4.病気のこと

2022年8月29日 (月)

ミュウは慢性腎臓病でして

前回、ジャスミンの難聴について書いたので
今度は同じ歳のミュウについて。

A3af66e16efe45d8a4c394d7cbef1a98

 

ジャスミンとミュウは同じ14歳。
誕生日が3週間くらい違うだけ。
子犬子猫のときを、一緒に過ごしました。

30f7616647c0472c84559c65d95b416d

 

ケンカしたり寄り添ったり、
ごはんを一緒に食べたりしながら
成長してきたイヌとネコ💕

82c2897c0e1f4ff192d02dc2ed0c4846

 

ジャスミンが難聴に対して、
ミュウはお耳はよく聞こえているようです。

29fb9b5441f74d3ab03ec92ea4511c57

 

でも、1年位前から
少しずつ腎臓が悪くなってきていて、
いよいよ半年前から薬をのんでいます。

 

腎臓病はステージ1から4で表されますが、
ミュウはステージ3に入ったところ。

ステージは「クレアチニン」の数値で決まるそうです。
参考基準値は「0.8-2.4mg/dL」

ミュウの場合は昨年の秋からレッドゾーン突入💣

( 8歳)2017年1月 2.0
( 9歳)2018年1月 1.9
(11歳)2019年9月 2.2
(12歳)2020年9月 1.9
ー-------------
(13歳)2021年11月 3.1★
(13歳)2021年12月 3.5
 <投薬開始>
(13歳)2022年1月 3.3
(13歳)2022年4月 2.7
(14歳)2022年7月 2.8


確かにその頃からおしっこの回数が増えていて、
体からもわずかにおしっこ臭が😞

お漏らしかと思い、
ベッドなど普段からよくいる場所を
チェックしましたが、
それらしい臭いがないのですよねぇ。。。
この謎はいまだに解けず。

 

おしっこ回数はだいたい5回。
徐々に増えてきました。
健康なにゃんこたちは2回か、3回です。
固まるタイプの砂(穀類)を使っているので
量と回数の増減は簡単にわかります。

 

多頭なのに?と言われそうですが、
オスとメスでは固まる形状が違うということと、
サラと志麻とミュウは別々のエリアで過ごしているので
使うトイレが別になります💡


Dbb8ec3ea78c4c8d83fbfed0db661289


服用中なのは「テルミサルタン」という錠剤です。
腎臓病になると最初に出されるようですが
他にも種類があるそうです。

お値段は1錠100円を、1日4分の1。
飼い主の負担は少ないです。

ただ、病気が進行してくると
別の薬が追加されるとのこと。


腎臓病は猫に多い病気ということで、
私もできるだけ早期に発見して
腎臓ケアフード(低リン)にすることで
進行を遅らせてあげたいと考えていたので、
健康診断時の検査は
IDEXXのSDMA検査が始まった直後から
病院にお願いして検査してきました。

SDMA値は、クレアチニン値よりも先に、
腎臓の働きの悪化を知らせてくれるという
画期的な検査としてニュースになったからです👀

55083a631ccf494f8bb22bf0ebb4000f


しかし残念なことに、
ミュウは昨年11月に
初めてクレアチニンが上昇(★)した際に、
同時にSDMA値も基準値を超えていた、
という状況でした😵


つまり、SDMA値が先に上がっていたかも
しれないけれど、
1年間検査していなかったから気付けなかった、

というわけです、とほほ。


短いスパンで検査していないと、
SDMA値計測のメリットを受けられないわけですね。

当たり前だけど、ちょっと盲点というか・・・
考えが浅かったなと😖

(数値に現れてくる時期は年齢や筋肉量により異なったり
 さほど違いは無いという説もあるようです)

 


でも、ここから挽回しないと!!!


というわけで、張り切って腎臓ケアフード
(低リンになっている)をあれこれ買って、

さて、ミュウちゃんはどれがお好み?!

としたわけですが、

どれもこれも食べない!!!!

当初は、ドライもウェットも試しましたが、
こちらが張り切れば張り切るほど
抵抗されたような気がします。(笑)


ミュウちゃんお願い、これ食べて!!!!
これしかないのよ!!!!

と、心を鬼にして続けていても、

食べないったら食べない!

と、かなりの頑固者で。。。

77d2a3dd05194ff7b4dc8981d71aa320


にらめっこを続けていたら
ある日、ミュウのウンチが
ウサギの糞ように小さくコロコロと出ていて。


あーもう、止めよう。
なんて可哀想なことをしてしまったんだ、
好物を食べさせてあげよう。

そう思いました💧

 


体重も8歳の時は4.4kgあり、
さすがにこれは少々肥満でしたが、
12歳では3.9kgで
これならちょうど良いかと思ったところに

腎臓ケアフードとのにらめっこを始めると、
あっという間に3.3kgになっていました。

ミュウは女の子ですが、体が大きいので
3.3kgでは痩せ気味です。
3.6kgくらいほしい。。。🐱




猛烈反省し、それからは
好きなフードを半分、
腎臓ケア食を半分、といった形で
用意してあげました。


すると腎臓ケア食もそこそこ食べるようになり、
ウンチもいい感じになりました。

体重の減りもストップして、
若干ですが戻してきた感じです。

8cb7d979eb3a4b9b8d800ac0e184ef41

(時々、こんなポーズで食べる😃)

 


ネット上で無料の情報を読んでいると、

ネコが腎臓病になったら
タンパク質制限が必要だ

とありますが、最近の何かの研究では
タンパク質制限には意味がなく、
とにかくリンを減らすことが必要とのこと。

とはいえ、たんぱく質が増えれば
リンも増えるそうですから、
お肉やお魚をたくさん食べていいという
話ではないようですけれどね。


ここら辺の話は、こちらの本でどうぞ。
具体的なリンの値や、
低リンのフード紹介もあります。

45d8fb9713a64f30ae763329e66d4e86

 

できれば他にも読んでおきたいのですが、
今のところ適当な書籍が見つからないため、
この本を頼りに食生活を見直しています。


そして大事なことがもうひとつ。
痩せさせないこと。だそうです。

筋肉が落ちると、身体機能の低下に
つながるそうです。

高齢犬アビーを見ていると、まさに・・・
といった感じ。


なので、2週間おきに体重を計っています。

今より減らないよう注意しなきゃです。

A9d78f906f984eacbcad535d5a7afa3b

(まだ張りのある肉球💕)

 


通院は、投薬を始めたことで
3か月おき、となりました。

次回は、なにか別の検査を追加するそうです。
カルシウムと、うーん、なんだったかな
血液でOKだったかと。


できればおしっこも採りたいけど
ミュウの採尿は難しい。
これまで多くの保護猫さんたちの採尿を
得意としてきましたが(笑)

それらの結果で、
追加のお薬が必要かどうか、
ということだそうで。
いつまでもクレアチニンの数値だけ
チェックすればいいわけではないのですね。

 


せっかく耳がしっかり聞こえていて、
体もまだまだ動くので、
そこそこに充実した食生活をしながら
腎臓病の進行を遅らせることが
できるといいのですけど💓


91d3e5eb09ee40958f549417972674ac


10年ほど前、
義父が糖尿病で食事制限すべきだったとき、
「長生きすることよりも、
おいしいものを食べていたい」と言って
好きなものを食べていたことを思い出します💦


でも私はミュウが苦しむのを見たくないので
うまく譲歩しながら、
やっていければと思っています。

 

B5bbbdf378b9481eb3c97d2c55c49434

 

 

 

 

2022年8月15日 (月)

ミーナと志麻の思い出(お盆に寄せて)

ミーナの新盆でした。

 

仲良しだった志麻が

みーにゃん亡きあと、

そっくりな声で鳴き真似をします。

D1a3c0de1e4b4d689ea1b50fa006ef63

 

これには本当に驚きましたが

ミーナの魂が志麻の体を借りて

「ここに居るから大丈夫」って言ってるようで。

またミーナの声が聴ける、と思うと

私の寂しさはだいぶ癒されました。

 

ありがとう、志麻。ミーナもありがとう。

 

小説や映画等でも

「心の中で生きている」なんて言いますが

まさにそんな感じです。

 

志麻とミーナは姉妹のように仲良しでした。

50f33713aae54802b20999d84b559e87

 

 

新しいおもちゃ等にはすぐにミーナが反応し、

志麻はその様子を見て「わたしも」となるのです。

260b1c8659f94fa2b1d1c7bb37cbbdde

 

志麻のほうが少し年上だと思いますが

人を怖がる志麻はいつもミーナを

頼っていました。

38f06d80af4a4c14a740d444b65f1864

 

ミーナにグルーミングされると

幸せ気分になるようです。

2c0239f2d8064fc0970210e197029ebe

 

D19409fe3b4145508f418713c0f8f236

 

0f3c4787eb104b9a83acc99952919601

 

 

私と同じくらい、

志麻は寂しい思いをしているかもしれません。

 

 

そして今日、8月15日は、

みーにゃんを保護した記念日でもあります。

見事な保護色で、どこにいるのか

わからない日がほとんどでした。

Bd4b1bc795354a0390e418e8cbfe2b33

 

 

何ヶ月もかけて餌付けして、

「出ておいて〜」と何度も話しかけて。

あと数日で、借りていたその土地(畑)を

返さなければならないという段階になって

やっと出てきてくれた時は嬉しかったなぁ

46c373bba2d240d78fcbc1b40eb11ad2

 

 

あの日から丸9年。

みーにゃんの居ない夏だけれど、

夢で会えたり、

むっつりな志麻を人懐こい猫にしてくれたり、

花を飾る習慣をつけてくれたりで、

亡くなってもなお、存在感ありありで

さすが、みーにゃんだなぁと感心するばかり♡

4ccda7f26c0f47e984f82a483968f6b6

 

ペットは偉大です🌻

 

ちょうど一年前、具合が悪くなる前のミーナ。

F14d34a797b94d33a612a283e1bc6009

 

あなたの魂は

みんなの心の中で生きてるよ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年3月 7日 (月)

ミーナの抗がん剤治療2回目

2回目の抗がん剤

「シクロフォスファミド」の注射が終わりました。

強い副反応が出ることなく、

ミーナ自身の様子は変わらないように見えます。

投与前のCBCでは貧血でしたが、

自宅での様子は調子が良いままです。

 

先生が、治療計画書を作ってプリントしてくださいました。

〇週目 薬剤名 量

が記入されています。

 

9週目まで終わったら、

同じルーティンを2週間に一度のペースで行うそうです。

これを「CW25プロトコール」といって、

(4/7追記 NCSUプロトコールに変更)

ミーナと同じリンパ腫の型で治療を行う場合には

最も生存期間が長いとされるメニューだそうです。

 

 

 

犬猫のがん治療で有名な

「日本小動物医療センター」のサイトから

「(4/7訂正)NCSUプロトコール」に関するページを見つけました。

日本小動物がんセンター 猫リンパ腫プロトコール

https://jsamc.jp/dr_info/education/pdf/rinpa02.pdf

 

 

下段の脚注に

化学療法剤投与前にCBCを毎回実施。 ・・・」

との説明があり、やはり貧血との闘いかと気が滅入ります。

 

 

最初の検査時、すでに末期だそうですから

寛解できるとは思っていませんけれど・・・

それは奇跡だと思いますけれど・・・

 

もし、できることなら

寛解させてあげたいなと願わずにはいられない・・・

 

 

さて、2回目の治療日に

先生が「治療前」と「後」の胃の状態を

比較してご説明くださったので

載せておきたいと思います。

 

こちらが治療前のエコー画像です。

右上の黒い部分が一番厚い胃の壁で、

厚さが17mm近くありました。

健康な胃の厚みは1mmくらいだそうです。

B06e680d6b77454ca9cfb6f518376f3c

 

胃の壁が厚いということは

内側の隙間が少ないということになり、

それは、食べ物が入らないという意味になるそうです。

 

 

それでミーナは、

「お腹が空いた」と鳴くのだけれど

ペロペロとしただけで

ちっとも飲み込めない日が続いていたのでした。

 

とても辛かったと思います。

 

 

それが、抗がん剤1回目から

9日が過ぎたこの日は、

同じ場所で計ると

3.4mmにまで薄くなっていました。

中央より右側の水色の点の部分です、見えるかな。

26bde5297563461888129acccbd482f6

 

だから食べられるようになったのでしょう。

 

治療後4日間くらいは先生の指示通りに

ペーストタイプやムース、パテといったタイプの

総合食や入退院サポートタイプを与えていましたが

 

だんだんと、他のネコたちのドライも食べたがったので

5日後くらいに先生に確認してみると

「吐かないようなら与えてもいいですよ」とのことでした。

 

その食べたがりが、

胃の壁が薄くなってきたよー!

のサインだったのですね。

食べ物が入っていける隙間ができ始めたわけです。

 

ミーナの生命力に惚れ惚れします。

いいぞ!その調子で頑張ろう!!

 

その一方で、

抗がん剤の効き目のすごさというか

変化の速さに驚き、

副作用が心配になったりするのですけれど。。。

 

 

 

体重の推移はというと、

私が自宅で抱っこして計った記録は

このようになります。

 

1/19 3.2kg (これがミーナの標準体重)

2/1 2.9kg

2/13 2.8kg

2/17 2.65kg

2/21 2.65kg(入院時、病院で計測)

2/22 抗がん剤1回目

2/26 2.55kg

3/2 2.65kg

3/3 2.7kg(抗がん剤2回目、病院にて)

3/7 2.9kg

 

2回目の抗がん剤投与後、少し増えました♡

 

がんの闘病中はとにかく筋肉が落ちてしまうそうなので

基本の給与量の1.5倍くらい食べさせても良いとのことで

ウェットタイプの総合栄養食を中心に

ドライも合わせてたっぷり盛り付けて、

食べるだけ食べさせています。

A3d6b743339042679c4cdcc0c808db4a

 

さらに今回のことを受け、

ミーナ用にはカロリーのある、

シニア期ではなく維持期向けのフード、

そしてできるだけお魚系を買い込みました。

 

温泉卵の黄身もよく食べてくれます。

5845b0d9f82d47289c6a180d155aed96

(すごい勢いで食べるので、ブレます)

 

 

今は、総合栄養食のウェットフードが

ちょっとしたブームのようで、

各社競うように次々と新作を発売していて、

様々な種類をたくさん用意することができました。

 

 

 

そして抗がん剤の副作用についても

ご説明いただきました。

 

抗がん剤は活発な細胞を破壊するとのことで、

癌細胞だけでなく、必要な細胞も壊してしまうそうです。

それで赤血球や血小板が減って

「貧血」が起こるとのこと。

 

2回目抗がん剤の前に採血したミーナの血は

赤血球と血小板がすでに基準値を下回っていました。

1fdb429315794226aa74cac27228b841

 

つまり、貧血は始まっているとのこと。

 

このままどんどんと減ったら

「輸血」という話になるのだろうか・・・

造血剤も合わせて服用するのだろうか・・・

 

 

さて、当のミーナの様子ですが、

2回目抗がん剤投与から帰宅したばかりのときは

不安げに部屋をウロウロしていました。

3ee0bbd69c0d414da7e9e42da0d8cb07

 

 

それもそのはず、

エコー検査の際、相当怒って抵抗している声が

私が待っている廊下まで響いてきました。

 

興奮しすぎて、とても疲れたのでしょう。

しばらくうろついた後は、

温かいペットこたつの上で疲れを取っていました。

D4a9d228ddf64948a96fd62fc548923f

 

エコー検査は毎週するのかな、

確認し忘れました。

 

 

この日の夜は三段ケージに入ってもらい

扉を閉めました。

便の状態を確認したいからです。

明け方に様子を見に行くと

ハンモックでゆらゆらしていました。

C48a68c7b4f1403e96d776866070229b

 

治療開始前はタール状の便が出ましたが

治療開始後は一度も出ていません。

 

たくさん食べている分、やわらかめですが、

下痢はしていません。

 

 

 

お膝抱っこも、元々大好きなコです。

一回り小さくなった体をできる限りナデナデ。

4b2c261a8099409f943bae12dd7bfbbe

 

Acd74c530a5e4e65918a4647fe9d66e9

 

ストレスがかかると毛がごそっと抜けるので

頻繁にブラッシングしたりして整えてあげます。

あまりにすごい時、

コロコロ(衣類用の粘着テープ)を使ったら

怒られました(;´∀`) だよねぇ

 

 

ミーナはグルーミング女王なので

毛の溜まりすぎが心配です。

ちょいちょい他のコのグルーミングも

買って出ているので

他のコも綺麗にしておかないとなりません。

 

お世話仕事、かなり増大しています。

でもそれも、ずっとできるわけではない。

残り少ないミーナとの大切な時間だと思っています。

 

 

 

2022年3月 3日 (木)

ミーナ、抗がん剤治療1回目のその後

1回目の抗がん剤のあと、
5日経ってから「検査結果が出た」と
先生からお電話いただきました。


細胞診で「低分化型リンパ腫」との診断結果。

低分化型というのは、
高・中・低のグレードの中で「高」、
つまりハイグレード(悪いほう)の型のようです。


先は長くないということか・・・・

なんとも悲しくなって、
鼻が詰まり、赤鼻のトナカイ状態。。。


さらに、B細胞性か、T細胞性か、
という分類もあり、
それによって抗がん剤も変わるそうなのですが、

それを知るための検査は
「クローナリティ解析」といい、
遺伝子検査なんだそうですが、
それでは「検出されず」という結果でした。
20%がそのような結果になるそうです。

私には正確な意味がわかりませんが、
型はわからないままでも、
ミーナの場合は

「UW25」

というプロトコールで治療を継続するのだそうです。

 

(追記4/7 のちに、NCSUプロトコールに変更)


これは「多剤併用療法」といって、
複数の(たぶん4種)の抗がん剤を
ローテーションして投与するメニューです。

リンパ腫は抗がん剤が効きやすい病気
なんだそうですが、
リンパ球がすぐに抗体を作るようになるため
1種を長期使用できず、
それで複数の薬をチェンジしながら使うとのことでした。

副作用もやはりあるそうなので、
多剤併用することで
それも穏やかになることが期待されるようです。

「UW25」の25とは、25週間ということでしょう。
約6カ月の治療メニューなんだそうです。


ネットで獣医さんたちの報告を読んでいると、
25週目までいけないコも多いようですね。


その1回目、
「ビンクリスチン」という抗がん剤を注射したのが
2月22日。

自宅では24日からプレドニゾロン錠を5mg
服用しています。

 


当のミーナの様子としては、
投薬日を1日目として、
4日目には、驚くほど食欲がモリモリ湧いてきたようで
目ヂカラも出てきました!

E295b3d2c0de453bbc9c10f611140120

 

 


なんと~、出なくなっていた声も、
しっかりした声に戻りました!

297ad371948f4c018057d1a2abd2512b

 

「お腹空いたー、にゃーん、にゃーん」と
うるさいくらいです(*^▽^*)

 

抗がん剤の効果、バツグンです♡


具体的には、
厚く硬くなっていた胃の壁が
抗がん剤によって薄く柔らかく戻り、
胃の中に食べ物が入るようになったということ
なんだそうです。

 

最初のエコー検査では、
通常1mmほどの胃の壁が
17mmにもなっていたそうで、
空腹でも食べ物が胃に入らず
とても苦しい状態のようでした。

 

さらにプレドニゾロン錠(ステロイド)を
毎日1錠服用することで
食欲増進という副反応が良い作用となっています。

 

FeLVのサラの闘病時と一緒です。

 

ミーナは野生が強いし、意思も強いので、
胃の壁が厚くなって食べられない状態だったときは
自分自身でとてもとても危機を感じたに違いないし、
それで私に、声にならない声で
必死に訴えていたのでしょう。

 

私も、なんか変だわ、異常事態だわ、
と感じることはできたのに、
病院選びを間違えて悪化させてしまいました。

 

これから盛り返すしかありません。


とにかく、消化が良いように、
総合食のウェットフードをたくさん注文しました。

 

健康なときは好き嫌いもあるほうだったのに、
今や、ほとんどなんでも食べるようになっています。

 

3490d330a5c84c24a791635f73cb0163

 

FeLVのサラのときも、
毎日5mgのプレドニンを服用している間は
本当に何でも食べてくれて、
それが体力維持になったのですよねぇ。。。
もう5年も前の話です。

あの頃を思い出して、フード以外に
栄養価の高いものをあげてみたいと思っています。

 

でもまだ、毛の逆立ちは続いています。

Ec68734594d9446eb27d4b42357e777b

 

 

治療前は脱水症状もあって皮膚がたるんでいましたが、
今は張りが出てきました。

8291813de05a4919b0048333efc8488f

 

こたつの上が大好きなようです♡

 


さて、もう2回目の治療日です。

その結果はまたあとで書きます。

 

 

 

 

 

2022年2月20日 (日)

ミーナの吐き気は止まったものの

1月に、ミーナの吐き気が止まらないと

書きましたが、その後の経過です。

 

吐き気止めの薬「セレニア」を服むと

吐くことは無いのですが、

手放しで喜べないのは

全身の毛が逆立ったままだから。

 

明らかに気持ちが悪そうなのです。

 

さらに姿勢も変で、

香箱座りのようなリラックスポーズではなく、

肉球をしっかり地面に着けて

肘を曲げて、呼吸が辛い時にするような、

胸から上を支える姿勢でいることが多い。

 

元気なときは、じゃらし棒への反応も

最初から最後まで全力投球で

我が家で一番燃え上がるタイプなのに

まったく反応しなくなってしまいました。

 

 

そんなわけで、セレニアの副作用も疑って

しばらくやめてみることにしました。

 

 

一週間止めてみると、

そのほとんどの日は、1回から3回ほどの

胃液を吐いていました。

すべて、血混じりです。

 

 

当初の推測は、

混じる血が鮮血なため、

上部気道で出血が起きていると考えられ、

吐かないようになれば傷ついた粘膜が

正常に戻るだろうというものでした。

なので吐かないようにしてきたのです。

 

しかし、血混じりは治りませんでした。

 

 

原因が違うということになりますね、きっと。

 

 

そして驚くことが起こりました。

 

 

薬を止めてから、8日目。

 

突然!!本当に突然でしたが、

その日に吐いた胃液は透明だったのです。

1ea61d7b58bd4c8590cf67ef7481a4e1

 

 

次の日も、その次の日も、

胃液は透明で

しかも少量になりました。

 

 

これには本当に驚きました。

 

 

かかりつけの先生に相談すると、

胃潰瘍などができていてそれが治ったのかもしれない

とのことでした。

 

 

胃からの出血ならば、鮮血ではなくて

茶色の胃液になるそうなのですが・・・

 

 

うーん、なんだか、腑に落ちない。

 

 

というのも、出血の原因が無くなったならば

元気食欲は戻ってもいいのに

どんどん弱っていきます。

1か月もしないうちに

3.2kgから2.9kgに減ってしまいました。

 

 

 

胃液が透明になってから3日目。

 

今度は、涙に血が混じるようになってきました。

 

B9a3ccb72d864b9a8b87d80e2e043db3

 

2aa943748d0f4cc1a239d53cedc2926c

 

写真は撮れませんでしたが、

もっと濃い血が混じる涙が出たのです。

それは一度だけでしたが。

 

 

 

 

また、かかりつけの先生に相談して、

目薬をもらいました。

抗菌薬のオフロキサシンです。

 

ノラ猫出身のコに多い慢性結膜炎だろうとの

ことだと思います。

ミーナは保護当時から涙目で

酷い時は目薬を処方されています。

 

 

これを2,3日差すと、膿みも

血混じりの涙もほとんど出なくなりました。

 

 

うーん、でも、まだ元気食欲がない。

 

 

観察に観察を重ねると、

食べるときにやや口の中を気にしていることに

気が付きました。

 

口内に何かあるのかも。と思いました。

 

血混じりの涙が出る左目の下が、

なんだか腫れているようにも見えるのです。

 

37cf740aaf6e4ddc89ffa50f835b33db

 

 

涙に膿みも混じっています。

988227844718491fa6c66437243eb9c7

 

 

 

それで、歯科のある病院に連れて行きました。

 

 

でも、「異常はありませんねぇ」とのことでした。

 

 

腫れてるように見えたのですが

私の勘違いだったようです。

 

6987b12a41d64fdaa5be3d58db145494

 

 

 

毛の逆立ちもまだあるものの、

私が撫でているときは落ち着いてくるようになりました。

 

0c916db0907f4f9c9f733ae08bc5584f

 

 

 

しかし、ごはんもほんのわずかしか食べられず、

なんとも可哀想でなりません。

 

鶏モモ肉やササミを茹でてあげると

キャットフードよりは食べられるようなので

ここ2日、それだけを食べています。

 

時間をかけて少しずつ食べているので

他のコに食べられないよう、

少しの間、ごはんと共に、

ケージの中にいてもらいます。

 

しばらくして見に行くと、ごはん皿の前で

ぐったり。。。

 

7ed4287e8b8845288b12b0f33a0c61c2

 

 

扉を開けても、動きません。。。

Ed32aa18d1174c0bb4518d6c74676863

 

 

げっそり、、、といった表情。

B0dcaa3dc7ee4474a8b264b907805f92

 

 

 

明日また、別の先生に診てもらおうと思います。

 

 

あまり連れまわしたくありませんが、

食べられず、体重も減るというのは

どこかおかしいと心配で。

 

手遅れになっても嫌だし。

 

 

膵炎とか、胃がんとか、

なんだか胸騒ぎが・・・

 

 

まだ9歳ですけれど、

あくまでもそれは推定でしかなく、

もう少し高齢かもしれない。

 

保護当時、すでに多くの歯が抜けていたり

膿んでいたりで、これまで2度も

麻酔下での口腔治療をしています。

 

 

とにかく納得できる診断を期待して、

私もこれまでの経過をメモにして持参したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月13日 (日)

アビー、2度目の膀胱炎


アビーがまた膀胱炎をやってしまいました((+_+))

 

(↓不調の時は体が傾きます)

11f752d0ebce4e68b868d85222172a81

 

 

今回気付いたときは、いきなり真っ赤な尿でした。

前日から出ていたのかもしれませんが・・・
暗くなってからの散歩だったので
気付かなかった。

今度は多めの量を採って病院へ。

前回と同様の「桿菌」と
ストルバイト結晶があったそうで、
抗生物質も前回と同様のものが
処方されました。


ところが、その抗生物質を
今回は二日連続吐いてしまって、
薬を変えてもらおうかと思ったところで
3日目で吐かないようになりました。


そんなわけで最初の数日は
薬の効果を得られなかったためでしょうね、
血尿は4日も続いてしまいました。

(前回は2日間)

血尿が出ている間は元気が無くて
フラフラで、食欲も半減で、
寝ている間も体勢が辛そうな状態でした。

 

おしっこを出し切る前にヨタヨタしてしまうので
晴れた日の暖かい時間帯に庭に出してみると
そのまま伏せてしまいました。

7441336329654311b6e8600fd0966cea

 

 

2か月の間に2回も膀胱炎ということは
その原因と対策を考えておかねばならないと思い、
獣医さんに相談してみました。


色々考えられるそうで、まず1つは、
6,7年前に診断された初期の
変形性脊椎症が
年齢に伴って悪化して、
下半身の神経を圧迫などして
尿が出にくくなっているのかもしれない。


2つ目は、
高齢になるとオスの場合
尿が出し切れず
常に溜まった状態になりやすいため、
細菌が増えやすい。


3つ目は、
ステロイドを服用しているから
細菌をやっつけるチカラが弱い。

 

というわけで、どれも少しずつ
当てはまるのかもしれません。


とにかく自宅でやってみることにしたのは、
いつも散歩時に着せているフリースのコートに
ポケットがあるので、
そこに使い捨てカイロを入れて
腰をあたためること。

3a2687587e5f4acdae93be2113526392

 

そしてクランベリーサプリを食べさせること、

それから獣医さんおススメの
「アンチノール」を与えること。

 

アンチノールは、犬や猫の様々な症状に
効くようで、何はともあれアンチノール、
みたいな雰囲気を感じます。


そのうち、アンチノール摂取率が
ワクチン接種率を超えてくるんじゃなかろうかと。


もう少し、安くなってほしいなぁ~

 

それはそうと2月に入ったばかりですが、
ぼちぼち春のデトックスを始めようと思い、
犬たちのごはんに
炊いたハトムギを入れるようにしました。

92d7614843ce4fa6a17e6dc971b5d021

Aeacfe1c6e3b4eca85183fe7eddc0438

 

ハトムギはむくみ対策です。

むくみは体に様々な悪影響を及ぼすようです。

アビーやスミレの皮膚の問題は
むくみを取り切れれば起こらなかったかもしれない、
なんて思っています。

昨年もハトムギごはんをやっていたのですけれど、
スタートがたしか初夏だったので
追いつかなかったのだろうと思います。
つまり、失敗でした。

 

ジャスミンはよく動き回っているので
自分で発散できるのでしょうね。

本当にあきれるほど元気です。

A37ba0e92bad45639b22205689fa6682

 

 

とにかく昨年の失敗を繰り返さないために
今年は立春から始めてみようと
意気込んでみたわけです。


どうなることやら。

 


生き物を育てるのって、簡単じゃないですね。

だから楽しいのですけれど。

でもキャパオーバーになると、
結局最後は動物が不幸ですから。

飼育頭数はよく考えなければなりませんね(;'∀')


昨年から私自身が体調を崩すことが増え
お世話がしんどくなる日が多くなりました。

もちろん、どの子のことも、
今のところ手を抜くことはしませんが、
投薬などをうっかり忘れることが出てきました。


実は今回もまた、アビーの血尿と、
私のぎっくり腰が重なってしまって。

漢方の世界で言うところの、
「7の倍数」ってやつですかね。

あるいは単に加齢でしょうか。

ぎっくり腰そのものについては、
それ専用の体操があって、
それをやったおかげで長引かずに済んだのですが、
右脚に痺れが残ってしまい、
それを取り除くのに一週間を要しました。


昨夏にやってしまった肋骨骨折も
お正月になってズキズキとうずいてしまって
呼吸が苦しいことがあるくらいだったし、

先週の雪の日も低気圧に影響を受けてしまい、
みんなの夕食の時間になっても
目が回ってぜんぜん立てなくなってしまいました。

吐き気を我慢しながら、
とにかくみんなにごはんを配らなければと、
犬たち3頭の食事は休み休み用意できたものの、
そのあとの猫たちの分がどうにもできず、

仕方なくキッチン横の床に寝たまま、夫に指示。

「とらおは白い袋のを22g、
ミュウは銀色の袋のを18gね、

それからミーナはドライ食べられないから缶詰ね、
えーっと、何色だったかな、名前も覚えてないな、
あーそれそれ。

ブーレと志麻は同じでいいや。赤い袋のを。

あ、20gくらいね、

そこにね、ウェットフードを混ぜてほしいのよ、
あでも、志麻は混ぜると食べないから、別皿ね、

ミュウとブーレは混ぜていいわ、

あ、とらおはね、別のウェットにしてほしいのよ、

あ、でもいいや、今日は、なんでもいい。
うん、どれでも構わない。

それからー」

と、半分くらい進んだところで、

「だれが、どのお皿だったか、もーわかんない!!!」

と、夫がキレ始めたので(笑)、

結局、なんでもミックス、みたいな
食事になったようでした(;'∀')

 

私も吐きそうになるのを必死にこらえていたので
もうろうとしてしまい、
今日くらいはいい加減で構わないとしよう、
と発想できなかったのです。

 

本当はごはんの他にもトイレ掃除も頼みたかったし、
お水ボウルのことも頼みたかった。

けれど、どちらも10個ずつあるのでね、
なんとなく言えずじまいでした。

 

だから常に清潔だったトイレには
誰かのが残っていて、
ストレスを感じたネコもいたでしょう。

こうなると、一時的ではあるものの、
キャパオーバー!といえるのです。

 

 

考えてみたら、ここ数カ月の睡眠が短くて、
iPhoneのヘルスケアアプリによると
平均5時間ほどで。

私としてはやはり7時間は寝たい。
生まれつき貧血症なので。

でも、眠れないのです・・・

ならば昼寝を。と思っても、それも十分に
果たせない日がほとんどで。

それで疲れが溜まってしまったのかと。

 

 

疲れやすいのは食生活が悪いのですね、きっと。

 

不健康は、養生が足りないからだと
自覚しました。

 

ひとまず朝のコーヒーをやめて、
夜のビールをやめて、
寝る前の果物もやめて、
スマホは深夜に見ないようにして、
それからそれから
甘いものを半分に減らそう。


減らすものばっかりじゃ。

誰もがしんどくなる春が来る前に
体調整えなきゃと。。。


だって、高齢になったアビーやスミレが、
この春こそ、どうにかなってしまいそうな
気がしてならないのです。。。

 

 

膀胱炎対策はもちろんのこと、
栄養のことも、薬膳的に
もう少し工夫したいところです。

穏やかな老後にしてあげたい。

 

 

 

(側溝は渡れない日が増えました)

506527302f0541168201405d56d6b19e

 

B4976e3eeaa64915aa2ec578f6fd4233

 

 

 

 

2022年1月20日 (木)

ミーナの吐き気が止まらない

ミーナ、推定9歳。

9月から異常な吐き気が続いています( ;∀;)

 

5248079c77664589b1b768cfa8e50813

 

 

もともと胃液や毛玉を吐きやすいタイプではあったのですが、

9月頃からは、ほぼ毎朝、胃液を吐くようになりました。

Bcff254baf01428280f2ab3eab3fa1fc

 

 

そして10月には、一日に二度三度と吐くようになり、

胃液に血が混じるようになりました。

4da6d7a2d61c40f1a21031ae1e31fcf3

 

しばらくの間、

病院へ連れて行こうかどうしようか

迷っていました。

 

というのも、こまめに食事を摂れば

吐かないのです。

 

そして混じっている血は鮮血。

胃から出ているのではないだろうと思いまして。

 

もう少し具体的な観察をしてからでないと、

レントゲンとかエコーになりそうな気がしました。

 

そうなるとミーナの場合、

まったくもってじっとできない質なので

検査もうまくいかないだろうと思い・・・

 

 

・食欲はある

・じゃらし棒への反応もよい

・顔色もよい

・便通も良し

・私への甘え具合も以前と変わらない

・胃液に混ざる血は鮮血

・一度に食べる量が少ない

・時々ドロドロした毛混じりも吐く

・ちょこちょこ食べていれば吐かない

・吐く前は繰り返し鳴く

 

 

というわけで、朝・昼・晩、そして深夜と、

4回のごはんタイムを設けてみました。

 

もちろん、昼はできないこともありましたが、

その時は三段ケージで留守番させて

フードを入れておきました。

 

Cf8df018fa6f43949fc55a5413fc2779

 

フードの器も変えたりして工夫しました。

 

 

しかし、好き嫌いの多いコなので、

出しても食べないことがあり、

そうなるとやっぱり吐いていたのでした。

 

あるいは、食べていても

「食間」の時間が長いと

吐いてしまうこともありました。

5b365febfb0f452595227c816e287d31

 

 

1日3,4回の食事タイムを作ることを

数週間続けましたが、改善されないので

それでやっと通院することにしました。

 

11月末日のことです。

1か月待ちでした。

予約が取れなかったのです。

そんなことなら、

もっと早く予約すればよかった・・・

 

 

新型コロナ患者増加で緊急事態宣言下だったかな、

親御さんたちが働きに出られない時期でした。

 

動物病院でも人手不足で、

緊急以外は先の予約しかできませんでした。

 

 

ひとまず血液検査となり、

すべての項目で異常なし。

 

まずは定番の吐き気止めを処方してもらいました。

 

それは液体の薬で、シリンジで与えるものでした。

3f755ad6b2964026a5176ad45590205b

 

最初の2回はうまく飲ませることができたものの、

3回目からは「オエーッ」と吐き出すようになってしまいました。

 

それで今度は錠剤をもらい、

それを粉にして食べ物に混ぜて与えました。

これは上手くいきましたが、吐き気は変わらずでした。

 

 

そしてまた先生に相談し、別の薬をもらいました。

お正月明けのことです。

この時点で、もう3ヶ月もほぼ毎日吐いている、

ということになります。

 

なんて可哀想な・・・

大したことは無いだろうと、

通院を先送りにしたことは大きな失敗でした。

 

 

3種目の薬は錠剤で、

中枢神経に直接働いて吐き気を止める、

というものでした。

 

その薬は一度で効きました。

 

一錠が1,000円もする薬で、

といってもミーナの体重だと1回1/4でよかったので

250円ということになります。

 

 

それを5日連続服用。

 

その間は一度も吐かず、本当にホッとしました。

ミーナ自身も楽そうで、一度に食べる量が増えました。

それで食事回数は一日2回に戻しました。

38b660cf0bc14a8183e7dc953fd57ef3

 

 

久しぶりに掃除不要な日々が続きました。

 

毎日吐いていた頃は、

ベッド、カーペット、こたつ布団、

そしてタワーの上からも、

ケージの上からも、天袋からも…、

とにかくもう、ところ構わず、

オエーッとするもんですから、

毎日毎日掃除に時間がかかり、

ほんとにもう泣きたいくらいでした。

 

E19996003277470291a0de0127ba4acf

B5241cdf9cb24394a373cef79cdc4c87

 

 

三段ケージに入れたって、

ケージの外に向かってオエーッとするし、

ハンモックの中にもオエーッとするし、

お水ボウルにだってオエーッなんです。

 

どうにもこうにも対策しようがなかった・・・( ;∀;)

 

 

効果抜群の吐き気止めを5日連続で服用したあとは

ちょっと休憩してみました。

 

 

そのことを先生に相談したところ、

止めてみてまた始まるような時は

一日起きに服用するなどして

長期的服用が可能な薬なんだそうです。

 

 

で、残念なことに、

中3日で嘔吐が始まってしまいました。

とてもがっかりでした。

これこそまさに「ホッとしたのも束の間」です。

 

 

そして、もしや他の病気があるんじゃないかと

不安にもなってきました。

 

最近の話です。

 

 

 

また投薬の日々が始まります。

 

高額な薬であっても、

とにかく吐き気が止まり、

副作用が出ないことを祈ります。

 

 

猫は吐きやすい動物だそうですが、

さすがに辛そうです。

 

 

そして気になるのは、投薬3日目くらいから

背中の毛が逆立っているのです。

 

これはとても気になります。。。

 

3ff63e76f9244360b7678e06a08f3e14

 

 

私の膝上が大好きなコなので、

できるだけたくさん、

こんな時間を作ってあげたいと思うのですが。

792a14a2fb754390b33c46c9328ce000

 

体重を計ってみたら、少し減っていました。

 

大きな病でないといいのですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年12月27日 (月)

アビーの膀胱炎

AmazonのPrimeVideoからお勧めされた

「おいしい給食」というドラマがあまりに面白くて

ブログを書く時間が減りました (;´∀`)

 

そのドラマの時代設定は「1984年夏」、

舞台は中学校。

まさに、私と同じ年代!

 

それだけでも盛り上がるのに(笑)

主演の市原隼人がその硬派なキャラに合わず

めちゃくちゃ面白くて

ついつい噴出さずにはいられない内容です。

 

本当に楽しく観ています(≧▽≦)

コロナ禍でなんとなく元気が出ない今、

こういう単純明快なストーリーには

元気をいっぱいもらえます(*^▽^*)

 

 

閲覧方法はいろいろあるようです。

私はAmazon freak なので(笑)

PrimeVideoから観ていますが

Fuluでも観られるとかなんとか・・・



気分転換に最高ですよ☆

 

 

 

というわけで本題です。

 

 

今月上旬の話です。

 

めずらしく早朝から

アビーがオロオロしていた日がありました。

 

家から外に出してあげると、

芝生の手前のウッドデッキで

おしっこがたらたらたら~~と

漏れてしまいました。

 

普段なら、庭の隅の木の根元におしっこを

するのですが、もう間に合わない!とばかりに

出てしまったようで。

 

そんなことは初めてでした。

 

といっても、最近のアビーは

高齢犬らしくヨロヨロすることが増え、

排泄の失敗も出てきていたので、

また一歩、老化が進んだのかなと思った程度でした。

 

 

ところがその後、朝食を食べさせ、

日が昇って寒さが和らいだ頃に

アビーと散歩に出掛けたら、

後半2割くらいのおしっこが真っ赤!

そりゃもう、驚きました。

 

 

膀胱炎かもしれないと思い、

とにかくたくさんの水分を摂らせて、

夕方にまた散歩に出ました。

 

やはり変わらず、後半の2割くらいが真っ赤でした。

 

ひとまず「ウロキャッチャー」で採尿。

前半はしっかり取れましたが、

後半は日が暮れていたので良く見えず、

これだけ・・・

572fe531372d41ec9854cba523d09d57

 

それを診てもらえるかどうか病院に電話し

「尿検査だけならば」ということだったので

すぐに向かいました。

 

 

やはり膀胱炎でした。

 

抗生物質を服用することになるのですが、

抗生物質にはたくさん種類があり、

アビーに合うものをと、先生が検討してくださったのが

これ。

 

大きい!!!

C5a4d94312fa4e8a9c089c3d596e6a61

 

ちなみに小さなほうは、いつも服用している

「甲状腺ホルモン剤」です。

 

猫たちが残したキャットフードと一緒に

差し出すと、何の迷いもなく食べてくれます。

 

この薬が効いてくれたようで、

4日目にはいつものおしっこの色に戻っていました。

 

 

アビーは皮膚病の時、

他院で抗生物質をあれこれ処方されてきました。

 

それで耐性菌ができてしまっていて、

効かない抗生物質がたくさんあるのです。

 

 

あまり公には騒がれていないように感じますが、

2050年には、人の死因の第一は、癌を抜いて

「薬剤耐性菌関連死」になるとの予測だそうです。

 

☆厚労省「薬剤耐性(AMR)対策について」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120172.html

 

抗生物質は身近な薬だと感じていますが、

とても気を配って使わなければならない薬のようです。

 

 

そんなわけで、薬剤耐性の検査なしで選ばれた抗生物質が

アビーの膀胱炎に効くかどうか冷や冷やでした。

 

 

もちろん本当は、薬剤耐性検査をする

必要があったそうですが、

私が「ウロキャッチャー」で採尿した量では

少なすぎて、検査に回せなかったそうなのです。

(その検査は外注です)

 

 

なので、過去に処方されたものや皮膚検査の結果を

総合判断して、今回の抗生物質が選ばれました。

 

 

効かなかった場合のことを考えて、

服用開始から2週間後には

もう少し多い量を採尿して持ってきてくださいと

説明を受けました。

 

 

血尿が出た日のアビーはぐったり元気なさげでした。

 

3c6b12b43e3241e29f626f698ef2a8d0

 

 

でも、散歩に出掛けるととても元気になり、

張り切って歩いていました。

本当にパトロールが好きなコです(^^)

 

大雨の日も歩きます。

4621a4ad50424ad3acd30fa9f6ea932c

 

4abd655153ae4e8889bb44c7e6bf4dd6

 

1691bfbabc744f84b4338049b16b5830

 

 

 

霜が降りた寒い日は午前遅めの時間に。

E8cb064136c4484b958a0a537c8ace8c

 

3865150351f044948688f2cc71ffd4e3

このコから散歩を奪ったら生きてる意味がないって

相当落ち込むかも。

 

 

ジャスミンが一緒でも楽しく歩きます。

Eee79ce73e474ee6a7747102c3b1bcee

E725116111a5447b9e766e26d72f1e17

480b6d9326004f89a26be2ce500c3f8f

 

 

2週間後には、大きめの入れ物で採尿して検査に。

 

菌は無くなった、との結果でひと安心。

 

 

アビーは今まで膀胱炎にもなったことがないし、

ストルバイト結晶も出たことがありません。

 

「高齢犬がなりやすい病気」の中に入る膀胱炎。

 

ばい菌への抵抗力が落ちているのかな。

再発しなければいいなと思いますが、

これといって気を付けることも思い浮かばず。

 

 

ただ、ウロキャッチャーでの採尿量では

外注となる薬剤耐性検査はできないことが

今回勉強になりました。

 

 

高齢になると、今まで経験しなかったことが

発生してくるのですね。

 

10年以上も一緒にいて習慣化していることでも

変化が起こってくるようなので

気を付けて見ていてあげなきゃなりません。

 

 

ひと先ず今は、元気なおじいワン!

といった感じで過ごしてくれています。

C48cd29744944a40b058350d23fa0540




2021年12月13日 (月)

スーちゃん、癌が見えず

前回の診察から4週間が経ち、

再度、術後チェックの診察に行ってきました。

 

65d85f363b6d429b99b00331dcf2f8f9

 

気管支炎の薬を4週間分きっちり服用したからか、

現在では、乾いた咳が軽く出るだけ。


というわけで薬は止めてみることになりました。

 


また前回、D先生とした、お若い先生から

心臓がらみで2つ、いや、3つ、

病気があるように言われましたが、

今回はレントゲン検査で

胸に水が溜まっていなかったそうです。

 

「今となってはあれがなんだったのか

わかりません・・・」

と、D先生はバツが悪そうにおっしゃっていました。

 

「水が溜まっていない」というのはつまり、

血管肉腫も白血病もないってことなのかな?

 

まあでもそうなのでしょう。

心臓血管肉腫が本当にあったならば、

今頃スミレは相当苦しいことに

なっているはずなので。

 

診察していただく前から

あれは誤診だと想像していました。

 

 

まあ、いいです、

あのときは見えたのでしょう、何かが。

 


これで、気管の拡張手術についての

一連の診察は終了となりました。

 

 

これでホッとしたものの、

一カ月前に弁膜症と血管肉腫と・・・

と言われた時点で、

循環器専門の先生の診察を予約していたことを

思い出しました。

 

それが、2日後です。

 

私はもう、色々ある毎日で気疲れしていたし、

スミレも診察台で震えるようになっていたので

キャンセルも考えましたが、

 

なかなか予約できない先生だし、

地元の病院に弁膜症であるというカルテも欲しいと思い、

予定通りに受けてきました。

 

 

やはり、心臓に癌(血管肉腫)は見当たらず、

弁膜症のほうは ステージB1 ということでした。

 


そして驚くことに、次の診察は

「6カ月から12か月後で大丈夫でしょう」とのこと。

 

そんなに軽い症状なのかと驚きました。

 

それって、病気とは言わないレベルよね 笑

 

 

といっても、スミレの気管支炎によると思われる

軽く乾いた咳は続いています。

 

病気辞典によると、1年のうち2ヶ月以上も咳が続くと

「慢性気管支炎」という診断になるのだとか。

 

咳が苦しそうであれば

咳止め等の薬もあるようなので

次は地元の病院で診察を受けようと思います。

 

 

さらに別の角度からもアプローチし始めています。

 

コリをほぐして姿勢を整える、リハビリです。

姿勢が整えば、咳が減るだろうと思ったのです。

 

E1ee4ad683cc490e8f8311649bf39260

 

これが効果てきめんでした。

 

施術していただいた日の夜とか、

翌日いっぱいくらいは、とっても穏やかに寝ていて

ほとんど咳が出ないのです。


これには本当に驚きました。

しばらくの間、定期的に通わせてあげようと思います。

 

自宅でのマッサージ方法も教えていただきました。

そしてフィットネスも大事です。

 

人も犬も、健康に生きていくには

筋肉が大事だという話もあります。

 

適度な運動をしないと筋肉が減り、

あちこち不調になってくるし、

病気にも勝てないと。

 

2928727a1d3e4cac85de41edb0f1a33b

E9ca429cfc844d019e19fe8f07c27c10

 

 

やれるだけのことはやって、

それでも改善しないならば

お薬に頼ろうと思います。

あまり無理させても可哀想だし。

といっても、無理するタイプではありませんが笑

 

 

もうすぐ15歳になるスミレさん。

一緒にがんばろう!!

 

 

 

 

 

 

2021年12月 8日 (水)

とらおのストレスと肥満

11月は、ねこたちの健康診断月間でした。

 

それぞれに気がかりなことがありましたが、

結果、

お薬開始となったコ、

療法食を始めるコ、

様子見のコ、

何も心配ないコなど、

予想通りだったり想定外だったりで。

 

 

その結果を自分の中で整理整頓して

日常のルーティンにはめ込んでいってるわけですが、

なんともまあ、ややこしい!

 

飲み込みきれず、頭の中が疲れてます・・・

 

 

しかもこんなときに、

アビーが昨日、初めての血尿を出し、

結果、膀胱炎。2週間の抗生物質です。

それはまた後日書くとして。

 

 

健診結果の軽いところから記録すると、

まずはとらおちゃんなのです。

2db1d3e06fff43daa535a74497950b4a

 

今年9歳になりました。

 

毎日のんびり、天敵もなく、安心して暮らしているはずですが、

 

8b2312eb1cfd40d6bcd6148ae7df109a

 

86dc407823d84316b0a7a47410985360

 

 

何らかのストレスを抱えているようで、

外ももが薄毛になっていました。

つまり、舐め壊しです。

 

714134e8568045b98300d6fe2ad82d8b

 

 

とらおは人懐こくって、通院も怖がらないコです。

 

とらちゃん!それは女子用よー!

あなたが入ったら、底が抜けるわ!!!笑

462e7046db22412a81370dfe8da37f9f

 

 

どんなことに不満を抱えているのだろう。。。

 

6edea0b0d7c045d9825297913a843ad8

 

お腹もつるつるに近いくらい、

薄毛になっていました (´;ω;`)

 

 

こんなに自由にやっているように見えるのに。

ベッド、2つ取り~~!

C7efa7a0c92e41e5a9b1d2367350003b

 

 

外ももの薄毛が両サイドにあったので

ホルモンの不具合とか、なのかな、と思いましたが、

先生はお腹もつるっとしているからストレスでしょう、

とのことでした。

 

 

元々、ウールサッキングが酷いコでしたから

精神的に弱いのでしょう。甘えん坊だし。

 

 

血液検査の結果は、肝酵素だけが増えていました。

 

太っていることが原因かもしれないし、

それ以外かも知れない。

 

というわけで、まずは痩せてみることにしました。

 

おー、これがうわさの「満腹サポート」!

なんか、お腹の中ですごーく膨らむイメージ!笑!

C4e0ef8aaf0443dd8628fcc88ff47f31

 

満腹サポートの話はご近所さんから何度か聞いていて

はじめてトライすることになったわけですが、

パーッケージをよく見たら、満腹「感」サポートでしたね。笑

 

とらおの場合はストレスが絡んでいるようなので

「プラス CLT」というタイプもご紹介くださいました。

「精神的な健康に配慮」されているのだそうです。

 

今まで体重減少用のフードをあれこれ試してみましたが

この一年で、7.8kgから7.7kgにわずかに減っただけ。

 

 

とにかくこの「満腹感サポート+CLT」で痩せられれば、

肝酵素の上昇理由もわかってくるのではないかと思われます。

 

 

というわけで、猫たちの健診結果第一弾は

とらおの、

 

・療法食で体重を落とし、肝酵素の変化を見る

・ストレスの原因を探って舐め壊しが減るよう観察する

 

ということになりました。

 

比較的簡単なようで、なかなかどうして(*_*)

 

 

 

もうちょっと大変なことになったコもおりまして。

 

またそれは後日に。ミュウか、ミーナか・・・

 

その間に、膀胱炎のアビーのことか、

あるいは気管支炎&心臓病のスミレのことか・・・

 

とほほのほ (;´∀`)

 

 

なかなかしんどい状況になっておりますが

記録と整理整頓のために、ぼちぼち、

というより、せっせと、また書きたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.ミーナのリンパ腫治療 1.とらおのダイエット 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3.アビー皮膚炎、再び(2019年~) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定) アビーの突発性前庭疾患 アビーの老犬介護 エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) スミレの気管虚脱 テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミュウの腎臓病 ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。