスン内容を考えていたところだそうで、

今ではノーズワーク、ラリーオビディエンスに並んで、

「フィットネス」のレッスンが始まっています)^o^( 

 

 

参加者は10組ほどですが、

みんな「マイディスク」を持っていてびっくり!!

 

そっかー、おうちでそれぞれ鍛えていたのかー!!

 

触ったこともないのは私くらいでした(笑)

 

バランスボールに乗れる子もいて、

玉乗り芸みたいで可愛らしかった♡

 

 

 

レッスン風景は公開禁止なので掲載できませんが、

うちでの練習はこんな感じで始めてみました。

 

 

まずは、後ろ脚を乗せる練習から。

 

F967d8c6e6a7479db22627a22a03857e

 

 

スミレはもう13歳なので無理させずに、

まずはこのポーズができるように練習。

14cd2d3d7f9641b78f490b5568bc82ed

 

怖がらずにできるようになったら、

コマンドで自らこのポーズになるように練習しつつ、

少しずつずれながら回転させる。

そうすると、後ろ脚をちょこちょこ動かせるようになる、

というわけ。

 

 

とにかく「フィットネス」というレベルに持っていくまでが

大変なので、楽しい気持ちでコツコツやるしかない。

 

 

 

というのも、スミレの後ろ脚、というか、

膝が変なんですよ。。。

 

 

 

膝蓋骨脱臼のような動き。

それ自体は直せませんが、

筋肉つけて、衰えを加速させないことが狙いです。

 

 

この他にも、ちょっと高めの台に前足を乗せて

後ろ脚を動かして回らせたり、

 

低いものを繰り返しまたがせるとか、

 

幅の狭い通路を後ろ向きで歩かせたり、

 

ほふく前進させてみたりなど、

 

脚力をつける方法を中心に練習を始めたばかりです。

 

 

人間もそうですけど、

平地を歩くだけでは筋トレにはならず。

(特にうちの周りは平地ばっかり)

 

 

高齢になると後ろ脚が立たなくなるワンコは

多くいるようなので、

後ろ脚を意識して動かすのはとてもいい!

と思いました(^^)

 

 

 

夏の間はスズメバチや毒ヘビが怖くて

山登りができないので、

こういった方法で鍛えておきたいものです。

 

 

 

さすがアジリティで鍛えてきたジャスミンは上手。

Img_4721

 

座ったほうが楽みたい。

Img_4726

 

はい、また立ってみよう!

Img_4732

 

という感じで、色々とアレンジしながら

怪我しないよう、

トレーナーさんに見てもらいながら

バランス取る夏にしてみたいと思います(^^♪

 

 

 

 

※ご注意

どんなワンコにもオススメではありません。

太っていては無理させるだけだし、

すでに弱っている部分は悪化させないような配慮が必要。

 

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。