« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月27日 (月)

アビーの膀胱炎

AmazonのPrimeVideoからお勧めされた

「おいしい給食」というドラマがあまりに面白くて

ブログを書く時間が減りました (;´∀`)

 

そのドラマの時代設定は「1984年夏」、

舞台は中学校。

まさに、私と同じ年代!

 

それだけでも盛り上がるのに(笑)

主演の市原隼人がその硬派なキャラに合わず

めちゃくちゃ面白くて

ついつい噴出さずにはいられない内容です。

 

本当に楽しく観ています(≧▽≦)

コロナ禍でなんとなく元気が出ない今、

こういう単純明快なストーリーには

元気をいっぱいもらえます(*^▽^*)

 

 

閲覧方法はいろいろあるようです。

私はAmazon freak なので(笑)

PrimeVideoから観ていますが

Fuluでも観られるとかなんとか・・・



気分転換に最高ですよ☆

 

 

 

というわけで本題です。

 

 

今月上旬の話です。

 

めずらしく早朝から

アビーがオロオロしていた日がありました。

 

家から外に出してあげると、

芝生の手前のウッドデッキで

おしっこがたらたらたら~~と

漏れてしまいました。

 

普段なら、庭の隅の木の根元におしっこを

するのですが、もう間に合わない!とばかりに

出てしまったようで。

 

そんなことは初めてでした。

 

といっても、最近のアビーは

高齢犬らしくヨロヨロすることが増え、

排泄の失敗も出てきていたので、

また一歩、老化が進んだのかなと思った程度でした。

 

 

ところがその後、朝食を食べさせ、

日が昇って寒さが和らいだ頃に

アビーと散歩に出掛けたら、

後半2割くらいのおしっこが真っ赤!

そりゃもう、驚きました。

 

 

膀胱炎かもしれないと思い、

とにかくたくさんの水分を摂らせて、

夕方にまた散歩に出ました。

 

やはり変わらず、後半の2割くらいが真っ赤でした。

 

ひとまず「ウロキャッチャー」で採尿。

前半はしっかり取れましたが、

後半は日が暮れていたので良く見えず、

これだけ・・・

572fe531372d41ec9854cba523d09d57

 

それを診てもらえるかどうか病院に電話し

「尿検査だけならば」ということだったので

すぐに向かいました。

 

 

やはり膀胱炎でした。

 

抗生物質を服用することになるのですが、

抗生物質にはたくさん種類があり、

アビーに合うものをと、先生が検討してくださったのが

これ。

 

大きい!!!

C5a4d94312fa4e8a9c089c3d596e6a61

 

ちなみに小さなほうは、いつも服用している

「甲状腺ホルモン剤」です。

 

猫たちが残したキャットフードと一緒に

差し出すと、何の迷いもなく食べてくれます。

 

この薬が効いてくれたようで、

4日目にはいつものおしっこの色に戻っていました。

 

 

アビーは皮膚病の時、

他院で抗生物質をあれこれ処方されてきました。

 

それで耐性菌ができてしまっていて、

効かない抗生物質がたくさんあるのです。

 

 

あまり公には騒がれていないように感じますが、

2050年には、人の死因の第一は、癌を抜いて

「薬剤耐性菌関連死」になるとの予測だそうです。

 

☆厚労省「薬剤耐性(AMR)対策について」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120172.html

 

抗生物質は身近な薬だと感じていますが、

とても気を配って使わなければならない薬のようです。

 

 

そんなわけで、薬剤耐性の検査なしで選ばれた抗生物質が

アビーの膀胱炎に効くかどうか冷や冷やでした。

 

 

もちろん本当は、薬剤耐性検査をする

必要があったそうですが、

私が「ウロキャッチャー」で採尿した量では

少なすぎて、検査に回せなかったそうなのです。

(その検査は外注です)

 

 

なので、過去に処方されたものや皮膚検査の結果を

総合判断して、今回の抗生物質が選ばれました。

 

 

効かなかった場合のことを考えて、

服用開始から2週間後には

もう少し多い量を採尿して持ってきてくださいと

説明を受けました。

 

 

血尿が出た日のアビーはぐったり元気なさげでした。

 

3c6b12b43e3241e29f626f698ef2a8d0

 

 

でも、散歩に出掛けるととても元気になり、

張り切って歩いていました。

本当にパトロールが好きなコです(^^)

 

大雨の日も歩きます。

4621a4ad50424ad3acd30fa9f6ea932c

 

4abd655153ae4e8889bb44c7e6bf4dd6

 

1691bfbabc744f84b4338049b16b5830

 

 

 

霜が降りた寒い日は午前遅めの時間に。

E8cb064136c4484b958a0a537c8ace8c

 

3865150351f044948688f2cc71ffd4e3

このコから散歩を奪ったら生きてる意味がないって

相当落ち込むかも。

 

 

ジャスミンが一緒でも楽しく歩きます。

Eee79ce73e474ee6a7747102c3b1bcee

E725116111a5447b9e766e26d72f1e17

480b6d9326004f89a26be2ce500c3f8f

 

 

2週間後には、大きめの入れ物で採尿して検査に。

 

菌は無くなった、との結果でひと安心。

 

 

アビーは今まで膀胱炎にもなったことがないし、

ストルバイト結晶も出たことがありません。

 

「高齢犬がなりやすい病気」の中に入る膀胱炎。

 

ばい菌への抵抗力が落ちているのかな。

再発しなければいいなと思いますが、

これといって気を付けることも思い浮かばず。

 

 

ただ、ウロキャッチャーでの採尿量では

外注となる薬剤耐性検査はできないことが

今回勉強になりました。

 

 

高齢になると、今まで経験しなかったことが

発生してくるのですね。

 

10年以上も一緒にいて習慣化していることでも

変化が起こってくるようなので

気を付けて見ていてあげなきゃなりません。

 

 

ひと先ず今は、元気なおじいワン!

といった感じで過ごしてくれています。

C48cd29744944a40b058350d23fa0540




2021年12月13日 (月)

スーちゃん、癌が見えず

前回の診察から4週間が経ち、

再度、術後チェックの診察に行ってきました。

 

65d85f363b6d429b99b00331dcf2f8f9

 

気管支炎の薬を4週間分きっちり服用したからか、

現在では、乾いた咳が軽く出るだけ。


というわけで薬は止めてみることになりました。

 


また前回、D先生とした、お若い先生から

心臓がらみで2つ、いや、3つ、

病気があるように言われましたが、

今回はレントゲン検査で

胸に水が溜まっていなかったそうです。

 

「今となってはあれがなんだったのか

わかりません・・・」

と、D先生はバツが悪そうにおっしゃっていました。

 

「水が溜まっていない」というのはつまり、

血管肉腫も白血病もないってことなのかな?

 

まあでもそうなのでしょう。

心臓血管肉腫が本当にあったならば、

今頃スミレは相当苦しいことに

なっているはずなので。

 

診察していただく前から

あれは誤診だと想像していました。

 

 

まあ、いいです、

あのときは見えたのでしょう、何かが。

 


これで、気管の拡張手術についての

一連の診察は終了となりました。

 

 

これでホッとしたものの、

一カ月前に弁膜症と血管肉腫と・・・

と言われた時点で、

循環器専門の先生の診察を予約していたことを

思い出しました。

 

それが、2日後です。

 

私はもう、色々ある毎日で気疲れしていたし、

スミレも診察台で震えるようになっていたので

キャンセルも考えましたが、

 

なかなか予約できない先生だし、

地元の病院に弁膜症であるというカルテも欲しいと思い、

予定通りに受けてきました。

 

 

やはり、心臓に癌(血管肉腫)は見当たらず、

弁膜症のほうは ステージB1 ということでした。

 


そして驚くことに、次の診察は

「6カ月から12か月後で大丈夫でしょう」とのこと。

 

そんなに軽い症状なのかと驚きました。

 

それって、病気とは言わないレベルよね 笑

 

 

といっても、スミレの気管支炎によると思われる

軽く乾いた咳は続いています。

 

病気辞典によると、1年のうち2ヶ月以上も咳が続くと

「慢性気管支炎」という診断になるのだとか。

 

咳が苦しそうであれば

咳止め等の薬もあるようなので

次は地元の病院で診察を受けようと思います。

 

 

さらに別の角度からもアプローチし始めています。

 

コリをほぐして姿勢を整える、リハビリです。

姿勢が整えば、咳が減るだろうと思ったのです。

 

E1ee4ad683cc490e8f8311649bf39260

 

これが効果てきめんでした。

 

施術していただいた日の夜とか、

翌日いっぱいくらいは、とっても穏やかに寝ていて

ほとんど咳が出ないのです。


これには本当に驚きました。

しばらくの間、定期的に通わせてあげようと思います。

 

自宅でのマッサージ方法も教えていただきました。

そしてフィットネスも大事です。

 

人も犬も、健康に生きていくには

筋肉が大事だという話もあります。

 

適度な運動をしないと筋肉が減り、

あちこち不調になってくるし、

病気にも勝てないと。

 

2928727a1d3e4cac85de41edb0f1a33b

E9ca429cfc844d019e19fe8f07c27c10

 

 

やれるだけのことはやって、

それでも改善しないならば

お薬に頼ろうと思います。

あまり無理させても可哀想だし。

といっても、無理するタイプではありませんが笑

 

 

もうすぐ15歳になるスミレさん。

一緒にがんばろう!!

 

 

 

 

 

 

2021年12月 8日 (水)

とらおのストレスと肥満

11月は、ねこたちの健康診断月間でした。

 

それぞれに気がかりなことがありましたが、

結果、

お薬開始となったコ、

療法食を始めるコ、

様子見のコ、

何も心配ないコなど、

予想通りだったり想定外だったりで。

 

 

その結果を自分の中で整理整頓して

日常のルーティンにはめ込んでいってるわけですが、

なんともまあ、ややこしい!

 

飲み込みきれず、頭の中が疲れてます・・・

 

 

しかもこんなときに、

アビーが昨日、初めての血尿を出し、

結果、膀胱炎。2週間の抗生物質です。

それはまた後日書くとして。

 

 

健診結果の軽いところから記録すると、

まずはとらおちゃんなのです。

2db1d3e06fff43daa535a74497950b4a

 

今年9歳になりました。

 

毎日のんびり、天敵もなく、安心して暮らしているはずですが、

 

8b2312eb1cfd40d6bcd6148ae7df109a

 

86dc407823d84316b0a7a47410985360

 

 

何らかのストレスを抱えているようで、

外ももが薄毛になっていました。

つまり、舐め壊しです。

 

714134e8568045b98300d6fe2ad82d8b

 

 

とらおは人懐こくって、通院も怖がらないコです。

 

とらちゃん!それは女子用よー!

あなたが入ったら、底が抜けるわ!!!笑

462e7046db22412a81370dfe8da37f9f

 

 

どんなことに不満を抱えているのだろう。。。

 

6edea0b0d7c045d9825297913a843ad8

 

お腹もつるつるに近いくらい、

薄毛になっていました (´;ω;`)

 

 

こんなに自由にやっているように見えるのに。

ベッド、2つ取り~~!

C7efa7a0c92e41e5a9b1d2367350003b

 

 

外ももの薄毛が両サイドにあったので

ホルモンの不具合とか、なのかな、と思いましたが、

先生はお腹もつるっとしているからストレスでしょう、

とのことでした。

 

 

元々、ウールサッキングが酷いコでしたから

精神的に弱いのでしょう。甘えん坊だし。

 

 

血液検査の結果は、肝酵素だけが増えていました。

 

太っていることが原因かもしれないし、

それ以外かも知れない。

 

というわけで、まずは痩せてみることにしました。

 

おー、これがうわさの「満腹サポート」!

なんか、お腹の中ですごーく膨らむイメージ!笑!

C4e0ef8aaf0443dd8628fcc88ff47f31

 

満腹サポートの話はご近所さんから何度か聞いていて

はじめてトライすることになったわけですが、

パーッケージをよく見たら、満腹「感」サポートでしたね。笑

 

とらおの場合はストレスが絡んでいるようなので

「プラス CLT」というタイプもご紹介くださいました。

「精神的な健康に配慮」されているのだそうです。

 

今まで体重減少用のフードをあれこれ試してみましたが

この一年で、7.8kgから7.7kgにわずかに減っただけ。

 

 

とにかくこの「満腹感サポート+CLT」で痩せられれば、

肝酵素の上昇理由もわかってくるのではないかと思われます。

 

 

というわけで、猫たちの健診結果第一弾は

とらおの、

 

・療法食で体重を落とし、肝酵素の変化を見る

・ストレスの原因を探って舐め壊しが減るよう観察する

 

ということになりました。

 

比較的簡単なようで、なかなかどうして(*_*)

 

 

 

もうちょっと大変なことになったコもおりまして。

 

またそれは後日に。ミュウか、ミーナか・・・

 

その間に、膀胱炎のアビーのことか、

あるいは気管支炎&心臓病のスミレのことか・・・

 

とほほのほ (;´∀`)

 

 

なかなかしんどい状況になっておりますが

記録と整理整頓のために、ぼちぼち、

というより、せっせと、また書きたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年12月 6日 (月)

サラの血尿に慌てた二日間

アビーとスミレがようやく落ち着いてきた

と思ったら、にゃんこさんたちが

次々と不調です( ;∀;)

 

まず、サラちゃん。(5歳)

A43692d03a694d3cb1547df0a1b1e4dc

 

 

一週間前の出来事です。

 

トイレ砂を片付けようとしたら

クリーム色の砂が、ほんのりピンク色なのです。

92563cb718494ad5bac1265b2a5310a9

 

 

また血尿です。

 

今年4月にもこんなことがあり、

といっても、その時はもっと濃い赤色でしたが、

原因はストルバイト結晶でした。

 

 

今回は、その次のトイレもうっすらピンク色。

C9eaa65b337d4f91a6faac53f18f1931

 

 

水分のある食べ物を与えなきゃと思うものの、

我が家で唯一、ウェットフードを食べないコで・・・

 

 

つゆだくの手作りごはんで育てたのにな。

 

 

ごはんはいつも、

ドライフードにお魚やお肉のふりかけ等を

トッピングするのみ。

 

 

ウェットフードもちょいちょい出しますが、

いつもまったく手を着けません。

 

 

唯一、食べてくれるのは、

チュールのようなツナ系のとろ~りおやつ。

 

しかしそれも、少量のみ。

 

 

 

ならば、運動だ!走らせよう!と、

じゃらし棒を振り回しますが、

これまた十分には取り合ってくれず。

 

すっかり、クールなおとな猫になってしまいました。

 

 

でも、3回目のトイレはこんな感じで、正常でした。

D62e79e5bb764b2a919194a32eba0858

 

 

 

私が色々心配するもんだから警戒中。。。

7c90da42756f442a9f8685f53d545ddc

 

 

サラは普段から一日3回程度のおしっこを出します。

2回の時もあります。

 

 

 

もう血尿が出ないといいなと思いながら就寝すると、

翌朝、また、血尿になっていて。。。

Bec637f351204fbb9f6a5bdeb097b48f

 

 

次もまた出たら、採尿して病院だ!

 

 

と、ウロキャッチャーを用意して

気持ちを整えていたら、

 

次のトイレは問題なし!

76eff8c05dfa4078b46c5164b96e7aee

 

 

よかったぁぁぁ、と再び安堵するものの、

まだ油断はできません。

 

 

ストルバイト結晶ができる要因には

色々あるようで、

ひとつずつ、潰していきたいのですが。。。

 

そう簡単にはいかないことも。

 

 

たとえば環境。サラはひとり部屋ですが、

遠赤外線ヒーターと加湿器も使い、

快適な空間になるよう配慮しています。

でも、もっと広いところで運動したいのかも。

91212c397464440391fb43e30e665756

 

 

その他にも色々あるでしょうが。。。

 

 

と気にかけていたら、正常なトイレ、2連続☆

94e2116050ac4c7ba27a3cf9d7d689f9

 

 

ホッとするも、まだ心配。。。

 

でも、この後も正常で、

それから5,6日経ちますが問題なし。

 

 

 

 

ウェットフードを食べないサラちゃん。

どうしたものか、悩みます。

Bfa5e94f48b54fd1992452d2cf624a74

 

 

 

 

 

2021年12月 1日 (水)

晩秋の候

冷えと乾燥が強くなってきました。

あ、もう12月か。。。

 

初冬というより、やはりまだ晩秋な気分。

 

木々の配置が美しくて

季節をたっぷり感じられる公園へ。

 

ジャスミンとは一周40分くらいで歩きます。

A9d4670c922a4104a80079d6bcef6309

 トコトコと、はしゃぐことなく。

Dae143fd54fe46ebb28ea262227351d9

 淡々と。

Af8f143e540649a5bb522b49e7478d21

 

歩きたいように歩いていいよ、と

私は後ろからついていくだけ。

A19535b8b1aa47d68813fe4c5c12bbfa

 

 

 

そして別の日、アビーとも。

 

C287fee434684595b8f71954c1f23d67

 

 

以前は30分で一周できたのに、

今日は1時間10分かかりました。

低気圧が近づいてくると

テンションだだ下がりになるアビーです。

やはり内耳の調子がよくないのか。

 

 

ゆっくりでもいいのさ。

Bb46efdaddbe44d3b4322be0fd8aef5f

 

 

本人が楽しいならば。

50026c4ec7854506af41dd88e0057895

 

 

毎年、この1本だけが最後の最後までふさふさ。

99fb5a071b92460eb6f532960dfe3609

 

 

最後に残っていたイチョウの黄色はとても綺麗で、

昨年と今年に虹の橋を渡ったわんちゃんたちを

ふわっと思い出させてくれました。

 

ルナちゃん、サニーちゃん、バディくん、

ももちゃん、ウィルくん、コロちゃん、

りゅうくん、そしてジョンちゃん。

 

みんなの可愛いお顔が目に浮かびます。

 

ヨロヨロ歩くアビーを見ていると

どうしても「晩年」を感じずにはいられません。

 この先、何が待っているのか…

 

 

穏やかで落ち着いた日々なのに

少し寂しい気持ちになるのは季節のせい。

 

これから冬に向かい、気候が安定すれば

またスッキリした毎日になるはず。

 

 

とりとめのない日記でしたm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。