« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

サラ、元気で検査も良好

1月も今日で終わり。

F6384c383aab477cad85990d5b240df5

 

そして緊急事態宣言解除予定まで
あと一週間。
しかし・・・東京は延長説が強い。

 


さて、サラの様子。

3か月ごとにCBCの血液検査、
6か月ごとに内臓含めた血液検査を
していただいてます。


今回の結果も異状なし。嬉しい♡

6dc0c668be7e46a89afb831b18a6a26f

しかしよく見ると、

・SDMAが上昇
・血小板が減少

3か月後の検診時に要注目。

 

(通院から帰宅してお手入れタイム)

A214c96df86c4c949d06e6532d9ac028

 

フードも見直そうと思います。
サラは現在、4種類くらいをローテーションしてます。

フードをそのままにしてサプリを加えるか、
4つのうち1つか2つを腎臓ケアフードにするか、
ちょっと考えてみます。

腎臓ケアは、早めに気付いて
早めに始めれば、無理なく改善されることも
あると、ミュウのときに経験したので。

 

そして、お薬は変わらず、
プレドニン5mgを半錠。
一日おきに1回。

58389e31ed434345bf8fa87093274643


小さな錠剤を、お口ポンで服ませています。

口を開けるときに嫌がって逃げたり、
薬の落としどころが手前過ぎたりすると
ペッと出したりと、
うまくいかないことも時々あります。

 


無理強いせずにやることが大事と
肝に銘じて、

手間であっても、失敗したときは
しばらく時間をおいてから再チャレンジします。

手際よく、二度目は絶対に失敗しないよう
集中しながら。

16695861455547d9912b9b459675e59f

 


そして飲み込めたら、チュールなり、
クッキーなりのおやつをあげます。

しっかり胃まで運ぶためと、
嫌だったことを忘れてもらうため。


これから何年も続くだろうから
サラの気持ちになって
嫌いなお薬タイムを少しでも楽に。

 

(膝の上でゴロゴロ)

297541ba3fb44d89a4cca76b215c73ac


サラはえらいね~おりこうさんだね~
4年もお薬、続けてるんだから。


そんな気持ちをいつもいつも伝えるよう
私も努力。

 

今のところ、食欲も元気もあって、
体重は2歳くらいから変わらず
3.1~3.2kgくらい。

なかなか良いスタイルですよ~笑

6a895e0d14bc40429dac4cc700463756

 

一度は虹の橋を覚悟した子猫さんが、
もう4歳です♡

 

ただ、やっぱり、完全に健康体ではなくて。

おひげがちょろちょろ~・・・

5719895729a244659600d21311be2e1f

 

志麻(10歳)やミーナ(8歳)と比べると
一目瞭然。

60c292f6e54e47b4b514ccb7cf751379

E9aec4302d2e43eaabd8c03c0f493daf

 

 

そしてやっぱり。。。全身が薄毛です。


でも仕方がありません。
生きてるだけで、サラは素晴らしいです。
もちろん、少しでも、より健康でいられるように
サポートしたいですが、
空回りしてサラに不快な思いもさせるのも
よくないので、いろんなことはバランスです。

バランスが大切なのです(^^)

 


=サラの病気=
生後4か月頃、
猫白血病ウイルスが原因と思われる
骨髄異形成症候群を発症。
・血小板がほとんど作られていない
・白血球(好中球)が異常な形
・保護は生後2か月半から3か月頃
・保護して4週間ほどで発熱、すぐに高熱
・骨髄異形成症候群は「前白血病」とも呼ばれる

・4歳までの死亡率80%ほど

 

(私の見るものを一緒に見るのが好きなコです)

9b4e7c8507254959a92626227355fa54

 

 

 

2021年1月29日 (金)

人間に換算すると60歳になっていた

お久しぶりのブーレ君です。

A942cb570893407489ad7a06159ba082


11歳ですが、
高いところに華麗に飛び乗ったり
棚の上からムササビのように降ってくるのを見ると
まだまだ30代くらいの若さを感じます。

92e017ad3f6a4c8fb684a09d58b7b935


でも最近、代謝が悪いなぁと感じることが増えました。

それもそのはず。
こちらのサイトによると、猫の11歳は
人間に換算すると60歳なんだそうな!!


犬・猫と人間の年齢換算表
http://www.vets.ne.jp/age/pc/
獣医師広報板(www.vets.ne.jp)より

 

60歳といえば、
ヒムロックとか、佐藤浩市とか、船越英一郎とか、
真田広之などが2020年に60歳になられたそうで
皆さんダンディ色出てます。


アビーも少し「渋み」のようなものが出てきても
いいんじゃないかい??笑

ブ「出てないかなぁ?」

9c276d29820844929d4cdfe2339b1005

うん。。ちょっとたるんだ感じは出てる。笑

 

 

ブーレの場合、出てくるのは渋みじゃなくて、
体の中の悪いもの。


耳垢、目やに、鼻くそ、食べかす?(右の下あご付近)、
歯槽膿漏。

0663428db5194039b43060fad805b337


体内から悪いものが出てくるのは
それは「デトックス」と考えていいのかもしれないけど、


歯茎が赤くなっているので
そろそろ歯医者さんにだけは
行ったほうがよいかも。。。

F8dcfadb37d84ee184136f5afec20b7d

 


それに加えて、しばらくの間
左の鼻の穴がふさがっているように見えいて、
とても気になっていたのですが
よーく見たら傷でした。

 

1a9ec354df2c4ab68929a68499794fa2


ミュウにパンチされたのかも。

カサブタがたくさん付いていましたが
これもまた治りが遅かったので
心配してしまいました。



三毛の姉さんが相手じゃ、苦労するねぇ、ブーレ。

A1c9e0f709f04094b0c1573fd8bdb951

 

ミュウがいないときはブーレが最前列に。

3f0a9a98a9f147af84b2a0d6876c22a8

 

 

そしてなんとなく、鼻の周りにむくみを感じる・・・

E58f3e4560d94274bb9f3dcc60174f86

 

ただの丸顔?!

 


ネコは頭部に腫瘍ができることがあるそうなので、
常々気にかけてやらねばと思うけれど
決定的な感じはなく。

 

写真や動画をたくさん撮っておけば
変化の見極めの参考になるので
そうしています。

 

60歳を超えてたかぁ。。。

 

そういうことを、折に触れて
気遣ってやらなきゃなぁと。

 

だけどまだみんな元気だから
心配しすぎずに維持できるよう、
飼い主は頑張るとしましょう。

 

毎日毎日、気持ちよいお昼寝ができますように。

51804da2de4045f086f7a72c16d88ad2

 

 

 

 

 

2021年1月22日 (金)

なぜ抗うつ剤なのか

ではなぜ、アビーに抗うつ剤が必要か。
ここを考え直す必要があるのかなと。

止められるものなら、止めたいもの (T_T)


アビーには分離不安はないし、
攻撃性もないので、
精神安定剤なるものに頼りたいと
思ったことはありません。

ただ、次のようなところは
正常ではないな・・・と思っていました。

○ハエや蚊を気にして、口をパクパクして捕まえようとする

○立ったまま一点を見つめてじっと動かず、それが数分に及ぶ

○雷だけでなく、雨だけで不安になってオロオロする

○散歩中は緊張が高く、おやつが食べられない

 

そして実害としては、

・「尾追い」を繰り返し、尻尾が脱毛する

・暇なときにお腹を舐めて脱毛し、皮膚が黒くなる

これらの点は、アビーが我が家に来たときからでした。


8a4ea119ff264fe9b49dded76a802311


当時は、大地震や津波によって、
怪我をしたのかなと思っていましたが、
あれこれ勉強してみると、
これは「尾追い」による自傷行為だとわかったのです。

 

 

それから1年ぐらいは新しい環境で緊張もあり
精悍な顔つきでしたが、

6bfd9ec6f88645f799d00d9b449837ec

 

 

やがて、とても穏やかなお顔になっていったのでした。

21180b2ae60a44299aa34d82118ec6f5

 

なのに・・・2013年冬ごろから口の周りに
皮膚炎が始まり・・・

84943f2feda249508b6a462dbb95b2b3

 

原因不明、治療法もなく、
4人の獣医さんにかかりましたが
悪化するばかりでした。

 

174e518687614865ac5167397e968806

 


そこで、二次診療の病院に行き、
アジア獣医皮膚科専門医の永田雅彦先生に
1時間にも及ぶ問診(生活習慣など)を
していただき、
PTSDの可能性を告げられたのです。


そのときに初めて、
抗うつ剤「アナフラニール」が処方されました。


*****
PTSDとは。
厚労省のサイトより
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_ptsd.html
「こころの病気を知る」
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。
突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てきます。とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときは、PTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。こうしたつらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。

*****

 

抗うつ剤を服用すると、
掻いたり舐めたりすることは減り、
今までになく、とてもよく眠るようになりました。

本当にとってもよく眠っていました。

 

そして2年近く続いた皮膚炎は、
たったの4か月で
ほとんど治ってしまったのでした。

Db89be99e3ee41ae9febb09968626a38

 

これには本当にビックリしたものです。
皮膚についての薬は、
飲み薬も、塗り薬も使わなかったのですから。


結局、抗うつ剤は、
2016年8月頃までの一年間、服用しました。


それから2年間、皮膚病はまったくありませんでした。


それが、2018年8月、
自宅の改修工事をきっかけに足先を舐める行動から再発。


あれよあれよと広がり、
皮膚科専門医の先生に治療を受けるも改善せず、

またあの時のように酷くなったらどうしようという
不安から、

「抗うつ剤を服んだら治るかも」と安易な気持ちで
抗うつ剤を希望しました。


当時の皮膚科医の先生は、
2015年にPTSDの可能性を指摘してくださった
永田雅彦先生のお弟子さんでした。
だから、とても期待していました。


でも残念ながら、改善しませんでした。


皮膚科の先生は、自らアビーを薬用シャンプーで
洗ってくださり、保湿剤をつけてくださいました。
4か月間、週一ペースで。

水が大嫌いなアビーにストレスかからないかなと
心配でしたが、抗うつ剤のおかげか、
鳴いたり暴れたりせず、おとなしく洗われていました。


しかし、それもあまり効果はありませんでした。

 

費用ばかりがかさみ、
我が家の家計も苦しくなっていきました。


とはいえ諦められるものではないので、
私はあれこれ調べまくり、
甲状腺機能の検査をお願いしました。

T4とTSHを計測。

甲状腺機能低下症だということになりました。


ホルモン剤の投薬を始め、
定期的にT4だけを測りました。

1日0.3mgで、T4値は標準値に
入っていました。

しかし皮膚炎が改善されないので、
1日0.45mgに増やしました。
標準値のど真ん中になりました。

 

それでも、結局、
皮膚の状態は変わりませんでした。

 

今考えてみれば、抗うつ剤をいったんやめて、
それから甲状腺の検査をすればよかったなと。

抗うつ剤を服んでいたから、
甲状腺ホルモンが少なかったのかもしれない
と思うのです。


当時の先生は、抗うつ剤が甲状腺機能に
影響を与えることはご存じありませんでした。

私が、2種同時に服用して問題は無いかと
2,3度質問しましたが、問題ないとのこと。

まあ、それは先生の主観ではなく、
製薬会社の説明書がそうなのであろうと思います。


抗うつ剤そのものについても、
犬の精神科医は日本にはほとんどないため
抗うつ剤をきちんと扱える獣医さん自体が
とても少ないのだと想像します。


ましてや皮膚科の先生に通っていたのでは
甲状腺ホルモンの治療や、
精神科(行動療法)等に詳しいことは
期待できません。


それに早く気付くべきでした。

 

今になって、別の先生から、
甲状腺機能低下症が皮膚病を招いている可能性と、
T4を計測しているだけでは正確ではないということ、
そしてこれまでのホルモン剤の量では足りないのかも。
という新しい話をいただいて、
なんだか、どっと疲れが出てしまったのでした。

 


話は逸れますが、

一年ほど前から、犬の行動学について
会員制オンラインセミナーを受講しているですが、


ぎふ動物行動クリニック

https://tomo-iki.jp/clinic


このクリニックは、日本でおそらく唯一の
「ストレス診療科」を開設しています。


そしてなんとタイミングよく、
そちらで1月13日に開催されたセミナーが

攻撃行動に対する薬物療法‐[問題行動解決塾・理論編]
https://tomo-iki.jp/info/8274


だったのです。

アビーには攻撃行動はないのですが
自傷行為があるため、
薬の選び方などが勉強できればと受講。
とても参考になりました。


ただ、テーマの内容としては、
飼い主の接し方や、おうちの中の環境改善、
そして攻撃行動に対する行動療法だったので、

アビーのような、震災による強い恐怖体験への
薬物療法については、
事例があるかどうかはわかりませんでした。

 

より理解したい場合は、カウンセリングを
受けるしかなさそうです。

 

PTSDと抗うつ剤、

甲状腺ホルモンと抗うつ剤、

そしてPTSDと舐める・齧る・掻く行為、

さらに甲状腺ホルモン低下と膿皮症。

 

甲状腺ホルモン剤と抗うつ剤を増やしている今、
皮膚がすっきり治ってくれれば悩みませんが、
そうではないからヤキモキしてしまいます。。。

 

それに、抗うつ剤を服んでいても、
相変わらず、尾追いがあります。

D1a2b0dc72b343168cbefa0b61cb832b

85a343a595724e7d8b652c55ae131e40

 

 

アビーはほんと、お医者様に恵まれません (T_T)

可哀想です。なんとかしてやらねばと
頭が痛くなるばかり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年1月18日 (月)

甲状腺機能低下症が皮膚病を?

アビーの状態を書いては保存し、書いては保存しで、

やっとここまで書けました・・・

 

いやもう、複雑です・・・

 

2018年の夏からアビーの不調は始まったのですが、

見た目ではそれは皮膚病だったので

皮膚科専門医の先生に診てもらってきました。

 

しかし、もしかすると、皮膚病の類ではなく、

(まあ結果は皮膚病なんでしょうけれど)

原因が甲状腺ホルモンが大きく不足しているためかも

しれないという状況になってきました。

 

経過を整理すると、

2019.7.6 甲状腺ホルモン剤の服用開始

3カ月おきに血液検査をしながら

その状況に応じて、0.3mg~0.45mgを服用

 

これで甲状腺ホルモン:サイロシン「T4」

の値は良好でした。

 

 

しかし、このときすでに、

抗うつ剤を服用していました。

 

 

皮膚病は時に少し良くなったり

また悪くなったりの繰り返し。

完全に綺麗になることはなく、

もう少しで完治なのに!というところで

再度悪化したりの日々でした。

 

 

 

そして耳が折れてしまった昨秋

2020.10.6 の頃は 0.3mg/日

 

 

ビデオオトスコープ治療をしてくださる、

新しい先生のご提案で、

2020.11.16から、

甲状腺ホルモン剤を増やすことになりました。

 

 

先生が「0.3mgから0.4mgに増やしてみましょう」

とおっしゃったので、

私は0.1mgだけ増やすのか、と思ったのでした。

 

 

ところが、アビーの様子がなんだか変なのです。

 

全身を掻いたり舐めたりがピタリと止まり、

やたらと元気で、食欲も病的に旺盛で、

頻尿、そして

体重がどんどん減っていく。。。

 

表情もこう、なんだか、ギラギラしているというか・・・

 

人でも病的に痩せると目がギロッとなりますが、

そんな感じなのでした。

 

以下2枚がその頃の写真です。

0fc26ea7a63c4a3abbfe10a420e070c3

E320773ddad940619ee69f2e5f4a87fc

 

体重は、17.5kgくらいだったのが、

2週間後には、14kgになっていました。

 

 

先生に相談すると、なんと!

ホルモン剤の量を間違えていました。

 

私がお伝えしていた0.3mgは1日の量だったのですが、

先生はそれを1回分だと勘違いされていて、

つまり0.3mgを朝晩で服用していた、と思われたそうです。

 

ということは、

先生は、0.6mg → 0.8mg にしたつもりが、

実際は、0.3mg → 0.8mg になったのです。

 

アビーにとっては

いきなり3倍近い量のホルモンが入ってしまい、

甲状腺機能亢進症になっていたのでした(*_*)

 

食べても食べても痩せる、という、

まさにバセドウ病の症状です。

 

 

ところが、皮肉なことに、

掻くのも舐めるのもしなくなり、

皮膚はどんどん良くなっていきました。

 

それで、

 

甲状腺機能低下症が原因で皮膚病が起こっていた

 

と仮定できたわけです。

 

 

 

しかしその量のままでは、心臓によくないそうなので

 

1日0.8mg → 0.5mg に減量。

 

それから、1ヶ月半が経過しました。

 

表情は改善して、元のアビーの、疑り深い顔(笑)に戻りました。

カメラ嫌いなんでね。

66ac5d0d385e49089f0929e2234c0a1d

595e4c6762bc4c5eb343ca7648fdbab1

 

体重も戻してきて、16.25kgまで回復。

17.5kgくらいほしいところです。

 

 

 

しかし残念なことに、皮膚炎(膿皮症)がポツポツと

出てきました。

 

A044db424009481080e291b5778781ba

 

 

膿皮症は、免疫が弱ると出てくるそうなので

甲状腺ホルモン剤がまだ少ないのかもしれないと

仮定して、

 

甲状腺ホルモンを増やす前に、

血液検査をすることになりました。

 

 

しかし、ここでまた問題が。

 

アビーが服用している

抗うつ剤(クロミプラミン)は、

甲状腺の働きに影響を与えるとかで (+o+)

 

 

昨年の春に遡りますが、

二次診療の病院で初診料7700円!で診察を受けた際、

 

「抗うつ剤と甲状腺ホルモン剤は一緒に服用しても

問題ないのでしょうか。

反対の作用があるようにイメージするのですが」

と、私から質問したら

 

「そういったケースは今までありません」

と専門医の先生はおっしゃっていました。

 

 

でも、今診ていただいている先生によれば

影響あり、という論文が出ているのだそうです。

 

やっぱり! と思いました。

 

 

まあ、言ってみれば、

専門医の先生すらご存じないくらい、

極めてレアなケースにアビーは苦しんでいる、

というわけです。

 

 

さあ、じゃあ、どうするの?!ということですが、

 

T4を出すように指令を出す視床下部にある

「甲状腺刺激ホルモン」(TSH)はどうなっているかを

調べるといいのだそうです。そりゃそうだ!

 

 

で、結果は、基準値「0.5以下」のところ、

「1.02」・・・

 

すごすぎる。

 

つまり、TSHさんは、

「甲状腺さんよ、もっとT4を出しておくれ!!」

と叫んでいるような状態なわけで。。。。

 

 

甲状腺ホルモン剤を服用し始めたときは、

TSHの値は「0.6」でした。

 

 

1年半でそんなに大きく変わるものなのか。

 

アビーの身体で何が起こっているのかな・・・

 

 

まだまだ先は見えません(涙

 

 

ここ1か月の様子。毛のボリュームは出ましたが

膿皮症がまだ残っていて、

ぼこぼこしている感じはなくならず。。。

A5c7eb89e52042c7898a6426d60b9e44

 

 

Ce4c2779bc0a4e4db9877d47901c1c5b

 

 

 

 

 

2021年1月15日 (金)

外出自粛期間なので


新型コロナの猛威で
冷静さを失っている人が
目に付くようになりました。

もちろん私も不安でいっぱいです。


そんな気持ちを振り払うには
犬たちと自然の中を歩くのが一番!

「外出自粛」とか「ステイホーム」と
言われていますが
家族以外の人と会わないようにして、
必要最小限の施設利用に留めればよいのでは
と、勝手な解釈中。


だって、車社会の田舎では、
たとえば1時間くらい屋外にいても、
半径5mは誰にも会わないことが
できますから。笑 
いや、ホントです。


今日なんかも、犬たちを
それぞれ散歩させるために
2時間ほど外にいましたが、
半径5m以内に入る人は一人だけでした。


同じく犬散歩中のご近所さんだったので
5分ほど、話しながら歩きました。
ワハハ!と笑いあうことって、
とても健全なんだなぁと改めて感じました。


お昼の番組では、
「夜もダメ、昼もダメで、
この先どうしたらよいのか」と
怒りをぶつける店主さんたちの声。

その気持ちはごもっとも・・・

 

夫は飲食店に野菜を納品する仕事をしています。

飲食店に出す協力金を、
納品業者にも出してほしいなと。

(現在、そのことについても
国が検討しているそうです)

 


対照的に「朝ラーメン」や「朝ディナー」を
考え出した店舗さんはすごいと思いました。


朝なら、知人友人とワイワイってことには
なりにくいし。


生き抜く力の差なのかな。
背負っているものの大きさでも違うのかな。
単に、性格かな。

うちの夫も、行政への不満が多い人。

私は愚痴を聞くのが苦手な人。

 

夫が家で仕事をしているときは
こそっと出掛けることにしています。

テレビに向かって文句を繰り返されると、
自分に言われているのではないのに
気分が悪くなります。
ジャスミンも困った顔をしているので
嫌なのでしょう。

 


昨日はお天気がよかったので、
ジャスミンと新しい散歩ルートを
開拓しに行きました。


なじみの公園から、

最寄り駅まで歩いてみよう!

 

D24528e156c44115ba0996ab8d2d6bee

 

GoogleMAPを頼りに、田園風景の中をトコトコ。

 

22ea95bca00d476e99b0bd1fb5c07c83

 


広々していて気持ちが良い。

62d960de14e54cc592b5b78b5c3b56db


様々な野鳥がさえずっていました。
双眼鏡が欲しくなりました。

 

ここは注意すべきポイント。

看板通りに行くと車の往来が危ないので。

3c60cfd5322e4f4b91923951beae5e73


知らない道というのはちょっと距離を感じるものです。

結構あるなと思ったら、25分くらいでした。

駅前のアパホテルに到着。

Ef59292892164f9caec82a65aceb7291

 

1階にカフェ プロントがありました。
ちょっと覗いてみると、お客さん0でした。

 

テラス席はわんこOK。
専用ポールがあります。

C17392c6b789401c854d8c79f616c595


というわけで、私だけランチをいただき、
ジャスミンはほんの少しのつまみ食い。
ごめんね。次は何か持参するわ!


この日会った人は
プロントのスタッフさんだけでした。


お腹が満たされたら
来た道をトコトコと帰るわけですが、
往路とは違って距離は短く感じました。

野鳥たちがまた群れを作って
さえずっていました。

 

3e917ef25eac41c8aae7d12e896fbe13


不安でいっぱいになっても、
時間は止まりません。
どんどん過ぎていくし、
どんどん変化が生まれます。
時間の大切さって、
こんなピンチに襲われたときにしか
意外と気付かないものかも。

だから進もう!なんでもいいから、
立ち止まらず進め!
そんな気分になりました。

 

新型コロナが発生する以前からですが
なんらかのストレスを受けたときは
ジョギングするなり、
日光に当たるなりすると、
不思議なくらい簡単に気分転換が
できることを私は知っています。
だから今回もそうするようにしよう。

 

それを知らない夫は、
もともとストレスに強いのですが
今回ばかりは不満が多すぎる気がします。

 

都内勤務で日々感染の危険にさらされ、
それでも会社を維持せねばならない立場で
頑張る夫に感謝。

だから仕方ない。愚痴を言ってもいいよ。
だけどなんとか時間作って体動かそうよ。

 

気分転換後には、
そんな気持ちの変化も生まれます。

 

外で気分転換して
家の中では、努めて明るく楽しい空間づくり。

プロントでひとりランチしたってことは内緒で。

ね、ジャスミン (^_-)-☆

 

F8a058e23bcc4814af750accecc37090

 

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

カテゴリー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。