« ミーナ、荼毘に付すまで | トップページ | アビーがほとんど歩けなくなりました »

2022年7月24日 (日)

ミーナの四十九日

信仰心が深くあるわけではないのですが、

ミーナが亡くなってから49日が過ぎました。

 

日本人の多くの遺族(人)が「四十九日法要」をして

お骨をお墓に移すわけですが、

昨日はいつもどおりお線香をあげたり、

お水やおやつを取り替えたりして過ごしました。

ミーナは小さなペットちゃんなので

人のそれには習わず

遺骨はもう少しうちに置いておきたいと思っています。

 

とはいえ、今後のことをざっくりと考えてはおきたいので

とあるペットの火葬・葬儀屋さんに聞いてみると、

飼い主さんのご希望で3年とか5年間ほど

お骨を保管(納骨堂と言ったりする)したあと、

土に還してくださるそうです。

 

中には、人間のようなお墓を運営しているところも

ありますね。

 

ということは、

自宅保管後にペット霊園に移してその後をお任せするか、

あるいは火葬屋さんの納骨堂に年数を決めて預けて

その後は土に還してもらうか、

そんな方法になるのかもしれません。

なんせ、うちは少なくても10個の骨壺になるので

ずっと置いておくのは難だし、

ペット界で有名なお坊さんの妙玄さんも

お骨をずっと置いておくのはお勧めしないと

書籍に書いていたような。

 

ちなみに、1つの骨壺に仲良し猫ちゃん同士を

一緒に入れることはアリだそうです。

 

 

私の中のミーナは、まだ鮮明にカワイイ♡

A80ae16a592845ed9541afa3b1a36379

 

 

今でもミーナの遺影に話しかけない日はありません。

といっても、いわゆる『ペットロス症候群』のように

健康や精神を病むほど悲しみに暮れているわけではなく、

やっぱり「とことん可愛い存在」だったことを

振り返って振り返って愛おしく思い返すのです。

 

それが「供養」というものなんだと思いますが。

 

 

そうなってくると今度は、

透明になったミーナの気配をなんとなく感じてみたくなって、

身近なものにミーナの魂が宿ればいいな、

なんて思っちゃったりして

(やっぱり病んでる???笑)

「ねこ」に由来するたくさんの物に囲まれたい

という欲求が出てくるわけです(*^▽^*)

 

白猫さんとか黒猫さんとか、

キジトラさん茶トラさんの場合だと

市販の物でそっくりさん

(たとえばぬいぐるみやら絵など)と

出会えると思うのですが、

ミーナのそっくりさんに出会うことは

ほぼ期待できず。

 

 

そこで、こんなブローチを作ってもらいました。

いやまあ、似てる!!!

そして可愛すぎる(≧▽≦)

9a4ce2a117b341dda767bc2b0d394006

いつも使っているバッグにつけてます。

お店はminneの「Toy Needle」さん。

 

 

 

それだけでは飽き足らず、窓辺に、これ。(*'ω'*)

以前から所有していたものですが「あみねこ」さんです。

遺影の傍に置きました。

90f3fddb5e4448ddaed167545650f825

 

 

さらに、フェリシモの「猫柄のバングルウォッチ」を

朝から寝るまで身に着けて。

42493869b43e4890b9d17cba1274f3c9

 

 

 

 

さらにさらに、ミニハンカチもセミオーダー。

ミーナの名前を入れてもらい♡

これは楽天のお店で「Litakara baby」さんで。

A24f69ab3d484dafba41815e7b68e032

 

 

 

身の周りのグッズに留まらず、というわけではないのですが

誘ってもらったので行ってきました。

猫グッズだらけのカフェ「カフェドしっぽな」さんへ。

376bb9360f4d4652aacc23c9ab96c3ec

猫柄のカップを両手で包み込んで、

「ミーナはほんと賢いコだったなぁ」と、ほんわか気分。

 

 

 

 

さらに、あじさい寺へも。「天引観音」です。

アジサイに囲まれて、なんだか疲れていた頭の中が

ふわりと軽くなりました。

3512a0cbcf784df3a5e45da1bd7cb8c9

 

 

ミーナが亡くなって一週間を過ぎた頃だったかな。

この辺で地域ネコをお世話している方からヘルプがあって

お話だけ聞いてきたのですが、

そのときにお庭のアジサイをいただて飾ったのがこちら。

モリモリしていてなんだかとっても幸せな気分に。

3b795e0d42d745b7acbf9e31458e3f4d

 

来年以降、アジサイが咲いたらミーナの季節

と思うのだろうな。

 

 

こんな調子で、ミーナの祭壇にはずっとお花を飾っていました。

生花はいいですね、季節が如実に表れる。

 

079aa1626ffd442795d191365698b4f6

 

 

41a3152f147d44d985ea30fa601cff43

 

 

7月初旬は雨続きの毎日でしたが、七夕の日に外に出てみたら

月とたくさんの星。

スマホのカメラでは写せませんが。。。

A9e52595c7f54a04b2387ad5d4e94c52

 

 

七夕の前日には、

お友だちが流れ星の和三盆を持ってきてくれたので

気持ち的にも雰囲気がでました☆

3ca023924cba4d708ced2308a283afd6

 

 

その後もまた別の方が

「この間、見かけたときに疲れた顔してたから」と、

あんこたっぷりのお団子を持ってきてくれました。

(疲れていたのはアビーの介護で、ですが)

私の和菓子好きを知ってのこと。

 

 

犬友さんやご近所さんたちの

温かいお気遣いがたまらなく嬉しい。

 

人懐こいジャスミンや、

おうちのない犬猫の保護活動が

このような輪を作ってくれて、

そのありがたさをミーナが気付かせてくれた。

やっぱりミーナはすごいコだなぁ。

 

 

そして7月下旬、暑い日が続くようになりました。

今は真っ白なクルクマとピンク色のバラです。

01a53a3aa6cc41559b0a8df8e6e0cc2a

 

 

左側にあるのは、ソレイユの遺影と遺骨です。

もう4年も経ちます。

 

こうして月日はどんどん流れていくのですねぇ。。。

 

ソレイユからもミーナからも

命についてたくさんのことを学びました。

そして彼女たちの存在が、

私の人生の

「いちばん幸せだった頃に居たねこたち」

になるのでしょう。

 

ペットって、生きてるだけで、すごいです♡

私は入れ込みすぎかもしれませんけれど・・・

でもやっぱり、そういう存在なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ミーナ、荼毘に付すまで | トップページ | アビーがほとんど歩けなくなりました »

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

0.ミーナのリンパ腫治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミーナ、荼毘に付すまで | トップページ | アビーがほとんど歩けなくなりました »

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。