« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月23日 (火)

みかんにご応募いただきました!

嬉しいですね〜!

やっとこの日がきました!

Img_5898

 

お若いファミリー様から

みかんを迎えたいとのお申し出を

いただきました。

 

Img_6138

 

ものすごく良いタイミングです。

昨夜、術前の活発さが完全復活したところ!

Img_6274

 

高いところへ登ったり

ゴロゴロしたり。

Img_5914_20230523215601

 

最後は遊びながら睡魔に負ける〜笑

Img_5930_20230523215601

 

遊びの最中に睡魔がくると、

「さ、寝よ」とベッドへ駆け上がるタイプです。

 

心配ないとは思いますが

手術あとの部分がぽっこりしているのが気になるので

念のため、かかりつけ医に相談して

それから移動の日を決めたいと思います。

 

まずは1,2週間程度のトライアルになりますが

とても良いご縁になりそうな気がしています。

まだ電話でお話しさせていただいただけで

お会いしてないのですけれどね。

でも、長年の勘は当たるものです⭐️

 

みかんちゃんも、ご応募ファミリーの皆様も、

そして私もhappyになれるご縁となりますように。

 

そして、みかんを気にかけてくださる方がいらしたら

もう少し応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年5月21日 (日)

みかん、元気になってきました

5月16日に避妊手術が終わり、翌日に退院したわけですが

お腹が痛そうで、3日ほどおとなしかったみかんちゃん。

Img_5779

 

 

20日の夜になって、ようやくいつもの食欲と

「あそんでにゃー!!」が出るようになりました☆

Img_5845

 

 

みかんちゃんの調子を見ながら

軽めのじゃらし棒。

Img_5853

 

 

高くジャンプするようなアクションは避けて、

地面を使って追いかけるような遊び方にしました。

Img_5856

 

 

みかんちゃんのやる気は満々なのですが、

長い時間やると傷口によくないからねと

終わらせようとすると、

もっとやってほしいと訴えてくる(笑

Img_5859

 

 

そのあとは、ひとり遊びに。

Img_5878

 

Img_5879

 

 

まだまだ無茶はできませんが

軽めに体を動かしながら、傷がふさがるのを待ちましょう。

 

みかんちゃん、お昼寝も夜も、

ケージの三段目にいることが多いです。

術後3日目のお昼寝中のお顔はだいぶ明るくなりました。

Img_5850

 

まだ幼いのに、たいへんよく頑張りました♡

このまま無事に全快しますように!

 

 

 

 

2023年5月16日 (火)

みかんちゃん、避妊手術です

みかんちゃん、

手術が終わりました。

お迎えは明日です。


前日から三度目の発情期となり、

クネクネ、にゃおにゃおと

ちょっと騒がしかったのですが

これはもう、なくなりますね。

Img_5723


Img_5717


Img_5716

こんな様子を見ていると、

外で生まれて野良で生きるしかない子猫さんたちが、

その後、成猫になれる可能性は

極めて低いのだろうと思います。


発情中は興奮があるもののかなり無防備で

食欲も落ちるので。


野良猫さんたちが不幸な出産をしないよう、

少しでも多くの方に興味を持ってもらい

そして行動してもらえたら嬉しいです。


たとえば、TNRを頑張る人を手伝う、

子猫のミルクボランティアをやってみる、

究極は、子猫・成猫の里親になる。


そしてできれば、

『ペットを飼う』という感覚ではなく、

飼い主のいなかった猫の親になる。

そんな優しい気持ちになれる人が

もっともっと増えるといいなぁと願います。

Img_5733




2023年5月 9日 (火)

みかん、今は普通です(^^)

発情期が終わったようで、

今はいつものみかんちゃんに戻ってます(^^)

「あそぼー!!」「お腹空いたー!!」と

私をよく呼んでくれます。

 

このお手手が「くにっとなーず」で、なんとも♡

Img_5194

 

 

みかんちゃん、保護してからずっと

基本的にはこの狭い部屋だけで過ごしています。

Img_5406

 

うちのシニア猫たちに馴染んでもらおうと

2階に連れていき少しずつ慣らしましたが、

やはり猫ちゃんたちも歳をとると

許容が狭くなったり

ますます保守的になったりで (;´∀`)

 

これまでは、保護した子猫の馴らしについては

子煩悩のミーナが頼りでした。

でも昨年、虹組に昇格してしまったから☆彡

 

 

無理をすれば、高齢ネコのミュウやブーレが

ストレスで病気になりそうだし。

でなくても、慢性腎臓病ですから

彼らの時間は穏やかに大事にしてあげたい。

 

 

かといって、1階の犬たちエリアに離すと

猟犬ジャスミンが、走る猫は本能的に捕まえてしまうので(-_-;)

 

そんな恐ろしいことは、みかんに経験させたくありません。

 

というわけで、狭いながらも飛び回れるよう

工夫はしていますが、

どうしたって「傍に行きたいにゃー」って

気持ちになるわけですねぇ。

猫も伴侶動物だしね、って改めて思います。

 

 

なので、一日に少なくても2回、できれば3,4回は

私や夫がじゃらし棒で遊んであげています。

Img_5311

Img_5342

Img_5343

Img_5345

ジャンプして捉えられずに

「シマッター」ってお顔かしら?笑

 

 

 

みかんちゃん、シッポが長ーーーいです。

しなやかで素敵。

はにゃ?と首をかしげたところ。

Img_5115

 

 

こんな元気なみかんちゃん、里親募集しております。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

ペットのおうち

ボール大好き、活発なみかんちゃん【5ヶ月齢】

https://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn451546/

 

 

 

2023年5月 7日 (日)

スミレの悪性腫瘍のこと

スミレの投稿も久しぶりとなりました。

もう16歳です。

視力が弱くなりましたが、

まあ、元気なおばあちゃん犬です。

Img_3992

 

そんなスミレですが、昨年9月、

左脚の付け根に1センチ程度の腫瘍ができました。

 

院内検査の結果、

『肥満細胞腫』という皮膚がんの可能性が高い、

とのことでした。

 

外部検査に出して詳細な結果がわかるまで9日あり、

その間、肥満細胞腫についてあれこれ調べました。

 

進行が早く、内臓に転移しやすい悪性腫瘍で

治療の第一選択肢は外科手術、

ということがわかりました。

 

なので、結果が出て、以下のメモと共に

簡単な説明を受けたときには、

セカンドオピニオンすることを決めていました。

 

Img_5105

 

 

情報化社会ですから、ネットを使えば

基本的な情報は得ることができます。

手術したら、そのあとがとても大変だということを

きちんと説明してくださる先生がいいなと。

 

 

私の希望は、

 

1. 「獣医腫瘍認定医」資格を持つ先生に治療をお願いする

2. 外科手術はしない

3. QOLが大切であり、余命の長さに希望は無い

4. ごはんを食べられる毎日がいちばん大切

 

この気持ちをもって、自分で調べた別の病院に行きました。

 

車でしっかり30分かかるので

救急の時に不安を感じますが、

とにかくご相談したい気持ちが溢れてしまっていました。

 

結果、じっくりご相談できたし、

私の希望もお話しできたし、

その腫瘍科の先生も

「もうすぐ16歳の子に外科手術はどうかと思う」と

おっしゃってくれたので、

そのまま治療をお願いすることにしました。

 

 

そんなわけで、スミレの癌への治療は化学療法で

対応することになったのです。

 

 

しかし残念なことに、抗がん剤は2種類とも

効果はまったくありませんでした。

 

 

そうなると、残るはステロイド錠で

小さく抑えていくしかないとのこと。

スミレは肝臓腎臓に不安が無いので

即、実施。

 

2センチ強まで大きくなっていた腫瘍が

あれよあれよと小さくなりました。

 

しかし、消えることは無く、

さらに紫斑(腫瘍周辺の皮膚が赤紫色になる)は

広く残ったまま。

 

治す治療ではなく、癌と共に生きる、という状態。

 

なので、もう少し太らせてよい、とか

楽しいことをたくさんして運動も少しして、

といった日常のこともアドバイスいただきました。

 

 

スミレ本犬はどうかというと、

治療開始時からずっと調子が悪くなることはなく、

毎日ご飯を食べて、運動して、

それなりにご機嫌に過ごしていました。

 

そのまま5か月が過ぎ、紫斑は残るものの、

腫瘍の存在は小さく、おとなしいまま。

 

しかし、春になり、気候がよくなってくると

動悸がするようになってきました。

起きていると、ハァハァと暑そうにしています。

 

 

そこで先月、先生のご提案でステロイド錠を

減らすことになりました。

 

これがてきめん!ハアハアとすることはなくなり、

体を動かすことが楽にできるようになりました。

散歩ではとても楽しそうでした。

 

しかし・・・

 

腫瘍が大きくなってしまいました。

 

腫瘍がある患部はこちら。

前脚の付け根、薄毛で赤紫色のところです。

Img_4981

 

ほぼ平らだったのに、ステロイドを減らした1か月間で、

再び、もったりと膨れてしまいました。

Img_4980

 

 

このままではとても良くないそうで、

「また呼吸が早くなるだろうけれど、

ステロイド錠を以前の量に戻しましょう」との

先生のご提案にうなづくしかありませんでした。

 

 

それが数日前の話です。

 

で、ステロイド錠を増やした途端、

やっぱり呼吸がしんどそうになってきました。

 

ちょうど雨ですしね・・・

 

春の急激な温度変化は、

お年寄りの体に負担がかかるのと同じように

おばあちゃん犬にとってもしんどいのでしょう。

 

明らかに、動きに鈍さを感じます。

 

よって、楽しい気持ちでいること、

体に優しいごはんを食べること、

少しだけ運動して、筋力を落とさないようにすること、

体をほぐすこと。

 

そんなことに注意してあげています。

 

体重維持にも気を配っています。

油断するとすぐに痩せてしまいます。

 

 

ちょっと気温が上がると、体がほてりやすいようで

冷感マットの上によく寝そべっています。

Img_4991

 

扇風機も出しました。

ハアハアが止まらないときは、

ハンド扇風機で数秒間、顔に風を当ててあげると

楽になるようでした。

人の介護現場でもそうするのだと、

先生が教えてくださったのでした。

引き出しの多い先生です。さすが腫瘍科です。

 

 

この5か月間、通院は月に一度でしたが、

腫瘍が大きくなったため、

次は二週間後となりました。

 

 

増量したステロイドが効かない場合は

腫瘍がどんどん大きくなって破裂・出血するのだそうです。

あるいはすでに、内臓に転移している可能性も

大いにあるそうで。

 

 

抗がん剤が効かなかったあたりから、

来年のお正月は無いかもしれないと覚悟していましたが、

大きくなった腫瘍を見ると、

どうしても気持ちが落ち込みます。

 

とはいえ、スミレはもう、おばあちゃん。

チワワさんたちの平均寿命を超えました。

何があってもおかしくないし、

楽しい時間をたくさん作ってあげてきたつもりです。

Img_3981

 

できるだけ苦しくないよう、痛くないよう、

自宅でできることはやってあげて、

賑やかなことが好きな子なので、

家の中でゲームをしたり、

大好きなノーズワークレッスンなどに

連れて行こうと思っています。

 

 

 

 

 

 

2023年5月 5日 (金)

みかんちゃんに発情期が

みかんちゃん、推定誕生日は

12月上旬なのですが、

4月下旬に発情期が来てしまいました。

まだ4ヶ月齢なのに!!


くねくねゴロゴロが止まらず😆

Img_4348


こぶし回して、ンーナオオーーー!

数時間置きに鳴きまくります。


しかし私はそれが発情期だと

気がつくことができませんでした。


というのは、始まりがおそらく

2回目のワクチン後の

夕方くらいだったので、

てっきり怒りが止まらないのかと

思っていたのです😆


ベタベタ具合が半端なく。。。

Img_4891


そ、そんなに見つめられても♡笑

Img_4870


で、この調子が3日目になったころ、

ようやく発情期かも?と思い、

色々と考えてみたら、

猫さん保護の経験豊富な方が

秋冬生まれの子は4ヶ月齢くらいでも

春に発情しちゃうのよ、

と話していたのを思い出しました。


獣医さんに聞いてみると、

発情中でも避妊手術はできるとのこと。


でも「5月に手術より6月になってからのほうがよい」と言われたことが、頭に残ります。


また、鳴き声で家族が眠れないとか、

外にオス猫さんがきて喧嘩が始まるとか、

そういった実害がなければ

急がなくてもよいというお話もあり。


ただ、とても活動的になるので

脱走には気をつけて、とも注意され。


どうして良いものか、迷っていたら、

5日目にはパタリと静かになったのでした。


Img_4868


ならば、手術は体がしっかりしてからに。

と思っていたら、

一週間後にまた、始まったのでしたー😅


Img_4916


でも幸い?なことに、

みかんは体が大きめのわりに

声が小さいので、

少なくても私の睡眠妨害にはならず、

他猫たちも気にしている様子は感じられず

結局、今回も5日間の発情期間をそのまま

過ごしました。


みかんの場合ですが、

発情中は食欲が少し落ちます。

そしておトイレは多くなります。


なので、5月中旬に避妊手術をお願いすることにしました。


というわけで、手術前にあと1回くらい

発情期がやってくるかも。


里親希望の方がいらしたら、

手術後、少し落ち着いてから

トライアル開始いたしましょう。


その辺はご相談させてください。

まだお問い合わせはありません。

どうぞよろしくお願い致します。


ボール大好き、活発なみかんちゃん【5ヶ月齢】

ペットのおうち

 募集番号:451546





« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

カテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。