« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月23日 (水)

悪い予感は当たりました

ミーナさん。

「消化器型リンパ腫」でした。

 

2月21日、

以前から「猫の診察が上手だなぁ」

と思っていた獣医さんがいる病院に

連れて行きました。

 

とても丁寧に問診してくださり、

それだけで救われた気持ちになりました。

 

そして、レントゲンとエコー検査を実施。

 

71560b3eb2af4d0aa78ceb995c41316a

 

胃が肥大しており、

胃がん(腺がん)またはリンパ腫の疑い

でした。

 

それ以上の診断には生検が必要とのこと。

つまり鎮静麻酔をかけて、

お腹に針を刺して

胃の組織をとるのだそうです。

 

それを顕微鏡で診れば

どちらかなのかが、わかるとのこと。

 

具合が悪いところに、

さらに連続の検査で

可哀想に思いましたが…

かなり進行しているようだったので

お願いすることにしました。

 

検査は1時間ほど、とのことで

いったん帰宅。

病気辞典で2つの病気について

ざっくり読んでおきました。

そして家のことを少しだけやって

また病院へ。

 

動揺して事故を起こさないよう

慎重に運転しました。

病院までは車で10分ほど。

 

 

先生は他の患畜さんの診察に

お忙しそうでした。

 

待合室は私のほか3組。。。

 

厳しい結果を知らせるときは

獣医さんもドキドキするのだろうか

 

なんてことを考えていたら呼ばれて、

 

「リンパ腫ですね、血液のがんです」

 

とのことでした。

 

その他にもいくつかの説明を受けました。

先生も言葉を選んでくださっているようでした。

全ては頭に入りませんでしたが

こんなようなお話をしてくださいました。

 

「できる治療は、抗がん剤です」

 

「手術しなくても投薬で治療できる、

唯一のがんですから、

僕はやる価値があると思います」

 

「良い結果が出るかどうかは

個体差があるので

やってみないとわかりませんが」

 

「なるべく早く始めたほうがいいですね」

 

「胃が硬くなっているので

このままでは固形物は

食べられないでしょう」

 

「型が2つあって、それによって

使用する抗がん剤の種類や病態が

変わってきます。

それは遺伝子検査に出して確認します」

 

 

抗がん剤治療か…

 

身内でそれをした者がいないので

私にはどんなものかわからず、

とにかく気持ちが悪くなったり

吐いたり、痛かったりで

苦痛がたくさんありそうなイメージでした。

 

どうしよう…

と迷いながらキャリーケースの中にいる

みーにゃんを見ると、

まだ麻酔が覚めきらない状態なのか、

うつらうつらしています。

 

ならば、移動せずに

このまま入院して、

治療を開始してもらったほうが

いいかもしれない。

 

先生も、やる価値があるって

背中を押してくれたし。

 

 

数分で決断しました。

 

リンパ腫の病型がわかる前でも

治療を始められるとのことで、

思い切って、ミーナを預けて

帰宅しました。

 

もう7時半くらいになっていました。

 

真っ暗な中、アビーの散歩をし、

大急ぎでみんなにごはんを配り、

一息ついたのは9時過ぎでした。

 

そこから複数の病気辞典を読み、

ネットでも調べ、

なんとなく全体像はつかめました。

 

リンパ腫って、様々な病態があるのね。

 

 

翌日は、2022年2月22日。

『スーパー猫の日』ということで

SNSでもテレビでもネコいっぱいな、

ほのぼのしてあったかい雰囲気が

見受けられました。

 

それらを眺めて、

この不安でいっぱいの心中に

ほっこりタイムを作りたかったのですが、

タイミング悪く、その日は私が

新型コロナワクチン3回目の日でした。

 

お昼過ぎには終わり、無事に帰宅。

 

 

夕方、病院に電話してみると、

今朝から抗がん剤を投与して

その後は吐いたりしてないし、

ごはんも少しだけ食べた

とのことでした。

 

ホッとしました。

そこが一番大事です…

苦しい思いをさせながらの治療は

できるだけ避けたい。

 

 

翌23日には退院できますとのことでした。

 

 

しかし深夜になり、

コロナワクチンの副反応で

私に高熱が出始めました。

明日の退院はぜったいさせたいから

なんとか熱を下げなきゃと必死でした。

 

翌朝、熱は下がりつつあるけれど

肩とか首とか腕とか痛いし、

めまいがするし、

気持ちが悪いしで、

なかなか犬たちの散歩に出られず、

 

先生からお電話いただき、

お迎えはお昼すぎでOK

ということだったので、

少し横になって、鎮痛剤を飲んだりしてました。

 

 

なんとか犬散歩も終わり、

指定された時間に病院に到着。

先生の説明の前にミーナを渡してくださいました。

 

キャリーケースの隙間から手を入れて、

みーにゃん、よく頑張ったねと声をかけると

小さな声で「にゃぁ」と言ってくれました。

 

先生から今後のスケジュールや

薬の説明を聞くと、

気持ちも落ち着いてきて、

よし、頑張ろう!という気持ちになってきました。

 

 

これから数か月間、週一で通うことになります。

もちろん、治療の結果を見ながら

無理せず、慎重に、先生とよく話し合いながら

やっていかねば、と思います。

 

抗がん剤のプロトコルを推し進めることよりも、

ミーナの気持ちやQOLがいちばん大事ですから。

 

 

帰宅すると、昨日Amazonで注文した本が

届いていました。

 

A18c5a6a2001413eb3e5697334628ba0

 

 

これをしっかり読んで病気を理解し、

みーにゃんのために頑張るとしましょう。

 

帰宅直後はぐったりな表情をしていましたが、

1a840f9e6f374108a2b499ac3c2c3946

 

E3ad5ccaa3f344f694900ab2ec79c814

 

 

夜になると膝に乗ってきて、

かすかにゴロゴロ言ってくれていました。

 

Baca6089e81d466eb9089d1dfb98f5fc

 

25e32c3247784ebfaf4f9d851ae0bc18

 

 

 

思ったよりごはんも食べてくれました。

しばらくはペースト状のものを、とのことでした。

 

8a862064cf214dcf885645d145a51ff3

 

今のところ、食べられた量は、基準の1/4くらいかな。

数種類用意して

少しでもたくさん食べてもらおうと思います。

 

 

 

 

2022年2月20日 (日)

ミーナの吐き気は止まったものの

1月に、ミーナの吐き気が止まらないと

書きましたが、その後の経過です。

 

吐き気止めの薬「セレニア」を服むと

吐くことは無いのですが、

手放しで喜べないのは

全身の毛が逆立ったままだから。

 

明らかに気持ちが悪そうなのです。

 

さらに姿勢も変で、

香箱座りのようなリラックスポーズではなく、

肉球をしっかり地面に着けて

肘を曲げて、呼吸が辛い時にするような、

胸から上を支える姿勢でいることが多い。

 

元気なときは、じゃらし棒への反応も

最初から最後まで全力投球で

我が家で一番燃え上がるタイプなのに

まったく反応しなくなってしまいました。

 

 

そんなわけで、セレニアの副作用も疑って

しばらくやめてみることにしました。

 

 

一週間止めてみると、

そのほとんどの日は、1回から3回ほどの

胃液を吐いていました。

すべて、血混じりです。

 

 

当初の推測は、

混じる血が鮮血なため、

上部気道で出血が起きていると考えられ、

吐かないようになれば傷ついた粘膜が

正常に戻るだろうというものでした。

なので吐かないようにしてきたのです。

 

しかし、血混じりは治りませんでした。

 

 

原因が違うということになりますね、きっと。

 

 

そして驚くことが起こりました。

 

 

薬を止めてから、8日目。

 

突然!!本当に突然でしたが、

その日に吐いた胃液は透明だったのです。

1ea61d7b58bd4c8590cf67ef7481a4e1

 

 

次の日も、その次の日も、

胃液は透明で

しかも少量になりました。

 

 

これには本当に驚きました。

 

 

かかりつけの先生に相談すると、

胃潰瘍などができていてそれが治ったのかもしれない

とのことでした。

 

 

胃からの出血ならば、鮮血ではなくて

茶色の胃液になるそうなのですが・・・

 

 

うーん、なんだか、腑に落ちない。

 

 

というのも、出血の原因が無くなったならば

元気食欲は戻ってもいいのに

どんどん弱っていきます。

1か月もしないうちに

3.2kgから2.9kgに減ってしまいました。

 

 

 

胃液が透明になってから3日目。

 

今度は、涙に血が混じるようになってきました。

 

B9a3ccb72d864b9a8b87d80e2e043db3

 

2aa943748d0f4cc1a239d53cedc2926c

 

写真は撮れませんでしたが、

もっと濃い血が混じる涙が出たのです。

それは一度だけでしたが。

 

 

 

 

また、かかりつけの先生に相談して、

目薬をもらいました。

抗菌薬のオフロキサシンです。

 

ノラ猫出身のコに多い慢性結膜炎だろうとの

ことだと思います。

ミーナは保護当時から涙目で

酷い時は目薬を処方されています。

 

 

これを2,3日差すと、膿みも

血混じりの涙もほとんど出なくなりました。

 

 

うーん、でも、まだ元気食欲がない。

 

 

観察に観察を重ねると、

食べるときにやや口の中を気にしていることに

気が付きました。

 

口内に何かあるのかも。と思いました。

 

血混じりの涙が出る左目の下が、

なんだか腫れているようにも見えるのです。

 

37cf740aaf6e4ddc89ffa50f835b33db

 

 

涙に膿みも混じっています。

988227844718491fa6c66437243eb9c7

 

 

 

それで、歯科のある病院に連れて行きました。

 

 

でも、「異常はありませんねぇ」とのことでした。

 

 

腫れてるように見えたのですが

私の勘違いだったようです。

 

6987b12a41d64fdaa5be3d58db145494

 

 

 

毛の逆立ちもまだあるものの、

私が撫でているときは落ち着いてくるようになりました。

 

0c916db0907f4f9c9f733ae08bc5584f

 

 

 

しかし、ごはんもほんのわずかしか食べられず、

なんとも可哀想でなりません。

 

鶏モモ肉やササミを茹でてあげると

キャットフードよりは食べられるようなので

ここ2日、それだけを食べています。

 

時間をかけて少しずつ食べているので

他のコに食べられないよう、

少しの間、ごはんと共に、

ケージの中にいてもらいます。

 

しばらくして見に行くと、ごはん皿の前で

ぐったり。。。

 

7ed4287e8b8845288b12b0f33a0c61c2

 

 

扉を開けても、動きません。。。

Ed32aa18d1174c0bb4518d6c74676863

 

 

げっそり、、、といった表情。

B0dcaa3dc7ee4474a8b264b907805f92

 

 

 

明日また、別の先生に診てもらおうと思います。

 

 

あまり連れまわしたくありませんが、

食べられず、体重も減るというのは

どこかおかしいと心配で。

 

手遅れになっても嫌だし。

 

 

膵炎とか、胃がんとか、

なんだか胸騒ぎが・・・

 

 

まだ9歳ですけれど、

あくまでもそれは推定でしかなく、

もう少し高齢かもしれない。

 

保護当時、すでに多くの歯が抜けていたり

膿んでいたりで、これまで2度も

麻酔下での口腔治療をしています。

 

 

とにかく納得できる診断を期待して、

私もこれまでの経過をメモにして持参したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月13日 (日)

アビー、2度目の膀胱炎


アビーがまた膀胱炎をやってしまいました((+_+))

 

(↓不調の時は体が傾きます)

11f752d0ebce4e68b868d85222172a81

 

 

今回気付いたときは、いきなり真っ赤な尿でした。

前日から出ていたのかもしれませんが・・・
暗くなってからの散歩だったので
気付かなかった。

今度は多めの量を採って病院へ。

前回と同様の「桿菌」と
ストルバイト結晶があったそうで、
抗生物質も前回と同様のものが
処方されました。


ところが、その抗生物質を
今回は二日連続吐いてしまって、
薬を変えてもらおうかと思ったところで
3日目で吐かないようになりました。


そんなわけで最初の数日は
薬の効果を得られなかったためでしょうね、
血尿は4日も続いてしまいました。

(前回は2日間)

血尿が出ている間は元気が無くて
フラフラで、食欲も半減で、
寝ている間も体勢が辛そうな状態でした。

 

おしっこを出し切る前にヨタヨタしてしまうので
晴れた日の暖かい時間帯に庭に出してみると
そのまま伏せてしまいました。

7441336329654311b6e8600fd0966cea

 

 

2か月の間に2回も膀胱炎ということは
その原因と対策を考えておかねばならないと思い、
獣医さんに相談してみました。


色々考えられるそうで、まず1つは、
6,7年前に診断された初期の
変形性脊椎症が
年齢に伴って悪化して、
下半身の神経を圧迫などして
尿が出にくくなっているのかもしれない。


2つ目は、
高齢になるとオスの場合
尿が出し切れず
常に溜まった状態になりやすいため、
細菌が増えやすい。


3つ目は、
ステロイドを服用しているから
細菌をやっつけるチカラが弱い。

 

というわけで、どれも少しずつ
当てはまるのかもしれません。


とにかく自宅でやってみることにしたのは、
いつも散歩時に着せているフリースのコートに
ポケットがあるので、
そこに使い捨てカイロを入れて
腰をあたためること。

3a2687587e5f4acdae93be2113526392

 

そしてクランベリーサプリを食べさせること、

それから獣医さんおススメの
「アンチノール」を与えること。

 

アンチノールは、犬や猫の様々な症状に
効くようで、何はともあれアンチノール、
みたいな雰囲気を感じます。


そのうち、アンチノール摂取率が
ワクチン接種率を超えてくるんじゃなかろうかと。


もう少し、安くなってほしいなぁ~

 

それはそうと2月に入ったばかりですが、
ぼちぼち春のデトックスを始めようと思い、
犬たちのごはんに
炊いたハトムギを入れるようにしました。

92d7614843ce4fa6a17e6dc971b5d021

Aeacfe1c6e3b4eca85183fe7eddc0438

 

ハトムギはむくみ対策です。

むくみは体に様々な悪影響を及ぼすようです。

アビーやスミレの皮膚の問題は
むくみを取り切れれば起こらなかったかもしれない、
なんて思っています。

昨年もハトムギごはんをやっていたのですけれど、
スタートがたしか初夏だったので
追いつかなかったのだろうと思います。
つまり、失敗でした。

 

ジャスミンはよく動き回っているので
自分で発散できるのでしょうね。

本当にあきれるほど元気です。

A37ba0e92bad45639b22205689fa6682

 

 

とにかく昨年の失敗を繰り返さないために
今年は立春から始めてみようと
意気込んでみたわけです。


どうなることやら。

 


生き物を育てるのって、簡単じゃないですね。

だから楽しいのですけれど。

でもキャパオーバーになると、
結局最後は動物が不幸ですから。

飼育頭数はよく考えなければなりませんね(;'∀')


昨年から私自身が体調を崩すことが増え
お世話がしんどくなる日が多くなりました。

もちろん、どの子のことも、
今のところ手を抜くことはしませんが、
投薬などをうっかり忘れることが出てきました。


実は今回もまた、アビーの血尿と、
私のぎっくり腰が重なってしまって。

漢方の世界で言うところの、
「7の倍数」ってやつですかね。

あるいは単に加齢でしょうか。

ぎっくり腰そのものについては、
それ専用の体操があって、
それをやったおかげで長引かずに済んだのですが、
右脚に痺れが残ってしまい、
それを取り除くのに一週間を要しました。


昨夏にやってしまった肋骨骨折も
お正月になってズキズキとうずいてしまって
呼吸が苦しいことがあるくらいだったし、

先週の雪の日も低気圧に影響を受けてしまい、
みんなの夕食の時間になっても
目が回ってぜんぜん立てなくなってしまいました。

吐き気を我慢しながら、
とにかくみんなにごはんを配らなければと、
犬たち3頭の食事は休み休み用意できたものの、
そのあとの猫たちの分がどうにもできず、

仕方なくキッチン横の床に寝たまま、夫に指示。

「とらおは白い袋のを22g、
ミュウは銀色の袋のを18gね、

それからミーナはドライ食べられないから缶詰ね、
えーっと、何色だったかな、名前も覚えてないな、
あーそれそれ。

ブーレと志麻は同じでいいや。赤い袋のを。

あ、20gくらいね、

そこにね、ウェットフードを混ぜてほしいのよ、
あでも、志麻は混ぜると食べないから、別皿ね、

ミュウとブーレは混ぜていいわ、

あ、とらおはね、別のウェットにしてほしいのよ、

あ、でもいいや、今日は、なんでもいい。
うん、どれでも構わない。

それからー」

と、半分くらい進んだところで、

「だれが、どのお皿だったか、もーわかんない!!!」

と、夫がキレ始めたので(笑)、

結局、なんでもミックス、みたいな
食事になったようでした(;'∀')

 

私も吐きそうになるのを必死にこらえていたので
もうろうとしてしまい、
今日くらいはいい加減で構わないとしよう、
と発想できなかったのです。

 

本当はごはんの他にもトイレ掃除も頼みたかったし、
お水ボウルのことも頼みたかった。

けれど、どちらも10個ずつあるのでね、
なんとなく言えずじまいでした。

 

だから常に清潔だったトイレには
誰かのが残っていて、
ストレスを感じたネコもいたでしょう。

こうなると、一時的ではあるものの、
キャパオーバー!といえるのです。

 

 

考えてみたら、ここ数カ月の睡眠が短くて、
iPhoneのヘルスケアアプリによると
平均5時間ほどで。

私としてはやはり7時間は寝たい。
生まれつき貧血症なので。

でも、眠れないのです・・・

ならば昼寝を。と思っても、それも十分に
果たせない日がほとんどで。

それで疲れが溜まってしまったのかと。

 

 

疲れやすいのは食生活が悪いのですね、きっと。

 

不健康は、養生が足りないからだと
自覚しました。

 

ひとまず朝のコーヒーをやめて、
夜のビールをやめて、
寝る前の果物もやめて、
スマホは深夜に見ないようにして、
それからそれから
甘いものを半分に減らそう。


減らすものばっかりじゃ。

誰もがしんどくなる春が来る前に
体調整えなきゃと。。。


だって、高齢になったアビーやスミレが、
この春こそ、どうにかなってしまいそうな
気がしてならないのです。。。

 

 

膀胱炎対策はもちろんのこと、
栄養のことも、薬膳的に
もう少し工夫したいところです。

穏やかな老後にしてあげたい。

 

 

 

(側溝は渡れない日が増えました)

506527302f0541168201405d56d6b19e

 

B4976e3eeaa64915aa2ec578f6fd4233

 

 

 

 

2022年2月 7日 (月)

週末の楽しみ

土日によく行く公園があります。

A7e23faad1f945b891f4f8637bf93e4a

 

 


小さな公園ですが、
池があったり、芝生の広場があったり、
ちょっとした丘があったりと変化に富んでいて、
一級河川そばの自然の地形を取り入れた
水辺の多いとてもよいデザインの公園です。

0f769969b70c4d53a9c2aeb0b66e9ec9

 

 

静かなので野鳥もそこそこいて、
昨日はメジロの群れに出会いました。

 

全体的に緩い勾配があるので、
足腰が弱ってきた犬たちにとっては
鍛えるのにちょうどよい感じ。

90ed80d8c0d340af829e4d82af38a752

 

駐車場は無料で広々していて停めやすいし、
土日でも人がまばら!

 

ボールを蹴るような遊びをする若者はいないし、
ローラー系の乗り物を乗り回すような子供もいない。

 

ジョギングする人もいないし、
自転車もいないし、
テニスコートなどの運動設備もない!

 

土地柄か、二、三世帯家族も多いのでしょう、
幼児と祖父母という組み合わせをよく目にします。

 

こうなるともう、

”幼児と高齢者と犬のための公園”

といっても過言ではない!笑

 

ただ、平日は人がいなさすぎるので
万が一、変質者が出たときに
ちょっと怖いです(^_^;

 


それはそうと、
楽しそうに歩く愛犬の後ろ姿って
いいですよねえ

ただ残念なことに『永遠』ではないんですよね。。。

 

だからこそ、キラキラ輝いているのかも。

 

85ac5c0cfb524013a17350234ff1285d

 

 

そして、週末の楽しみがもう一つ。

この公園のそばにある地中海料理の

お惣菜屋さん「SAKHANA」さん。

21d5b7365ad241b899aabf24bebb94a2

7a91192d64d240d897a8a01909f73a8d

 

こちらでブランチ用の

具沢山サンドイッチと酸っぱ辛いスープを

買って帰ること。

心もお腹も満たされる日曜日なのでした(^^)

 

 

 

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。