« ミーナの四十九日 | トップページ | アビー専用の車椅子 »

2022年8月 1日 (月)

アビーがほとんど歩けなくなりました

 

8月になりました。

昨日あたりからまた一段と
厳しい暑さになりましたね。

天気予報では木曜あたりから
気温が下がるようなので
待ち遠しいです。

今朝は6時前から散歩に出ることが
出来たのですが、
その頃だとまだそれほど暑くなく
朝らしい気持ちよさがありました(^^)

明日もそんな時間に出られるといいのですけど。

 

さて、アビーの老化が
また一段進みました。

 

それはミーナが亡くなって5日後の夕方。


アビーを夕方の散歩に連れ出したところ、
ほとんど歩けなくなっていました。

Ac94163603304a50a46076403c241b40

突然に、というわけではなく
徐々に弱ってきていたので、
とうとうこのときが来たかぁ・・・と
すんなり受け入れられたのですが
やはり排泄の問題はどうしてよいものか
まだ試行錯誤でした。


ミーナが穏やかに亡くなって火葬も終わり、
祭壇も整え、
たくさんの思い出とミーナへの感謝を
繰り返し繰り返し思い起こしている時だというのに。

まるで、落ち込んでいる暇はないよと
次の仕事を無理やり与えられた気分

・・・(^-^;

 

老化は誰にでも訪れるものだし、
これまで命に関わる病気なく
「老犬」になれたのは幸せなこと。

56610fd29af34f1093a8160815a1d8a3

ミーナが重い病気で亡くなったことで
アビーの老いにありがたさを感じます。

ただ、私はとても疲れていました。
悲しみは体力を奪いますね。。。

でも、ミーナの看病と通院が無くなったので
体は少しゆっくりできていました。


ほとんど歩けないとなると、
最大の問題は排尿。

なにがなんでもマーキングしたいという
タイプですから、
すべてを圧迫排尿という技で出すのは
至難だし、
アビーの生きがいも奪ってしまう気がして。

 

かといって、ずっと引っ張り上げながら歩くのは
アビーの体にもよくないし、
クネクネしちゃって背中がまっすぐにならないし、
私の腰やら膝もいつ破綻するやらで
こんなこと、ずっと続けるなんて無理ー!と
なったわけです。

9ccd001ec6c047c2a0859d446b9e85b7


そこで、かかりつけの先生に、
ほとんど歩けなくなってしまったと相談すると、

ごはんや排泄のときに立ち姿勢にするための
車椅子(歩行器)を自作してみる

というアイディアをいただきました。

YouTubeで動画を出している人がいるそうで。


しかしながら、いくらアビーのためとはいえ、
工作がとーっても苦手な私は、
(そして夫もあまり上手くない(笑))
いつ出来上がることやら・・・と思い、

犬の車椅子を作ってくれる工房を
探してみました。


すると、本格的なオーダーメイドで、
下半身のための二輪車と、
老齢等で立てない犬のための四輪車を
つくっている工房さんが
関東にいくつかあることを知りました。

それらの中から、
病院からの製作を依頼されているという
2者(2社)をピックアップし、

さらに、
リハビリ先生にその辺に明るいかどうかを
聞いてみました。

するとビンゴでした!

私が見つけた2社ともご存じで、
先生の視点でその違いを
教えてくださいました。

 

私も私で、HPをよく読み、
どちらもとても良さそうなのですが
総合判断で

「犬の車椅子のわんうぉーく」さんに
決めました。


ご興味ある方は検索してみてください。
トップページにある「オフ会動画」には
車椅子に乗って笑っているワンコたちが
たくさん登場していて、
それを観るだけで
感動の涙が出てきてしまいますから。


さっそくアポを取り、
アビーを連れて工房まで向かいました。

受付もサイズ計測も製作もアフターフォローも
すべてひとりでこなしているという
”わんうぉーく”さんは、
それはそれはテキパキとサイズを計り、
近いサイズの4輪の車椅子を
貸し出してくれました。

F118986746f040da879ade532af37e77

あご枕になってくれているのは
イケアのゴルちゃん。

 


乗せかた、おろしかた、
犬が自分で歩く場合、
気分的に歩かない場合、
老化が進んで歩様が変わってきたときは・・・
等々、あれこれご指導いただいて2時間!

説明の時、アビーは横にならせてもらいました。

0ef6c1758cff40bc85ad1584f6f00f44


アビーが車椅子をすんなり受け入れたので
正式にオーダーして完成までの間、
この貸し出し用車いすを
お借りすることにしました。

 

自宅の庭で練習し、
さらに、どこならば車いすで行けるかな、
ということもチェックしなければなりません。


車いすはバリアフリーエリアでしか
走れませんから。

 

00658ec1e8b44287ab825c1a02d12a85

 

そんなこんなで、お借りしてきて10日ほどは
あれこれ目が回る日々でした。

写真には協力的な夫が写っておりますが、
ほとんどの日は私一人で練習と
行ける場所のチェックをしました。

B1c9e068a66441f9a09815146c325381

 

また、乗せたりおろしたりを慎重にやらないと
怖がったり嫌がったりするようになってしまうので
そこは慎重にやりました。


つづく

 

 

« ミーナの四十九日 | トップページ | アビー専用の車椅子 »

アビーの老犬介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミーナの四十九日 | トップページ | アビー専用の車椅子 »

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。