とらお(とらとら兄妹)募集終了

2016年3月17日 (木)

太る遺伝子ってあるの?

いやまあ、「太る遺伝子」って、あるんですかね(汗

うちのとらおちゃんは今年5月で4歳になりますが、7キロ越えの巨体…





ペットの肥満は100%飼い主の責任であることはとーっても承知の助ですが、とらおに限ってはコントロールが非常に難しいっ!

早食いで、底なし。猫らしくありません…(T ^ T)


ひとりっ子なら太らずに済んだかもしれないのですが、うちのようにたくさんいると、うっかり太らせてしまう要因があるんです。


決して、たくさんあげているわけでもないし、せがまれてもおかわりはあげないし、オヤツの習慣もありません。

なら、なぜ太るぅー…


それは…

7匹(さらに保護ッコたちも加われば8以上)それぞれに配膳して、10個あるトイレを掃除して、お水を取り替えて、「食べ終わったかな?」と見に行くころにはお皿は全部きれいになっているから、

みんなよく食べたわね(^^) と思っていたのです。

でも、なんだか、みんなスリムになったような?


でも… あれ?とらおだけ太った?

あれれ??えー?!かなりおデブさん?!


と、やっと、そこに気がつきまして。


つまり、他のコたちの「ちょい残し」を全部平らげていたんですね(-。-;

今はケージ内でごはんを食べさせています。みんなが食べ終わるまで出しません。なんとか、年内には6.7キロくらいを目指したい!


そんな焦りを抱えていたら、な、な、なんと…


どどーん!




どどどーん!




にゃははははっ!!!


ひゃひゃひゃひゃひゃっ!!!


4年経っても、うり3つ!!!


って、笑っている場合ではありません(大汗)


こちらのおふたりは、上がMさんちの「みとくん」、下がOさんちの「ミトンくん」。容姿も名前も似ています(笑)

実はとらおの本当の兄弟です。

この子達を見て、

あちゃー(≧∇≦)太りやすい遺伝子だったの?!

というわけで、この記事のタイトルになりました(笑)


とらおたちは4年前、雑木林に捨てられていました。





こちらは、「とらじ」だったミトくんと、「とらみ」だったハルちゃん。



こちらは、「とらた」だったミトンくん。



そして、うちの「とらお」。



あ〜ん。かわいかった☆


それが今は…



あぁ…



とりあえずの目標は、背骨を感じられるようになること。^^;

とらちゃんには背骨ないです、まったくないです(>_<)

こちら↓ミトン君。もう、右とか左とか言わないから。
うん、背骨、ないな、ぜったいないな、丸すぎる(≧∇≦)





こちらはミト君。腹出すぎっしょ(笑)オッサンもいいとこです。というか、Mさん、この角度で撮るなんて(笑)!!ぜったい背骨ないな、うん。





「とらみ」だったハルちゃんだけが美しいまま♪



ありがとう、Mさん。ホッとします ^^;



さあ、競争です。今年中に7キロ切りましょうね!!

肥満は様々な病気の原因になりますし、手術が必要になったときには脂肪で臓器が見つけにくくなったり、麻酔の量も難しかったりするそうです。


来年はスリムな3兄弟になって、また登場してもらいたいと思います!


Mさん、Oさん、久しぶりの元気通信、ありがとうございました(*^^*) みんなの元気な姿を見て、色々心配ではありますが(笑)、ほっこり嬉しくもなり、仲間がいた安堵感も生まれ(笑)

一緒にダイエット頑張りましょうね!


ちなみに、OさんちもMさんちも、肥満体型の人間はいませんので、飼い主の怠慢ではないことを、言い訳しておきます ^^; やっぱり遺伝子!笑笑



最後におまけ。


貫禄の流し目、ミトン君。



女子には弱い、ミト君。



ほんとはイケメン兄弟なんだから〜



2013年10月17日 (木)

とらお、元気です

ウールサッキングのとらおを気にかけてくださる方がいらしたので、最近のおもしろ写真をご披露します(^人^)


お昼寝タイム。

1381959025057.jpg


じわじわと攻めてゆく。

1381959026193.jpg



ジャスミンが一瞬離れた隙にゲット。

1381959026800.jpg

なかなかやるなぁ、のとらお君でした。

最初に寝ていた濃いブルーのベッドは、とらおには狭くなったようです。

すんなり譲るジャスミンもちゃんとお姉さんしてくれて助かります。


2013年8月 5日 (月)

穏やかなトラトラたち

里親募集中のコたちではありませんが、気の合うトラトラたちの写真が撮れたので見てやってくださいまし。

 
20130804_6_18_53mini
 
左が とらお で、右が志麻。
 
 
二匹ともかつては「里親募集中のにゃんこたち」でしたが、
 
とらおは布類飲み込み症候群「ウールサッキング」で、
 
志麻は半年経っても抱っこどころか持ち上げることさえできない荒らくれヤンママだったので、  
 
よっしゃ!私が面倒見てやるわい!
 
と、里親募集を諦めたのでした。
 
キリッと顔の、志麻ちゃん。
きょとん顔の、とらおちゃん。
 
20130804_6_19_22mini
 
この2ニャンが仲良くしてくれて、とても助かります。
 
色々タイミングが良かったのか、 あるいはそれなしでも相性がよかったのか…
 
聞けるものなら聞いてみたい、ネコたちの本音。
聞きたくないことも出てくるかしらね。
 
20130801_16_42_39mini
↑とらお
 
 
人から見るとちょっとした不都合持ちの子達も、馴染む場所があれば穏やかな気持ちで毎日を過ごせるんですね。
 
 
捨てられネコや家なきネコを保護する、あるいは一緒に暮らすということは、
 
「そのネコが穏やかに暮らせるよう配慮すること」なんですね。
 
 
こんな本を読んでみました。
 
20130804_12_47_42
 
より一層、ネコたちを愛おしく思えます。
とってもとーってもお勧めです。
 
 
 
 
 

2013年7月 8日 (月)

まだ治ってなかった…

ウールサッキンガーのとらお君。
ここしばらく衣類の飲み込みがなかったので、治ったのかも!と思っていたら…


1373288142467.jpg


志麻ちゃんの通院でバタバタして、うっかりしまい忘れたタオルハンカチを食べてしまいました…

獣医さんから、
「治る可能性は低いかなぁ」
と言われていたので諦めているつもりですが、もしかしたら治るかも〜という期待も捨てきれないのでした。

数日前もTシャツを着ていたら、夫に「背中に穴が空いてるけど気づいてる?」と言われ、穴空きのまま買い物等をしていたことを恥ずかしく思ったのでした。

いつも破けたシャツを着ている私です(笑)

穴あきシャツ、流行らないかなぁ〜 ハハハ (^◇^;)


こんな困ったとらおちゃんですが、かわいくて仕方がない存在です。


1373290090200.jpg

〈手編みのポットカバーをチョンチョンと〉


2013年5月18日 (土)

みんなからの元気報告

里親譲渡のあれこれが数件同時進行のため、ちょっとご報告が遅くなりました。

あ、トライアル中のしずくちゃんはゴハンを食べるようになりましたよ!ひとまずご報告です。

 
さて、3軒のお宅から、卒業生たちの写真をいただきました!
 
まず、とらおの兄妹「とらみ」改め「はるちゃん」 と 「とらじ」改め「みーくん」。
昨年5月12日頃生まれ。保護は5月28日でした。
1歳おめでとう~!! 
 
20130514_16_48_34mini
 
 
保護当時はこんな感じでした。変わらないかわいさ。
 
120601_11_56_15mini
 
 
 
ちなみに、とらおは。。。
 
120601_11_50_28mini
 
みんな大きくなって本当によかった。
 
 
さて、お次は最近の卒業生「ちゃちゃん」。
たった2週間なのにとっても成長して脚長さんになりました!相変わらず賢い表情。
 
20130513_16_23_27mini
 
 
そして姉妹の「くろちゃん」改め「チャコちゃん」。右はお姉さん犬のモカちゃん。
犬の幼稚園にも通って、お行儀よく、おりこうさん。
 
Dscn0566
 
引っ張りっこができるのは仲良しの証拠。 
 
Dscn0556
 
 
あどけない頃(つい、2か月前)が懐かしい!
 
20130324_6_55_24mini
 
 
里親になってくださった皆さま、写真付きメールはいつも本当に嬉しいです。
今後も、できれば、折に触れてお便りくださいませ (*^。^*) 
 
 
 
10日前に保護した黒太郎も元気です。
キャットニップ入りのおもちゃが気に入った様子。
 
20130518_13_13_32mini
 
 
 
次から次へとやってくる、おうちのないコたち。
 
飢えで死んでゆくことがないように、できる限り私は手を差し伸べるわけですが・・・
 
不運にも、助けれくれる人間に出会えなかった犬猫たちは、長く苦しい時間を経て死に至るのだと想像します。
 
 
 
本日の新聞ですが、環境省は、
自治体による犬猫殺処分数を減らすため、マイクロチップの義務付けを検討するそうです。
早く導入してもらいたいですね。家族が捜しているうちに殺処分されるという事例は減るでしょう。
 
そしてぜひ同時進行で、地域猫活動への補助金も検討してほしいです。最初から飼い主のいないコたちにも目を向け、助けつつ、それ以上増やさない工夫と努力が必要です。
 
そしてそして、遺棄・虐待への罰則についても、規則を作るだけでなく、実行してほしいです。そのためのアニマルポリスの検討をぜひ。
 
 
助けたい犬猫の命はもっともっとあります。 
 
 
 

2013年4月15日 (月)

とらおをうちのコにすることにしました

ウールサッキングが続くとらお。

先日、なんと歯磨き粉をチューブごとかじっていました・・・ 「ウール」じゃないのになぁ・・・

ミント系の香りが好きなネコは多いと聞きますが、まさかチューブごとかじるとは恐れ入りました。

 
ここ最近は小犬の話題ばかりになっていましたが、子犬たちのことだけでなく、とらおのこと、里親募集に力を入れたい風ちゃんのこと、ジャスミンのストルバイト・・・、どれも忘れずに対応しています。
 
しかし!ジャスミンの耳にマダニがついていて、かなり大きくなるまで気が付きませんでした。こんなこと初めて。ちょっとショック。
 
 
やっぱりキャパ超えだったのかもしれません。
 
普段なら子犬の2,3匹どうってことないのですが、今はたまたま仕事が忙しく、掛け持ち4案件に翻弄していて・・・ 気持ちが入らず進まない作業もあったりで。
 
ブログ書いてる場合じゃないのですけれど(大汗) 
 
 
1週間前、とうとう片頭痛に歯痛。久々に歯医者さんに行ってきました。初めての先生でしたがものすごくパワフルでプロ意識満々!痛いのも忘れ圧倒されるように元気をもらって帰ってきました。本当のプロのすごさを感じました!田舎にもこういう先生がいるなんて、ありがたいです☆
 
 
さて、とらおの話に戻しますが、
とらおは順調に全部屋デビューを果たし、お留守番も完全フリーで過ごしています。
 
それでもやっぱり、私のそばにいたがり、パソコンに向かう今もすぐそばで寝そべっています。寝そべっているうちはいいのですが、食事をしているときはテーブルの上をうろうろ。
これにはちょっと参ります。
 
いちいち、とらおをテーブルから降ろすのも疲れてきたので、ひとひねりして、とらおの席を作ってやりました。
 
「とらちゃんはここね~」
 
20130412_22_15_28
 
 
すると、びっくりするくらい素直に、丸くなって落ち着くではありませんか☆
 
20130412_22_44_31
 
ちなみにこの激しい柄のベッドはジャスミンのもの。ジャスミン臭も安心するポイントだったのかもしれません。
 
 
満足げなとらお。
 
20130412_22_42_04
 
な~んだ~、こんな対策もあるんですね~ 食べたくてうろうろしてたわけじゃなかったのね。
 
20130412_22_45_03
 
歯医者さんにパワーをもらい、頭の固い私にも「発想の転換」ができました(笑) ちょっと前も煮詰まっていて、ラムひな母さんにいいアイディアもらいましたし。
 
コミュニケーションって、ありがたいです。
 
 
そんなこんなで、服だのマットだの歯磨き粉だのを食べてしまう とらおちゃん は、このままうちのコにすることにしました。だって、そんな変癖持ちのネコなんて貰い手ないもの。
 
本日を持ちまして、とらおの里親募集を終了させていただきます。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
 
 
とらおはいつの間にか、すっかり我が家の一員になっていました。
 
20130415_22_12_08
 
カーペットを引きちぎるアビー。今の隙に!と背中に乗るジャスミン。
おバカな2ワンに呆れて眠るとらお。
 
 
 
 
とらおは来月で1歳になります。とらおの本当の母さん猫はまたどこかで産んでいるのでしょうか・・・ 気になりつつも、何もできない・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年3月21日 (木)

とらおをフリーに

先週金曜から、ウールサッキンガー(笑)のとらおを、夜間フリーにしてみました。

 
初日はどうしてよいかわからず、緊張の一夜だったようです。布団の下で私が動くたびに飛びついてきて、興奮状態がずっと続いていたようでした。
 
20130315mini
 
自分の部屋に戻ることもできるのに、私の部屋から離れず、ブーレといざこざしながら朝を迎えたようです。
 
私も寝不足になった翌朝。カーテンを開けてやると、道行く人を眺めるとらおと、とらおを監視するブーレ。
 
20130316_6_43_04mini
 
朝ゴハンのタイミングで、とらおを個室に入れてやると、熟睡していました。
 
昼になり、日差しがとっても気持ちがいいので、とらおを再びフリーにすると、少しずつミュウに近づき、3匹一緒にお昼寝したのでした。これまで近づけなかったのに、初めてのことです。
 
20130316_12_mini
 
眠れなかった前夜の疲れを取るかのように、3匹ともぐっすり。。。
 
20130316_13_00_12mini
 
4日連続で夜間フリーにし、大きなケンカもなく過ごせたので、ここ2日は留守中もフリーのままにしてみました。
 
洗面所の手拭きタオルの一部を食べられてしまったり、洗濯カゴの防御をし忘れてコットンのシャツと靴下を食べられたり、部屋干ししていた洗濯物が荒らされたり・・・トラブル続出でしたが、先輩ネコたちとも、犬たちとも、なんとかやっていたようでした。
 
体のサイズもみんなを追い越し、ブーレ兄さんに近づきつつあります。大きなネコになりそうです。
 
20130317_mini
 
とらおがフリーで過ごせるようになると、世話が格段と楽になります。にゃおにゃお鳴くとらおをなだめるために個室に入ると、犬たちが焼きもちを焼いて、特にアビーがよく吠えたりするので、今度はアビーをなだめたり怒ったりしなければならず何かと疲れたのですが、それがなくなるだけで精神的疲労が軽減します。
 
ただ、整理整頓を心掛けないと、あれもこれもかじられてしまうので、それはそれでやっかいな面も無きにしも非ず・・・まあ、不精な私にはちょうどよいプレッシャーだと受け取ることにします。
 
そういえばとらおったら、あんなに夢中だった“またたび”に、すぐに飽きてしまいました。今度はキャットニップに挑戦予定です。
 
 
 
 
 
 

2013年3月10日 (日)

とらおの対策その2

友人からのアドバイス「とらおちゃんに、アロマはどうかしら?」。

そこでヒントを得ました!まだ成長してない子猫には効かないためすっかり候補から外していた「またたび」。友人の一言で、思い出しました。そろそろとらおも反応するかも!
 
で、与えてみると、この通り。洗面ボウルの中にすっぽり入って転がりながら夢中になっています。

20130301_22_40_37

20130301_22_41_08
  
良かった~!! 運動に引き続き、これも効果ありです!!
 
とらおが夢中になっていると、ブーレが狙っています。
とらお3キロ、ブーレ6キロ弱。とらおに勝ち目はないので。。。
 
20130302_0_04_37
 
 
半分こしてやりました。
  
20130302_0_04_58
 
ふたりとも夢中になって、小さな枝に顔をこすりつけています。
 
ちなみに、うちのミュウは「またたび」には無反応で、キャットニップ派です。
で、ブーレはキャットニップに無反応な、またたび派。
 
とらおはどうだろうね~・・・キャットニップが今は手に入らないため試せませんが。
 
20130302_0_05_05
 
夢中になりすぎて・・・
 
20130302_0_05_59
 
、近づきすぎ・・・
 
20130302_0_06_07
 
ハッと我に返ったふたり。
 
20130302_0_06_12
 
この日もとらおは夜泣きせず、ぐっすりよく眠ったのでした。
 
またたびは毎日あげられないので、運動やらアロマやら何でも使いながら、うまくローテーションしてやってみることにします。
 
とらおとのお風呂タイムも日課になりつつあり、私も楽しいバスタイムとなるよう、岩塩のはしきれっていうのでしょうか、食用にできない安いところを購入してきました。
 
同時にブーレとミュウとも仲良くさせて、個室にひとりでいる時間を減らしてやらねばと思っています。
 
あせらずに、少しずつ、少しずつ。。。
 
 
    
 

2013年3月 1日 (金)

とらお対策

ウールサッキンガー(笑)のとらおと、毎晩お風呂に入ることにしました。
といっても、湯船に浸かるのは私だけで、とらおは脱衣所や洗い場で遊んでいます。

20130226_21_48_32
 
私もリラックスタイムと割り切って、長風呂覚悟。
うっかり寝てしまい、ハッと目が覚めると、とらおがすぐそばで見ていたり。
 
バスタイムで温まったあとは、じゃらし棒でぶんぶん走らせて、
腹式呼吸になるほど心地よく疲れさせたら、部屋を暗くしてねんねタイム。
 

朝まで夜泣きせず、ぐっすり眠ってくれているようです。
 
こんな調子を続けてみたいと思います。

色々アイディアをくださった皆さま、ありがとうございます。
全部、試してみようと思います!!
 
 
とらおにことごとく破壊されないように。。。
20130226_13_00_11 20130226_13_00_58
20130226_13_00_31

私の衣類に穴が見えたら、気付かなかったふりをしてくださいまし。
 

 
 

2013年2月21日 (木)

とらおは「こころの病気」

布類を何でも食べてしまう、とらお。
いつもウンチと共に出てきているようで、吐いたことはありません。

排泄でも嘔吐でもいいので、

その生理現象を助けるであろう猫草を与えてみました。

20130218_16_51_59
 
1本くわえて食べてみたものの・・・
20130218_16_52_09

興味なし。
 
うーん、残念。

保護時から診ていただいている先生に
とらおのウールサッキングを相談したところ、
とても良くない状況だと言われてしまいました。
 
腸に詰まると開腹手術。ずっと胃に残っていても開腹手術。
うまくいけば取り除けるけれど、取れない場合もあると。

症状としては、まず下痢が続き、同時に吐き気が止まらなくなり、
食欲減退、意識朦朧・・・ 手遅れになると死んでしまうこともあるそうで。
 
離乳前に母親と離された動物に見られる「こころの病」。

常同症とか、分離不安症とか、そんな類のものだそうで、
遺伝性やら精神性やら環境の問題やらが絡み合って招いている症状のため
原因を特定するのは不可能で、つまり・・・
成長と共に治るコもいるけれど、多くは常同障害としてずっと残るそうです。
 

ショックだったのは、「ケージ飼いするしかないですねぇ・・・」
遠慮がちに言った先生のことば。
 
20130219_0_38_39

 
なんだか「不治の病」を宣告されたようで、どんより暗い気持ちになりました。
 

少しでも危険を回避するため、こんな薬をもらいました。
20130218_20_24_58
 
クリーム状の半固形タイプで、布を食べてしまった後に
上あご等に塗って飲ませると、布や毛玉を包み込んで
消化器系で通過しやすくしてくれるそうです。
 
 
読書中の私の膝の上でくるんと丸くなって
スヤスヤ寝ているのかと思いきや、
トレーナーの裾をくちゅくちゅしながら噛みちぎって
飲み込んでいたり、
 
畳んだ洗濯物を咥えて走り去り、ソファの裏で
くちゅくちゅしながら飲み込んでいたり、
 
穴の開いた靴下をゴミ箱に捨てておいたら
拾い出して食べていたり、
 
ミュウやブーレのお昼寝用マット(元はひざかけ)も
裾の方が破けていました。

クッションの周囲に付いていた小さなボンボン。
数個はジャスミンが破壊していましたが、
さらに数が減っているようにも思います。。。
 
「また食べちゃったの?!?!」と驚いてばかりいては
手遅れになることがよくわかったので、
真剣に対策を考えようと思います。
 
「不治の病」でも注意してやれば防げます。

寂しさと欲求不満を解消してやれば、
もしかしたら治るかもしれない、という期待も持ちたいと思います。
 
 
とらおの人生ならぬ猫生はまだ始まったばかりだもんね。

20121231_8_54_00  
 

 
 

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年) 1. (募集中)ふわり(ゴルフィは決定)(故ソレイユ) 1.(決定!)コンブくん 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。