3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)

2018年4月 9日 (月)

ぽむ君、譲渡決定となりました


ぽむくん、正式譲渡となりました

新しいお名前は「アポロ」くん。

とっても似合います。

ほら、もう、アポロ〜って顔になってる(^^)


↑今日、いただいた写真。


お別れして、たった一週間なのに、

もう違う顔♪

というか、うちにいたときの顔は

仮の顔。準備中の顔。まだ不安がある顔。


でも、今は、幸せいっぱいの顔(^^)


今度は間違いなく、
ずっと安心していいんだよ。

私も安心。(*^^*)




↑とにかく抱っこ好きなんですよねぇ
お姉ちゃんの抱っこなら、なおさら
幸せすぎてとろけそうよ(笑)


こちらはとろけきってます(≧∀≦)


↑いただいた写真





ジャックらしい「先読み」行動はあるものの、

子犬みたいに無垢な面があって、

人が大好き、疑わない懐っこさ。


なぜに、あんなひどい状態でいたのやら…



心配していたおトイレは、
まだミスがないそう。すごい!
よかった(^^)


人が食事中のときも
欲しがるのは最初だけで、
やがて離れて静かにできるそう。

そのときの顔が、

「チベットスナギツネみたい」

だそうで、可笑しくて(≧∀≦)

チベットスナギツネは
お顔が四角いそうですよ。
三角じゃないんです。


うちでもそんな顔したかなぁ、
と写真を探してみると…


段ボール箱を束ねているときに、
その上に乗って「朝ごはんまだ?」の顔。



うん、確かに、似てるかも?!(笑)




クレート練習もしたな〜

ドライブ好きになる魔法もかけたし♪

あっという間に、懐かしい感覚。

巣穴から顔出す、コギツネさん。
「入ったよ、オヤツまだ?」



覚えは早いなと思いましたね♪

とても苦労した保護犬のひとりでは
ありましたが、

振り返れば、たったの2ヶ月半で
よく変わってくれました。


楽しかった(^^) ぽむに感謝。


ぽむ改め、アポロくん。

落ち着いたらまた会おうね。











2018年4月 3日 (火)

ぽむ君とお花見、そしてトライアルスタート



昨日から
ぽむ君がトライアルスタートしました。

お宅に到着すると
車から降りる前にわかったのか、

「なんだあ、ここかぁ!」

と、クレート内でニコニコしていました。

リビングには大きめのクレートを
ご用意いただいていました。

先代のわんちゃんのクレートですね(^^)

ぽむをよろしくね。

なんて思った瞬間、

ぽむ君はすんなり入って得意げ!






いやぁ、うれしいですね!!!

まさにこのために、

苦手なクレートインを
「ハウス!」で練習したり、

クレートに入って楽しい場所にお出かけしたり、

昼寝も夜寝もサークルの中、

おやつをもらうのもサークルの中、

と、丁寧に習慣付けてきました(^^)



もちろん、
いつ何時も「ハウス」で完璧に入る、
というほどにはなっていませんが、

初日にできれば私はもう、大満足です。

新しい場所で
不安を少しでも減らすために
練習してきたので。



その後、奥様と私が食卓に座ると、
その周りをウロウロして
何か食べ物をもらえないかと
膝に前脚をかけたりしていました。

あれ、静かになったな、と思ったら、

またまた自ら、クレートイン。




想像以上に、「ヨク、デキマシタ!」
であります \(^o^)/


クレートの上にあるハーネスと首輪は
ぽむ君のためにご用意くださったもの。

こちらは今朝いただいた、お写真。



似合う!!!

別犬のように可愛い(≧∀≦)


ぽむくんの新しい名前は
アポロくんだそうです。
とってもいいお名前☆
イメージに合ってますね☆

それにしても、初日に寝顔が撮れるなんて。

すごいっ!!!

すっかりリラックスしてるんだなぁと
ほっこりします(^^)




と浮かれてばかりいられるのは私だけで、

トイレやごはん待ち、散歩なども
新しいご家族は何かと苦労するもの。

どうかぽむ君が大失態をやらかすことなく、
ご家族皆さんが心地よい疲労程度で
済みますように(≧∇≦)




一昨日、ぽむ君と最後の散歩では、
ジャスミンとアビーと夫と一緒に
近所の桜並木を歩きました。





ぽむ君には初めての場所。


写真を撮るため、マテさせて、
ちょっと離れると、もう不安な顔。




オヤツを食べたら
ちょっと嬉しそうにしました。
ジャス姉が頼り♪ なこともしばしばあり。




お口に花びらつけちゃって。




ジャスミンは女の子らしく桜を飾り(笑)
口元は「おかわり、ウェルカム」






思い出のラストランになるのかな(^^)







ご家族皆様の写真、
掲載OKをいただきました(^^)

皆様ニコニコで迎えてくださいましたから
本当はお顔を隠したくないんですけどね♪







生きられるギリギリのところにいた犬を
家族に迎えるってすごいなぁと。

そんな覚悟を持てる方は
そう多くないのです。


私たちのように一時的に保護することと、

その子のこれからの一生を
すべて背負って家族にすることは、

責任の大きさが全然違いますから




双方の幸せのために、
トライアル期間が一週間あり、
何かあればキャンセルも可能です。

みんながhappyになれますように。



あ、ぽむくんの思い出を
スライドショーにしました。

Instagram内ですが、
初めてのリンク、、、

観られるかしら。


https://instagram.com/p/BhBcZIenGTd/



2018年4月 1日 (日)

ぽむくん、トライアル決定


里親募集中だった「ぽむ君」を連れて、
面談希望をいただいたファミリーのお宅に
お邪魔してきました。


子犬のような振る舞いで可愛さ満点!!
最後は娘さんの腕の中で
うとうとと眠りそうになるほど。


↑必死に目を開けてますが、
眠くてとろんとしてます(笑)



一年前に亡くなったという
愛犬ちゃんの写真を拝見すると、
あら… そっくり。

奥様と娘さんがぽむ君を撫でながら
「このくしゃくしゃな感触、久しぶりだね」
「うん」と話してらしてて…
じーんときちゃいました。





まだお見合い段階なのに、
床にコルクマットを敷いて、
おもちゃとオヤツを用意してくださっていました。


保護当時のガリガリ具合と汚れも
ご覧いただいて、
膝のお話もして。





すぐに迎えたいとのご希望で、
月曜に再び連れて行くことに。


うちでは気づかなかったのですが、
ぽむ君がちょっと臭ったので💦💦
帰路、トリミングサロンに直行して
ハーブパックしてもらいました。
デトックス真っ盛り。


↑サロンの方が撮ってくださいました。
2割引で、5千円弱。



↑やはり変わるわね。


ふわっとしたところで、
明日は体調整えて、月曜に再び出発します。
うちから車で1時間ほど。


素敵なご縁をいただきました
嬉しいです。
本当にありがとうございます。






2018年3月26日 (月)

ぽむくんにお見合い希望が



久しぶりのぽむくん、登場です(^^)





前回のぽむくん記事から、いつのまにか、1ヶ月!

毎日やんちゃに暮らしております。





写真は静止しているから
ただただ、かわいいですけどね。







すぐに興奮マックスになる感じは
ジャックそのもの。


離れてマテ、
少しできるようになってきました。



うちに来てから2ヶ月を超え、
吠えは、かなり減りました。


でも、つい、
「うわんっっ!」と吠えしまいますが、

1回でやめるんです!

最初のうちは、吠えだすと止まらなくなって
パニックか?と思うほど。





うるさすぎて、
サラちゃんが食欲不振になり…
一緒にいないと食べなくなってしまいました。

そのくらい、ひどかった…

成長したもんだなぁー(笑)


吠えてばかりいると
心臓に良くないそうですから。



体重も5.4キロに!

最初に買ったぶかぶかオパジャマが
いつのまちかピチピチになってました。


今日は暑くて、散歩がちょっと
きつかったみたい。
体力はまだまだ十分でない感じです。





ちょこまか動きが止まらないタイプですが、
ちょっと落ち着いてきたかな。


そんなぽむくんに、面談のご希望を
いただきました。
ジャック経験者さんとのことで、
お会いするのが楽しみです(^^)






あ、私の腹痛は治りました。
病院へ行くつもりで一日絶食し、
水分補給として葛湯を飲み、
さらにハラマキとお腹マッサージ。

すると翌朝、痛みが取れました。

「冷え」だったようです。

まだまだ寒い日がポツリポツリあるかも
しれませんので、
皆さまもお気をつけてください(^^)







2018年2月26日 (月)

やっと体重増加!


里親募集中のぽむくん。
なかなかご縁がありません(>_<)





あまり長くうちにいて馴染んでしまうと、
新しいお宅に移るときが可哀想なので

まだ少し「お客さん」感覚が残るうちに、
新しいおうちに引っ越してほしいなぁと
願いますが…



ギャン吠えも無くなり、
運動も楽しくなってきたようなので、
メンタルが回復してきたんだなぁと
ホッとしています。

人も、ストレス感じたら走れって
言うでしょ。犬はもっと顕著に思います。


その証拠に、やっと、体重も増えました!

5週間も4.3kgのまま増えず、
癌でもあるのかと心配していました。

いま、4.7kgです。

おそらく、5.5kgから6kgくらいが
標準体重かなぁと思います。

まだまだ骨皮さん。


膝のために、運動しながら
体重を増やしたほうがいいそうなので。

つまり、脂肪の前に、筋肉を。


というわけで、膝のために
アスファルトではなく、
芝生の広い公園に。

呼び戻しの練習兼ねて…
と思ったら、


ちょっと離れるだけで
ヒナのように慌てて戻ってきます 笑














仕方なく私もひたすら一緒に走りました〜


ぽむが来てから、
毎日10kmほど歩くことになり。

(4わんこバラバラに行くので)

しかし私はなぜか、痩せない…(^^;

疲れるだけで。。。



あ、そろそろシャンプーもしなきゃ。

明日から7週目に入ります。









ぽむくん、里親募集中!
【ジャックの里】
http://www.jfcj.net/jht/
【ペットのおうち】
http://www.pet-home.jp/dogs/ibaraki/pn195549/


2018年2月16日 (金)

ぽむくん、歯磨き初挑戦!


ぽむくん、我が家でのリハビリ生活、
あっという間に1ヶ月経ちました。

7本もの抜歯後、8日間の抗生物質も終了。

いつもちゃんと、お薬はお口ポン、一発で成功。
しっかり服めました。


今日は動物歯科の先生に経過チェックしてもらい、
問題なし!とのこと。

さあ!歯磨きスタートです!











抵抗ほとんどなく、上手にできました。

やっぱり、歯磨き粉は味付きじゃなきゃね(≧∇≦)



歯周病や歯肉炎などの口内トラブルは
内臓にもよくないそうですから、

ちゃんとお口を綺麗に保てるよう、
歯磨き習慣つけていきます。



うちの子たちの歯磨きもあるから、
たぶん毎日はできそうもないけど(汗)


なるべく忘れないよう、頑張ります。


引き継いでくださる里親さん、募集中!


ぽむくん、何でもそこそこできちゃいます!
ジャックの賢さ、しっかりあります☆
ポテンシャル高いです。


ぽむくん、里親募集中
【ジャックの里】
http://www.jfcj.net/jht/

【ペットのおうち】
http://www.pet-home.jp/dogs/ibaraki/pn195549/


2018年2月 9日 (金)

ぽむくん4週目に抜歯7本


JRTレスキューチーム【ジャックの里】からの
お預かり犬、7歳のぽむくん。





どうにもこうにも酷すぎる奥歯の歯石と
歯肉炎のばい菌を取り除いでもらうため、

動物歯科医に行きました。

奥歯を中心に、7本の抜歯となりました。












施術後、夜6時に迎えに行きましたら、
まだ、ふらふらしているとのこと。
その夜はくたーっと寝てしまいました。

翌朝、ちょっと元気がない様子。





涙目になっていました。
痛いからなのか?はわかりませんが…

日向ぼっこ。






夕方になるとようやく元気になってきました。

抜歯跡には穴が開いているため、
細かいものを食べさせないようにと
指示が出ました。




お肉パラダイス☆

食事の前のマテは完璧です。

とにかく、食べることしか興味がないようです。




ノーズワークで改善してあげたいと
思っています(^^)


2018年1月29日 (月)

ポムくん、二週間


ポムくんを引き取ってから二週間が経ちました。

トリマーの友人が二度も洗ってくれました。






はじめは、体表のあちこちにかさぶたがありましたが、

指導センターに三週間いたこともあり、もうほとんどが取れました。





吠えて吠えて、飛びついて… というパニックも起こらなくなりました。

ただ、食べ物を持つ手には飛びついてきますが(^^;;


現在はリビングの一角に広めのサークルを用意し、その中で静かに過ごせています。





おしっこはちゃんとトイレシートのほうにします。


一日に3,4回は庭に出て、フリーで過ごしています。
走ったり探検したりはなく、排泄を数回したら、私のそばに戻ってきます。





元々の性格なのか、二度と離れたくない不安からなのかは、わかりません。もう少し走ったり、探検したりすれば良いのにな。寒いからかしら?


散歩は2回朝晩に行きたいところですが、雪と寒さのため、午後早めの、一番暖かい時間に1回程度、行っています。てくてくと、よく歩きます。




ガリガリに痩せたままで、初日の血液検査では中性脂肪が基準値を下回っていました。体重は4.5kg。

この二週間、太れないどころか、減ってしまいました。たくさん食べると下痢、体重通りだと軟便、少なめでやっと快便。
これだけ痩せていたなら、食べられなかった日が長いと思われ、腸がうまく働かないのかもしれません。ゆっくり付き合いたいと思います。


さらに、後ろ脚などに筋肉がないため、歩いていると膝がポコっと外れてまた戻るようです。筋肉が付いたら膝が外れなくなるかもしれないそうですから、運動は大切なようです。


と言っても、この寒さ(>_<)

コートを買ってあげたいなぁと思っていたら、
友人がプレゼントしてくれました!!





ほんのわずか大きいため、ちょっとごわつきますが、ポムくんはちっとも気にせず、さっさと排泄を済ませていました☆

助かりました〜
ちゃんと温かいコートを買おうと思うと、7,8千円くらいしますよね(汗)友人に感謝いっぱいです。
似合うでしょ!




預かりボランティアの場合、何をどこまで自費で賄うかが心配な方もいると思います。

提供されるのは医療費とフードくらいなので、トイレシートや冬場の寒さ対策に加え、初めての時はサークルやベッド、クレートなどは自分で用意します。



さてと、三週目は、ハウスとマテを教えたいなと思っています。

というのは、クレートが大嫌いなんです(*_*)
通院の際は仕方がないので押し込めていますが、ちゃんとトレーニングすれば好きになるはずなので、重要課題として取り組みます(^^)

ポムくんのhappyのために。



里親のご応募は「ジャックの里」まで。
http://www.jfcj.net/jht/



2018年1月25日 (木)

新入生ポムくん


「ジャックの里」からの要請で
飼育放棄されたと思われる小型犬を
お世話することになりました。

「ジャックの里」とは、
ジャックラッセルテリア単犬種を
各動物収容所からレスキューする団体です。

7年前に、ジャックの保護犬を迎えたくて
面談に行ってからのお付き合いで、
今回で3頭目のお世話となります。

ジャックラッセルテリアは
俊敏で頑固で警戒心が強いため、
お世話係のボランティアさんたちは
皆、ジャックと暮らし、苦労を知り、
対策を心得ていらっしゃいます。

私もうちの子の気持ちを理解したくて、
たくさんのレッスンを受けました。
それでも、犬の気持ちを理解するのは
難題だと、常々感じております… ( ˘ω˘ )


そんな中でのお世話係、立候補しました(汗


そして、
保護犬のお世話係ボランティアさんが
増えるといいなという思いから、
私目線のお世話日記を書いていこうと
思います。


今回の場合は、
茨城県動物指導センターに
迎えに行くところから始まりました。


2年ぶりでしたが、
収容中に施していただける医療処置が
当時より増えていました。
茨城県が昨年発表した、
「犬猫殺処分数ゼロを目指す」条例の
ための、予算増の影響でしょう。

引き取りボランティアとしては
ありがたいことですが…


話は逸れますが、
昨夜のクロ現、観た方も多いと思います。
広島のピースワンコさんや熊本市が、
殺処分ゼロを掲げた途端、収容数が
2倍以上になったと放送していました。

それは、保護活動をする人間なら、
みな危惧していたこと。

しかしまさか、倍以上とは驚きました。

もう少し、対策を増やしていかないと、
ゼロの取り組みは2,3年で衰退か…


私が保護犬のお世話ができるのは
年に1頭がやっとです。
すでに3頭いますので。


収容された犬猫の行き先
(保護ボラや里親)の確保だけでなく、
安易な購入ができないようにし、
繁殖は免許制に。

安倍内閣が大好きな「抜本的改革」
とやらが必要に思います…



話は戻し、連れ帰ったのはこの子。
ジャックラッセルテリアと思われます。
仮名を「ポム」としました。







りんごちゃんのように幸せになってほしいので
フランス語のりんごの意で「ポム」。


去勢済み、マイクロチップ挿入済み。
攻撃性なし。人好き。対犬問題なし。
ジャックらしく、よく吠えます。

マイクロチップの登録住所に住む方は
飼い主ではなかったそうです。


収容施設には三週間ほどいたようでしたが、
飼い主さんはとうとう現れませんでした。


初めて会うポム君は、
バタバタと落ち着かず、
私に飛びついてきました。

不安と恐怖で精神が参っている様子でした。
怯えるタイプではなく、パニクるタイプです。

そういうタイプのほうが、
メンタルの修復は早いと思われるので
まあ、良かったかな。


ちょっと安心して、必要書類にサインし、
マイクロチップの登録を私に変更して
いただくよう、お願いしてきました。


ポム君はまったく動きが止まらないので
クレートを縦にして上から入れ、
ガリガリバタバタしているまま
車に乗せました。

お世話係だったという男性が
「よかったなあ!」と
声をかけてくださいました。

収容犬たちの生死に
毎日向かい合っているであろう
初老のその男性は、
ポムをにっこり見つめていました。
「この子は噛まないからいいよ、
小型犬の噛みはなかなか直らないからね」
と教えてくださいました。


車を走らせると、ぴたっと静かになりました。
悪臭だけが漂う中、1時間も高速を走り
帰宅しました。


うわー… 恐ろしく臭うな。

何ヶ月放置されていたのかな。

もちろん、ガリガリです。


足先だけでなく、腰やお尻も舐めているようで
変色していました。

保護時はどんな様子だったのでしょう…

腰から下は、毛が刈られていました。


まずはオヤツをあげながら、
コームで埃やらゴミやらを取りました。

ちょっと離れると、ギャンギャンと
激しく、いつまでも鳴いています。
パニック状態です。

洗うのは翌日にしよう。


ふたたびクレートに入れ、
布を被せて暗くし、
脱衣所に置きました。


すると、静かでした。
人気のない場所だと感じ取っています。
そして、疲れていて、暗い中で
ゆっくりできたのかもしれません。


ご飯やお水を運ぶと、
またギャンギャン言いました。

排泄物を片付け、庭を歩かせ、
またクレートに入れ、暗くする。

三日間それをやりました。


ギャンギャンしても何も起こらないよ。
静かにしていたほうが楽だよ。

と、気付いてもらうためです。

収容されている間、不安と恐怖で、
人の気配を察してはギャンギャンして、
それでご飯がもらえると、
勘違い学習をしたのだと想像できました。


ひっきりなしに吠えることは、
著しく体力と思考を消耗させると、
信頼するトレーナーさんに教わりました。


また、興奮を抑えることは、
その逆より簡単だから、とも習いました。


4日目には、サークルに移しました。

ギャンギャンがきゅうーん、
に変わってきました。


なんのコマンドも入っていません。
オスワリどころか、オテもできません。

「人の手は、食べ物を持っている」

そんな思考しかなく、
手を見るとすぐにペロペロしてきます。
オヤツを持っている手には
カメレオンみたいに大きな口を開けて、
パクっと指ごと食べようとします(*_*)

ギャンギャンが減っても、
撫でられる喜びすら、
思い出せない様子でした。



つづく。

2017年12月24日 (日)

バニラさん、トライアルスタート


保護からわずか1ヶ月ちょっとで
スピード決定となったバニラちゃん。

同じ歳の白ネコくんがいるお宅で
先日、トライアルスタートとなりました。

早く仲良くできるといいね(^^)

出発前の我が家での様子。





上手に日向を活用してました。













とても美しい子でした☆

性格も穏やかで。

私や、うちの猫たちには
すぐに慣れてくれましたが、
夫にはダメでした。

何かあるのでしょうね。


先住ねこくんと、うまくやれますように。

猫同士の相性は、
人の努力ではどうにもならないところ。


もし仲良くできそうになかったら
戻ってきていいよ。

そんな気持ちで送り出しました。


みんなが幸せにならなきゃ、意味ないもんね。





がんばれ、バニラちゃん







より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年) 1. (募集中)ふわり(ゴルフィは決定)(故ソレイユ) 1.(決定!)コンブくん 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。