エクレアたち(決定)

2015年5月 9日 (土)

志麻のコドモたち4歳に

4年前の5月7日。それは東日本大震災の2ヶ月後。

志麻は、避難区域に指定された福島県の飯舘村から姉妹とともにやってきました。




生後半年と聞いていたのに、翌日、4匹の赤ちゃん猫を産み、私を驚かせてくれました。





そのコドモたちの里親になってくださった方々から、嬉しい近況メールをいただきました。誕生日ですものね♪


4ニャンとも、兄妹ありのおうちです。

大きくなって、楽しい毎日を過ごしているようで嬉しい限り(*^^*)











本当に良かった♪


志麻が見せてくれた子育ては、その後にやってきた赤ちゃん猫たちのお世話に、とても役立っています。




志麻は今年になって、やっと私になついてくれました。臆病さんですぐに噛み付く反応は変わりませんが、床に正座して「しーま♪おいで♪」と言いながら床をコンコンとすると、私の隣りにぴたっとくっついてきます。






志麻の姉妹、ふくちゃんも元気かな♪記念日にはきっとご連絡いただけることでしょう。




2013年5月 9日 (木)

志麻ジュニア2歳&タビーもおうち決定

昨日、5月8日は色々ありました。ありすぎてちょっと疲れて風邪を引きましたが、半日ほど熟睡したら治りました(笑)気持ちの問題だったかもしれません。弱いなぁ・・・情けないなぁ。

 
何があったかといいますと、嬉しいこと・心配なこと・参ったことの3つに分けてみました。
 
まずはその1つ。 ★嬉しいこと★ から。
 
5月8日といいますと、忘れられない記念日です。うちの志麻ちゃんが被災地福島で保護され、私が預かりボランティアとして世話を引き受けたのは5月7日。生後数か月の「子猫」と聞いていました。ところが、その子猫が、翌日8日に4匹の子猫を産んだのでした。
 
そのときの子猫たちが、早いもので昨日で2歳。
早朝に「今日で2歳です。元気ですよ~!」と写真をいただき、とてもHappyな朝となったのでした。
 
↓ 「エクレア3号」だった、ショコラ君。
 
20130508_22_46_29
 
20130508_22_46_35
 
↓ 「エクレア1号」だった、クレアちゃん。
 
20130509_0_43_25
 
2匹とも変わらずカワイイです。抱きしめたいな~
 
他の2匹はうちのご近所さんのお宅で元気に過ごしています。
 
ついでにちょっと思い出に浸りたくなり、産まれたときの写真を出してみました。
「エクレアたち」と名付けていました。
 
↓ 2011年5月8日 (誕生直後。最初はウンチかと思い、動いたときはそりゃもうびっくりしました)
20110508
 
↓ 2011年5月17日 (お母さん猫の立派なことに驚きました)
20110517
 
↓ 2011年6月10日 (ワンパクになってきて志麻ママもタジタジ)
20110610
 
↓ 2011年7月9日(生後1ヶ月)
  クレアちゃんが左から2番目で、ショコラ君が左から3番目。面影ありますね。
110709_1_23_46mini_2
 
 
この経験はとても貴重でした。母猫が子猫をどう育てるのかを観察できたのですから。
 
みな幸せでよかった。本当に嬉しい気持ちになりました。
 
 
 
そして昨日の ★嬉しいこと★ はもう1つあったのです。
 
これまた2011年。震災直後の4月。ある場所で3ヶ月くらいの子猫が走っていくのを目撃し、保護してやりたいと思ったのですが、すばしっこくてなかなか捕まえられず。あきらめかけた7月に、生後半年を過ぎた同猫が、なんとすり寄ってきたのでした。
 
↓ 長靴を履いた私の脚にまとわりつくタビー。足先が白いので足袋→タビーという名に。
 
20110614
 
しがみついて離れません。こんなことされたら連れ帰るしかありませんよね。こういうコは地域猫ではなく家猫になりたくて甘えてくるのだと思ったりします。
 
このエリアのネコは地域猫として管理されていますが、このコは新顔でした。ゴハンがあるから迷い込んできたのでしょう。
 
でもこの日は時間がなくて、ゴハンをあげてから「次は保護しに来るね」と、車に乗ろうとしたら、ボンネットの上に登り離れなかったのでした。このコはぜったいに家猫にしてあげなくては!と決意し、この日はなんとか撒いて、後日保護しに来たのでした。
 
(ちなみに、このとき一緒に保護したのは、ラムちゃんとキティちゃん)
 
しかし残念なことに血液検査をすると猫エイズ陽性。それをTさんに相談すると、ちょうど部屋が空いたから世話してくれる、というのです。そのご厚意に甘え、これまで2年近くの間、タビーはお世話になっていたのでした。
 
072601mini
 
このタビーを、Tさんが
 
「譲渡会に出してもパッとしなかったから、うちのコにします」
 
と、昨夜、メールをくださったのでした。
 
本当に嬉しい限りです。風ちゃんとしずくちゃんが新しいおうちで落ち着いたら、タビーを私が引き取るかどうかをTさんと相談しなきゃならない、と重い課題(猫エイズ陽性だから個室管理となります)が残るなぁ・・・と思っていたのでした。
 
“Tさんちのコ”になれて本当に良かった。感涙です。タビー、幸せ者です。
1匹飼いとなるため、一軒家を上へ下へと走り回っています。
 
072602
 
このままエイズ発症をせずに、幸せな毎日を送れますように。長生きできますように。
 
近いうちに、Tさんにお礼方々、タビーを抱きしめにいかなくては!と思いました。
 
 
というわけで、昨日は嬉しいお知らせを3件いただいたのでした。
1日のうちに3回も、嬉しくてうるっとしちゃうことなんてないですよねぇ~
ホントにびっくりする一日でした。
 
 
しかしまだまだ続くのです。。。びっくりな出来事が。
 
残る ★心配なこと★ と ★参ったこと★ は明日以降に。。。
 
 
 
 

2011年6月11日 (土)

しまちゃんとエクレアたち5週目

福島からきたしまちゃんが4匹の子猫を産み、間もなく5週が過ぎようとしています。

子猫たちは4週目まではミルクしか飲まず、一日中しまちゃんのお腹に寝そべっていたのに、5週目に入ったとたん、もぞもぞと動き出し、兄弟同士でのレスリングも始めるようになりました。

しまちゃんにパンチすることもあり、かわいい盛りです。

0610

しまちゃんがゴハンを食べているときも、頭に上ろうとしたり、アゴの下にもぐりこんでパンチしたりと、活発です。

しまちゃんは未だに警戒心が取れませんが、私が子猫たちに触るのは許してくれるようなので、ゴハンのたびに子猫たちを抱っこしてナデナデしてあげます。

そのせいか、ゴハンだよ~ と近づくと にゃぅー と返事をするようになりました。

6週間が経ったら、お母さん猫しまちゃんとお別れさせようと思っています。

ちょっと切ない。。。

 

その他のカテゴリー

1. 三色にゃんず(赤ちゃん猫) | 1.(決定!)コンブくん | 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) | 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) | 4.病気のこと | 5.ごはんのこと | 6.社会化やトレーニングのこと | 7.法律とか世の中のこと | 8.うちのコいろいろ | Mr.mofu(修行中) | Mダックス ジョンちゃん(決定) | きぃ&福・ごまちゃん(決定) | くーろん&まーりん&しずく(決定) | しずく(決定) | ちゃしろん (決定) | つくば犬サンタ(決定) | とらお(とらとら兄妹)募集終了 | とんとん(決定) | ぴあのちゃん(決定) | エクレアたち(決定) | オペラ君(決定) | カプくん(決定) | キキ&サト(決定) | クリクリ(決定) | テラくん(決定) | テンテン・ジェシカ(決定) | トミー&レオ(決定) | ナツミ(決定) | ブラン君(決定) | ミーナ(募集終了) | モリモリ君(決定) | ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) | ラムちゃん(決定) | ロコ&おもち(決定) | 三毛猫ケイト(決定) | 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) | 太陽・元気(決定) | 白猫長毛ウィルくん(決定) | 福島被災犬猫たち1(決定) | 福島被災犬猫たち2(決定) | 福島被災犬猫たち(決定) | 軒下10匹兄妹子犬(決定) | 風ちゃん(決定) | 黒太郎(決定) | 黒猫ミーア(決定)

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。