« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月28日 (木)

ジャスミンの白内障

ジャスミン、15歳半。

半年くらい前には

両目が核硬化症と診断されましたが

その4か月後に別の病院で

初期の白内障と診断されました。

Img_2250

 

犬の白内障では、手術以外には有効な治療はなく、

目薬をしたところで

進行を遅らせることができるかどうかも

よくわかっていない、とのことでした。

 

目薬を怖がるわんちゃんだとストレスになるし、

犬は人のように視力に頼る部分は大きくないと

いったような説明を受け、

また手術も全身麻酔になるため

高齢犬にはお勧めしないとのことでした。

 

それで、目薬をしないことにしたのです。

 

しかし、どんどん見えなくなっているようで

なんでもいいから試したいと

思うようになりました (T_T)

 

そこでもう一度診てもらって

左右差はありそうだけれど

両目に点眼、ということになりました。

Img_2153

 

シャンプーも爪切りも私がやっているので

目薬も難なくやらせてくれました。

 

その目薬。よくみると「老人性」と書いてある。

Img_2234

 

人用とまったく同じなんですね。

目薬あるある。

 

で、この目薬の使用期限は3週間。

使用開始時に付属の顆粒を混ぜ、

良く振って混ぜてから使い始め、冷蔵庫保存。

使用時には手で握るなどして

常温にしてから差します。

それを一日、3回。

色は黄色。

 

この目薬を差す前は、

乾燥によるとろっとした目ヤニが

毎日それなりに出ていましたが、

この目薬でそれが解消されました。

単に乾燥が解消されたのでしょうが、

こういうのも副反応っていうのかな?

Img_2227

 

 

白内障の目薬を差すようになると、

いよいよ本当に高齢犬なんだなぁと

ものすごく寂しい気持ちになります。。。

 

また、明るすぎると見えないようだし、

正面で見ないとわからない感じもします。

 

なので最近は、散歩時間にも気を配り、

夕暮れ間近のころに歩くようにしてみました。

あまり見えにくい時間に出ると、

枯草に気が付かず、それが目に入ったりするからです。

Img_2162

 

この先、徐々に私の顔も見えなくなるんだね。。。

 

お耳もかなり遠くなっているしね。。。

 

そんなことを考えると、

ものすごく悲しくなってきて (T_T) 

 

朝は、なかなか起きてこないしね。

Img_2253

 

 

そんな中、新たな問題が起きて。

 

Img_2255

 

 

ジャスちゃん、「耐える冬」になりそうです。

 

それについては、また書きます。

 

 

 

 

 

2023年12月19日 (火)

介護ベッドとオムツ装着成功!

スミレの介護ベッドが届きました。

『ペットケアマットNEO Sサイズ』

Img_2006

 

思いのほか、快適そうに寝てくれました。

しかし、厚みが6センチあるので、

スミレにとっては大きな段差です。

 

ちなみに、中大型犬用のサイズでは

高さは7センチ。

 

中のマットは二層式で、

低反発マットが2センチくらいと、

高反発マットが4センチくらいのバランス。

まだ自分で立てるときは高反発マットを上に、

自力で立てなくなったら低反発を上に、

という説明だったと思います。

 

そのとおりにすると、

自分で立つこともできるし

下りることもギリギリできました。

 

けれど、登ることは難しい。

登ろうとして断念しているところを

何度も見ました(T_T)

Img_2107

 

Img_2108

 

高反発マットをもう少し薄くしてくれたらなぁ。

 

ま、それでも、床ずれができないことが

一番の願いですから、良しとしましょう♡

 

 

それからもう1つ!

素肌に着けるとずり落ちてしまう

オムツ問題!

 

ロンパースの上から着けると、

どうにか大丈夫なことがわかりました☆

布が、体と紙おむつを繋ぎとめてくれて。

Img_2016

 

がんばってるでしょー!この後ろ脚!!

 

寝ているところから「あ、トイレ、いこ」って思って

よいこらしょ、と立ち上がるまで数秒かかり、

そこから歩いてたどり着くまで

迷ったりするからまた数分かかる。

Img_2010_20231217071001

 

それでもどうにかトイレまでたどり着く!!

Img_2012

 

えらいねー!!って、ものすごく

褒めてあげています。

 

ただ、やはり見えないことが大きいようで

成功率も半分くらいになってきました。

 

そして、いよいいよ夜の装着。

Img_2102

 

 

朝まで脱げないでくれるかなーーー

 

 

そして翌朝。

Img_2122

Img_2122_20231219134601

 

 

ぷぷぷっ!!寝起きに爆笑してしまいました。

 

たくさんのおしっこで重くなったオムツが

ぶら下がってずり落ちたと思われ (≧▽≦)

 

ちゃんとトイレで脱げている! 笑

 

素晴らしい!

これならば、次にやってくるであろうイベント

排便、ではオムツが邪魔にならない!

 

って、感心している場合ではなくて笑

 

状況を想像すると、

たぶんスミレがとても歩きにくくなって

ジタバタしただろうと思います。

変な形で転ぶと危ないので

脱げないようにしなきゃ。

笑っている場合ではない (^-^;

 

ただ、どのくらいきつく締めてもいいのかなぁ、

苦しくないかなぁといつも様子をうかがってしまい。

なかなか加減が難しいです。

 

 

試行錯誤な愛犬介護ですわね。

 

 

あ、それと!余談ですけれども。

 

楽天に

「犬と出かける専門店 SUZUKOUBOU」

というショップがあるのですが、

そちらのウエアがとても良いです♡

ジャスミンとスミレ、色違いを着てます。

Img_2055

両肩と右脇がホック留めになっていて

着せるのが楽です。

お値段は3千円前後。素材がすこぶる良い。

おススメです。

 

ジャスミンはスミレよりも寒がりなようで

太陽の出ない曇りの日などは

20℃にした室内でも震えています。

なので、ちょっと大きめサイズにして

部屋着としてゆったり着用。

 

わんこもヒートショックってあるようなのでね、

室内が20℃あれば、10℃以下の外に出るときは

厳しいはず。

見えないところで血管が酷使されてるかも。

 

冷えは万病のもと。

気をつけてあげたいですね。

 

 

というわけで、介護ベッドとオムツが

揃ったので、

次は『リラクッション』に挑戦する予定です。

 

 

 

 

 

 

2023年12月13日 (水)

とっても楽しい、自由な散歩

ポコさん、2歳。ヤンチャ盛りです。

 思うところあって、

これまでの180センチリードから

3mリードに変えました。

 

歩くのは、車の来ない、あぜ道。

縦横無尽に歩く!楽しそう!!

Img_1922

 

 

いやもー、イキイキしてました!

Img_1937

 

 

匂い嗅ぎも好きなだけどうぞ!

Img_1938

 

 

匂い嗅ぎが長くなっても

私は足を止めないので、

あとからポコが付いてくることもあります。

Img_1939

 

Img_1940

 

Img_1941

 

 

で、追い越す。笑

Img_1942

 

 

「ポコ! おいで!」と呼ぶ。

「はいよ!!」と、くるりと回って戻ってくる。

Img_1943

 

 

自主的に座る。

Img_1944

 

 

嬉しそうな顔(^^)

 Img_1945_20231211190201

  

自由な散歩をするようになってから

こんなお顔をするようになってくれました。

 

私のほうも喜びが大きい♡

 

お行儀よく歩いてほしいところは

リードを短く持つと、

早歩きですがまっすぐ進みます。

Img_2023

 

まだまだ暴走することはありますけどね。

 

ポコにはポコのやり方を。

あれこれ試しながら。

 

ポコにとってすべてのことが

「成功体験を積む」という

大切な時間になればといいなと。

 

 

 

 

2023年12月11日 (月)

ポコ、ジャスのレッスンにお供する

月に一度、エクササイズ代わりに

ラリーオビディエンスのレッスンに

ジャスミンと通っているのですが、

 

その先生にお願いして、

ポコの社会化をお手伝いいただきました。

 

ポコもいずれはラリオビを

やっていきたいのですが、

とにかくまずは場慣れしないと

レッスンどころではないわけで💦

 

初めてのフィールドには

3歳の男子、

6歳から7歳の女子×2、

14歳の男子がいました。

あ、すべてワンコの話です。笑

人は、先生と生徒さん2名。

 

 

案の定、かなりオドオドして、

同世代の男の子が誘いに来ても

 

「ちょっと待って!!

ボクはいま大変なの!!」

 

って、まるで余裕なし。笑

Img_1853

 

Img_1855

 

Img_1854

 

 

それでも、ハウスに入れて休憩させたり、

ジャスミンと一緒に出してみたりを

繰り返しているうちに

フィールドの奥のほうにも行けるようになりました。

Img_1852

 

Img_1857_20231210194501

 

けれど、しっぽはほとんど上がらず、

何度も誘ってくれた男の子とは

遊ぶことができませんでした。

 

 

このフィールドは周りの環境が

ちょっと特殊なので

緊張も高まりやすいのですが、

ジャスミン的には

そこに居る人も犬もよく知っているので

リラックス度が高いのです。

 

 

ポコにとってはジャスミンが落ち着いて

楽しそうにしていることがとても大事。

 

ジャスミンがオヤツをもらっているのを見て

後半の後半に、

ようやく食べられたポコさんでした。

 

 

ポコは緊張の強いコなので、

当面は、明るく楽しいワンコたちと

犬の扱いが上手な人たちだけの場で

時間を費やしていこうと考えています。

 

 

少しでも多く場数を踏みたいのですが、

ポコの恐怖心はとても強く、

1つ1つの場所を

それぞれしっかりクリアしていくことが

自信をつける上で大事なのでしょうね。

一般のドッグランでは刺激が強すぎます。

Img_1850

 

 

それにしてもジャスミンは

私しか見とらんかった(笑)

高齢になるとそんなものかもしれません(≧▽≦) 

Img_1851

 

 

 

 

2023年12月10日 (日)

スミレ、トイレ失敗が増え

スミレの様子が気になり、

朝までぐっすり眠れなくなりました( ̄▽ ̄;)

深夜・明け方に様子を見に行くと

ほぼ必ず、何かありまして。。。

 

トイレの場所がわからなくなって

くるくる回っていたり。

Img_1902

 

 

ソファの下に入ってしまって

出られなくなっていたり。

Img_1967

 

 

お水を探してウロウロして

こぼしたり、脚が中に入ってしまったり。

 

夜中にそれを拭いて乾かして。

 

姿勢さえ整えてあげれば、

まだ自力で飲むことはできるのですが。

Img_1951

 

 

今のところ、なんとか自力で立ち上がり、

トコトコ歩けます。

けれど起きたときの姿勢によって

膝が悪い左の後ろ脚が思うように

動かせないことがあるようです。

 

右脚のカカトをふんばって

どうにか立ち上がろうとするも、

左脚のひざに力が入らないため引っ込められず、

ジタバタしていることがあります。

Img_1901

 

こんなときは立たせてあげなくてはならないし

このままでいると

おトイレが間に合わなくなることもあって。

 

 

おトイレに間に合ったとしても

後ろ脚がどんどん広がってしまうので

足先の横に手を添えて、

それ以上広がらないようにサポートすることもあります。

Img_1900

 

 

マナーパンツは4種、試しましたが、

腰が曲がっているためと、

寝ている状態から立ち上がる際に

後ろ脚をたくさん動かすので、

立てた瞬間にはもうずり落ちてしまいます。

 

 

マナーパンツのメーカーのサイトに

書き込まれているコメントを読むと、

そのような悩みをいくつか目にしました。

みんな苦労してるんだなぁ。

 

太っていれば、その弾力で

ウエストのテープも

きっちり止められると思います。

 

腰が曲がっていなければ、

筒を包むかのようにセットできるので

ずり落ちることも少ないと思います。

 

けれど、スミレは結構痩せてきているし

腰はかなり曲がってきているので

紙でも布でも、巻いておくことがかなり難しい!

 

そんなわけで、オムツについては

いまのところ使えるものがありません( ;∀;)

 

アビーのときも思いましたが、

犬猫の介護グッズの開発はまだまだ不十分。

個々で創意工夫が必要ですわね。

あぁ、苦手分野。

私は頭が固いので、

うまくサポートしてあげられないことに

落胆したりもあって。

 

知らず知らずにストレス溜まりますね。

睡眠だけは確保しなきゃと思っていますが。

 

 

スミレの話に戻すと

腫瘍がかなり大きくなってきました。

左が頭で、上向きにしたところ。

Img_1867

 

立たせて右側から撮ったもの。

右が頭。

Img_1875

 

 

昨日の、2週間おきの検診では、

「おー、かなりすごくなってきましたね」

と、先生が唸るほど。

 

こうなるともう、

肥満細胞腫の抗がん剤である分子標的薬

「イマチニブ」は、お役御免となりました。

 

あとはステロイドに頼るわけですが、

皮膚がかなり薄くなってきたので

少しだけ量を減らしましょう、と先生。

その決断まで、「うーん」と悩んで

考え抜いてくださいました。

 

獣医腫瘍科認定医の先生なので

こういうときのご判断は

それが最善だと、

そして優れている決断だと思いたいです。

 

当の本人としては、よく眠るようになりました。

春夏のころにあったハァハァはもう無いし、

ちょっとした咳も皆無。

それで身体は少し楽なのでしょう。

 

寒さ対策のウェアを替えるときも

ぐーぐーと寝息を立てたままのことが増えました。

Img_1827

 

 

それらは喜ばしいことですが、

ずっと動かないでいるとなると、

床ずれが心配になってきます。

 

いよいよ介護用ベッドの登場です。

高反発と低反発のマットを組み合わせたベッドは

床ずれの心配を減らしてくれます。

 

そして頻繁に寝返りをうたせなくてよいため

介護する側も、少し楽になります。

 

しかし!まだ自分で歩きたいスミレには

厚み6センチという階段のような高さは

逆に危ない。

 

でももう、使わないといけませんね。

 

昨夜、リラクッションと共に注文しておきました。

 

 

 

早いもので、もう年末です。

お正月は最後だと思った一年前。

こんなに食欲旺盛なまま

生きてこられました。

Img_1835

 

 

今の先生と巡り合えたこと、

闘病しながらも

スミレが大好きなノーズワークという

スポーツができたこと、

いろいろあれこれ、運もあったりで、

スミレにとっては数年かけての

ゆっくりとした闘病であり、

老後になっていると思います。

 

 

もう一度スミレとお正月を迎えよう!って

目標もできますしね。

 

 

介護する側にも目標って大事なので

気持ちを上向きにして、

しんどいこともさらりとやっていけたら。

と思っています。

 

 

初めてのリラクッション。

ちょっと楽しみです。

 

 

 

 

 

 

2023年12月 4日 (月)

犬イベントで垣間見たあれこれ

近所で犬イベントがあったので

行ってきました。

 

「ドッグフレンドリーフェスタinつくば」

Img_1778_20231204105101

 

イベントといえば、フード、トリーツ、

サプリメント、おもちゃ、衣類等の物販、

そしてドッグラン。

 

そんな定番ものが揃う中、

私の興味を引くのは

個性豊かな「体験もの」。

 

様々な分野のプロが

今時のペット事情を反映した出し物を

してくれるのです。

 

その「出し物」のスケジュールがこちら。

(イベントのInstagramより)

Img_1770

 

私が参加したいのは、

一日目のVANIMOAさんのマッサージ系。

 

そして二日目に見学したいのは

T-DOGさんのノーズワーク、

 

そしてチラ見したい(笑)のは

ドッグトレーニング。

 

 

まずは一日目。

マッサージ系に興味がある友人を

お誘いし、みんなでワイワイ♡

とあるレッスンでのお仲間さんたちなので

愛犬の扱いが同レベル。

これってとても重要。

怒りんぼ系の人が混じると

犬たちが緊張してしまうのでね。

 

 優しいエネルギーで

その場にいられるって大事♡

Img_1787_20231204105201

 

みんなで最前列に並んで楽しく学んできました!

ジャスミンも「姿勢がよい」とほめられましたよ(^^)

 

実は昨年もこのセミナーを受けていて、

その後の1年間、ほぼ毎朝、

うちの3わんこにストレッチをしてきました。

 

今回は内容のブラッシュアップと

+αを習得することが目的。

 

二度目とあって、

バッチリ記憶に留めてきましたよ。

いやぁ、楽しかった(o^^o)

無料だし!!

 

人もそうらしいですが、

体をほぐすことってとても大事なようです。

 

体がカチカチだと、

風邪を引きやすかったり、

体が冷えやすかったりして、

自律神経が乱れるのだそうで。

何はともあれ毎日のストレッチは

重要とのことでした。

 

 

そして、2日目はイヌ無しで人間のみ。

馴染みの先生のノーズワークを

また別のお友だちと見学。

 

色々なわんこの「探す」動作を

見ることができ、面白かったです。

 

たとえば、オヤツをもらう時に

「オスワリ」が強化され過ぎていると、

自分で探すことをしないんですね笑

 

そして探すことが大好きなわんこは

もう、夢中になってイケイケで探すわけです。

 

日頃、どんなふうに愛犬さんが遊んでいるか、

あるいはその愛犬さんがどんな性格なのかが

垣間見えて、

とても面白かったです。

 

 

そして、その奥で開催していた、

「ドッグトレーニング」

 

これ、ヤバかったです💦

 

このイベントの主旨に反していると思いましたね。

「ドッグトレーニング」と称して

嫌悪刺激バシバシの虐待一歩手前な、

いやもう、虐待だな、あれは。

 

しばし釘付けになってしまいました。

   

理想の行動をさせるために

細いリードを首にかけて、

こっちへ来い!と手繰り寄せるのです。

みな首を起点にぐるぐる回って

抵抗してました。

私が見たときは小型犬ばかりでしたが、

みんな一様に

キャンキャンキャンッ!!!と

悲痛な叫び声。

 

そして、そのあとは抱きかかえて

しつこいくらいの撫で撫で。

トレーナーは「ほらー、怖くないでしょー」

って言ってました(-_-)

 

その他にも、

「おーすーわーりー!!」と強い口調で、

リードをグイッと上に持ち上げて

ストンと下ろすことをしている人もいました。

 

弱い立場の者を

力を使ってねじ伏せる。

怖さを感じさせて、おとなしくさせる。

言うこと聞かないと怒るよ、と脅しをかける。

 

ヤクザですか??!

あるいは昔の軍隊。

 

この時代にそれをやるとは。。。

 

可哀想に・・・

ため息つく私の横で

同行した友人が教えてくれました。

「あれって、DVの原理らしいよ」

 

 

なるほど。。。。納得。

ものすごく納得。

 

虐待を受けているのに

親を好きだと言う子供のよう。

 

暴力を奮われた犬たちは

怖いからヘラヘラする。

頭や耳を下げて

「従いますから何もしないで」と。

 

それを

「うちの子はあのトレーナーさんが大好き」

と勘違いする飼い主さん。

 

 

そして周りを見回せば、

言うことを聞かない愛犬に

シャキーンとリードを強く引っ張ってる人が

ちらほら居ましたね。。。

 

そんなことしたら

人間を信頼しない犬になってしまうのでは?

 

 

来年はあのドッグトレーナーが

ブースを持たないよう祈ります。

 

そして、リードを使って

首にショックを与える人に

それは暴力であることを気付いてもらえるよう

働きかけをしたいと思いました。

それができるトレーナーさんを

主催者さんに紹介してみるつもりです。

 

 

なんとも不快な瞬間が幾度かありましたが、

私の当初の目的はすべて果たせたので

基本的には大満足♡

 

 

そうそう、物販も一通り見てきました。

 

同じシニア犬を持つ友人たちと

犬の栄養について語り合いながら

あれこれ物色してきました。

 

歳をとると気になることも

色々出てきますからね。

 

購入したのは、

ジャスミンの肝臓や腎臓に良さげな

ハナビラタケが入ったサプリメントと、

スミレの被毛の汚れ取りと

皮膚の保湿が1本でできるスプレー。

最近はもう、スミレに体力が無くて

お風呂に入れることが難しいのです。

 

ネットで購入する場合と違い、

現物を見て試すことができるので

いいですよね。

 

 

イベントは楽しいな。

可愛いうちのコと、なにかしらを

一緒にできる喜び。

若い頃は興奮しちゃってリードさばきが大変でしたが

さすがにここ数年は落ち着いてくれて、

でも「やる気」はみなぎっているという

理想の状態。

Img_1780_20231204105201

 

痛めつけず、圧力かけず、

ひたすら気持ちを合わせようと過ごしてきた

最終形。

 

まだまだこれからも一緒に出掛けたいなぁ♡

 

 

 

 

2023年12月 1日 (金)

血液検査の妙

ブーレくん、窓辺大好き 14歳。

一年前から腎臓病のステージ2で

お薬服用中。

Img_1448

 

それが、2か月前の血液検査で

悪化していることがわかりまして( ;∀;)

 

『お薬を追加したほうがよいかもしれません』

との診断でした。

 

でも。。。

ちゃんとお薬を飲んでいるし、

同じ腎臓病のミュウよりも

リンの少ないごはんを食べて、

体重変化もない。

 

どうして悪化してしまうのかなーと

納得できず、しばらく悩んでおりました。

 

腎臓病の場合、一度増やした薬は

止められないと思うので、

ここでの決断は重要に感じて。

 

で、2,3ヶ月様子を見て、

薬の追加はそれからにしよう!と決めました。

 

 

それからあっという間に2ヶ月が経ち。。。

 

とある問題が生じ、

血液検査をすることになりました。

 

するとなんと!!

腎臓に関する3つの数値が

すべて基準値内に✨

Img_1750

 

こんなこともあるのですねぇ。

まあ、ギリギリの値ですけれどね。

 

一度の血液検査で身体の状態を決めつけるのは

良くないとつくづく思いました。

 

 

そしてこの日、なぜ血液検査したのかというと、

朝7時ごろから一時間以上

お尻を痛そうにしていて、

よく見ると、便にもお尻にも鮮血がついていて

食べた朝ごはんも吐いたのです。

 

血便+嘔吐となると、

パルボなどの感染症か、

腎臓病が急に悪化したのか、

そんなところが怪しいのだそうで。

 

それで朝から慌てて病院へ連れて行ったのでした。

診察していただいた結果、

腎臓は悪くなっていない、

便に寄生虫もない、

熱もない、

というわけで、

便が硬すぎて肛門付近の皮膚が少し切れた、

ということでした。

 

 

ちなみに「グルコース」が高いのは、

緊張や強いストレスのせいだそうで。

 

 

帰宅して、『お籠りねこ』となったブーレ。

そうだね、こたつであったかくしてね。

Img_1734

 

 

この日は夜までずっと怒っておりました。

Img_1748

 

まぁ、いいじゃないの、ブーレくん。

ただの「切れ痔」だったんだから。

 

「痔」ではないよ!

 

そんな会話をして(笑)

 

次の日はちょっと元気に。

Img_1725

 

便が硬すぎることもどうにかしてあげなければ

ならないのだけれど、

もしかすると、この一年、食べさせているサプリ

「イパキチン」のせいかもしれないと

先生は話してらっしゃいました。

 

けれど「イパキチン」のおかげで

腎臓病は悪化してないわけで。

 

それで、「イパキチン」は継続して、

胃腸の働きをよくする薬をもらってきました。

 

どうかな、効くといいけれど。

 

 

そんなこんなで色々なことが起きますが、

ブーレに関しては

腎臓病と向き合いながら

便の改善を目指すことが当面の課題ですわね。

 

とりあえず大事に至らなくてよかった(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

カテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。