5.ごはんのこと

2018年10月19日 (金)

犬ごはんも秋っぽく


ゴルフィの募集要項をやっと登録できて
すっきりしました(^^)

結局【ペットのおうち】に出しました。

良いご縁がありますように。



ところで、秋も深まり、
美味しいものが
続々と出てきました(●´ω`●)


特に私が好きなものはレンコン!



地味すぎるーー(笑)





しつこい!?笑


きんぴらにしたり、
お鍋に入れたりするのが好きでして。
切り方で食感の違いを楽しめるのが魅力。


以前、煮物にしたレンコンを
小さめに刻んで愛犬たちにあげましたら
翌朝、揃いも揃って
ケポッ、ケポッ、ケポッと
吐き出してくれて。

犬たちには消化が難しかったようです。


それからはすりおろし作戦で
食べさせています。





義母が、レンコンの節をすりおろして
お味噌汁に入れたりしていました。
糖尿病だったかなあ…

何かにいいとかで。


すりおろしたレンコンを煮ると
とろ〜っとしてくるので、
身体も温まり、
朝の一品にはもってこいかと思います!

一品って、犬ごはんはいつも一品しかありませんが。



で、スープ完成。



内容はレンコン、ほうれん草、
えのき、ひじき
だったかな。


別途加熱したお肉投入で、出来上がり。





大体いつもスープには、

根菜、葉物野菜、きのこ、海のもの

を加えるようにしていて、
冷蔵庫に何か足りなければ
乾物を使います。


お出汁は具材によりけり。

炭水化物はその日の犬たちの状態次第。



今夜はアサリとジャガイモがメイン。



ジャガイモ、小松菜、パプリカ、えのき、アサリ

そんな感じだったかな。

あ、あと、緑豆春雨が入ってます。


どこが秋っぽいのかわかりませんが(笑)


しかも、お肉投入後の写真を忘れました。



先日、わんちゃんの飼い主さんから
「どんなドッグフードをあげていますか」と
ご質問いただいて、

手作りだとお返事しましたら
話が終わってしまいました… 残念。

語りたかったのに。笑



世の中には「フードジプシー」
なる飼い主さんたちがいます。

さらには、常に同じフードをあげていて、
ある日メーカーを変えたらお腹をこわした、
なんて話も聞きます。


何年もフードを食べているわんちゃんと、

手作りごはんのわんちゃんでは、

きっと身体の中が違います。


コンビニ飯ばかり食べていると…

とか、

ファストフードばかりだと…

なんていう話がわんさかありますから。



うちは猫たちにはキャットフードをよく使います。

手を抜いて、申し訳なく思います…

手作りにしてあげる日は
飼い主、得意げになります!
鼻歌も出ます笑

猫たちも常に手作りにしたいのですが、
うちの6ニャン、みな好みが分かれまして
好きで食べても、
数分後に吐き戻したりするものですから、

今日の手作りごはんは
ミーナと、とらお用、

とか、

イワシを煮たけど、ブーレとミュウしか
食べないのよね、

なんてことになってます。

だから猫たちの場合は
手作りごはんは半分以下。

病気にならなければいいなぁと
思います。


でも、飼い主さんが
頑張って手作りしてるのに、
しょっちゅう体調崩すわんちゃんも
いました。


手作りごはんの内容が
その子に合ってないと、
不具合が出ますね。


でも、不調の原因が食事だと
断定できない場合もありますからね。


こだわり過ぎないのも大事だなぁと。


なだ万の季節限定、マツタケ弁当。




人間は好きなものをいただけて幸せ。

わんちゃんたちはいつも制限されていて。

気の毒になること、しばしば。



2017年10月27日 (金)

スミレの健康診断


今度はスミレさんの健康診断。




パーフェクトかと思いきや、
中性脂肪(下から4つめ)が異常値!




採血の日の朝に食べたものが
カロリー高めなんじゃないか、と先生。

はい、思い当たります(汗


すごい数値ですが、スリムですし、
他が問題ないから心配無用なんですって。





そんなわけで心配はしませんが、
増え続けても困るので

ちょっと意識した夕食を。


中性脂肪を減らす食品は数あれど、

乾物棚に芽ヒジキが残っていたので
今夜はそれを。

ヒジキは生活習慣病対策に
よく用いられる食材だったなと。


ただ、ヒジキには無機ヒ素という
発ガン性物質が含まれるため水戻しを
しっかりと!




今日は1時間以上、水に浸けておきました。
無機ヒ素さん、さようなら〜




ちなみに、
水戻しして使わなかったヒジキは
冷凍OK。




時間があれば、人参や油揚げと一緒に
ヒジキ煮がいいですよね〜



今日はごった煮にしちゃいましたが(笑

トマトと鶏むね肉を水から火にかけ、

キャベツ、えのき、芽ヒジキを加えて
しっかり煮ました。





柔らかく煮たヒジキとキャベツなら
拒むニャンはいませんので、

猫たちにはササミを軽くソテーして半生で
野菜と共にスープをかけてやりました。





スミレさん、来春の健診は
パーフェクト目指そうね。





食事と運動と睡眠、そして楽しいこと。
どれも同じくらい、とても大事(^^)


2017年10月20日 (金)

秋の味覚を犬猫たちと


秋の味覚を堪能中(^^)


一緒に味わえれば、なお良いよね。

家族だもの。



初秋のかぼちゃ。




犬ごはんにどーん。

↑いきなり大雑把な盛り付けですいません…


猫ごはんにちょいっと。




フレッシュな葉物野菜は
おひたしにして。

例えば、わさび菜
これまたちょっとマニアックすぎた(汗






BONEという生食用フードを
猫たちにたまに使います。
総合栄養食なのにやっぱり手を加えたく(笑



加工品にはおひたしを加えることが
多いです。
ほうれん草とか、メジャーなものを(^^)



これなら普通。秋鮭。



あー、猫ごはんにも鮭はよく使いますが、
写真が見当たらず…




北海道在住の方からいただいた
ジャガイモはほくほくでした。



根菜は皮ごと単品で茹でるのが
うちのやりかた。


さつまいもも同じく。





黒豆大豆の枝豆。



犬たちには柔らかく茹でて、
うちではおやつ。薄皮をむいてね。



テラちゃん(現、ハチくん)のおうちから
いただいた、お庭の柿とみかんは私用♪




貴重な生の落花生もいただいたので
塩茹でしました。





ふんわりしてとても美味しく、
新しい食感に興奮しちゃいました(^^)

犬たちにも少しだけあげちゃった(笑
手作り食は塩分が少ないから問題なし。

あと長ネギもいただいたのですが、
柔らかくて美味しかったです。
ネギは身体にいい!

でも犬猫たちが食べられないなんて本当に残念。
ヘモグロビンが破壊されるそうです。
そう、赤血球の中の。
だから貧血になるようです。



育ちすぎたという、ぶどう(笑



なんだか最近、犬猫にぶどうはダメだと
騒いでますね。
理由は調べてないけど…

ホームベーカリーに凝った時、
レーズンパン、よくあげてたな(汗



まだまだあるでしょうね、秋の味覚。

栗、キクイモ、レンコン、
にんじん、ごぼう、

やっぱり野菜なのよね。
根菜、美味しいですよね。

あ、キノコもいいですね。



食欲の秋です(*^◯^*)

ごはんが待ち遠しいね。





サラちゃん、それは食べられませんから。

「知ってるってば!」




2017年9月24日 (日)

秋の始まりは体調に注意


ちょっと暑かったけど、今日はいいお天気でした。

といっても、8月から腰痛ひどく、整体通いなため
出掛けずにいましたが(;ω;)


でも、秋の美味しいものをいただいたり、




愛犬愛猫たちと旬の食材をシェアしたりと、


↑鶏肉と冬瓜の煮込み


秋の始まりを楽しんでいます(^^)




そして、みんなの身体のメンテナンスも
ちょっとチカラを入れてやってあげないとなぁ。

自分が不調だから尚更… (^_^;


チェック項目は、

背中の皮、伸びるかなー

舌、綺麗かなー

肉球、張りはあるかなー

そんな程度ですが。



猫たちの皮の伸びが悪く、気になります。

特に、なかなか痩せてくれない「とらお」は
未病の状態にありそうです。
身体全体の皮が固い…



被毛はツヤツヤなのに、体質は弱め。
ワクチンで風邪ひいちゃうタイプです。





↑ブーレ

しっかり換毛期を迎えています。
太っていた5歳くらいの頃よりも
8歳のいまはスリムになって身軽。

でも、食後3,4時間経ってからの吐き戻しがあり、
未消化なんです…
気になります。

鍼灸が効きそうだよねぇ、と思っているところ。


他の猫たちも順番にチェックするとして、
犬たちは…



↑アビー、いい舌してます。

痩せていて、背中を撫でると
背骨がコツコツしますが、
被毛はフサフサで調子が良い様子。

痩せているほうが、調子がいい子は
多いと思います。







ジャスミンも痩せたので身体は軽くて
キビキビしていますが、
相変わらず胃もたれ体質で。

なんとかしてやらないとなぁ、
と思っているところ。




↑スミレは夏の間、ケホッと2,3回続けて
乾いた咳をしていて、
それも毎朝晩に聞こえていましたが、
涼しくなって治まってきました。

なるほど、スミレは夏に弱いのね。
来年は梅雨頃から対策してあげようと思います。
忘れそうだけど(笑

秋の健診もしたいところです。



そんなわけで、アビーとスミレだけは快調☆

他の猫たちもまた今度、チェックしてみます。



2017年8月 5日 (土)

犬ごはん夏バージョン


7月はものすごく暑かったのに、
今週は毎朝、爽やかで、過ごしやすい。

でもきっと、こんな気温のまま終わるわけがない
ニッポンの夏。


夏バテ対策をちょっと意識しながら、


7月からの犬ごはんの一部を記録してみます。

野菜を選ぶポイントは、

・旬のもの
・地元のもの
・農薬量が少ないとわかっているもの

私の場合、です♪(´ε` )




★今年初めて買ってみたオカヒジキをトッピング





オカヒジキは春から初夏の野菜だそうで、
虫が付きにくいから無農薬栽培が当たり前なんですって。




いいですよね〜。健全な食材って。

3分ほど茹でてからザルに取り食べやすい大きさに切ります。

ヒトは、鰹節などをかけて「おひたし」でいただけます。コリコリな食感が楽しめます。




★納豆&モロヘイヤのねばねばコンビのせ



モロヘイヤは野菜の王様と呼ばれる夏の葉物野菜。
2分ほど茹でてとろみが出てきたら水を切って包丁で叩くように細かく切ります。



茹でている時からぬめりが出てきます。
見た目のような苦さが全くなく、これといって味もなく(笑)、ツルツルな食感を楽しむ野菜です。




そして、お肉を選ぶポイントは、

・国産
・密飼いされていない豚や鶏
・ジビエなら「散弾銃」を使わないなどのガイドラインがしっかりしている地域の猟のもの

私の場合、です♪(´ε` )



★豚の冷しゃぶ




人間用の豚肉って脂身が多いですよね。私は自身はそれが好きなのですが、犬たちは苦手。

なので、薄切り肉を茹でて脂を落とし、細かくした夏野菜と玄米せんべいを合わせて、冷やした鰹出汁をかけてあげました。

仕上げにリンゴ酢を少々!

疲労回復の定番メニューです。

運動した日の夜ごはんにサイコー!

豚肉は、月に4,5日。



★熊本県産馬肉(肺含む)と夏野菜



馬肉は、熊本県産を扱う「プライムケイズ」さんのもの。「スペシャルカット」という商品なら脂肪が少なくてシニアにもよろしいと思い、月に4,5日使用。

白飯は、前の晩の「あさり味噌汁」の残りを薄めてお粥にしました。

枝豆は柔らかく茹でて、薄皮をはがしておくと良さげ。




お魚を選ぶポイントは、

・なるべく近場の漁場
・サイズの小さい魚
・有名産地のもの
・脂がのってないもの!笑

私の場合、です♪(´ε` )

お魚は、月に3,4日。



★茨城県霞ヶ浦産のワカサギ



オリーブ油でサッと焼きました。

新鮮だから生でもよかったかもしれませんが、
弾力のあるツルツル食感を好まないコがいそうだったので。



★北海道産の鮭




この日は暑かった!
身体を冷やすキュウリやトマトを加えて、冷水を加えてあげました。

鮭は脂がのってないものを焼いて、皮ごと。



そんなこんなで、

薬膳ブームだけれど、
うちの犬たちのごはんは季節感と素材の良さを意識するだけのシンプルさ。


穀物なしブームだけれど、
うちはほぼ毎日、お粥。



最近、病気に悩む飼い主さんからの相談が重なっています。

アビーの全身皮膚炎のとき、

サラが「白血病を発症してます」と言われたとき、

救いたい一心で、とにかく本を買い、読みました。

ペットの病気の本はもちろん、
人の病気の本も読みました。



言葉の通じないペットのことで
不安に押しつぶされそうなときは、


ブームやウワサに流されず、本質を考える。

食事だけじゃなく、一日を通してその子の健全を考える。

生きるってどういうことかを、時々、考えてみる。

なぜに、自分は犬や猫との暮らしを始めたかを考えてみる。



そんなスタンスで、

強いお母さんお父さんに「努めて」なる、

というのも、押しつぶされそうな自分を救う手段になると思います。


応援しています。
簡単ではありませんし、時間はかかりますが、
強いお母さんお父さんになって、
何より辛い本人たちの気持ちを想像して…




愛犬愛猫が、

毎日のごはんの時間を
どれだけ心待ちにしているか★


そんなことを想像すると、
いつ何時も美味しいごはんを用意してやりたいものです。




2017年7月 2日 (日)

夏バテしない犬ごはん


昨日は雨が降り、梅雨らしくなったと思いきや、
今日はいきなりの30度越え。

湿度もかなりありました。

こんなに雨が降らなくて
どうなってしまうのかしら。

水田には水がないし…

↓これは3日前。







夏の初めに気がかりなのは、
庭に繋がれているわんちゃんたち、
熱中症になってないかな…ってこと。

身動き取れないのですから、
どうか、気遣ってほしいですよね。

お水がぬるくなってないか、

直射日光が当たってないか、

犬小屋の屋根は、さわれないほど熱くなってないか、

その位置に風は通ります?


ハアハアする舌が、ヒラヒラしていたら危険信号なんですって。

気をつけてあげてほしいです…


犬だって夏バテしますもの。

我が家の犬たちは9歳から11歳まで。

体力落ちてくる頃。

胃腸も弱りやすい。


そんなわけで、ごはんの内容も少しずつ変わってきています。


今朝は鮭がメインのごはん。




必要なタンパク質量をお魚やお肉だけで摂ろうとすると、胃がもたれたり、脂肪が多すぎたりするので、それ以外の食材を加えることで回避します。


茹でた鮭、
卵入りお粥、
トマト、
キュウリ、
冷水

朝散歩でゼーハーと暑くなったので、
体を冷やすキュウリ投入です。



夕方になっても気温は高く、
ネットニュースでは体感36度なんて情報もあったくらいですが。

庭でプロレスごっこのジャスミンとカプくん。




私はアビーと1時間の早歩き散歩。




帰ってきたら、
濡らして着せるひんやりシャツと扇風機。



やたら満足げです(笑)


スミレは「ごはん、まだ?」と膝の上。





しっかり体力使った彼らの夜ごはんは、
夏らしくさっぱりと、
冷しゃぶごはん。





青しそ&りんご酢&焼き海苔&岩塩

野菜は、茹でたズッキーニと、生の人参。

タンパク質は、豚肉と高野豆腐。

しゃぶしゃぶにすれば、豚肉の脂はかなり落とせるし、高野豆腐にはタンパク質も脂質も含まれるそうですから、

お酢と合わせれば、疲労回復にバッチリなんじゃないかと。


私もバテないように、豚しゃぶ食べてがんばろ。


2017年5月20日 (土)

料理は頭を使うのだ


いきなりですが、

犬猫のごはんを鶏肉やらイワシやら、人が食べる食材で作ると、便が半分くらいになります。


なぜでしょうね(^^)



前日まで市販フードを食べていた犬猫を預かったり、

散歩中に他のわんちゃんのトイレタイムを偶然拝見したりすると、

出るわ、出るわ、でびっくりします(笑)

へんな話でごめんなさい。




今朝の我が家の犬猫ごはん。

用意したのは、

生鮭、鶏ささみ、卵の黄身、キャベツ、ベビーリーフ、減塩煮干し、オリーブオイル。


生鮭は湯がいてから、
ささみとキャベツと一緒に軽く煮ます。


うちの9頭は好みそれぞれなため、ささみについては途中で取り出したりしながら加熱具合を調整。半生が好きな子がいます。


あとは、好みに合わせて混ぜるものを混ぜるたら出来上がり。


☆サラちゃんは、半生ささみの黄身和えとピノ盛り。




☆オトナ猫たちは、鮭とささみとキャベツに煮干しまぶし。




☆犬たちは、サラとおとな猫たちの全部と、オリーブオイルかけ。





犬猫の手作りごはんは慣れるまで大変かもしれませんね。


めんどくさくなって挫折する人、栄養バランスに悩みながらの人、食べっぷりに感動する人、その笑顔で手作りしか与えられなくなる人、様々(^^)




そして、一昨日くらいのごはんはこんな感じ。

用意したのは、
豚ヒレ、出汁パック、ジャガイモ、人参、絹さや、猫缶(ジーランディア)

そして人用に、豚バラと玉ねぎと調味料!

つまり〜、私が「肉じゃが」を食べたかったのです!



作り方。

犬猫用のお鍋。

人参、ジャガイモを出汁パックで煮る。
串が通るくらいになったら、豚ヒレ投入。
絹さやも投入。
ポイントはなるべく丸ごと。






そしてこちらは人用のお鍋。同時進行します。

お肉と玉ねぎを炒めて、肉じゃがの味付けに。




あちらの鍋から柔らかくなったジャガイモと人参を取り出して、食べやすいサイズにカット。雪平鍋に移して合流。





落し蓋をして、ひと煮立ちさせたら30分くらいでしみしみに!美味しい!



皮のあるまま丸ごと茹でたから調味料がすんなり染み込んで美味しいのです。



そして犬たちにはこんな感じで。



あ、茶色のつぶつぶは「玄米せんべい」。




猫たちには、お肉と人参のみにして、好物の猫缶を混ぜる。










どうでしょう〜
みんな一緒にうまうま〜


サプリメント利用なし。




こんな作り方する人、珍しいですよね(笑)

でも、家族がいたら何品か作るでしょうから同じ要領です。

犬猫も家族ですから。



みんなの美味しい笑顔と、

中高年(作る人ね)のボケ防止、

そして排泄物減量のために(笑)


エコな食生活をぜひ、どうぞ(^_-)


犬猫のごはん本は、須﨑恭彦先生など、多数出版されています。

複数読んでね。




おかわり待ちのとらおちゃん。5歳になりました☆



食いしん坊すぎてみんなのごはんを食べちゃうから、食事タイムはケージインなのです。おかわりはないのだけれど… 出てこないのでケージ大好きみたいです(笑)







2017年3月19日 (日)

サラの術後は順調


サラちゃん、避妊手術から3週間。






体調は良い様子で、以前より少し多く食べられるようになりました☆

体重は、2.05kgから2.25kgに増えました!



ステロイド錠は、1月27日から3日おきに1日お休みするようにしていますが、急激な変化はない様子。
来週に白血球数の検査を予定しています。
減ってなければいいなー と切に願います!


あと膀胱炎も治っていますように。
お薬をやめてから2週間経ってもばい菌がいなければ完治といえるのかな。


そんなサラちゃん。
またすごいものを食べてくれました(笑)

青汁で有名な、あの「ケール」です。
といってもこれは幼葉。いわば、ベビーケールです。
ピノ・グリーン同様、生のままムシャムシャ食べました。笑っちゃいます(≧∀≦)








そして〜、菜の花のおひたしも食べました!





さらに〜、芽キャベツの仲間「プチヴェール」も!




プチヴェールはさっと湯がいて、オリーブオイルと岩塩をパラパラかけた私用のサラダから、一房くわえて逃げていきました(笑)完食してました♪


オイルと一緒に食べてくれたら、脂溶性ビタミンの吸収も良くなるからよかった、よかった☆


お薬を飲んでいると体内ではビタミン不足になるそうですよね。だからサラはムシャムシャ食べたくなるのかもしれません♪



キャットフードも時々使いますが、そのときは水分を含む食材を何か一緒に用意してあげることもあります。

たとえば、卵黄。生のまま常温にして、殻だてを取り除いてあげると食べやすいようです。




サラの場合は1回に、1/2個くらい食べます。食べるというか舐めています。卵黄ならたんぱく質アップにもなります。





サラは現在、以下を服用しています。

・ステロイド(プレドニゾロン2.5mg)3日飲んで1日休み
・ケイツーシロップ(ビタミンK2)毎日1本



サラの骨髄の中にいると思われるウイルス「FeLV」は、骨髄に入ると消失しないと言われていますから、いつどうなるか本当にわかりませんが、毎日を大事に、楽しく過ごしてもらいたいものです(^^)





2017年3月15日 (水)

みんな一緒に鮭ごはん


久しぶりに鮭ごはんにしました♪

あ、犬猫のごはんです。




鮭、鶏ムネ肉、エビ、お豆腐、切り干し大根、人参、白飯を「あご出汁」で煮ました。

いつもはこんな「ごった煮」にしないのですが、鮭だけだと犬たちにはちょっと豪華すぎるので、鶏ムネ肉などたんぱく質類を適当に加えました♪


猫たちのお皿には鮭だけ拾いました(笑)
みんな食べるかなぁ?と思いまして、馴染みのドライフードと一緒に。




みんな喜んでくれて、鮭だけ食べた子が3にゃんず(笑)
鮭だけお代わりしてあげました。




サラちゃんは鶏ムネも食べそうだったので、鮭と鶏肉をつまみ出して小さくちぎって。




まあまあ食べてくれましたが、鮭だけのほうが良さそうでした。次回は鮭と野菜をあげてみましょう。





昨日は野菜を買いに行けなかったので乾物を使いましたが、今夜は青菜のおひたしでも加えようと思います。

そろそろ春野菜の美味しい季節ですものね〜
菜の花なんか買えたらいいな〜
アスパラもそろそろだな〜



最近は手作り食もメジャーになってきました。
久しぶりに本屋さんに行ったら、ペットの手作り食本がたくさん並んでいました〜(^^)


私が買ってきたのはこちらですが(笑)




「家庭の医学」的に本棚の肥やし〜
家族が病気になったら、まずはその病気を状態を詳しく知りたくなりますから。

見れば見るほど…
サラの病気は悲しいです…


さて。気を取り直して、
菜の花を買いに行ってきます(^^)


2017年1月20日 (金)

ペットの食事


こんなチラシを発見。





キッチンドッグの南村さんが、茨城県獣医師会主催のイベントにいらっしゃるなんて。しかも無料。


手作りごはんを始めた頃、
キッチンドッグさんの犬のための手作りごはん本
「270レシピ…」は、とても参考になりました。

冷蔵庫にあるものからメニューを考えられる構成になっています。

初版は8年くらい前ですから、もう中古しか手に入らないかもしれませんね。


須崎先生や吉村先生の栄養に関する本で基礎を学習し、

実践はキッチンドッグさんのレシピ本を見ていました。


うちの一番っ子、二番っ子は0歳から手作りごはんですが、

毎日作ろうと決めて、それが定着するまではかなり大変でした。朝から考えておかないと作れなかった(笑)


たくさんの本を読み、実践し、半年か1年もしない頃にやっと、手作りごはんセミナーに行きました。

自分のやり方に間違いがないかどうかを確認したくて。

行ってよかったと思いました。参加者の方々から様々なアイデアや工夫を聞けたのです。

だから、こういったセミナーは聞いて損はないですね♪






余談ですが、
そのときの講師の先生が、先日、私に会いに来てくださいました。
しかも、会いに来てくださった場所は、猫の譲渡会会場でした。感動のご縁です。


話は戻しますが、
そんなこんなで様々な波を渡り、今は須崎先生が代表の「APNA」の「ペット食育士 准指導士」という資格をいただいています。

指導士資格は1年更新で、記述式の試験がありますから、合格後も勉強させられるという、とても良い資格だと思います。

この資格の上は「指導士」「上級指導士」とあり、APNA公認の講師としてセミナーを実施することができます。私には無理なので目指しませんが。



ジャスミンとミュウのための手作りごはんから、たくさんのご縁が生まれました。




昨日もまた、食欲不振だというねこちゃんの食についてご相談がありました。

ねこさんたちは難しいです。今まで知らなかった匂いや形のものは食べ物と見なさず、なかなか食べません。

それでも何かピンとくるのか、初めてのものでも食べてくれることがあります。

昨日のねこさんは、焼いた鮭を食べてくれたそうです(^^) よかった。うちも皆、脂少なく色の濃い鮭は好き。


うちにも、うちの子になる前はドライだけで育ったと思われるねこさんが二匹います。とにかく、ドライ以外は食べられなかったのです。

苦労しましたが、そんな子たちも5年くらい経って、やっと色々なものを食べられるようになりました。

5年ですよ、5年!

若いねこちゃんを迎えた方は、若いうちに食育しておいたほうがいいと思います(^^)





そして前回の記事に書いた、リンパ腫のねこさんが亡くなったとご連絡をいただきました。

その飼い主さんとも猫の食育つながり。

犬ねこの食育に関するセミナーで知り合えた方からのご紹介でした。

私もサラちゃんの件で初めてFeLV+のコを育てることになりましたから、私から猫の食に関する話題をご提供するだけでなく、その方から病気のことを教えていただけるきっかけになり、これまた素晴らしいご縁をいただきました。


亡くなったねこちゃん、最期は静かに静かに旅立ったそうです。2歳前だったかと思います。

とても苦しいはずなのに、酸素室から自分の好きな場所まで歩き、ご家族と一緒に空を見上げ、永眠したそうです。姉妹のねこちゃんは半年ほど前に先にお空に行っていたそうですから、迎えにきてくれたのかもしれませんね…



そんな、安らかで優美で温かい最期を迎えられたというお話を聞けたのも、手作りごはんが繋いでくれたご縁のように思います。


家族の姿が永遠になくなることほど、悲しくて寂しいことはありませんよね…

サラちゃんの病気もいつまた暴れ出すかわかりません。

他の子たちも、いつ難病になるかわかりません。


そのときに少しでも健やかな食事を続けられたら…


大きな機械でガラガラぽんと作られた食べものだけでなく、たまにはプリッとしたお魚や、ジューシーなお肉、フレッシュな野菜を食べてもらいたいと思いませんか♪

温かい食事は愛猫愛犬もきっと喜びますheart






より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1. ゴルフィ・ふわり(故ソレイユ) | 1.(決定!)コンブくん | 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) | 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) | 4.病気のこと | 5.ごはんのこと | 6.社会化やトレーニングのこと | 7.法律とか世の中のこと | 8.うちのコいろいろ | Mr.mofu(修行中) | Mダックス ジョンちゃん(決定) | きぃ&福・ごまちゃん(決定) | くーろん&まーりん&しずく(決定) | しずく(決定) | ちゃしろん (決定) | つくば犬サンタ(決定) | とらお(とらとら兄妹)募集終了 | とんとん(決定) | ぴあのちゃん(決定) | エクレアたち(決定) | オペラ君(決定) | カプくん(決定) | キキ&サト(決定) | クリクリ(決定) | テラくん(決定) | テンテン・ジェシカ(決定) | トミー&レオ(決定) | ナツミ(決定) | ブラン君(決定) | ミーナ(募集終了) | モリモリ君(決定) | ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) | ラムちゃん(決定) | ロコ&おもち(決定) | 三毛猫ケイト(決定) | 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) | 太陽・元気(決定) | 白猫長毛ウィルくん(決定) | 福島被災犬猫たち1(決定) | 福島被災犬猫たち2(決定) | 福島被災犬猫たち(決定) | 軒下10匹兄妹子犬(決定) | 風ちゃん(決定) | 黒太郎(決定) | 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。