« アビーがほとんど歩けなくなりました | トップページ | ミーナと志麻の思い出(お盆に寄せて) »

2022年8月 8日 (月)

アビー専用の車椅子

”犬の車椅子のわんうぉーく”さんに

完成品を取りに向かいました。

 

製作期間は10日ほどでした。

おひとりで全てをこなしているそうなので

その時々の混み具合によっても

変わってくるかもしれません。

 

貸し出し用を使わせていただいたおかげで

アビーも私もすっかり慣れ、

よりピッタリサイズの車椅子に会えるのを

わくわくしながら向かいました。

 

後ろのタイヤは、一回り小さくなりました。

幅も狭くなり、高さもベストになっていました。

 

手押しバーを装着することで押すこともできるし、

前方から引っ張ることもできる。

5f38aa7137bc445aa4ecaa32b2408497

 

A5dca88b835a45c79beb259d1d2d1b70

 

 

乗せては歩いてみて、を繰り返し、

高さ、長さ、幅、顎乗せの位置等、

ちょうどよい状態に調整していただきました。

 

「歩みが遅くなったり脚が動かなくなったときは

ここをこーして、あーして・・・」と、

調整の仕方も細やかに教えていただきました。

 

完全に歩けないときは

脚を入れて保護する袋なんかもあるのです☆

 

顎乗せ台は取り外すこともできるし、

状況に応じて片側だけを外したりもできます。

 

細部にわたって工夫が施されており、

とても行き届いていて感激です。

 

 

余談ですが、説明中に

アビーが寝かせてもらっているベッドは、

高反発マットと低反発マットの両方が入っていて

とても気持ちよさそうでした。

486bee182bbd4f379fced17245a22a87

 

体が弱ってくると、人間と同じように

褥瘡(床ずれ)対策も欠かせないといいます。

 

アビーは寝たきりではありませんが

日に日に動かない時間が長くなっているので

褥瘡がいつできるか冷や冷やします。

 

こういうベッドは褥瘡ができにくいので

すぐにでも欲しいのですが、

まずは車椅子の赤字を解消しなければ・・・(^_^;)

 

 

話を戻しますが、

わんうぉーくさんは最後に、

「ご質問はいつでもどうぞ!

それも含めたお値段ですから!」と

にっこりしてくださいました。

 

なんて心強いのでしょう☆彡

 

子犬向けのパピー教室や

成犬向けのしつけかた教室などは

ちまたにそこそこあるものの、

老犬の介護の仕方教室は無いんだよねぇと

ちょっと不安な思いも抱えていたので

”わんうぉーく”さんの存在は

とてもありがたいものでした。

 

帰宅した日は暑かったので散歩は少しだけにし、

翌日からはこれまでより、少し距離を伸ばしてみました。

 

貸し出し用よりも、やはりしっくりきます。

サイズってとても大事です!!

6970af2cb8fe49ba9e45345f4b7c8cd4

 

 

アビーはやせっぽちなので、

両肩の外側と

骨盤の外側を

タオルなどで支えてあげると歩きやすくなります。

 

ただ、暑い時期は、そこが密接になっていると

暑いかなーと思ったりして

着けたり外したりしています。

 

車椅子を使う直前の1か月くらいは

自宅の周りしか歩けなかったのですが、

元気なころに歩いていた場所まで

行ってみると、

とってもとーっても喜んでいました。

 

お顔がパッ!と明るくなり、

一生懸命に四つ脚を動かして

前に前に進もうとするのです。

C1048c0437434eb6a7c1e2b44856e6fc

 

 

ああ、車椅子を作って本当に良かった!!!!

 

と、万歳したくなるくらいに満足な気分になりました。

 

 

水田に沿うようにまっすぐ続く一本道。

アビーと10年以上も、毎日毎日、歩きました。

ときどき走ったり、おやつを食べたり、

写真を撮ったりしながらねぇ。。。

F959ceb67b75405e9f2e6a8f139d3949

 

もう、懐かしい思い出。

その頃には戻れない。

アビーがこの道を走ることは、もう無い。

 

でも、車椅子を知ったおかげで

また来ることができた!

 

作っている人にも、

教えてくれた人にも、

費用を工面してくれた人にも、

みー---んなに感謝だね。

 

スイスイと遠出できるものですから、

アビーが楽しそうに目をキョロキョロさせて

鼻をフンフンさせているうちは

どんどん歩いてしまいます。

 

なので、復路は疲れてしまって脚が止まるので

4つの足が地面に着かなくてよいように

足袋に入れて浮かせるようにし、

私の力だけで引っ張って帰ります。

 

帰宅する頃にはアビーは心地よい疲労感と

満足感で、車椅子に乗ったままウトウト。

 

そんな顔を見られるだけでも嬉しいもんです。

 

とはいえ、車椅子は便利なだけではありません。

 

やっぱりバリアフリーのところしか

走れないのです。

 

 

ということで、デコボコになっていた庭の一部を

夫が綺麗にしてくれました。

49c11b3707684c6b9308fffbd2fc93ab

 

ここはアビーがよく穴を掘っていたところで

ちょうど木陰で芝も生えないことから、

すっぽり体をうずめられるほど深く掘って

気持ちよさそうにお昼寝していたところです。

 

これもまた、懐かしい思い出。

そしてもう、穴掘りすることは無い。。。

 

 

でこぼこエリアがなくなったので

アビーを車椅子に乗せたまま

4年前に設置してもらったスロープを下りて、

人工芝の上を通り、

スルスルと車道に出ることができるようになりました。

1856d849707a4945b4f596cfefc53669

 

住環境を整えると、介護もとっても楽になります。

 

ジャスミンもスミレも車椅子に乗った

アビーをビビることなく、受け入れています。

608d63a5d9b3431fb5c6654eb095e7df

 

 

私の膝の痛みもなくなりました。

 

他にも変化がたくさんあります。

 

この本も参考にしています。

 

車椅子のことは出ていませんけどね。

それ以外のこと、参考になります。

9b487c8b79ed497daa730febc3bc507a

 

 

苦労や苦悩をたくさん抱えながらの

頑張りや踏ん張りだけでは

介護は続けれられません (^-^; 

 

私が根性なしなのかもしれませんが、

賢く介護することで心に余裕ができて

なによりそれが愛犬の笑顔につながるんだなと

身を持って体験しています。

 

アビーと同じような前庭疾患に

愛犬ちゃんが突然なってしまったという

知人から電話があり、

たいへん、たいへん、どうしたらいいのー!!

と、ちょっとしたパニックになっていました。

 

なるよねー。パニック。動揺。あせり。先々への不安。

 

色々とお話しして、少し落ち着いてくださったので

ひと安心。

 

私だってまだ、老犬介護の初心者ですが、

もう、こうして誰かのお役に立てるのです。

 

大変な苦労をしている人は少なくないなぁと感じます。

 

他にも、車椅子生活で変わったことがあるので

また書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

  

 

« アビーがほとんど歩けなくなりました | トップページ | ミーナと志麻の思い出(お盆に寄せて) »

アビーの老犬介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アビーがほとんど歩けなくなりました | トップページ | ミーナと志麻の思い出(お盆に寄せて) »

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。