« 週末の楽しみ | トップページ | ミーナの吐き気は止まったものの »

2022年2月13日 (日)

アビー、2度目の膀胱炎


アビーがまた膀胱炎をやってしまいました((+_+))

 

(↓不調の時は体が傾きます)

11f752d0ebce4e68b868d85222172a81

 

 

今回気付いたときは、いきなり真っ赤な尿でした。

前日から出ていたのかもしれませんが・・・
暗くなってからの散歩だったので
気付かなかった。

今度は多めの量を採って病院へ。

前回と同様の「桿菌」と
ストルバイト結晶があったそうで、
抗生物質も前回と同様のものが
処方されました。


ところが、その抗生物質を
今回は二日連続吐いてしまって、
薬を変えてもらおうかと思ったところで
3日目で吐かないようになりました。


そんなわけで最初の数日は
薬の効果を得られなかったためでしょうね、
血尿は4日も続いてしまいました。

(前回は2日間)

血尿が出ている間は元気が無くて
フラフラで、食欲も半減で、
寝ている間も体勢が辛そうな状態でした。

 

おしっこを出し切る前にヨタヨタしてしまうので
晴れた日の暖かい時間帯に庭に出してみると
そのまま伏せてしまいました。

7441336329654311b6e8600fd0966cea

 

 

2か月の間に2回も膀胱炎ということは
その原因と対策を考えておかねばならないと思い、
獣医さんに相談してみました。


色々考えられるそうで、まず1つは、
6,7年前に診断された初期の
変形性脊椎症が
年齢に伴って悪化して、
下半身の神経を圧迫などして
尿が出にくくなっているのかもしれない。


2つ目は、
高齢になるとオスの場合
尿が出し切れず
常に溜まった状態になりやすいため、
細菌が増えやすい。


3つ目は、
ステロイドを服用しているから
細菌をやっつけるチカラが弱い。

 

というわけで、どれも少しずつ
当てはまるのかもしれません。


とにかく自宅でやってみることにしたのは、
いつも散歩時に着せているフリースのコートに
ポケットがあるので、
そこに使い捨てカイロを入れて
腰をあたためること。

3a2687587e5f4acdae93be2113526392

 

そしてクランベリーサプリを食べさせること、

それから獣医さんおススメの
「アンチノール」を与えること。

 

アンチノールは、犬や猫の様々な症状に
効くようで、何はともあれアンチノール、
みたいな雰囲気を感じます。


そのうち、アンチノール摂取率が
ワクチン接種率を超えてくるんじゃなかろうかと。


もう少し、安くなってほしいなぁ~

 

それはそうと2月に入ったばかりですが、
ぼちぼち春のデトックスを始めようと思い、
犬たちのごはんに
炊いたハトムギを入れるようにしました。

92d7614843ce4fa6a17e6dc971b5d021

Aeacfe1c6e3b4eca85183fe7eddc0438

 

ハトムギはむくみ対策です。

むくみは体に様々な悪影響を及ぼすようです。

アビーやスミレの皮膚の問題は
むくみを取り切れれば起こらなかったかもしれない、
なんて思っています。

昨年もハトムギごはんをやっていたのですけれど、
スタートがたしか初夏だったので
追いつかなかったのだろうと思います。
つまり、失敗でした。

 

ジャスミンはよく動き回っているので
自分で発散できるのでしょうね。

本当にあきれるほど元気です。

A37ba0e92bad45639b22205689fa6682

 

 

とにかく昨年の失敗を繰り返さないために
今年は立春から始めてみようと
意気込んでみたわけです。


どうなることやら。

 


生き物を育てるのって、簡単じゃないですね。

だから楽しいのですけれど。

でもキャパオーバーになると、
結局最後は動物が不幸ですから。

飼育頭数はよく考えなければなりませんね(;'∀')


昨年から私自身が体調を崩すことが増え
お世話がしんどくなる日が多くなりました。

もちろん、どの子のことも、
今のところ手を抜くことはしませんが、
投薬などをうっかり忘れることが出てきました。


実は今回もまた、アビーの血尿と、
私のぎっくり腰が重なってしまって。

漢方の世界で言うところの、
「7の倍数」ってやつですかね。

あるいは単に加齢でしょうか。

ぎっくり腰そのものについては、
それ専用の体操があって、
それをやったおかげで長引かずに済んだのですが、
右脚に痺れが残ってしまい、
それを取り除くのに一週間を要しました。


昨夏にやってしまった肋骨骨折も
お正月になってズキズキとうずいてしまって
呼吸が苦しいことがあるくらいだったし、

先週の雪の日も低気圧に影響を受けてしまい、
みんなの夕食の時間になっても
目が回ってぜんぜん立てなくなってしまいました。

吐き気を我慢しながら、
とにかくみんなにごはんを配らなければと、
犬たち3頭の食事は休み休み用意できたものの、
そのあとの猫たちの分がどうにもできず、

仕方なくキッチン横の床に寝たまま、夫に指示。

「とらおは白い袋のを22g、
ミュウは銀色の袋のを18gね、

それからミーナはドライ食べられないから缶詰ね、
えーっと、何色だったかな、名前も覚えてないな、
あーそれそれ。

ブーレと志麻は同じでいいや。赤い袋のを。

あ、20gくらいね、

そこにね、ウェットフードを混ぜてほしいのよ、
あでも、志麻は混ぜると食べないから、別皿ね、

ミュウとブーレは混ぜていいわ、

あ、とらおはね、別のウェットにしてほしいのよ、

あ、でもいいや、今日は、なんでもいい。
うん、どれでも構わない。

それからー」

と、半分くらい進んだところで、

「だれが、どのお皿だったか、もーわかんない!!!」

と、夫がキレ始めたので(笑)、

結局、なんでもミックス、みたいな
食事になったようでした(;'∀')

 

私も吐きそうになるのを必死にこらえていたので
もうろうとしてしまい、
今日くらいはいい加減で構わないとしよう、
と発想できなかったのです。

 

本当はごはんの他にもトイレ掃除も頼みたかったし、
お水ボウルのことも頼みたかった。

けれど、どちらも10個ずつあるのでね、
なんとなく言えずじまいでした。

 

だから常に清潔だったトイレには
誰かのが残っていて、
ストレスを感じたネコもいたでしょう。

こうなると、一時的ではあるものの、
キャパオーバー!といえるのです。

 

 

考えてみたら、ここ数カ月の睡眠が短くて、
iPhoneのヘルスケアアプリによると
平均5時間ほどで。

私としてはやはり7時間は寝たい。
生まれつき貧血症なので。

でも、眠れないのです・・・

ならば昼寝を。と思っても、それも十分に
果たせない日がほとんどで。

それで疲れが溜まってしまったのかと。

 

 

疲れやすいのは食生活が悪いのですね、きっと。

 

不健康は、養生が足りないからだと
自覚しました。

 

ひとまず朝のコーヒーをやめて、
夜のビールをやめて、
寝る前の果物もやめて、
スマホは深夜に見ないようにして、
それからそれから
甘いものを半分に減らそう。


減らすものばっかりじゃ。

誰もがしんどくなる春が来る前に
体調整えなきゃと。。。


だって、高齢になったアビーやスミレが、
この春こそ、どうにかなってしまいそうな
気がしてならないのです。。。

 

 

膀胱炎対策はもちろんのこと、
栄養のことも、薬膳的に
もう少し工夫したいところです。

穏やかな老後にしてあげたい。

 

 

 

(側溝は渡れない日が増えました)

506527302f0541168201405d56d6b19e

 

B4976e3eeaa64915aa2ec578f6fd4233

 

 

 

 

« 週末の楽しみ | トップページ | ミーナの吐き気は止まったものの »

4.病気のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末の楽しみ | トップページ | ミーナの吐き気は止まったものの »

カテゴリー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。