« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月19日 (日)

ミーナ、最期のとき

今日は夏の日差しでしたね。
ミーナが亡くなって2週間。

季節が大きく変わった気がしました。
あっという間です。

突然にググッと込み上げる涙の回数も
ずいぶんと減りました。

ミーナの治療と、最期のときの私の行動は
間違っていなかった、
いつも考えて選択して行動してきたと、
そうだよね、みーにゃん。。。
そんなふうに自分を肯定する日々です。

後悔を考え始めると
何も手につかない悲しみに襲われます・・・


ミーナより少し前に
近所のわんちゃんが亡くなって
ご高齢の飼い主さんおひとりで
散歩されているのですが、
私とアビーのノロノロ散歩に出くわすと
歩調を合わせてくださって
あれこれおしゃべりしながら歩きます。

すでに介護期に入っているわんこの散歩は
実はとても孤独。

犬はもう耳が聞こえてないし、
本能のみで歩いているようで
コミュニケーションも取れません。
飼い主はただひたすらサポートするだけ。


だから一緒に歩いてくださると
とっても心和みます。


散歩仲間というか犬友というか。。。
動物を大事にする心を持つ人との繋がりは
とてもとてもありがたいものですね。


その方は愛犬ちゃんの話になると
後悔・後悔・後悔の連続で
涙が止まらなくなってしまわれて。。。

農村部の田んぼ道だから
思う存分、涙してもらって構わないし、
愛犬ちゃんも愛を感じて
きっと喜んでいると思います。


私のほうがミーナを亡くしてから日が浅いのに
励ます側になっている不思議。

死生観は人それぞれだなぁと思って。。。


たくさん泣いて落ち着ける人もいれば、
泣く要因を排除する方向を探して
平静を保つ人もいる。

私は後者なわけで、
前回の記事から日が経ってしまったのは
書くことも写真を見直すことも
涙の要因になってしまうので
それを避けていました・・・


大きく深呼吸してから写真を見返し、
やっぱり寂しくなって手を止め、
そしてまた深呼吸して書き始めるの繰り返し。

*****

6月3日の深夜。
ミーナの呼吸が早くなって、
もう朝はこないのかもしれないと思いました。

2f7d9619fbd2468a80b90d534f68f177

一晩中、付き添っていましたが
私が見るといつも目を開けていました。

辛くて眠れないのか、
私に病院へ連れていかれないように
気を張っているのか・・・

だから少し距離を置いて、
ミーナには背中を向けるようにしていました。

 


ミーナはお水を飲みに行くと
元の位置に戻らず、
違うところに行って寝そべりました。

B2fbd155fa574c898f5836687f1c7794


でも大方、この位置に戻ります。
元気な時からこの石タイルの上が好きでした。


暑さ対策で「ひんやりする大理石」ということで
何年も前に購入したものですが
冬でもよく寝そべっているので
その位置を触って確認すると、
ひんやりしているのは最初だけで
すぐに体温と同じになるので
体が冷える心配はない、というタイルです。

どうしてここが好きなのかしら。
ツルツルで綺麗なところがいいのかな。

 

そうこうしているうちに明るくなってきました。

6月4日の朝になりました。


気付けば、ミーナの呼吸は落ち着いていました。

ホッとして、ウェットフード
(BONEチキン:冷凍生肉)を解凍して
人肌程度に湯煎してから運びました。

08aec903160341f69d083003cebfb0f4

ペロペロと舐めました。僅かでしたけれど
食べている姿がまた見られるのは
嬉しいものですね。


朝の時間帯は、私の仕事はもりだくさんで
ずっとそばにいることが難しいものですから、
こうして少しでも舐めてくれるとホッとして
いったん離れて
他のコの世話に励むことができます。


犬たちのトイレ散歩を済ませ、
猫たちのトイレを掃除し、
みんなにごはんを配り、
その合間合間でミーナの様子を
目の端で確認。


割りと頻繁にお水を飲みに行ってました。

 


この日は午後1時から診察予定でしたが
キャンセルの電話を入れました。

とてももう、治療どころではありませんし、
何をしたって恐怖しか感じない病院へ
こんなぐったりしているのに
連れて行くなんてできませんでした。

トロトロフードやお水は飲んでいるから
点滴だけでもという気持ちにもなりませんでした。

とにかく、安心させてあげたいと
それだけでした。


お昼ごろ、お水の横で倒れていた時に、
居てもたってもいられず、
つい、抱きかかえてベッドに寝かせました。

19475942e38144dfabcd965edb2aa4b2

 

 

持ち上げられてグッと体に力が入ったのでしょう。
おしっこが出てしまいました。

ごめんね、ごめんね、と、このときばかりは
「私のバカバカバカ!!!」と後悔しました。


辛くてたまらない時に
抱き上げられたくないはずです。

950bdf061de745bda53c279e3cdde429


ミーナはしかたなく、少しの間
そのベッドに居てくれましたが、
10分もしないうちに別の場所に
移動してしまいました。


あぁ、やっぱりもう、
ミーナの命に執着するのは止めて
ひとりの時間を作ってあげよう。


そう思いました。


できることならそばにいて
ずっと撫でてあげたいけれど、
ミーナは野良で生きてきて
成猫でうちにきたコです。
警戒心がとにかく強かった。


こんな状態になって朦朧としていれば、
おそらく危険回避の感情が
最も強くミーナの意識を支配しているだろうと
想像できました。


「ありがとう、みーにゃがいてくれて
とっても楽しかったよ。
私のところに来てくれて
本当にありがとう。大好きよ」
と何度も何度も伝えて、
部屋を後にしました。


6日前には腫れあがっていた胃のエコー写真を
思い出しながら、
ミーナが安らかに眠りにつけるよう祈りました。


いつもはぐっすりお昼寝している時間帯。

そのまま逝けたらいいね・・・・

 

 

犬たちの散歩に出る夕刻、
出張から戻ってきた夫に
ジャスミンの散歩を頼みました。

私はミーナの様子を見に行きました。


また大理石の上にいました。

辛くてかわいそうなので
早く逝かせてあげたいと思いながらも、

「生きてた。よかった。」

とホッとする自分がいました。


なんだか匂うと思ったら、
トイレの前のビニールシート上に
おしっこが溜まっていました。

最後にトイレに行ったものの、
トイレの壁を登れなかったのだと思います。

巨猫とらおとブーレに合わせて
深めのトイレなので。

 

砂の上でちゃんとできなかった悔しさも
あっただろうと想像しました。

でも、それほどまでに体が動かないのに
ちゃんとトイレまで行くなんて
本当にエライ。

偉いよ、みーにゃん。。。


片付けていると、
志麻がミーナに話しかけていました。

15ebe7bf97784865b21c8f9a26d70c00

ミーナはきっと「ひとりにして」と言ったのでしょう。

志麻は2回だけミーナを舐めてあげて
スッと離れました。

猫たちの関係は清いものでした。


ずっと仲良しだった志麻がそうしたならば
やっぱり私もミーナの気持ちを尊重しなきゃいけない。

私がそばにいて、こちらに寄ってくるような
状況ならば、
いつまでも膝に乗せて撫でてあげたいと
思いますが、そうではないのだから。

ミーナの命に執着してはいけない。

強く、自分に言い聞かせました。

 

夜10時、
「もうねんねよ~、また明日。おやすみ」
といつものように話しかけて、
部屋の電気を消し、
私は別の部屋に行きました。

いつものその言葉で
ミーナが落ち着いて寝ようとしてくれたらいいなと。


前の晩は私が傍にいたために
眠れなかったと思うので。


2時間くらいしたら見に行こうと思っていました。

けれど、私は前の晩から貫徹だったので
つい、眠り込んでしまいました。

ミーナの「にゃあー!」という声が聞こえた気がして
飛び起きたら、6月5日の2時でした。


シマッタ!!!!と思いました。


ミーナの部屋に静かに向かうと、
ミーナはもう呼吸をしていませんでした。

大好きな大理石の上で、
手足を伸ばして、
目を閉じて、口も閉じて、
でもお水が流れ出たようで
胸元から前脚が少し濡れていました。
排泄はまったくありませんでした。

 

やっと撫でられるときがきたね・・・
優しくそっと触ると、
被毛はふんわりしてあたたかく、
皮膚は柔らかでした。

しっぽもしなやかでした。

頭もお顔もやわらかく、
閉じた瞼の隙間から
黒い瞳がうっすら見えて、キラキラしていました。

まだ魂は残っていると感じました。

けれど四肢は硬く、丸めてあげることは
できませんでした。

おそらく、
1~2時間の間に逝ったのではないかと思いました。


寝ていた夫を起こしました。
飛び起きてくれました。

夫は何度も「みーにゃ!!ありがとね!!」と呼びかけ、
撫でていました。
そして、ひとりで逝っちゃうなんて、と涙しました。

やわらかな被毛、安らかなお顔、
きっと眠るように逝けたと思うよ
と、夫に言いました。


気付けば、とらおと志麻が、タワーの上から
揃って私たちを見つめていました。

8fb1a969a05c4060bbc29d10ffc3eb1c

みーにゃんのこと、きっと見送ってくれたんだね


しばらくの間、
ミーナにたくさんのありがとうを伝えながら
体を隅々まで撫でました。

そして、熱いお湯で絞ったタオルを用意し、
全身を優しく拭きました。
最後の数日は自分でグルーミングできず、
気持ちが悪かったと思うので。

ミーナはとてもきれい好きで、
私がブラッシングしても抜ける毛は
いつも僅かしかありませんでした。

口から出たお水が胸元を濡らしていたので
そこはドライヤーをかけてしっかり乾かしました。


すると夫が、保冷剤を持ってきてくれました。

ミーナが好きだったベッドを持ってきて、
体の下には、
熱が出たときに使う「柔らか雪枕」を
タオルにくるんで敷いて、
体液が出ても良いようにペットシーツを敷いて、
頭、背中側、四肢の間などには
食品のテイクアウトに使う小さな保冷剤を
ミニタオルにくるんで置きました。


みーにゃん、冷たくて気持ちいいよねと
そばで見守っていると、
志麻が珍しく寄ってきて、
私とミーナの間に座りました。

志麻も不安だったのかな

私と一緒にしばらくミーナを見守っていました。

2f1c5df569124b21aa15256b9b72a250

外が明るくなってきたので、
保冷状態がきちんと保たれるように
上にガーゼタオルをかけました。
そのときに、少しだけ鼻から血が出ました。


外は明るくなり始めていました。


志麻がまた、ミーナの傍に座っていました。

Ddd84d5d650f47f994281492a5d4916c


もうひと眠りするという夫と部屋を出て、
私はひとり食卓に座り、
どんなふうにミーナを弔おうかと考えていました。

結局、夫は眠れなかったようで
鼻をすすりながらコーヒーを静かに入れていました。


きっとその間も、
志麻はミーナに寄り添っていたと思います。

 


朝の仕事が終わるころ、
雨が強くなっていました。


保冷剤を取り換えて
ミーナを窓辺に置いてあげました。

28e91cb259e74def8ef842a26cab5c01


いつもよくこの場所に居ました。
ここには、たくさんの思い出があるね。

志麻はまた、隣りのベッドに寝そべりながら
時々ミーナを眺めていました。


棺を作ろう。ミーナをミーナらしく、
可愛らしくして
美しいまま、空に送ろう。

10時になったら、
必要なものを買いに行かなきゃ。

涙涙だった私はしゃきっとして、
買い物リストを書きました。


つづく。

 

 

 

 

 

2022年6月12日 (日)

ミーナの最後の頑張り

ミーナちゃん、6月5日未明に息を引き取りました。

闘病生活、104日間でした。

 

本当によく頑張りました。偉かったです。

「生きたい」気持ちがとても強いコだったと

思います。

情熱の塊、ミーナさんですから。

 

気が弱くておとなしいミュウやブーレだったら

もっと早く闘いを終わりにしていたと思います。

 

 

 

もう亡くなってはいますが、

初七日も過ぎて気持ちが落ち着きましたので、

ミーナの頑張りを記録に残したいと思います。

 

 

 

まず、5月下旬の話から。

 

前々回のブログで、白血球は正常値になったけれど

吐き気が戻ってきて元気もない、と書きました。

 

高いところに登る気力はあるのですが、

86f7db1895c344c1af99b083beea0d28

 

こんなふうに伏せてじっとしていることが増えました。

1c888181144d47bc80ff4aed24876cba

 

 

 

 

5月30日、予定していた通り通院しました。

前回の診察から8日経っていました。

 

 

CBC検査の結果は変わらず良好で、

貧血もなく、白血球が少し多めでしたが

心配するほどでもないとのこと。

血小板も問題ない範囲でした。

 

 

しかし、胃のエコー画像が・・・

胃壁は厚くなり、病変も大きくなっていました。

 

685ef17a1b8347a69bb2d29c7d58e3e6

 

これを見たらもう・・・

言葉を失います。

 

隙間がほとんどありません。

 

これでは何も食べられないよ・・・

とうとうこの時が来てしまった・・・

 

そう思うと、涙が溢れてきました。

 

 

しかし先生から

副作用のない『L.アスパラキナーゼ』(二度目)

を投与して、

その5日後に『ニムスチン』(これは初めて)

を投与してみたいとのご提案がありました。

 

 

『L.アスパラキナーゼ』は

即効性はあるが長くは続かないため

他の抗がん剤とセットで使うことが多いのだそうです。

前回も『ロムスチン』とセットで使いました。

 

 

前回が効いたので少し期待しました。

副作用がないならば試してみる価値があると思い

同意しました。

 

日を開けず、

その場で点滴と抗がん剤が投与されました。

 

体重は、2.70kgでした。

 

 

 

その日の夜。

ミーナは自分のごはんをそこそこ食べた後、

志麻のお皿に近づき、

ドライフードをパクパク食べたのです。

000865e53cef490baed3c4ff0d2b5249

 

以前、ドライフードは何度か吐いてしまっていたので

しばらくあげていませんでしたし、

隣りで志麻が食べていても興味を持ちませんでした。

 

それなのに、パクパクと、

おそらく5gくらいは食べたのではないかと思います。

 

 

 

 

翌日、5月31日。

 

もう効いてきたの?!!と思うほど

ミーナにシャキッと感が戻ってきました。

目ヂカラも少し出てきました。

2f6f499aea014e1fbe50223b33d61699

 

 

そしてごはんをモリモリ食べ始めました。

食べたのは、丹波鹿肉を軽くソテーしたものです。

取り寄せたばかりでした。

4871cc2cafcf469ab20be6c664c4d20d

 

パクパク食べました。

2,3時間すると

「なんか食べたいにゃー!」と

鳴きました。

とても嬉しくなりました。

 

 

あまり一度に食べると吐いてしまうかもしれないと

2,3時間おきくらいに20gずつ出しました。

ペロっと食べていました。

 

ぐっすり眠ることもできたようで、

お昼から夕方まではごはんの催促なく静かでした。

 

そして夕方5時くらいだったかな、また

2,3時間おきに深夜1時まで

少しずつ運びました。

最後は少し多めに盛って、

早朝に食べられるようにしておきました。

 

 

期待しました。

また復活できるかも!

 

でもこれが、最後の晩餐となったのでした。

 

 

 

翌、6月1日の朝。

盛り付けておいた鹿肉は

綺麗に平らげていましたが、

その後はパタリと食べなくなりました。

 

 

食べたそうにするけれど舐めるだけ。

557384c0a8bf4f7884020c4394acfc19

 

この日は仮のお誕生日にしていたので

新しいケリケリ「またたびミネット」を

プレゼントに用意していました。

 

しかし、無反応でした。。。

 

またたびは大好きだったのに。

それどころではない様子でした。

D1687526654345b39c9ab25178117150

 

それでも、トロトロ系のごはんを出すと

ペロぺロとなめながら5gとか3gとか

お水代わりに飲み込んでいました。

 

呼吸数は毎分30回でした。

正常値でした。

 

 

 

 

6月2日の朝、吐きました。

このような色の嘔吐物は初めてでした。

 

6113eb21d8bd487999475aaa12823858

 

その後は吐きませんでしたが、

まったく元気なく、辛そうでした。

 

こたつに入ったり、出てきたりを繰り返していました。

私がそばにいると、病院に連れていかれると

警戒しているようでした。

5716628c28904b39848ed0e3256c662f

 

31日の食欲はなんだったのだろうと

不気味に感じました。

 

 

お水はなんどか飲みに行っていました。

といっても少量でしたけれど・・・

私が動くと、こたつに隠れてしまうので

こっそりインカメラで撮りました。

5d3606bc54874c68925c26ec42f10a94

 

 

ササミを軽くボイルしたところ、

煮汁だけを飲んでいました。

4ca07e6318564992879b0239547e7c7b

 

 

 

6月3日、朝のうちに病院に電話をし

10時に診てもらうことにしました。

 

4日の午後には抗がん剤が予定されていたので

このままではそれができるかどうかも不安でしたし、

せっかく31日にたくさん食べられたのだから

点滴してもらってなんとか維持したいと考えたのでした。

Ce3a9201ae5749fbba6850d45134d7fe

 

 

しかし、診察台でハッとしました。

 

体温を測られるとき、

いつもならイヤイヤするのですが

ミーナはまったく抵抗しなかったのです。

 

 

私はもう、治療は無理だと感じました。

まったく力が入らない様子でした。

 

なので、その日は点滴と、吐き気止めだけ。

 

血液検査もエコー検査もお願いしませんでした。

体重は2.60kg

4日くらいで100gも減っていました。

あんなに食べたのに。

 

 

先生は、

「このあと劇的に食欲が出てシッカリ食べられるようなら、

予定通り明日に抗がん剤『ニムスチン』(初めて)を

投与しましょう」

といったようなことをとおっしゃいました。

 

それはとても優しい言い回しでした。

 

つまりは、「もう厳しいですね」

ということだと理解しました。

 

 

 

点滴したのに、夜になってもまったく元気は出てこず、

いよいよ点滴の効果もなくなったと悟りました。

 

 

深夜になると、呼吸が荒くなってきました。

毎分50回になりました。

 

このまま亡くなってしまうかもしれないと

覚悟しました。

 

 

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。