« 介護ベッドとオムツ装着成功! | トップページ | 2024年元日は »

2023年12月28日 (木)

ジャスミンの白内障

ジャスミン、15歳半。

半年くらい前には

両目が核硬化症と診断されましたが

その4か月後に別の病院で

初期の白内障と診断されました。

Img_2250

 

犬の白内障では、手術以外には有効な治療はなく、

目薬をしたところで

進行を遅らせることができるかどうかも

よくわかっていない、とのことでした。

 

目薬を怖がるわんちゃんだとストレスになるし、

犬は人のように視力に頼る部分は大きくないと

いったような説明を受け、

また手術も全身麻酔になるため

高齢犬にはお勧めしないとのことでした。

 

それで、目薬をしないことにしたのです。

 

しかし、どんどん見えなくなっているようで

なんでもいいから試したいと

思うようになりました (T_T)

 

そこでもう一度診てもらって

左右差はありそうだけれど

両目に点眼、ということになりました。

Img_2153

 

シャンプーも爪切りも私がやっているので

目薬も難なくやらせてくれました。

 

その目薬。よくみると「老人性」と書いてある。

Img_2234

 

人用とまったく同じなんですね。

目薬あるある。

 

で、この目薬の使用期限は3週間。

使用開始時に付属の顆粒を混ぜ、

良く振って混ぜてから使い始め、冷蔵庫保存。

使用時には手で握るなどして

常温にしてから差します。

それを一日、3回。

色は黄色。

 

この目薬を差す前は、

乾燥によるとろっとした目ヤニが

毎日それなりに出ていましたが、

この目薬でそれが解消されました。

単に乾燥が解消されたのでしょうが、

こういうのも副反応っていうのかな?

Img_2227

 

 

白内障の目薬を差すようになると、

いよいよ本当に高齢犬なんだなぁと

ものすごく寂しい気持ちになります。。。

 

また、明るすぎると見えないようだし、

正面で見ないとわからない感じもします。

 

なので最近は、散歩時間にも気を配り、

夕暮れ間近のころに歩くようにしてみました。

あまり見えにくい時間に出ると、

枯草に気が付かず、それが目に入ったりするからです。

Img_2162

 

この先、徐々に私の顔も見えなくなるんだね。。。

 

お耳もかなり遠くなっているしね。。。

 

そんなことを考えると、

ものすごく悲しくなってきて (T_T) 

 

朝は、なかなか起きてこないしね。

Img_2253

 

 

そんな中、新たな問題が起きて。

 

Img_2255

 

 

ジャスちゃん、「耐える冬」になりそうです。

 

それについては、また書きます。

 

 

 

 

 

« 介護ベッドとオムツ装着成功! | トップページ | 2024年元日は »

4.病気のこと」カテゴリの記事

ジャスミンのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 介護ベッドとオムツ装着成功! | トップページ | 2024年元日は »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。