« 介護ハーネス届きました | トップページ | スーちゃん、呼吸器病センターへ »

2021年10月 1日 (金)

スーちゃん、重度の気管虚脱に

おとなしいスミレさんの話。推定14歳。

先々週、大型台風14号が発生した頃から

少し咳が出始めました。

34e006d36bbe4ace9e89ee96cb344cd6

 

もともと興奮すると、ゴホッと言うので

今年の2月と7月に、レントゲン検査も含めた

健康診断をお願いしていました。

 

どちらのときも「異常なし」と言われていました。

悪いところがなく、体重も標準で、

おとなしくて我慢強いので

「素晴らしい14歳ですね!」とも言われました。

 

 

だからときどき咳が出ていても、

ほとんど気にしていませんでした。

 

ところが台風14号が近づくとともに

咳混む回数がどんどん増えてきて、

尋常でない感じになってきました。

8670cb5241ae43e5a5f42bf057b228cd

 

 

関東地方が朝から雨続きだった土曜の夜9時ごろ、

とうとう咳が止まらなくなってしまいました。

顔をしかめて咳をしています。

64596564261f46b5af83d474e1b97751

 

 

そこで、8月にオープンしたばかりの

夜間病院へ電話。

20時から深夜2時半までの病院です。

 

すぐに診てくださるということで

車で向かいました。

20分ほどで到着。

 

X線検査となりました。

 

大きなモニターでレントゲン写真を見せてもらうと、

気管がとても細くなっていることが

よくわかりました。

 

直線の部分は問題なし、

丸の部分がつぶれているところ。

6b1eadd531f34d668f63dbe01cfe386c

 

「ストローで呼吸しているようだ」とのこと。

 

つまり「気管虚脱」でした。

 

心臓は問題ないでしょうとのことでした。

 

気管虚脱の場合にどんな治療法があるかを

ざっくりと教えていただきました。

基本的にはかかりつけの先生にご相談ください

というスタンスのようですが、

スミレの状態はとても悪いことが

雰囲気でわかりました。

 

 

診察内容をかかりつけの先生に

引継ぎしてくださるそうなので

今回は咳止めの注射を打ってもらって

帰宅しました。

 

 

しかしなかなか効いてこず、

1時間を過ぎたくらいで

ようやく咳が止まりました。

 

夜中の2時を過ぎていました。

 

しかしホッとしたのも束の間、

朝方にはまた咳き込み始めました。

 

 

ゴホッ、ゴホッ、ゴホッ

といった感じの咳です。

 

気管虚脱の特徴的な「ガーガー」という声は

ほとんどありません。

 

でもとても苦しそうで、

あと2日はかかりつけもお休み、

火曜になってもすぐに診てもらえるかわからない。

 

そんな心配で居ても立ってもいられず、

ネットで「呼吸器科」の病院を探しました。

 

気管虚脱の手術を適切に行える獣医師は

わずかしかいないと聞いていたからです。

 

通える範囲には、1件しかありませんでした。

 

 

電話をして経緯を相談させていただくと、

遠方だから途中で何かあっては大変と、

夜間病院でのレントゲン写真があれば

画像診断してくださるとのことでした。

 

 

さっそくヤマト便で出しました。

 

 

ひとまず前に進めたと思って

気持ちは落ち着いたものの、

隣りで苦しそうなスミレを

ただただ見ているだけはいられず、

 

背中をさすったり、 

凝り固まってしまった体を

コロコロでほぐしてあげたりしました。

F4e93387f6a84d3aa77596c74d1ba788

 

体はカチカチに凝っていて、

疲労も溜まっているようでした。

めずらしく床で寝ていたこともありました。

582ebce21e4248bfa3ba23ea049a287a

 

 

さらに、少量のハチミツをぬるま湯で溶いて

舐めさせたりもしました。

 

本当に長い二日間でした。 

 

咳き込むとすぐに舌の色を確認しました。

チアノーゼを起こしていたら

とにかく診てもらえる病院を探さないと。

7e1930571b5940899a7e38d36ffd7a44

 

 

 

連休明けの火曜、

午前中のうちに、かかりつけの先生に

診ていただくことができました。

 

去痰剤と気管支拡張剤が処方されたので

とにかくホッとしました。

 

 

私が電話相談した病院もベストだったようで、

その先生に手術してもらったほうが絶対に良い、

とアドバイスをいただきました。

50万円以上する手術だそうです(*_*) 

 

 

全体がわかってきて、手術の方法や

それでこの先、何年も楽に過ごせるならば、

夫が費用は工面するからと言ってくれました。

 

 

さらに夕方には、

その画像を送った病院の先生から電話をいただき、

一番悪い「ステージ4」だと告げられました。

 

ショックでした。

 

いつ詰まってもおかしくない状態で、

「よく元気で過ごせてますね」

と言われました。。。( ̄▽ ̄;)

 

 

気管虚脱は、急に悪化することがあったり、

悪化してからでないと咳が出ないコもいるのだそうです。

食欲も普通にあると話すと驚いていました。

3e98539cee2545558658fe073b228334

 

 

「ステージ4だと手術適用となりますが、どうしますか?」

ということでしたので、

できるだけ早くお願いしたいと告げました。

 

まずは「診察」とのことで、一番早くて8日後でした。

 

重症だというのに、

診察がそんな先になるとは。

 

さすが、混んでるなー・・・・

 

それで手術が決まっても、1か月先とかになるんじゃないの??

 

と、また不安に襲われたのでした。

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

« 介護ハーネス届きました | トップページ | スーちゃん、呼吸器病センターへ »

4.病気のこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

気管虚脱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 介護ハーネス届きました | トップページ | スーちゃん、呼吸器病センターへ »

カテゴリー

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。