« 「アビ爺」の近況 | トップページ | やはり、白血球が厳しい数でした »

2022年5月13日 (金)

ミーナの抗がん剤10回目

4月30日。

10回目の抗がん剤「ロムスチン」が

投与されました。

3日前の「L.アスパラキナーゼ」は程々に効果があり、

腫瘍はわずかに小さくなり、

胃の動きもよくなっているとのことでした。

 

その証拠に、よく食べて元気な日を過ごしていました。

 

それを生かすためにも中2日で

今回の『ロムスチン』が使われました。

 

ロムスチンはカプセルで経口投与です。

 

なかなか上手く飲み込めず大変でした。

ミーナの口にはとてもとても大きな

カプセルでした。

 

 

ロムスチンはこれまでの抗がん剤とは違い、

次の投与まで6週間も

空けなければならないそうです。

 

また、投与後1〜3週間程度で

白血球が減少する副作用があるとのこと。

 

そのため、次の診察は2週間後の予約となりました。

 

しかし。

ロムスチン投与の翌日から

嘔吐と下痢が始まりました。

けれど、とても元気で食欲があります。

 

嘔吐は別として、

下痢は単に食べ過ぎなんじゃないかと

思ったりもしました。

 

しかし投与から5日後、

高熱が出て、ぐったりしてしまいました。

 

ペットこたつにこもり、

熱っぽい顔でまったく動きません。

5700ff2aa13c4877a0ec9b67520238f1

 

翌朝、病院へ。

 

担当の先生がお休みの日だったため

別の先生が処置してくださいました。

 

点滴+止血剤+下痢止め、

それと抗生物質・吐き気止めは注射。

 

熱は39.9度ありました。高熱です。

 

ただ、応急処置のため

翌日に担当医の診察を受けてくださいとのこと。

 

その日は帰宅してからしばらくは

ぐったりしていましたが、

夜になると少し食べることができました。

0fe5efb45a1f47469fbe0bc9c357bab7

 

 

翌日(5月7日)、

担当の先生のエコー検査によると、

一週間前は46mmあった腫瘍が

37mmになっていることがわかりました。

『ロムスチン』、効いています。

010b6860d27b4ec784033384c2cb5b3c

 

胃の動きも良くなっているとのこと。

C62ca7cffbc34a5283ebbd2c7985f64d

 

 

そして『ロムスチン』の副作用は

白血球数の減少だそうですが、

今回の発熱では白血球数は増加していました。

 

おそらく体が、がんと闘っての発熱だろう、

とのこと。

 

この日もまた39.9℃もあったので

前日とほぼ同じ処置をしていただき

帰宅しました。吐き気止めは無し。

 

しかし、夜に少し食べただけで

またぐったりしてしまいました。

 

そして翌朝も、高熱。。。

3日連続で、点滴です。

 

先生のご提案で、ミーナの負担を考え

次の診察は翌日ではなく、

一日開けてみましょうとのことでした。

もちろん、ミーナが辛そうだったら

我慢させずに連れてきてください、とも。

 

先生のおっしゃるとおり、

翌日は元気・食欲を取り戻していました。

 

ミーナの気力をアップさせようと

新しい爪とぎを購入。

変わった形でも楽しんでくれた様子。

Ba478cb6d7594517a72a2f7e673e1c77

D6efeb8ad5c14ffe8a6dfd9f47750fd1

 

 

私の膝の上で寝ることも増えました。

ちなみに以下の写真は温灸中です。

私の右脚、少し前から神経痛が出ます(汗)

067f2bb4b9cd41aa9c37f68fe82ae928

 

元気・食欲がまあまあ出てきたので、

通院の必要はないと思い、

キャンセルさせていただきました。

 

 

それからまた3日間ほど、

日中は元気、夜に発熱、というサイクルになりました。

A62ac24f4d474c529fdcbb3a99a84bc5

 

 

発熱中は、冷たいところに顔を当てていたり、

寒さが来ることもあるようでヒーターの前にいたり。

 

ミーナが自分の気持ちで選択できるよう、

環境を整えました。

04ef2141a27a40e68981497557a4144d

A590390374734948869b365a9d05c779

 

 

しんどいときはペットこたつに籠城するのに

徐々に私の膝に戻ってくるようになりました。

あまりの不調に、心細さもあるのでしょう。

B1b6b4d0a8dc42f0abe2afe580b5fa76

 

そして今日。

 

朝からほとんど食べていません。

 

今度は本当に、副作用がきたのかもしれません。

『ロムスチン』投与後に、

次の診察は2週間後と言われた日が明日なのです。

 

いよいよ白血球の減少かも。

 

5年ほど前、サラも白血球の減少で生きられるか

わからない日が2週間くらい続きました。

そのときのことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 「アビ爺」の近況 | トップページ | やはり、白血球が厳しい数でした »

0.ミーナのリンパ腫治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アビ爺」の近況 | トップページ | やはり、白血球が厳しい数でした »

カテゴリー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。