« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月28日 (木)

ミーナの治療、9回目

8回目の抗がん剤『ドキソルビシン』は

残念ながら効果がありませんでした。

胃にできた腫瘍は直径5センチほどに大きくなっていました。

C178ca90beea4373928cba68feab034d

 

 

胃壁も厚くなり、消化活動も滞っているとのことでした。

食べ物が入る隙間がないのです。

1d0f4922f2b14598b011fe99b16a454d

 

 

8回目『ドキソルビシン』投与の翌日から

嘔吐が出たので、

とっても苦手な吐き気止め(セレニア錠)を

どうにかこうにかしながら服ませ

ミーナはすごく頑張った一週間だったのに、

悲しすぎる結果です。

 

しかも検査日の早朝には大量に吐いてしまいました。

この量を2か所に。

茶色なのは出血を意味しており、食べ物カスもあります。

左側の薄い液体は、お水を大量に飲んだためでしょう。

7ef0b71cf19e4097805eea11e806aa96

 

 

さらに検査前日には、

寒がりのミーナが冷たいところを探し、

食事も摂れなくなっていました。

相当キツかったのだと思います。

可哀想に。。。

Ab16b6697bb040548dfe05be7d1bbb24

 

 

こんな状態で

9回目の抗がん剤はできるだろうかと

緊張しました。

 

あまり食べられなかったわりに

体重減少もなく、

貧血もありませんでした。

 

白血球数が増えていましたが、

ただ、それはリンパ腫の元である

リンパ球が増加していたわけではなく、

おそらく胃の炎症からきているのだろう、

とのことでした。

 

 

というわけで、9回目の抗がん剤は

実行可能と判断されました。

 

当初予定していた4種類の抗がん剤は

すべてお役御免となったので、

というか、効果があったのは

『ビンクリスチン』1回目と、

『シクロフォスファミド』1回目だけ。

 

そのプロトコルは

ミーナには合っていなかったのでは。

そう思わざるを得ません。

 

腫瘍科認定医1種の認定医だったら

違うプロトコルを選択をしていたのかなと、

セカンドオピニオンしてみたくなります。

 

 

それはそうと、これからはどうなるのかというと、

”レスキュープロトコル”という位置づけの

『L.アスパラキナーゼ』と『ロムスチン』を

使うとのこと。

 

これまでの週一投与ではなくなり、

『L.アスパラキナーゼ』のあと

3日後に『ロムスチン』

そのあとは、たしか3週間後に『ロムスチン』といったかな、

そんな間隔になるそうです。

 

 

そういうわけで、昨日は『L.アスパラキナーゼ』を

注射していただいたのでした。

 

そして吐き気止めも注射で入れてもらいました。

錠剤への拒否が強くなってきて、

自宅での経口投与は

失敗することも出てきたためです。

失敗というのは、泡で吐き出すという技を

使うようになってしまいました。

 

 

さてさて、大事なのはここから。

『L.アスパラキナーゼ』投与後、

注目の翌朝。

3f9a4beb9cb84dcea58dfa61e0a05375

 

あら!食べたい気持ち満々のご様子♡

 

ディアラさんの「馬肉パーフェクト ミンチ」を

小さじ1くらい食べられました。嬉しい!

0e8f933e482c4f0bad718f5889764a55

 

 

そしてお昼になると、同じものを

もう少し多めに食べられました。

 

これならもっと食べられそうだわと思ったので、

馬刺しとマグロのお刺身を買ってきました。

D85aa4f40a7f45bf98f900276f542e87

 

夜は馬刺しをよく食べてくれました。

マグロは明日ね。

 

たくさん食べられたから落ち着いたのでしょう。

この日はあまり鳴かないミーナでした。

98ac51250e6141e3b83d42361b27f3d2

 

 

明後日には『ロムスチン』です。

カプセルを経口投与するとのこと。

その前に、エコーとCBCの検査をするそうです。

 

 

最後の砦です。

どうかどうか、効果がありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月24日 (日)

爪切り用マスクにチャレンジ

ミュウちゃま。朝から渋い顔をしています(笑)

44cd76ee67054594aa32e8a3e17cd02f

 

来月14歳になるのですが、

日に日に気難しくなって手を焼くことが増えました。

 

爪切りも平気なコだったのに、

いつのころからか、絶対拒否!!という態度なので

ごまかしさえできません (;´∀`)

 

そこで、nekozukiさんの爪切り補助具「もふもふマスク」を

購入。

 

さっそくブーレくんが興味津々。

3d0a2200a3c64e2d8587edc1d053a3c5

 

ブーレは爪切りさせてくれるので

マスクは不要ですが、

ミュウを呼び寄せるおとりになってもらいました(^.^)

 

寄ってきたミュウを膝に乗せて

さっと被せてみると。

D99187268e354283bdb271562ee89588

 

慌てる様子もなく、「ん???」って感じ。

優しく声をかけながら

急いで爪を切ります。

 

じっとしているので、たぶん、7秒くらいで

前脚の全部を切ることができました!

 

静かにそっとマスクを外すと、

そのままゴロゴロ言いながら

膝の上でくつろいでいました。

まるで気にしていない様子♡

67a3b54d357941e1b089bee089010d31

 

もふもふマスク、ブラボー!!!!!

 

 

ならば、もうひとり、爪切り大嫌いBOYに

使ってみましょう!

 

というわけで、とらおちゃんの登場。

 

とらおは昔から爪切りが大嫌い。

 

でも切るときに秘訣があるので

今まで切ることができました。

 

その秘訣というのは、

私が抱っこした状態で

夫がとらおの左か右でじゃらし棒を振るのです。

 

それをとらおが片手でじゃれている間に

私はもう片方の前脚をもって爪を切る、

という二人がかりの作戦です。

 

言うまでもなく、この作戦は

夫がいるときでないとできないという

難点があります。

 

できれば、私の都合でささっと切りたいなぁと

思ったので、

ミュウのマスクを購入する際、

とらおのサイズも購入してみました。

 

気付かれないように、

抱っこしてパッと被せるまではうまくいったものの・・・

A4ada039688441fdaf1d61427c70037f

 

2秒ほどで暴れだしたので、さっと外しました。

 

するとマスクをにらみ。。。

15c7c5b973e042a095f40c68c876debf

 

 

爪が伸びてる前脚で私から奪い、やっつけにかかります(^_^;)

C3ce9642037a4063a4662035677f5caa

 

もちろん、破壊される前に取り返しましたが、

とらおにマスクは使えないという結論になりました。。。

 

とらおは異常だと思いますが(笑)

お顔を包まれることが好きなねこちゃんだったら

頼もしいマスクになることでしょう。

 

良いお買い物ができました(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月21日 (木)

衝撃の7回目と8回目

ミーナの抗がん剤治療の7回目は

吐き気を伴うと予想される

『ビンクリスチン』

Ce27c114de804c3e91ad3b5c8b381a72

 

5回目も「ビンクリスチン」で

翌日から血混じりの胃液を吐いていました。

ただ、それが副作用によるものなのか、

新しい腫瘍や病変ができたことによるものなのか

その点はまだハッキリしていませんでした。

 

6回目の『シクロフォスファミド』のあとは

ごはんも食べて吐き気もなく、

遊んだりもしていました。

80875d4975e241418819905e3e07928c

 

 

 

4月8日。7週目。『ビンクリスチン』予定の日。

治療開始時からあった病変の横に

新しい腫瘤(コブ)ができていました。

11134ac142cc4f61a300d7d03ea0e1c2

 

これがなんなのか、この時点では

「わかりません」という回答でした。

 

そして、案の定、

翌日から吐き気が出てきて、

胃液を吐いてしまいました。

こんな感じのものを3つ。

3b1ddc9d1a764f93877ba14ebd0357e1

 

むかむかするのか、あまり食べなくなりました。

 

吐き気止めの錠剤(セレニア)をのませると

落ち着きました。

セレニアはまだ

猫ちゃんの長期服用に関する安全性の

データが少ないという理由で

頓服で服用してくださいとのことでした。

 

なので、一日くらい間をあけながら

次の診察日まで頑張りました。

 

しかし、吐くことはなくても

食べることもできませんでした。

なんとか食べてほしくて、

あれやこれやを運んでは食べさせました。

C161a7215b984c089f9dc98fd1603f82

 

他のねこたちが欲しがって大変で、

みんなちょっと睡眠不足になりそうでした。

 

吐き気止め薬をのんでいても

吐いてしまうときもありました。

一日おきにしていたからでしょう。

0ba9fc54ce7b48e68b71f5054472feee

 

 

結局、一週間後の体重は、

3.1kgから2.9kgに減っていました。

ショックでした。

2570d37e01a54b80b4602a73fbcf5701

 

たった一週間で200g減るということは

あまり食べていないということの他に

がんが進んでいるということも想像できたからです。

66218099fc4945618abc9deea87b1351

 

 

 

青ざめながらの、8回目の通院。

4月16日。

 

体重が減っていることを確認した先生は、

軽い脱水症状もあるということで、

抗がん剤投与は3日だけ見送りましょうとのことでした。

 

貧血はほとんど無いものの、

前回できていた腫瘤(コブ)が大きくなっていて

腫瘍かもしれないとのことでした。

左の黒っぽくて大きなほうです。

Ada248a611264840b2a126d3e4d7600c

 

右側は治療開始前からあり

腫瘍ではなく「病変」とのことでした。

 

この日は点滴と、ステロイド剤が投与されました。

点滴剤はずいぶんとゆっくり吸収されているようで

その日の夜まで、たぽたぽしていました。

72f90210691a49d7abf7210bc95d742d

 

再診は3日後。

食欲が出て体力が戻りそうならば

抗がん剤『ドキソルビシン』を

使えるかもしれません、とのことでした。

 

7回目のビンクリスチン、

やはり効いていなかったようです。

嘔吐は大きくなった腫瘤によるものかもしれない。

 

 

ミーナと帰宅した後、

とにかく食べられそうなものを

どっさり買い込みました。

 

しかしその日と、翌日の午前中までは

残念ながらほとんど食べてくれませんでした。

86408bd75a71480da963304f16c26b4a

 

もしかしたらこれで

THE END かもしれないと思うと

もう辛くて辛くてたまりませんでした。

 

そんなとき夫が

「ねーねー、みーにゃん(ミーナのこと)ってさ、

マグロ好きだったよね?」

と言ったのです。

 

私はとにかく栄養をつけなきゃと思い、

子猫用のトロトロ系や、超小粒のオヤツや、

カロリーが高いフードや、みんな大好きツナ系、

そんな『キャットフード』ばかりを

買い漁っていたのですが、

 

夫のその一言で、

そうだ!ミーナは生肉好きだったんだ!

と思い出し、

さっそく夫身の生マグロ(養殖)を

夫に買ってきてもらいました。

お刺身は彼のほうが目利きがいいのです。

 

その間に私は犬たちの散歩を済ませ、

ごはんを作り、

ミーナ用極上マグロの到着を心待ちにしていました。

 

しばらくすると夫が帰宅。

「2軒回ったけど、筋っぽいのしかなかったー」

と残念そうに言ったものの、

新鮮だし、これなら十分♡十分♡と思いながら

小さく切ってミーナに出してあげました。

 

ミーナは夢中になって食べてくれました。

51f94719db2f479984583a280b339458

 

ヤッター!!と喜んだのは

言うまでもありません(≧▽≦)

 

その翌日の朝も、残りの生マグロを

モリモリ食べてくれました。

 

さすがに三食連続はどうかなと思い、

お昼はキャットフード類をあれこれ差し出したところ

少量しか食べてくれませんでした。

その時、思いました。

私も体調が悪い時や熱っぽい時は

食欲はぜんぜん無いのだけれど、

果物が食べたいな、とか

お粥食べたいな、とか

そんな気分になるよねぇ、と。

 

 

そこでひらめきました。

そうだ!馬刺しだ!と。

 


最近、近くに高級食材を置くスーパーが

できたことを思い出し、行ってみると

なんと心強い!

馬刺しコーナーがどどーんとありました。

 

ネコが食べる量なんてほんのわずか。

けちってなどいられません。

でもごめんね、みんな。ミーナだけなの。。。

 

(;´∀`)

 

 

馬刺しも、生マグロ同様、

夢中に食べてくれました。

 

寝る前にも食べさせて、

翌朝、今度は鶏のささ身を柔らかく茹でたら

それはまあまあでしたが食べてくれました。

 

3日後と言われた診察日の朝、

体重は100g戻しました。

 

診察室に入るなり先生が、

「なんか、ニコニコされてる!」

とおっしゃいました。笑

 

3日間吐いていないことと、

食欲が出たことを告げると

先生も「良かったー!」とホッとしてくれました。

 

しかし検査をすると、

新しくできた腫瘤は大きなまま。

 

がっくりきました。。。

 

 

3日前と同じ、というより

やや大きくなっていたようでした。

 

そこはとてもとても残念でしたが、

たくさん食べて体力ついただろうから

延期にしていた『ドキソルビシン』を投与する、

とのことでした。

 

それが効いてくれればまた楽になるからね、

とミーナを先生に預けました。

 

この『ドキソルビシン』はこれまでの抗がん剤と違って

時間をかけてゆっくり投与するそうで、

お迎えは1時間半後、となりました。

 

いつもは1時間待ちでした。

 


これが、予定していた8回目、

となったわけです。

 

 

時間が来て迎えに行くと、

無事に投与できたことと、

新しい腫瘤を顕微鏡で診たところ

リンパ腫のようです、とのことでした。

左側の、少し大きなほうです。

C2dd9e4c0ac1488ca9646366ba5a4832

 

 

あー---

なんとまあ残念なことでしょう。

 

最初に見つかったほうは小さいままなのに

別のところ(胃)に新しい腫瘍ができてしまうなんて。

 

 

今回の「ドキソルビシン」が効いたかどうかは

一週間後になりますが、

 

これまでの抗がん剤は効果なしということになるため

最初に決めたプロトコルは崩壊です・・・

 Ce27c114de804c3e91ad3b5c8b381a72

 さよなら。NCSUプロトコル。


今後はまだ使用していないものを使っていくそうで

それは2種類くらいあるのだとか。

 

それでも、ミーナはもうかなり厳しい状態に

あることは間違いないでしょう。

 

573ac412bb54482ba3ffba8e875e000c

 

ミーナが、残り少ない時間を

精一杯生きられるように私も頑張ろう。

 


少しでも辛さが取れれば

精一杯のことをしてあげたい。

 

それにミーナは自分の思いをしっかり訴えてくるコなので

できる限りそれを汲み取ってあげたい。

 

奇跡が起こるといいなーと

そればかり考える日々です 

84613676f4354e05a2f08098ff100e61


2022年4月16日 (土)

ノーズワークのプレ競技会

2016年から習い続けているノーズワーク競技。

どんなものか簡単に言うと、犬版「宝探しゲーム」です。

 

複数の箱の中に1つだけ、特定のにおいが隠されています。

 

それを犬が嗅覚をもって探し当て、

ハンドラー(飼い主)に合図を送るのです。

 

ハンドラーはそれが正しいと判断できれば

「アラート!」と宣言します。

 

正解していれば、ハンドラーは相棒である犬に

ご褒美としてその場でおやつをあげることができます。

 

空港などで働く「探知犬」の作業を、

家庭犬と一般飼い主が楽しめるように

アレンジしたドッグスポーツなのです。

 

そのクラスで「プレ競技会」を初めて開催したので

参加してきました。

「プレ」というのは、本番が別にあるということ。

しかし本番は毎年遠方で開催されているため

外出時間の制限がある私は

ずっと参加できずにいました。

 

 

さて、こちらが今回のプレ競技会の様子。

B47ee0c02ba94aa2a09d31cdc17238cd

 

7583c5a96b8d4f78b07c155a72f47dd4

 

2bd5322d43604a70b00e311c85a4401c

 

遠めの撮影でさっぱりわかりませんかね。笑

先生が撮影し、配布してくださったので

文句は言えません!笑笑!

 

 

この会場の方のブログのほうが

よっぽどわかりやすくて楽しい文面です。

「ペットの郷日誌」

https://blog.goo.ne.jp/petnosato

 

 

隠されている宝(におい)が

1つの場合はClass1で制限時間は2分

2つになるとClass2で制限時間は3分、

3つだとClass3、4分。といった感じになります。

 

スミレはClass1に、ジャスミンはClass2に参加しました。

それぞれに制限時間があり、クリアできました。

 

605d937f84994bd7b0c0d6cbe12e8121

 

7b7b1ce4326e4f18a1624ef14095952e

 

 

こちらは控室。

99dc9c94907e4d1e9c898ca73c707df2

10頭くらいの参加だったので

待ち時間も長かったのですが、

ふたりとも一度も騒ぐことなく

静かに待っていることができました。

 

私は競技と同じくらいに、このことをとても嬉しく思いました。

 

ノーズワークを始めたばかりのころは、

ジャスミンはクレート内でギャンギャン吠えて興奮収まらず、

(早くノーズワークがやりたくて騒ぐのです)

そのたびに心を鬼にして

「吠えているうちは出してあげないよ」という厳しい態度で

練習を重ねて重ねて一年以上かかったかな、

それくらい私も頑張って、ようやく

「待機中は吠えない!」

という犬に仕上げることができたのでした。

 

頑張った分、喜びも大きいわけです。

 

 

最近の私はみーにゃんのことが心配でたまらず、

先が短いことをふと思い出しては悲しくなり、

知らず知らずのうちに気持ちが疲れて切って

ひどい顔になっていたので、

競技に集中できたこの4時間は

とてもありがたい貴重な時間でした。

しっかりリフレッシュできました。

 

夫も協力してくれて、

長時間の留守番がまだ不安なアビーのために

お昼時間に一時帰宅してくれたのでした。

 

 

ノーズワークのトレーナーさんの話によると

半年ごとに開催する予定とのことなので

また秋ごろに参加できるといいなと思っています。

 

競技会でなくても、普段のレッスンも

とても楽しいものです。

 

興味ある方、一緒に習いませんか (^^♪

 

上記リンク先に、お誘いの連絡先がありましたよ☆

 

 

 

 

 

 

2022年4月15日 (金)

アビーのふらつきと内耳炎

アビーが左に傾いてから

5週間が経ってしまいました。

D5ea7d6b75c84e0fb921558f43a757ba

 

2週間を過ぎたところで少し改善したときは

これでもう大丈夫だと安心したのですが

そこからよくなる気配がない。。。

 

それで、皮膚科耳科の先生に

オトスコープで診ていただいたところ、

外耳道の奥から鼓膜付近に汚れが詰まっていて

中耳炎の可能性もあるとのことでした。

 

その診察は、耳の中に細いスコープを

入れるものですから、

アビーはものすごく嫌がって、

診察台の上で初めてお漏らししてしまいました。

 

私の服も上下から、靴まで汚れてしまい。

病院へ行く直前にトイレさせているのですが

結構溜まっているもんです。

 

暴れないように3人がかりで押さえて

先生が耳の中にスコープを入れます。

 

アビーは恐怖でギャンギャン吠えます。

 

さらに、その汚れを取らなければならないので

洗浄液を耳から入れて鼻や口から出す

ということをするので、

アビーの鳴き方も「抵抗」から「悲鳴」になります。

 

とても気持ちが悪くて辛いはず。

 

洗浄中に汚れが鼻に詰まったようで、

看護師さんがアビーの舌が紫色に

なっていることに気付きました。

それで洗浄を途中で止めたのでした。

 

あまりに可哀想だったので、

他に方法は無いかと先生に伺いました。

 

麻酔すると本犬も楽なのでしょうけれど、

年齢的に危険が伴います。

特にアビーは過去、何度かしている鎮静すら

覚醒が悪く、予定の時間より何倍も

眠り込んでしまう体質でした。

 

なので、耳洗浄のための麻酔で

その後覚醒せず寝たきりになったらと思うと

やはり怖くてできません。

 

かといって治療をしないでいると、

中耳が破裂するような事態も

想定できるとのこと。

 

点耳薬だけでなんとかならないか、

とも聞いてみましたが、

耳道に汚れがあると

その奥に薬が届きにくいから

効果が出ないそうで。。。

 

そんなわけで、この治療を続けるしか

方法はないようでした。

 

次は2週間後に来てくださいとのことでした。

 

 

治療の翌日からは

左回転から右回転を繰り返すように

なってしまいました。

 

治療によってどこかに不具合が出たのかも。

A78c1ac24515438cb24fb3f2e26a28cf

 

 

次の診察までは点耳薬をしていました。

 

前回、呼吸ができなくなるという恐怖を

経験してしまったので、

二度目は診察室に入るなり、お漏らししてしまいました。

 

今回はしっかりオムツをしておいたので

周囲を汚すことにはなりませんでしたけれど。

 

洗浄はスムーズにいき、

鼻が詰まることもなく終わりました。

汚れが少し減っていたのでしょう。

 

次の治療は3週間後となりました。

 

 

ということは、

傾きの原因は中耳炎だったのか?

というと、それも今の段階では断定できず。

 

というのも、耳の洗浄をした翌日から

数日間は、右旋回を繰り返す、

という症状が出るので。

 

一度は立って食べられた食事も

また寝た状態で食べるようになってしまいました。

 

 

そんなわけで、今の不調は

単に高齢だからなのかな、

と思う日々になってきました。

 

 

長生きすれば、複数の箇所で

不調が起こってくることもあるだろうし、

最近は食欲もお通じも普通なので

傾きやふらつきは

老犬あるあるだと思ってよいのかもしれない。

 

そんなわけで、徐々にですが、

ふらついてもあまり心配しなくなりました。

 

 

ただ、家の中ではふらつきながらもよく歩くので

滑り止めマットのないところに

行ってしまって、滑って転んで

歩けなくなってジタバタしていることが

ちょいちょい出てきました。

 

この間は、スミレがお昼寝していたクレートの前で

ジタバタして立てなくなっていて

スミレがクレートから出られず

非常に困った顔をしていました。

 

 

そんなわけで、危ないところは通せんぼしたり、

マットを追加購入したりで、

とにかく快適に過ごせるように

家具の配置なども工夫しているところです。

 

日中はほとんど寝ていますが、

ユニ・チャームProの介護用ベッドがお好みです。

他にもベッドがあり、時間帯で移動していましたが

ここ4,5日はここばかり。

C814af4847294414994087190c6fa1b7

 

0db3f51802b14f449a9ec458cadeb218

45f2cc5a54fd4185999c15eb70734578

 

 

滑り止めマットもたくさん必要になったので

先日インターペットまで出向き

2割引きで購入しました。

来週には届くと思われます。

 

わんこも高齢になってくると、

揃えるものが色々と出てくるものですね。

日常のルーティンも、元気さも

行動の様子も、あれこれ変わってしまうので

新しいコを迎えたみたいに感じます。

 

8ac94f1d6d5e43d090e88fa06ccc3313

 

E5e06cf9ec6a43689b29b21f6918fb77

 

 

 

 

 

 

2022年4月12日 (火)

高峯の山桜(桜川市)

一昨日の日曜、桜川市にある山桜の里に行ってきました。

 

自生する山桜が「高峯」をはじめとする桜川市の山々を

パッチワークのように飾るのだとか。

 

歴史的に有名なところでもあるそうで。

 

詳しくは桜川市のホームページをご覧ください。

 

http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/page000202.html

 

 

D6daf6438953421e89b2bfbc269f2ff6

 

 

駐車場がわかりにくかったのですが、

迷いながらも一番近いところに停められました。

思ったほど混雑していないのでオススメです。

 

その無料の駐車場から数分歩くと売店があり

飲み物や手作りのおにぎりやお餅などが

ありました。売店はここだけです。

191df7c834184b6eae867eafd7b7d781

 

 

ちょっと寄り道できそうなスポットもありましたが、

寄らずに、上を目指しました。

Daf3e6c8c1d94d79a0f5a2132fa65157

 

 

林道(舗装道路)を30分ほど歩くと(ずっと上り)、

第一展望台に到着。

Eafbc27b11fe43099c4f45cb893ad203

 

4d8e6a7975714593b5f2258bdfc6ad0c

 

 

↓奥に筑波山が見えます。

C0722532f2c941089c7e330087376b97

 

 

 

そこからまた歩くと、こんな眺めもあり。

Ee49220466a34edeb47c5e95ebbcf405

 

 

 

そして15分くらいで、第二展望台に到着。

28ef064f9ca84918ac45629336323f0b

 

ここで持参したおにぎりを食べました。

おにぎり好きだなー私。いつもそればっかり。笑

 

 

帰路も同じ林道を下ります。

 

C76d312b05f049ec90fb473bf3885a2d

 

 

アスファルトの上を歩くのは

少し味気なかったのですが、

素朴な山桜を

これでもかというほどたくさん眺めながら歩けて

とても良いひと時でした。

 

1ab0aabaeb9e4bb3b68e5d6a0a2e8b4f

 

 

そろそろ桜も終わりでしょうかねぇ。

 

もうひとつ、枝垂れ桜が豪華な、

「常陸風土記の丘公園」というところも

石岡市にあるのですよ。

 

ただ、このお天気続きで週末まではもたないかな。

 

でも行ってみたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月 4日 (月)

ミーナの治療、5回目6回目が終わり

一週間に一度の抗がん剤治療を続けている

ミーナちゃま。よく頑張っています。

 

病院にも慣れてきたのか、

キャリーへの恐怖も少し柔らいで

激しく鳴くことはなくなりました。

 

2dec0d0961024ba6a7d00687626d9bb7

 

怖くて怖くて・・・という状況が続くと

可哀想でこちらも辛くなりますから。

 

こうなってくれたのも、担当の先生が

とてもやさしく接してくれるからだと

本当に感謝しています。

 

 

ところが、、、

5回目の治療日に事件は起きました。

 

 

その日のリンパ節や病変の状態に

大きな変化はありませんでしたが、

胃の腫れが少しだけ大きくなっていることが

気がかりでした。

 

「何か異変があったらすぐに電話ください」

と先生がおっしゃるので、

そういう一言にさえとてもありがたく感じて、

ホッとしながら「ではまた来週」と失礼したのでした。

 

ところがその5時間後。

 

先生から

「突然退職させられたので、

来週は〇〇が担当します」と

電話がありました。

 

あまりに突然のことで、

しばらく怒りが収まりませんでした。

 

というのも、その病院は中規模で

獣医さんが複数名勤務しているのですが、

初めて通院してから6年の間、

とにかく入れ替わりが激しいと感じていたのです(-.-)

だから、

「また!?」と思ってしまったのでした。

 

実際のところどのような運営をされているのか

知りませんが、どんな理由があるにせよ、

医療に携わる人を突然クビにするなんて

あり得ません。

 

しかも、うちのコたちを担当してくださっている

先生が突然いなくなるのは、今回で5人目です。

 

私、本当に本当に、

苦情を言いたくなりました(-_-)

 

中で働いている先生方や看護師さん、

受付の方たちは問題なく仕事されているので

不満などありません。

 

だから問題は、経営側だと思わずにはいられません。

 

 

なんてったって、半年も続ける治療を

その先生に託していたのに、途中で

「ケンカ別れ」的に辞めさせるなんて!

 

プンプン!!

 

そんな私の怒りがミーナに伝わったとは

思いたくありませんが、

翌週まで担当獣医不在という不安な一週間が

スタートしたその日から、

ミーナがまた吐くようになってしまいました。

 

気持ちが悪いようで、

「辛いよー」とよく鳴きます。

2bb879783df34a768870352745103383

 

 

直前の抗がん剤は、ビンクリスチン でした。

それに悪い感じで反応しているのかな。

 

B878297d40604b5b9a5c915f2bb366a2

 

 

辞めさせられた先生の連絡先を教えてもらっていたので

まずは相談してみました。

 

すると、新しい先生にエコーで診てもらってくださいとのことでした。

 

7feaf3865b7848b8893185882299ae6a

 

調子が悪くなってから4日目。

病院に電話してみると、もう予約でいっぱい。

 

だってそうでしょう、獣医をひとりクビにしたわけですから

その患者さんが残る先生たちに割り振られるわけで。

 

獣医さんたちに罪はありませんが、

だからってうちが我慢しなければならない理由にはなりません。

 

それで5日目になんとか予約を入れてもらって、

それが新担当の先生との顔合わせとなったわけです。

 

エコー検査で病変の状態を確認して

特に心配はなさそうとのことで、

ひとまず吐き気止めの薬をもらいました。

 

とにかくホッとしました。

別の場所にポコッとリンパ腫ができたのかなと

心配でたまらなかったので。

 

 

新先生は丁寧に説明してくださり、

私の気持ちも汲んでくださっているようで

2日後には予定医通り6回目の抗がん剤なので

そのときにまたよく診てみましょうと

言ってくださいました。

 

とても良い先生でした。

 

帰宅してすぐに吐き気止めを服用。

半日後に、ミーナは落ち着きました。

気持ちが悪い時はウロウロ、にゃーにゃーと

落ち着きませんでしたが

安心してよく眠っていました。

0ff1a806b8784a67a59ee932d3699841

 

 

吐き気止めをもらって2日目。

食事も普通に摂れるようになり、

少しおとなしい状態でしたが

そのくらいは仕方ないと思える状態でした。

 

片方の脚に乗れるサイズのミーナさん。

ヤキモチ焼きのとらおがいつもそばに。

63592a48eb0a43958cc894f54673ad81

 

ずっと逆立っていた背中の毛も落ち着いてきました。

 

不調なときは狭い所に入り込んでいますが、

吐き気が治まるとみんなと並んで

窓際でお昼寝しています。

9ba79bce16cc419fad6178ef4e393c81

1a72278f8b184ba3924780de01109a62

 

 

日中は温かくて桜も五分咲きとなり。

C0da6f76595d4e7696436250c5692d6f

 

 

そして、6回目の抗がん剤の日。

予定通り、シクロフォスファミドが投与されました。

 

この薬は2週目の時の抗がん剤で

リンパ節の腫れが小さくなった薬でもありますから

先生も「相性は悪くないでしょう」とのことでした。

 

 

で、エコーの結果はこんな感じなのですが、

ポイントは3つに絞られてきました。

 

1つは胃の病変。治療開始前からあったもので、

これがとても大きいと食欲がなくなり吐き気が出ます。

一度小さくなったのに、また大きくなってきました(T_T)

3ddb934642224ec0af5d358fe237841a

 

2つ目は胃と十二指腸の間のリンパ節。

1回目の抗がん剤が効いて小さくなり、

そこから少しだけ大きくなりましたが、問題はないそうです。

1366cb50f1714815b2f963b0be39296b

 

3つめは胃の壁。最初は10mm以上あったのに2mm。

こちらも状態は良いようです。

C74a17d76e1c404299cc3996094fa1a2

 

新先生のわかりやすいご説明によると、

今後はこの3つの部位の経過を

診ていくことになるとのこと。

1つ目の場所が特に気になりますねと。

 

 

そして「頓服の吐き気止め、少し出しましょうか」と

言ってくださったので、4回分をもらいました。

ちょっと安心します。

 

 

それから数日たちますが、吐き気は出ていません。

この結果を総合して、次回7回目の抗がん剤を

予定通りでよいのか、別のものにするのか

判断するのだそうです。

 

7回目は5回目と同じビンクリスチンなので

このあとにまた吐き気が出たら、

もうビンクリスチンは使わなくなるのかな。

 

あれこれ先読みしてしまうのはよくないと

思いますが。考えずにはいられず。。。

 

 

ねこのリンパ腫治療においては

基本の型はあるものの、

効いてないと思われる薬は

もう使わないようにするのだとか。

 

新先生はそういった説明も、

きちんとわかりやすくしてくださいました。

 

 

それで私も少しずつ平静を取り戻し、

またミーナの好きなごはんやおやつの調達に

励んでいます (^.^)

 

 

がんに負けないよう、たんぱく質をたくさん摂って

好きなものもたくさん食べて、

幸せホルモンたくさん出ますように。

 

ミーナだけ、若い猫ちゃん用の

タンパク質40%以上のフードにしています。

よく食べてくれて、

体重は3.0kgをキープしています。

 

場合によっては、子猫用フードのチョイスも

あり得るそうです。

 

 

 

それにしても昨日も今日も寒いですね。

体調に気をつけなきゃです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

カテゴリー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。