ミーナ(募集終了)

2017年11月10日 (金)

冷え性ミーナと、甘えっ子コンブ


春か、梅雨時だったかしら。




1日5,6回トイレに行くミーナが心配になり、
尿検査と、血液での腎機能検査をしてもらいました。

SDMAです。
http://www.idexx.co.jp/smallanimal/reference-laboratories/sdma-resources.html



ミーナは推定5歳。保護して4年目。
保護当時は腎不全のステージ3くらいと言われました。

しばらくして再検査すると、腎機能が回復していて、

さらにまたしばらくして検査すると、
異常なし、の値になっていたため、

「急性」の腎不全だったのね、
ということになりました。

定期的の雑草が黄色になっている畑の
近辺に住んでいましたから、
除草剤の毒が影響していたのかなと。


今年のSDMA検査も異常なしでした。


ということは、頻尿の原因は
メンタルなのかなぁと先生と話しました。

とっても気の強い子なので、
マーキング的要素もあるのかも。



でも秋になり、
身体が冷えるタイプなんじゃないかと。


早々に出した遠赤外線ヒーター「夢談望」を
200Wという弱めの温度でつけてあげると、

その前から離れません。




いつ見ても、ミーナ独占。




暖房もつけているので、他の猫たちは伸びて寝ているのに、ミーナはぴったりくっついてたりして。



(火傷しない設計だそうです。
触っても大して熱くありません。
別に買ったタイマーで、30分おきに15分オフの
設定にしています)


コンブちゃんが「ねえ、ねえ」と行くと、

「はい、はい」とグルーミングしてあげるミーナさん。



気は強いけど、面倒見の良い子なので、
コンブはすっかり甘えるようになりました(^^)

おかげで私はちょっと楽になり。

といっても、超甘えん坊さんは健在ですが。


肩で寝る子…


ミーナの冷えは心配。
腰のあたりに手を当てて温めてあげていますが、
1日トータル30分もしていません。

遠赤外線ヒーターは体の芯から温まるそうなので、
力強い助っ人です。


夢談望 談話室サイト

http://www.yumedan.com/sp/


ビワの葉温灸もやってみようかな。
2,3年前、逃げられてからやっていません。
火を使うので、少し面倒だし…(汗

電気のお灸にしようかな。


あ、特等席をコンブに取られた!(笑)




とにかく冷えを放っておくと、
人間と一緒で
病気の元になりますからね。
足裏と耳先を触って、冷たくないかを確認です。


そしてミーナにもベントナイトのトイレを
用意してみようと思います。

トイレ砂、毎月4袋買ってますの(;▽;)
多頭は辛いよ。






2016年9月11日 (日)

今もまだ赤い涙が出ます


最近は「猫専門病院」というものがあるんですね。

保護してから丸3年のミーナ。当初から左目からだけ、血混じりの涙が出ます。

今日は透明の涙でしたが、ときどき茶褐色になります。



何人かの獣医さんに相談したり、ペット向けハーブの第一人者グレゴリー先生にも相談してみましたが、解決策は見つかりませんでした。





歯がひどい状態だったので歯科専門獣医さんに抜いてもらったのは2年前のこと。


そのときに涙が止まった!と思っていたら、術後の抗生物質で治まっていただけのようで、そのあとじわりじわりと血混じり涙が復活してしまったのでした。


頭部のどこかに膿が溜まる場所があるんじゃないかと…




猫専門病院に行ったら原因と対策が見つかるかな。


ざっと調べると、いくつかは1時間半くらいの距離。


行けなくもないよね…


私が「疲れたー」と寝転がると背中に乗ってくれる優しいコ。



あったかくて気持ち良いのです。


鼻詰まりのようなスーピーという呼吸も、季節の変わり目にひどくなります。



ひどい日は、他の部屋まで聞こえます。


楽にしてあげたいなあ。

2014年8月16日 (土)

手作りごはんで夏バテ防止

世間はお盆休み&夏休みですね。そろそろ疲れが胃にきませんか?

きっとペットたちも夏バテしているかも。


そんなときに、手作りごはんができると、お腹に優しいごはんを作ってあげられます♪


先日、初めて「おかわかめ」という葉物野菜を見つけました。





濃いグリーンの葉っぱが、おかわかめ。

さっと茹でて刻むと、山芋のようなネバネバが出ます。ムチンという成分ですね。粘膜を保護してくれるので、消化器官や呼吸器官に良い効果をもたらしてくれるそうですよ。

夏が旬のモロヘイヤやオクラも同じムチンが含まれていますね。

冷たいものや疲労で疲れた胃に、ぜひ。


新レンコンと、生のキクラゲ、プチトマトも買ったので、人間用には酢の物と、レンコンスライス焼き。




犬たちにはスープを作ってみました。




これを食べやすい大きさにハサミでカットし、お肉にかけて、仕上げにごま油なんかをかけて出来上がり♪ 白飯や雑穀飯なんかあれば加えてね(^^)

でも、ムチンは熱に弱いらしいので、煮込んだらダメみたい。シマッタ!もったいないことしたわー。


夫婦ふたりだと躊躇する大きなレンコンやかぼちゃやトウガン。犬たちの御飯に使えばとっても安上がり♪ プレミアムフードよりずーっと安価。

きっとね、犬猫にとっても、旬の食材を摂ることはいいことだと思うんです。

野菜類は2,3食まとめて作って冷蔵しておけば、あとはお肉や油を追加するだけ。


得体の知れないドッグフードより、ぜーったい体に良いはずと思い込んで、愛犬・愛猫に手作りごはんを作って丸6年。


最初のうちは栄養バランスを考えて、いちいち本を読み、そりゃまあ大変でした。

その努力の買いあって、いまでは楽チン。ネットで注文しなくても、近場のスーパーで食材が調達できます。

旬のものを取り入れて、体調見ながら排泄チェックしながら、材料と分量を考えます。


以下は、キクラゲ、トウガン、トマトを煮て、生の鶏ササミとムネ肉にかけました。後から、モロヘイヤとトウモロコシ、植物油を足しました。

モロヘイヤとトウモロコシは、朝採りで販売されていた新鮮なものを茹でて、モロヘイヤはネバネバ出してから投入。




ムネ肉なんてまとめ買いすれば、100g 30〜40円でしょ〜 プレミアムフードは100g 200円超え。


数週間前、癌で入院していた義父が亡くなり、朝出発で深夜帰宅が続きましたが、犬たちには手作りごはんが用意できました。主人は泊まったりしたので、私ひとりで長距離運転に犬たち散歩。疲れていたのでお腹に優しい野菜スープが食べたかったのです。愛犬たちと同じ野菜スープ。私のスープにはお塩を加えました。犬たちのごはんにはお肉を加えました。

キクラゲとかシイタケとかサトイモなんかを使うと、お出汁が出て美味しいのです。インスタント出汁はめったに使いません。


猫たちは…というとグルメすぎて、5割くらいの手作りごはんになっています。

猫たちは肉食だから、作ること自体は野菜なしで楽チンなんだけれど、お肉の部位で好き嫌いがあったり、アレルギーがあったりで。

でも最近、半分のにゃんこが、温泉卵風に茹でた黄身が好きなことがわかり、卵が大活躍しています。

以下は、鶏ムネ肉とササミに、温泉卵と茹でたモロヘイヤと、生の人参すりおろしを混ぜて、青のりを散らした猫ごはん。野菜は1割で良いのです。




温泉卵の作り方は、 クックパッドにありました


犬猫手作りごはんを作るとき、一番注意してほしいのは、作る人の嫌いなものは取り入れられない、という点。

「バランス良く」が大事なので、その辺は気を付けたいものです。

兎にも角にも、犬猫ごはんの栄養学はしっかりとお勉強してくださいませ♪









ナツミちゃんとマチルダちゃんはお父様にも慣れて順調です♪ またあとで、ご報告します。













2014年8月 9日 (土)

ミーナが母猫役に

マチルダちゃんとナツミちゃん。

取っ組み合いをしたり、追いかけっこをしたり、まあ、よく動きます。





興奮しすぎてパンティングするほどでしたが、
1週間も過ぎると、停戦できるようになってきました。





夜も0時ごろまで賑やかに過ごし、少し遊んでやれば、寝るときはふたり一緒にケージでバタンキュー。

朝まで静かです。


そして意外だったのは、ミーナの母性!
子猫たちが寄ってくれば、ひたすらグルーミングしてあげています。
特にナツミはべったり。





志麻は唸って怒っているので、子猫たちは近寄りません(笑)


まだまだ甘えたい時期に母猫と別れてしまった2ニャンですが、ミーナがお母さんネコの代わりになってくれたおかげで、少しは寂しさ減ったかな。

ありがとう、ミーナさん。
















2014年7月 6日 (日)

ミーナの術後

ミーナ、無事に抜歯手術が終わりました。





左奥歯の上下6本と、グラグラな前歯1本を抜きました。

貴重な前歯がぁぁぁ…
ミーナは保護当時から、前歯の上が1本、下が2本しか生えていませんでした。本来は上下6本ずつあるんですよね。どこかで1本が自然に抜けていて、いま残る前歯は1本だけとなりました。


奥歯は歯茎が痩せて根っこが見えていて、たくさんの猫毛が挟まっていました。

グルーミング好きなミーナならではです。
…って感心している場合じゃなく…

この猫毛が歯周ポケットを塞ぎ、ますます膿が溜まったようです。



口腔外科のある動物病院には、人間の歯科クリニックと同じ、歯用のX線器具があり、歯の根っこがどうなっているかがわかるんですね。へー、ほー、と、感心しながらも、そのひどさに悲しくなりました。まだ2歳なのに…



帰宅後、ちょっと左側のお顔が歪んでいました。
痛いのか、違和感か…


4,5日間は食事制限となりました。

お肉やお刺身だけを、1センチ角くらいにしてあげました。

抜いた場所は膿を出すため穴を縫い合わせていないので、穴に入ってしまうような細かいもの、たとえば市販のキャットフードはドライもウェットもあげられません。

猫の丸呑み特性を生かし、飲み込めるサイズのお肉やお魚を生のまま用意してやりました。

抗生物質のお薬も飲ませなくてはなりませんので、薬を混ぜたのに食べない…なんてことがあると困りますから、

普段から手作りしていて良かったです。
ミーナの好き嫌いはよく把握しています(=^x^=)


今回は、ミーナが痛みで食欲不振になってから治療を考えましたが、

もっと早く対応してやるべきだったと反省しています。


そしてなんと、赤茶色の涙が透明な涙になりました。

あの色は血液の赤。
それは下顎の膿からきていたのですね。





1つの手術で、2つの克服。
少しほっとしました。

残るは涙そのものと、スピスピしている呼吸を注意してやるだけとなりました。





仔猫の世話もあり、何かと予定を狂わされます。
予定を延期させていただいております皆さま、申し訳ありませんm(._.)m


2014年6月29日 (日)

ミーナをうちのコにしました

まだ2歳のミーナ。昨年8月に保護し、このブログだけで里親募集をしてきました。





お気づきの方はほとんどいないと思いますが、

最近、カテゴリーに書いていた「ミーナ(里親募集)」から「ミーナ(募集終了)」に変更しました。

里親さんが決まったわけではなく…


毎日栄養つけていれば、そのうち良くなるだろうと思っていた涙目が一向によくならず、毎日のように赤茶色の涙が出ていて、口の中も膿の臭いがしていました。

さらに最近は、ぜんそくのようにゼイゼイすることも多く、明らかに近い将来、かなりの医療費が必要なことを予測できました。

そんな理由から、里親募集をあきらめ、私がミーナの世話をしようと決めたのでした。




これまで何もしてこなかったわけではなく、ハーブや消化酵素などを与えたり、歯磨きを試みたりしました。消化酵素は匂いのないものを見つけることができましたが、ハーブチンキは拒否、歯磨きもぜったいダメーな感じで、思うようにはできませんでした…






そこで、動物歯科専門医の先生に診てもらうと、涙の出る左側の下顎に膿が溜まっていることがわかりました。





左側の幅が広くなっているのがわかります。


骨も少し溶けているでしょうね、ということでした。

原因と思われる奥歯を抜歯して膿を取り除くことが必要とのことで、口腔外科手術を明日に行うことになりました。


左の奥歯3本は抜くことになりそうですが、肺の不調や、カリシウイルスやヘルペスウイルスを持っているかもしれないため、出血状況を見ながら、呼吸も大事を取りながら、抜歯本数を決めるとのこと。


出血がひどいときは無理せず、抜歯は1,2本にし、数ヶ月置いてから次の歯を、という治療にしましょうと先生。

「大切なコなので、大事に大事に無理せずお願いします」と頭を下げてきました。


こちらの病院は吸入麻酔なので、麻酔量による事故は少ないだろうと、素人ながら少し安心します。


手術費用は5万円前後(^◇^;)


2年前くらいにはアビーの抜歯もお願いした先生で信頼できます。歯磨きしていたら犬歯の奥の歯が欠けていることに気がつき、歯髄腔が見えていたため抜歯となったのでした。

その頃アビーはまだ荒れていたので、院内で暴れ出したら大変と思い、導入麻酔が効くまで立ち会いたいとの私の申し出には快諾くださいました。


なので!過度に心配せず、先生にお任せして、私は後のフォローをしっかりすべく、心と知識の準備をしたいと思います。


この治療によって、赤い涙も出なくなる可能性があるそうです。

しかし、1歳くらいと思われた保護当時から前歯がないことなどから、免疫が低い可能性もあり、口腔以外の部分についてはどうなるかはわからないとのことでした。

でも、
やっと納得できる説明を受けることができました。


ミーナの治療はこれからだと思います。
歯はもちろん、肝臓や肺に不調が出ています。
体内の毒素が出やすいという耳の中も汚れがちです。

少しでも健康に近づけてやりたいと思います。











2014年4月21日 (月)

「ペットのためのハーブセミナー」に行ってきました

昨日、「ペットのためのハーブセミナー」に行ってきました。先生は、世界的に有名なハーバリストであるグレゴリー先生です。





目的は、昨年8月に保護できたミーナの涙目改善。

彼女の赤い涙の原因と、それに対応するハーブはあるのか知りたかったのです。





半年前の近所の病院では、

何らかのウイルス持ちか、頭蓋骨が若干歪んでいるから鼻涙管などが細くなっているのかもしれない、

というものでした。


一般的な涙目なら、食事を変えれば数ヶ月で改善されることがほとんど。これまで保護してきた猫ちゃんたちはみんな、特別なことをしなくても毎日の美味しい食事で改善されました。

しかしミーナは7ヶ月も経つのに、改善されず…

食事中と運動中に左目からだけ出て、しかも赤茶色。



少し前、理由はわかりませんでしたが、マリアアザミというハーブが良いと聞き、試しましたが変化なく、

最近は涙目に加え、スピスピと呼吸することも増えてきました。





やはり鼻涙管あたりのどこかが圧迫されて狭くなっているのかなと想像できます。

病名がなく、薬がない。

ならば、ハーブチンキを試したい。

そんな思いでこのセミナーを選んだのでした。



まず最初に頭に入れたいことは、

ハーブは、食事と薬の中間に位置し、

日々の食事に間違いがあると、ハーブは有効ではないということ。

たとえば、ハンバーガーを毎日食べている人がサプリを追加で飲んでも健康にはなれない。毎日の食事がいちばん大切なことであるとのこと。


ちょっと脱線しますが、
ドライのペットフードがあまり一般化されていないイスラエルの獣医さんがアメリカに来たとき、腎臓病の老猫患者の多さに驚いたそうです。イスラエルの猫ちゃんたちに腎臓病などほとんどないそうです。びつくり。

やっぱりねぇ…。黒太郎の処方食カリカリを受け付けなかった私の行動は大正解でした。

肉食の動物が、小麦粉でできたクッキーだけを食べていて健康に戻るはずがないと思っていました。たまになら、いいと思います (^^) うちでもカリカリは使っています。


そして話は戻して、ここ重要!

「ハーブは、1つの症状に合わせて選んではいけない」

「身体全体の様子をよく観察し、根本的に何が問題かを考えて選ぶこと」

「自然治癒力を高める目的で選んであげること」


身体の不調とは1点だけで起こっているものではないから、複数をブレンドして使うことが良い場合が多いそうです。


なるほどなるほどなお話が午前2時間半続き、午後2時間半は質問タイムでした。

ミーナのことを質問しました。

「赤い涙の原因は、
まったくもってナゾですが」と先生… (-。-;

やっぱりマイナーな症状のよう。


しかし総合的に考えて、消化酵素のバランスを整えてみてはどうか、

とのことでした。

そして、保護当時はガリガリで前歯がなかったことも伝えると、

免疫機能の強化も考えてみてはどうか、

また、生肉食がオススメとのことでした。


はい。ミーナは生肉好きです。
生の手羽中、生の鶏豚レバー、ハツなんかも。今日は牛肉を生で食べました。付け合わせは、冷凍蒸しホタテを焼いたものと、海苔です。



生食は週に2,3回でしたが、もう少し増やしたいと思います。


そんなわけで、ミーナに向いてると考えられるハーブ数種類を選んでいただき、

また、薬効で知られるキノコ類少量も勧められました。

追加で、消化酵素のサプリと、魚油も。

あれこれ…と思いますが、組み合わさることでよい働きになることもあるからと。


効かなかったと思ったマリアアザミもリストにありました。他と組み合わせることでより良い効果が出たりするようです。



こんな感じで、全体を見なければ本当に合うものが見つけられないハーブ選びは、なかなか難しいです。セミナーに出てよかった。

といっても、これらでミーナが改善するかどうかはわかりませんが、ハーブ選びのポイントは、これまでに受けたどのセミナーよりも、とてもよくわかるものでした。さすが、です。



動物の効き目は人より早く出ることが多いそうです。

改善されることに期待しちゃいます♪


グレゴリー先生は、10年も山暮らしされて、動物と植物の密接な関係を観察したそうです。電気も水道もない世界で。

獣医ではなくハーバリストだと繰り返していましたが、とても動物に詳しく、また愛情に溢れた方でした。

受講者に獣医さんもいたようでした。


別の方の質問には、鍼灸も勧めていらっしゃいました。アメリカではかなり中医学が取り入れられているようです。

ミーナにもマッサージを続けます。

たまにミーナが私の背中をマッサージしてくれることもあります(笑)





ですが、マッサージでは目に見える効果は出ませんでした。

マッサージと合わせて、ツボの勉強を強化する必要があるかもしれません。



あ、参加者全員にプレゼントとして配られたのは、こちらのサーモンオイルでした。私もたまに使っていましたが、これからはもっと使おうと思います♪








2014年1月20日 (月)

猫のマッサージ

久しぶりにミーナの登場です。

すっかり志麻と打ち解け、同じ年頃のとらおと遊び、私を慕い、毎日幸せそうに過ごしているミーナです。

あとは涙目だけ。



そんなミーナの朝の日課は、

私の膝上に乗ること。

あるとき、あちこちさすってあげたらゴロゴロ気持ち良さそうにするので、リンパマッサージをしてあげることにしました。


↓座りますよーの合図をするミーナ。



座ったらマッサージを始めます。

↓まずは左肩甲骨。10回さすります。


右も同様に。


次はお顔。
お顔を触られると喜ぶニャンはとても多いです。

↓口角から耳の下、そして首筋に向かってさすります。


左右8回ずつ。

気持ち良くてとろけそうになったら、歯をチェック(笑)
↓やっぱり前歯がありません(≧∇≦)


悪かったわねっ(ミーナ)


次に、鼻筋にそって


頭頂部まで行き、頭頂部を軽く3秒押します。


5,6回やって手を止めると、ミーナも不動に。


私は毎度、笑いをこらえるのが大変です。

もっとやってーなのか、一瞬天国にいっちゃったのかわかりませんが(笑)ゴロゴロだけは止まらず。

このあと、寝そべるミーナ。ネムネムモードです。


なので、背中を背骨に沿って両手でトントン叩きます。
ゆっくりと、腰までいきます。



これも、止めると、
↓もっとぉ〜 と言わんばかりに振り向きます(笑)



最後に、後ろ脚をマッサージしたいところですが、途中から寝そべってしまうので、出来ず仕舞い。

ミーナの大好きなところを優先すればいいかなと思いますが。


2月9日のセミナーでは、きちんとしたリンパマッサージを行います。

といっても、この2倍くらいです。

きちんと、経絡の話などもします。

他に、ツボもご説明します。
ダイエットのツボ、老化防止のツボ、肩こりのツボ。

ダイエットと言っても太り方は3種あるんですよ〜
それぞれに合わせたツボがあります。

他にも時間があれば、お通じ系のツボや、緊張を解くリラックスのツボなど、ご質問いただければ先生が答えてくださいます。




ミーナの涙目は「体質のようなもの」で片付けられがちです。

しかしこのマッサージを続け、食事にハーブを取り入れ、毎日走って運動もし…と続ければ、何らかの改善ができるんじゃないかと思っています。






2013年12月11日 (水)

朝の猫たち 女の子編

ちょっとブレイク。
我が家のニャンガールズの朝。



最近すぐ、お膝猫になるミーナと、
朝だけ甘えてくる志麻。

ふたりとも、なでなで〜




ギュッと目をつぶっていますが、
これが志麻の「気持ちいい〜」な顔なのです(^^)

そしてミーナが志麻にグルーミング。



ミーナはかなりイイコちゃんです!



そしてこちらは、一番お姉さんのミュウ。
怒ってます(≧∇≦)



なぜなら、
肉球の写真を撮りたくて脚を持ち上げたから。



とーってもツンデレな姫なのでした。



次回は、ニャンボーイズいきます!(笑)

ちょっと仕事の波が押し寄せてきたので、
…って、年内約束の案件を忘れとった(≧∇≦)

そんなわけで、更新は来週になりそうです。





2013年11月18日 (月)

日向ぼっこのために2

連日の小春日和。私ものんびりできた週末。

出張から帰った夫は、4段ケージに怪訝な顔で「なんだこれーっ」と驚きつつ、「みーにゃん、気持ちいいね〜、よかったね〜」とニコニコ。

作戦成功(笑)
小言幸兵衛に会わずに済みました。


そして二日めは黒太郎も日向ぼっこステージデビュー。

最上段にどうぞ。

1384764276329.jpg

するときゅるちゃん、一番下まで下りて探検。
前日のミーナとは大違い。

1384764278658.jpg

1384764280073.jpg

釣られてミーナも下りてきて、トイレも済ませました。

1384764281532.jpg


気付けば、ミュウはまたしても行方不明。

ブーレはベッドの後ろに隠れてしまい…

可哀想なので、こんなときはマタタビスティック〜

1384764320749.jpg

1384764322132.jpg

少し楽しくなったようですが、結局この日、ミュウとブーレは日向ぼっこ出来ずじまい。

あっちを気遣えばこっちが不憫になり。


まあ、そのうち慣れる、と思うしかありません。


そんな周囲の心遣いも知らず、わんぱくきゅるちゃんはミーナに戦いを挑み…

1384764323699.jpg


あまりにしつこいので、部屋を仕切りました。

1384764325219.jpg


快適そうなミーナ。

1384764326750.jpg

不満そうな黒太郎(笑)

1384764328470.jpg


怖い思いをさせてしまったミュウには、たっくさんのナデナデをしてあげました。

1384764329551.jpg


また忙しくなるので、日向ぼっこはしばらくおあずけ。

美味しいごはんで許してもらいたいと…
思います。ごめんね、みんな (>人<;)



その他のカテゴリー

1. 三色にゃんず(赤ちゃん猫) | 1.(決定!)コンブくん | 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) | 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) | 4.病気のこと | 5.ごはんのこと | 6.社会化やトレーニングのこと | 7.法律とか世の中のこと | 8.うちのコいろいろ | Mr.mofu(修行中) | Mダックス ジョンちゃん(決定) | きぃ&福・ごまちゃん(決定) | くーろん&まーりん&しずく(決定) | しずく(決定) | ちゃしろん (決定) | つくば犬サンタ(決定) | とらお(とらとら兄妹)募集終了 | とんとん(決定) | ぴあのちゃん(決定) | エクレアたち(決定) | オペラ君(決定) | カプくん(決定) | キキ&サト(決定) | クリクリ(決定) | テラくん(決定) | テンテン・ジェシカ(決定) | トミー&レオ(決定) | ナツミ(決定) | ブラン君(決定) | ミーナ(募集終了) | モリモリ君(決定) | ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) | ラムちゃん(決定) | ロコ&おもち(決定) | 三毛猫ケイト(決定) | 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) | 太陽・元気(決定) | 白猫長毛ウィルくん(決定) | 福島被災犬猫たち1(決定) | 福島被災犬猫たち2(決定) | 福島被災犬猫たち(決定) | 軒下10匹兄妹子犬(決定) | 風ちゃん(決定) | 黒太郎(決定) | 黒猫ミーア(決定)

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。