ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定)

2013年12月10日 (火)

てん☆れん通信、ルルたん通信

仕事の山がひとつ片付いて~  やっほ~ ちょっと晴れ晴れです!

 
さて、そろそろ2年になる兄妹犬のママさんたちから久々に写真が届きました。
 
こういうメールがいちばん嬉しいです (*^。^*) 
 
2年前の募集名は「ラブ系大型子犬5匹兄妹」。
里親希望の方からの問い合わせが多数あり、対応にてんてこ舞いでした。
 
 
保護したのは昨年のお正月。
雪の予報が出るほど寒い日に空き地に捨てられていた子犬たちでした。
 
頭と頭を突き合わせているのが、左)もじゃ子 と 右)タロ で、
いまは レンちゃん テンテン と呼ばれ、兄妹で一緒に暮らしています。
 
Yoshinuma5_120119_23
 
 
 
↓こちらが、先日届いた今の2わん。 左レンちゃん、右テンちゃん。
  白毛の先輩犬ちゃんと仲良しです。
 
20131011_8_22_03s
 
何気にお孫さんが超カワイイ (*^。^*) 
 
 
レン☆テン兄妹ペアはボール遊びが大好きで、
広いドッグランで仲良く遊ぶ姿を、なんと動画でいただきました!
 
 「すっかりオトナだねぇ~  いや~ん、会いたい!」 
と、動画を見ながらひとり叫ぶ私。
 
 
子犬のときの写真をもう1枚ずつ。 左)てんてん、右)レンちゃん。
 
120118_9_36_17s 120118_9_26_36s
 
もっと成長の度合いがわかりやすい写真ないのぉーっと思われそうですが、
黒毛のコは光の向きが難しくて。。。黒太郎も同じ (>_<) 
 
てんてんは空き地で初めて見たときから気を遣うタイプだと思いましたが
今はどうかしら~
 
立ち耳になったレンちゃんはキリっとしましたね~
活発だけど、やっぱり女の子らしい優しい顔立ち。いたずらがすごかったな(笑)
 
 
さてさて、このレンちゃんとそっくりなのが、同じく姉妹のチャミ→ルルちゃん。 
 
まずは子犬時代。右がルルちゃん。 (左はもじゃみ。元気かな~)
 
Ymojami_and_chami_120119
 
とってもシャイで、物音がすると、棚の下とか椅子の下に隠れていました。
 
P1020580_400
 
「この子はとってもシャイなので、大らかに大らかに育ててほしい」と
お願いしましたよね~、それくらい怖がりだったので、とても心配でした。
母犬と離されたショックを一番引きずっていたので。
 
でも、ものすご~く良い子になって、年に一度、つくばまで会いに来てくれます。
 
20130813_5_29_31
 
イケメンな彼氏もできたそうで~☆
 
20130812_5_32_35
 
カールがかってくしゃくしゃだった被毛も、なんとサラサラロング。
これにはトリマーの友人もびっくり。
 
こういう変化は、雑種犬の魅力のひとつでもあります。
お耳は柔らかめの立ち耳になったしね☆
 
 
みんなが幸せになっていると、里子に出す勇気がまた湧いてきます。
 
黒太郎も幸せにしてあげなきゃ~
 
 
こんなステッカーがあったので、車に貼ってみました。
しかし・・・パッと見た感じでは通じないかな(汗)
「adopt」って、日常ではあまり使いませんものね。
 
20131210_13_58_17
 
 
 『レスキューされた犬の親になるという「選択」(adopt) もあり!』
 
という感じかと。
 
 
私がこんな(保護)ことをしていると、
ブリーダー発の純血種を選ぶことに抵抗が出る方々もいるみたいで・・・
 
なんだかすみません。。。プレッシャーかけてしまって m(__)m 
 
 
ブリーダー生まれだって、保護経歴ありだって同じなんです。
でも特に、子犬から飼育できる方には、お願いがあります!
 
愛犬ちゃんとあちこちに出掛けて、「犬も家族」というイメージを広げて
いただけたら嬉しいです!!
 
 
犬と出掛けるということは、きちんとそのコを社会化させないとできません。
犬の幼稚園が少ない日本においては、まだまだハードルが高いことです。
 
でも、動物福祉が当たり前の社会を築いていく1つの方法だと思います。
 
お行儀良いコを増やすことは、「捨てる」行為を減らすことにつながると思います。
 
人と、街を歩く犬が増えるということは、つながれっぱなしの犬を減らせると思います。
 
その「社会化」は、子犬時代にやると、しっかり身に付けられるそうです。
 
保護犬ちゃんたちのように、トラウマを抱えてたり、成犬になっていたりすると、
時間がかかる場合は多いです。
 
 
完璧にはなれないけれど、アビーもジャスミンも、そして私もがんばっています。
 
ペットも家族。大事にしようね。
 
そんな空気を作っていけたらと思います。
 
 
上手くいかなくても諦めないことが大切。
社会化トレーニングは何歳からでも始められるそうですよ☆
 
 
レンちゃん、てんてん、ルルたん。カワイイ笑顔をありがと~
リード放して 「マテ」 ができてる!!すごい!!
 
みんなのお手本だね☆
 
ママさんたち、ありがとうございますm(__)m  ホント、嬉しいです(*^^)v 
 
 
 
 
 
 

2013年6月24日 (月)

みんな元気で嬉しいです!(わんこ編)

里親になってくださった皆さまから時々お便りをいただきます。

 
返信が遅れてしまうことが多々あるのですが、
実はものすごく嬉しくて、ありがたくて、気の利いた言葉でお返事しようと思うと
まとまった時間のある時に・・・と構えてしまい、
結果的にお返事が遅れてしまうという・・・悪循環に陥ることが多く・・・
 
・・・どうかお許しを。
そしてまたどうぞお便りいただけますと大変嬉しく思います。
 
 
せっかくなので、皆さまからいただきました元気でカワイイ写真を、
アップさせていただきます!
 
★ わんこ編です ★
まずは2012年1月保護の5兄妹から。
大人気だった「テン君」(タロ)と、妹「レンちゃん」(もじゃ子)
兄妹仲良しな感じが伝わってきます。
 
20130624_10_08_38
 
この子たちの兄妹「ルルちゃん」(チャミ)とは直接会うことができました。
毎年夏に、遥々埼玉県からつくばに遊びに来てくれて、
尻尾を振ってそばにきてくれます。
もうかわいくて、眺めすぎているうちに写真を撮り忘れました・・・
ゴメンナサイ(+_+) 
兄妹で会えるといいね。
 
 
 
お次は、つい最近保護の「チャコちゃん」(クロちゃん)と「ココちゃん」。
こちらも、ルルちゃんと同じ日にブルーベリー園に来てくれました。
Photo
 
姉妹同士、遠慮なく遊ぶ元気な2ワン。
比較的小さなチャコちゃんはママに助けを求めている様子。
奥であっけにとられているのは、チャコ姉のモカちゃん。
 
 
まだうちに居るときはこの畑でたくさん遊んだチャコちゃん。
まだ花が咲いてる頃でした。接ぎ木した枝をかじっちゃったり、
近くに捨てられたお弁当の残飯を食べちゃったり。
楽しい思い出です。
 
「こんな美味しいもの、あったっけー??」と思ったことでしょう(笑)
ブルーベリーをパクパク食べたそうです。
 
Photo_2
 
 
その姉妹、ちゃーちゃんは来れなかったのですが、
凛々しい表情の写真をいただきました。
天真爛漫なところは変わらずだそうです。
 
20130513_16_59_44
 
 
みんな元気に育ってね!
 
里親の皆さま、深く感謝申し上げます。
 
 
次回はにゃんこ編です!
 
 
 
 

2012年2月 4日 (土)

ジロとチャミも幸せに

残酷な人に捨てられた5匹の子犬たちは、今日でみな、おうちが決まりました。

チャミちゃんはルルちゃんとなり、

1328346983587.jpg


ジロちゃんは大ちゃんとなりました。

1328346985822.jpg

先代の次郎くんは、今日が一周忌だったそうです。
写真を見せていただいたら、ジロにそっくりでした。

大切にしていただけること間違いないと、心からホッとして、嬉し涙が出ました。

帰り道、この子達が捨てられていた場所に寄りました。


1328346986285.jpg


こんな荒野に、どんな理由があれば捨てられるのか、その人に聞いてみたいです。


めまいがするほど大変だった世話も、今は温かな気持ちで振り返れます。

空っぽになった子犬たちのサークル。


1328346987318.jpg

お土産のお菓子をいただいたら、もう一踏ん張りしてお掃除しなきゃ。


飼い主のいなかった子犬たちを育ててくださる方々に、感謝と尊敬の気持ちを込めて、深くお礼申し上げます。


 
 
 

2012年2月 2日 (木)

社会化期

この子犬たちは今まさに社会化期。
愛犬と真剣に向き合ったことのある人だったら、その意味や時期をご存知かと思います。


1328203666806.jpg


簡単に言ってしまえば、「三つ子の魂百まで」といったところでしょう。

人は3歳くらいまでに、
犬は生後4ヶ月くらいまでに、
猫は2ヶ月くらいまでに、
性格の基礎が作られ、その時期に経験したことが人生(犬生、猫生)の基盤になると言われています。

つまり、自我が目覚める前に「習慣」や「当たり前」を刷り込める時期なのです。

動物の場合、言葉というツールがないため、いったん覚えてしまった習慣を変えることはとても難しく、時に修正不可能な凶暴性が形成されることもあるでしょう。

飼い犬が産んだと思われ、人からゴハンをもらっていたこの子犬たちの場合、人間社会に馴染ませるのは容易です。


1328203668485.jpg


昨年秋に保護した10匹兄妹の場合は、人への警戒心が強い放浪犬つまり野良犬が母犬だったため、生後1ヶ月半くらいの子犬だったにも関わらず捕まえるのに3週間を要し、捕まえた後も怯えがひどい子が3匹いました。それでもまだ社会化期が始まったばかりでしたから、人間を好きになるよう修復するのは容易でした。


1328203669322.jpg


昨年冬に捨てられていた4,5ヶ月くらいの3姉妹は、それはもう、人間大嫌いオーラで覆われ、心開くまで2ヶ月以上かかった子もいました。


1328203670114.jpg


そんなわけで、社会化期に何をどう経験させるかで、その後のしつけやすさが格段に違ってくることは言うまでもないわけで。。。

では具体的にどんなことを経験させればいいのでしょう?これは頭を使います。犬を知る努力も必要です(汗)

私はドッグトレーナーでもなく、ただの犬好きでしかありませんので、詳しくは信頼できるトレーナーさんにアドバイスいただくのが一番です。

一例でしかありませんが、

-おいで!と呼ばれて行けばいいことがある
-人間と目が合ったらいいことがある
-オスワリしたらいいことがある
-車に乗るといいことがある
-人の手は優しくて大好き
-初めて会う人でも遊んでくれる
-誰に抱っこされても嬉しい
-仰向けにされても怖いことはない
-歩く時はいつもママと一緒
-自転車は怖いもの、でも離れていれば大丈夫
-落ちているものを食べると怖いことが起こる
-歯を触られても平気。歯磨きへっちゃら
-足先に金属が触れても平気。爪切りへっちゃら

こんなところでしょうか。
さらに、たとえば乗馬をやる人は馬に会わせるとか、ピアノを弾く人はその音に慣れさせるとか、他の動物がいれば同じ空間にいさせるとか、ライフスタイルによって追加していくといいと思います。

また、意見が分かれるところですが、室内でトイレを覚えさせればガマンさせなくても済みます。しかし、臭いが敬遠されるため室内では一切しないようにしつける人もいます。

いずれにしても、犬とどのように過ごしたいかをよく考えることが重要なようです。やってはいけないのは、人の居ないところで生活させたり、いたずらを叩いて叱ったりすること。その後ずっと人間嫌いな犬になる可能性が高いでしょうね。

ま、そんなわけで、二匹を車に慣れさせるために友人のドッグサロンに行ってみました。

N.Groomingさん
http://n-grooming.petit.cc/

保護したてのジロチャミモジャミをご自宅で洗って二晩面倒見てくれた美人オーナーの腕前はピカイチ!愛犬が綺麗になるのを待つ空間はとてもくつろげて、美味しいコーヒーもいただけます。ハッピーもお世話になっています。

そんなお店には、今日は大きなわんちゃんがいました!

1328203670624.jpg

クンクンされただけで、キャンッと鳴いたふたり。でもすぐに恐怖心は取り除かれ、同じ空間で自由に走り回っていました。

車に乗ったら楽しいことが待っている

そんな記憶を習慣付けてしまえば、ドライブ大好きな子になり、病院や遠出が苦ではなくなります。

残念だったのは、あちこちでトイレしてしまったこと。用意したシーツの上でできたのは1時間の滞在で後半になってからでした。

週末には新しいお家に出発のふたり。
兄妹じゃれ合って遊ぶのも、ふたりでくっついて寝るのもあと1日。これからは新しいママやパパに寄り添って生きていくことになります。

彼らには犬生最大の転換期です。


1328203671278.jpg


どうか間違いなく、幸せになれますように。

2012年1月31日 (火)

止まらないジロくん

「ラブ系大型子犬5匹兄妹」、保護してから今日でちょうど2週間経ちました。
5匹中1匹が黒ラブ!という感じだったのでこのようなカテゴリー名にしましたが、
この2匹を見ていると、どの変がラブなんでしょ? と、ちょっと恥ずかしくなります。。。


5匹いた先週までは糞尿のにおいがたまらなくて、仕事から帰ると ぷわわーん そして キャンキャン!
で、もう、頭が痛くなったものでした。

2匹になったいま、世話はかなり楽になりました。

さすがのジャスミンも3匹いるとお手上げなのですが、2匹になればよく遊び相手になってくれます。

チャミちゃんはレスリングが苦手ですが、ジロくんはもう止まらない。おおはしゃぎ。
楽しくて仕方がないのでしょうね。
ガウガウ言っているのはジャスミンです(汗) 怒っているわけではないのでご安心を (^.^;



ところで、日本列島上空に強い寒気が停滞しているそうですね。
シングルコートのわんちゃんにはセーターを着せてあげましょう!
あるいは、早く温まるよう、とにかく走りましょう(笑)

そして自分の健康管理は犬猫のため! なんて活字にすると、本当に動物バカだと思われますが(笑)、
現実問題、私が寝込むと結構たいへんです。主人も仕事が忙しいですし。

気を張って、頭も使って、体調管理に気を配っています。
私が意識するのはけっこう古臭い健康法。おばあちゃんに習うような。
「頭寒足熱」 「寝起きのお水1杯」 「散歩前のラジオ体操」 「生姜はちみつ」

え?あなたっていくつ?? と思われそう(汗)

そして最近、散歩のとき特に意識してやっているのは 「鼻呼吸」。 
鼻炎もちの私は気が付くと口呼吸。鼻が詰まっていることが多いからです。
でも鼻で呼吸する方が風邪やその他ウイルスをもらいにくいと言われているそうですよ。
油断すると忘れてしまいますが、散歩時の冷たい空気は鼻から入れるよう気を付けています。

みなさんは鼻呼吸していますか?
 

2012年1月29日 (日)

嬉しいこと目白押し

日曜は嬉しいことがたくさんありました。まさにハッピーサンデーでした!

まず、11月初旬に保護し、12上旬に譲渡成立となったここちゃんの
お宅にお邪魔でき、2ヶ月弱ぶりに元気な姿を見られたこと!

保護したてのここちゃんはよく困った顔をしていましたが(笑)、

20111203_koko_2

こんなに美人さんになっていました!

20120129_koko

「いま反抗期でたいへんなんですーっ!」と、手を焼いているママの苦労をよそに、
耳を下げて大喜びしてくれたここちゃん。うれしょんまで出てしまいました。

生後2ヶ月前で保護し、譲渡後にご家族の急病で返却されたため、
再度里親さん探しを始め、結局1カ月以上世話した子でした。

トイレをすぐに覚え、リビングで大はしゃぎしていても、パタッと我に返り
廊下のトイレまでターッと走っていける子でした。
会えてよかった!!!!  W様、本当にありがとうございました。
 
 
さて、つぎの嬉しいことは、まーりんの兄妹、くーろんの飼い主様から
「ワクチン打ちました!毎日一緒に寝ています」とお便りがあったこと。

20120129_kuron

お仕事の忙しい男性ということもあり、なかなか連絡が取れず心配していましたが、
ちゃっかり膝の上に座ったくーろんを見て安心しました。
だって、まーりんの警戒心の強さを見てしまったら、くーろんも飛び出したりしてやしないかと
心配でたまらなかったのです。
くーろん、早く他のご家族にも心許して、仲良くなってね~。
 
 
それからそれから、
そのくーろんとまーりんのお母さん猫も実は一緒に保護していたのですが、
すぐに引き取ってくださる方がいたのでこのブログでは話題にしておりませんでした。
そのRさんから、お母さん猫ちゃんの血液検査の結果をいただきました。
猫エイズ・猫白血病ともに陰性でした! 本当によかった!
 
人間不信でなかなか抱っこさせてくれないお母さん猫ちゃんですが、
Rさんがまーりんのために大変な思いをして動物病院に連れて行ってくださったのでした。

両ウイルスとも陰性ということは、まーりんも限りなく陰性の可能性が強いため、
同室ラムちゃんとフリーにすることにしました!

(※まーりんは検査済みで陰性です。生後半年前の子猫の場合、誤判定があるため
母猫の検査結果を待ちました)


20120129_marlin


ラムちゃんは他猫にちょっぴり厳しく、体育会系なので、念のためゆっくり接触させようと思います。
でもラムちゃんは、おそらく子育て経験猫。
数か月前までいた子猫4兄妹(しまちゃんの子)に対しては
母猫のように抱えこんでグルーミングしたり、
時に咬んで叱ったり、追いかけっこして遊んであげたりしていましたから
子育てを任せるのは基本的に安心できます。
 
 
そして最後になってしまいますが、
子犬のジロちゃんとチャミちゃんをそれぞれ家族として迎えてくださる方が決まりました。

今週末のお届け予定なので、無事にお届けできれば譲渡成立となります。

実際にお届けするまでは何が起こるかわかりませんので、
ひとまず「お見合い中」という形にさせていただきます。ご了承くださいませ。


たくさんの人と会い、疲れたジロちゃんとチャミちゃん。

20120129_jiro_chami

夜は早くからぐっすり眠りました。


私もちょっぴり時間に余裕ができそうです。

2012年1月28日 (土)

幸せ!

5兄妹のうち、最初に「うちのコ」となった、タロ&もじゃ子の里親さまからお写真いただきました!


1327762306045.jpg

お揃いのバンダナして、なんとも愛らしい!
先輩わんちゃんとも仲良くやれているそうです。


1327762308307.jpg


1327762309267.jpg


カワイイ寝顔!
うちでは、写真を撮ろうと近寄るだけで起きてしまったので、寝顔はほとんど撮れませんでした。

とってもリラックスしているのでしょうね。
たくさん遊んで満足してるんだろうな〜と察します。

トイレトレーニングにハウストレーニング、
子犬の世話は本当に大変です。
その大変さを楽しみに変えてくださるご夫婦です。

残るチャミちゃんとジロくんにも、素敵なママができますように!

明日もお見合い続きます!

2012年1月27日 (金)

ジロ&チャミのレスリング。そして体重測定

今朝、子犬たちのトイレエリアに血液と回虫混じりの粘膜が
5ccほど落ちていました。水便のような嘔吐のような感じです。

ジロちゃんかチャミちゃん、どちらがしたのかわかりませんが、
今朝、チャミちゃんがゴハンを食べなかったのでチャミちゃんが怪しいと。

でも昼ごはんはふたりともペロリと食べ、元気もあるので
おそらく回虫を吐いたのだと思いますが、
注意して様子を見ようと思います。

今日は写真を撮りました。

高台に避難するジャスミンに 「遊んで攻撃」しまくるジロ&チャミ。

120127_13_53_42_224x300  120127_13_53_35_224x300 

飛び乗る日も近そうです。 そろそろカーテンを巻き上げておこうかな(汗)

 

さて体重測定しました。抱きかかえての測定なので誤差はあると思いますが
1週間前と比較してみましょう。

   1月20日(金) → 1月27日(金)

ジロ  4.48kg  →   5.0kg  0.52kg増
チャミ 4.15kg  →   4.6kg  0.45kg増

子犬たちに関係ありませんが・・・
最近、引き算に弱くなった自分にちょっとがっくりきてます(笑)

 

そして動画も撮りました!
散々遊んだあと、眠くてサークルに入ったのですが
そこでまた遊び始めてしまいました。

半分眠い状態なので、まったりレスリングです。
兄妹って仲良しでいいですね。

この週末、チャミちゃんもジロちゃんもお見合いを控えています。

「ぜったいうちのコにしたい!」

そんな出会いとなりますように。

2012年1月26日 (木)

チャミちゃんキャンセル! 譲渡条件に問題点?

今朝、お届け日時が決まったチャミちゃんでしたが、
夜になってキャンセルのお電話をいただきました。

ご家族が急病とのことでした。
早く快復されますよう、お見舞い申し上げます。

いったんお断りのメールをした方々に、再度ご検討をお願いし、
更新した里親募集の記事をまたもう一度更新し直し、
ジロちゃんをアップし、ラムちゃんもアップし、、、と大忙しでした。

今回の子犬たちの件で、初めて「いつ里」さんに掲載させていただきましたが
譲渡条件の記載のしかたというのは本当に難しいものですね。

以下、私の譲渡条件です。

===

★里親ご希望の方へのお願い
この度はお申し出いただき、ありがとうございます。 近年は悪質な犯罪が増えており、悲しいことに、虐待目的や動物実験用の販売目的で里親希望を名乗り出る人がごく稀にいます。そのような背景をお汲み取りいただき、大変恐縮でございますが、以下の条件を満たしていただく方にお譲りしたいと考えております。 また、いくつかの質問をさせていただきますのでありのままをお答えいただき、そのう えでお見合いの日取りをご連絡させていただきたいと思います。 誠に勝手ではございますが、1匹でも間違いなく幸せに生きていってほしいという私の願いです。 どうぞご理解いただき、ご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

◆里親様になっていただく方の条件

・終生愛情と責任を持って飼育し、譲渡者の許可なしに他人への再譲渡をしない方。

・飼育についてご家族全員の同意が得られている方。

・飼育できる環境に居住している方。
 ※ペット不可の集合住宅にお住いの場合はお譲りできません。

・室内飼いを基本とし、犬が孤立せず家族を群れとして感じられるような飼育をしていただける方。

・伴侶動物としてのみ飼育し、再譲渡・販売・貸出し・展示・動物実験などに利用しな い方。

 

◆次の6つの質問にご協力ください。 (すべての項目につきまして、譲渡以外の目的に使用しないことをお約束します)

1.上記「◆里親様になっていただく方の条件」を厳守していただけますか。  

2.ご身分について教えてください。
お名前:  様  性別:男 女
ご年齢: 歳     ご住所(市町村までで結構です)
ご連絡が取れる電話番号

3.世話をされるのは記入されているご本人ですか。  

4.犬猫の留守番時間は1日最長何時間ですか。

5.子犬子猫の世話はとても手間がかかりますがご承知ですか。

6.犬の散歩や深夜の鳴き声等、近隣へのマナーは心得ていますか。

===

結局のところ、子犬の世話にどのくらいの労力が必要かが
この「譲渡条件」とアンケートではイメージしにくいということですよね。

子犬が成犬になるには数カ月かかります。
その間、しっかり世話ができるかを考えていただけるような内容に
しなければならないのかもしれません。
「なにがあっても愛育する」という本当の意味を熟考していただけるよう、
私もお話しさせていただく内容を整理したいと思います。

今回は少し急いで進めようとしてしまったことを深く反省します。

お互いが安心・満足して、子犬との出会いを素晴らしい一日と思えるように
じっくり、しっかりお考えいただけるよう配慮すべき立場に立たなければいけないことに気がつきました。

さあ!気を取り直して、チャミちゃんが「うちのコ」となれるよう、
情報開示に奮闘せねば! そしてジロちゃんも忘れずに宣伝していきます。

今日は写真や動画を撮れませんでした。
楽しみにお待ちいただいてました皆様、申し訳ありません。

なお、ジロちゃんを「いつ里」さんに掲載させていただきました。
ご覧くださいませ。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-68033.html

うふふ。かわいいジロちゃん♪

2012年1月25日 (水)

子犬5兄弟

今日は無事に もじゃ美 を届けてきました。
「あんこ」という名前をもらい、大家族の元へ。
早く馴染めますように。

そしてまだ決まっていなかったチャミちゃんにもしあわせが!
今日、お見合いに来てくださった方が即決してくださいました。
大型長毛犬の飼育経験がおありのご家族です。
とっても安心。

お車も大型犬が二頭軽く入るくらいの大きさで、きっとチャミちゃんは家族と一緒にあちこちドライブできることでしょう!

みなさま、本当にありがとうございます。

捨てられた子犬、どんな風に育つかわからない雑種犬を
それを楽しみとして育ててくださる、その深い愛情に、
私もたくさん学ばせていただいています。

さあ、残るは牛柄ジロちゃんです!

宣伝写真を取りまくりましたので、明日にでもアップしたいと思います。

お楽しみに!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1. ゴルフィ・ふわり(故ソレイユ) | 1.(決定!)コンブくん | 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) | 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) | 4.病気のこと | 5.ごはんのこと | 6.社会化やトレーニングのこと | 7.法律とか世の中のこと | 8.うちのコいろいろ | Mr.mofu(修行中) | Mダックス ジョンちゃん(決定) | きぃ&福・ごまちゃん(決定) | くーろん&まーりん&しずく(決定) | しずく(決定) | ちゃしろん (決定) | つくば犬サンタ(決定) | とらお(とらとら兄妹)募集終了 | とんとん(決定) | ぴあのちゃん(決定) | エクレアたち(決定) | オペラ君(決定) | カプくん(決定) | キキ&サト(決定) | クリクリ(決定) | テラくん(決定) | テンテン・ジェシカ(決定) | トミー&レオ(決定) | ナツミ(決定) | ブラン君(決定) | ミーナ(募集終了) | モリモリ君(決定) | ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) | ラムちゃん(決定) | ロコ&おもち(決定) | 三毛猫ケイト(決定) | 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) | 太陽・元気(決定) | 白猫長毛ウィルくん(決定) | 福島被災犬猫たち1(決定) | 福島被災犬猫たち2(決定) | 福島被災犬猫たち(決定) | 軒下10匹兄妹子犬(決定) | 風ちゃん(決定) | 黒太郎(決定) | 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。