8.うちのコいろいろ

2022年9月19日 (月)

気分転換のお供はやっぱり

アビーがよく鳴くようになりました。

起きているときは鳴いている、というくらい。

 

ただ側にいるだけで鳴き止むこともあれば

何をしても鳴き止まないこともあり。

 

麻痺があるのか、

動けないことへのストレスか。

 

そのことはまた詳しく分析してから

書くことにして。

 

そんなわけでジャスミンの散歩時間が

十分に取れない日が増えてきました。

というのも、アビーが起きているときに

私の姿が見えないと

それだけで

くぅーん、くぅーん、

うー、ギャンギャン!!!

となってしまって😖

 

 

朝は、アビーが起きる前に

こそっと出たりしますが、

朝6時前でも

うわっ!起きてるっ!

ジャスちゃん、今日のお散歩はあとでね💦

という日も少なくない。

 

放っておいて散歩に出ると、

外まで聞こえてくるアビーの悲鳴💦

 

朝6時からギャンギャンが響き渡ると

近所迷惑なので窓を開けられず。

今の朝の空気って気持ちいいのになぁ。

 

そんな事情があるとはいえ、

繰り返し繰り返し

ジャスミンの楽しみを奪ってはいけないので、

夫が見てくれる日曜や、

平日のお昼頃にアビーが爆睡したなと

いうタイミングでは

遠出してあげることにしました。

 

で、行ってきたのはこちら。

9ee16b39206a4b7c9ec617eed65096e4

12dc66c645d942e4be7dd86e56242da3

 

とっても楽しそうに小走りしてました。

7e4a4a8013604e5f917531304a9402a5

楽しそうな姿に癒されるぅ

82b0394df92745f6a82aab56608fc3e9

 

そして私もとにかく出掛けたい!

買い物したい!

しばし、アビーのギャンギャンから

解放されたい。。。

 

 

というわけで、日曜に

夫にアビーを頼んで、

高速道路でひとっ飛びー(笑

 

約40分で、ららぽーと柏の葉、モンベルに到着。

といっても、見るのはラフウェアコーナー。

ドッグギア、大好きです♪

810f0ff6513c418b9feb9d7b0e71f6aa

 

そしてお目当ての新作ハーネスを試着させる♪

意外にサーモンピンクが似合っていて。

F2b80bf899ef430db32f629675ec85c3

いつも元気いっぱいのジャスミンなので

事前リサーチでは黄色と思っていたのですが

058f26ae200e411a86fde91e342d5c16

 

迷っているとお店の方が

サーモンピンクが可愛い!

と言ってくださったので

そうしました。

 

そしてお目当てはもう一つあり、

「インカの目覚め」というジャガイモのフライ!

 

柏の葉ララガーデンにはホテルもあり、

その入り口付近の広場には

いつもキッチンカーが数台出ています。

 

これ、ほんとめちゃ美味。(左上のまるっこいの)

揚げたてです。

962eb2a94b364c809d3fac605cc7dbb6

ヤッホー!!とふうふうしながら

ひと口食べたところで電話。

アビーが鳴き止まないと…

 

くぅー😭

揚げたてが美味しいのに、

仕方なく大急ぎで帰宅しました。

 

といっても40分もかかるので、

着いた頃には鳴きやんでいて💧

 

あー、まじ夫の嫌がらせだって

思いましたわ。

協力的なんだか

意地悪なんだか

わからないこと、増えてきました😅

 

まあ、そんなわけで、

老犬介護は疲れますが

まだまだ大丈夫。

ちょっと無理しながらでも

気分転換すれば、頑張れます。

 

可愛いお供たちがたくさんいますから♡

次はスミレさんね♡

 

 

 

2022年9月 5日 (月)

8月を振り返り

朝晩、過ごしやすくなってきました♪

昨年の暑さのほうが厳しかった印象がありますが

今夏は要介護犬を背負っていることもあり

私がヘロヘロになった日も多くありました💦

 

どうにか乗り越えられて、ひと安心😃


Fc1a665d2a304a93bd74b4e1eabbc40e

 

この爽やかさにホッとするのは

人も犬も一緒のようで🎵

「暑くてサボった分を取り返すよー❗」

Cfe8a56ab84446859d34b2b2511fd4f8

 

ジャスちゃん、元気いっぱいで、

散歩距離が3倍になりました💦

 

スミレは暑かろうが涼しかろうが、

かなりのおばあちゃんなので

みんなについていくのは無理。

頑張り屋さんですけれど、

みんなで歩くときは、半分は抱っこです。

73ea25366a3843c089a4cddea80cec91

 

アビーの背中に乗れたらいいのにねぇー

サイドカーでも付けてみるか(笑)

 

 

みんな、しっかり散歩に行けるのは

それなりにちゃんと食べていたから、

だと思う反面、

今夏の犬ごはんはかなり手を抜いたので

秋にバテたりしないかな、と

若干、不安💦

でもまあ、3わんことも高齢だし、

こんなもんでいいのかな、とも思ったり。

B33451c500164bec92c01d38b4964c60

 

メインのタンパク質は、

 ・天馬さんのペット用馬肉(犬猫用)

 ・帝塚山ハウンドカムさんの鶏ミンチ肉(犬猫用)

 ・マルミツ水産さんのカツオのなまり節(人用)

 ・サイボクハムさんの豚もも肉(人用)

 ・メーカー問わずレバー類や卵も

といった感じです。

 

葉物野菜は、とにかくモロヘイヤを毎日あげてました。

ジャスミンとスミレには大葉もあげてました。

アビーは香草は食べず。

 

根菜は、ほとんどがカボチャ。後半はジャガイモも。

 

食べたものが体に良かったのかどうかは

あとになってみないとわからないので、

こんなごはんで高齢犬は大丈夫なのかどうか

記録しておくことにしましょう。

 

 

最後に、8月に飾った夏のお花たち。

7ee32fe616474f22a5b0c6105e547912

 

90547bd4e3d6441db2c1291dd01b7bd0

 

 

 

8月いっぱい開催していた、とある神社の

ふうりん祭りに行きたかったのですが、

アビーを留守番させることができず、

結局、自宅で風鈴の音色を楽しみました。

 

桔梗とフジバカマが秋の訪れを感じさせてくれて

とってもいい感じでした。

Db8ec9d9b388462b9be2b463fa5e68e5

 

 

 

そして今日は月命日なので情熱的に。

66cbff375ff148fb96e6527801bc31bd

 

 

8月はミーナを保護した月。

十年一昔だなぁ。。。

 

切ないけれど、少しずつ、

ミーナが「思い出」になっていきます。

 

 

こうして毎日毎日は

やがて思い出に。

 

 

そう肝に銘じて、

老犬介護も悔いなく頑張っていきましょう💓

 

 

 

 

 

2022年8月22日 (月)

ジャスミンの難聴が気になるこの頃

お盆が終わった日から

私の夏バテが始まりました。

それまで体調がよかったので

調子に乗って冷たい物を摂りすぎました。

 

それに加えて、

早朝のうちに犬散歩を済ませたいと思い、

苦手な早起きを頑張りすぎて

「睡眠負債」に陥っていたことも要因かと

自己分析。

 

で、温かい飲み物を少量摂りながら

可能な限り寝る、

を3日も繰り返したところ、

翌朝にはすっきり元気に起きられて

「あー、治った!」という実感を得ました。

薬はまったく使わず。

 

食事はお粥を1日2食ほど、

他にはブドウを食べていました。

 

あと1日2日不調だったら

漢方薬局に行こうと思っていたのでした。

 

食に気を遣い、体を休めることで

こんなにスッキリ治るなんて、

自己管理が甘いんだなぁ、わたし、、

と反省したところです・・・(;'∀')

 

 

で、私がバテバテでしかめっ面していても、

早朝からとても元気なのがジャスミン。

ほんと、アナタのメンタルの強さには

感心させられっぱなしでございます。

 

ところが。

今年5月で、14歳になったのですが

急に耳が遠くなってきました。

Bc26c07c03044ee2beec06edb123f5af

 

とても元気なのですけれど。

この距離で話しかけても、聞こえません。

Cd2218861a4c4f89848a09e37e0636d6

 

人間で言ったら70歳台前半だそうで、

言われてみれば

私の父は真夏でもゴルフに行き、

若いもんにはまだまだ負けん!と、

ドライバーを振り回している

健康優良爺さんで、今年75歳。

でも、なかなかどうして耳が遠い。

 

似たような感じかしら。

 

母は体力が無くて内臓が悪いけれど、

耳は良すぎて地獄耳。

 

どこから歳を取るのか、

人も犬もそれぞれってことでしょうか。笑

 

 

ジャスミンの元気の源は

スポーツだろうと思っています。

 

1歳から始めたアジリティを

ずっと続けておりまして、

今も一緒に走っています。

0f92cf4347bd445e9e7a8cf867060494

 

30e18ea7ed7a4f2e8c50e75771e65454

 

Fed71775d1f74cd88cec6fcb798144c7

 

9歳か10歳ごろからは、

トレーナーさんの計らいで

難易度の高い障害物はやめ、

バー無しハードルと、

トンネルとスラロームのみです。

187f5756b04c4fe79dea2cdb9389ee36

 

ただまっすぐ走るだけでなく、

障害物をこなしたり、急カーブがあったり、

私の指したところを走るという、

頭と体を使った運動は

少なからず健康に役立っているであろうと

思うのですが、

耳は別物なのか。。。

857322c25ab14fd3a36d5f87483f234d

 

 

だからこそ、この難聴の始まり、

ちょっと急だったように感じて心配です。

腎臓とか・・・どこか悪くなっているのかなと

思ったりもして、

ちょうど今月は肝臓の定期検診があるので

相談してみました。

 

血液検査とエコー検査で内臓を診てもらいましたが

特に悪いところは見つからず、

9歳ぐらいの若さですよ、とほめていただきました。

 

けれど、9歳でこんなに耳が聞こえにくく

なるものだろうか。

 

病院の「検査」でわかる範囲というのは

限られていると痛感します。

ほめられたのにスッキリせず帰宅。

 

 

ここはひとつ、鍼治療で

全身の流れを良くしてもらいましょうかねぇ。

 

 

いつも明るい14歳のジャスミンと、15歳のスミレ。

つられてアビーも楽しい気持ちに。

9c3694606d5d429e93beaf51af63ff65

 

 

 

うちの子たちの犬生・猫生の

フィナーレ(=エンディング)は

その子に最大限寄り添いたい。

だから介護とか看病が被らないよう

まだまだ元気で過ごしてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月15日 (月)

ミーナと志麻の思い出(お盆に寄せて)

ミーナの新盆でした。

 

仲良しだった志麻が

みーにゃん亡きあと、

そっくりな声で鳴き真似をします。

D1a3c0de1e4b4d689ea1b50fa006ef63

 

これには本当に驚きましたが

ミーナの魂が志麻の体を借りて

「ここに居るから大丈夫」って言ってるようで。

またミーナの声が聴ける、と思うと

私の寂しさはだいぶ癒されました。

 

ありがとう、志麻。ミーナもありがとう。

 

小説や映画等でも

「心の中で生きている」なんて言いますが

まさにそんな感じです。

 

志麻とミーナは姉妹のように仲良しでした。

50f33713aae54802b20999d84b559e87

 

 

新しいおもちゃ等にはすぐにミーナが反応し、

志麻はその様子を見て「わたしも」となるのです。

260b1c8659f94fa2b1d1c7bb37cbbdde

 

志麻のほうが少し年上だと思いますが

人を怖がる志麻はいつもミーナを

頼っていました。

38f06d80af4a4c14a740d444b65f1864

 

ミーナにグルーミングされると

幸せ気分になるようです。

2c0239f2d8064fc0970210e197029ebe

 

D19409fe3b4145508f418713c0f8f236

 

0f3c4787eb104b9a83acc99952919601

 

 

私と同じくらい、

志麻は寂しい思いをしているかもしれません。

 

 

そして今日、8月15日は、

みーにゃんを保護した記念日でもあります。

見事な保護色で、どこにいるのか

わからない日がほとんどでした。

Bd4b1bc795354a0390e418e8cbfe2b33

 

 

何ヶ月もかけて餌付けして、

「出ておいて〜」と何度も話しかけて。

あと数日で、借りていたその土地(畑)を

返さなければならないという段階になって

やっと出てきてくれた時は嬉しかったなぁ

46c373bba2d240d78fcbc1b40eb11ad2

 

 

あの日から丸9年。

みーにゃんの居ない夏だけれど、

夢で会えたり、

むっつりな志麻を人懐こい猫にしてくれたり、

花を飾る習慣をつけてくれたりで、

亡くなってもなお、存在感ありありで

さすが、みーにゃんだなぁと感心するばかり♡

4ccda7f26c0f47e984f82a483968f6b6

 

ペットは偉大です🌻

 

ちょうど一年前、具合が悪くなる前のミーナ。

F14d34a797b94d33a612a283e1bc6009

 

あなたの魂は

みんなの心の中で生きてるよ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月24日 (日)

ミーナの四十九日

信仰心が深くあるわけではないのですが、

ミーナが亡くなってから49日が過ぎました。

 

日本人の多くの遺族(人)が「四十九日法要」をして

お骨をお墓に移すわけですが、

昨日はいつもどおりお線香をあげたり、

お水やおやつを取り替えたりして過ごしました。

ミーナは小さなペットちゃんなので

人のそれには習わず

遺骨はもう少しうちに置いておきたいと思っています。

 

とはいえ、今後のことをざっくりと考えてはおきたいので

とあるペットの火葬・葬儀屋さんに聞いてみると、

飼い主さんのご希望で3年とか5年間ほど

お骨を保管(納骨堂と言ったりする)したあと、

土に還してくださるそうです。

 

中には、人間のようなお墓を運営しているところも

ありますね。

 

ということは、

自宅保管後にペット霊園に移してその後をお任せするか、

あるいは火葬屋さんの納骨堂に年数を決めて預けて

その後は土に還してもらうか、

そんな方法になるのかもしれません。

なんせ、うちは少なくても10個の骨壺になるので

ずっと置いておくのは難だし、

ペット界で有名なお坊さんの妙玄さんも

お骨をずっと置いておくのはお勧めしないと

書籍に書いていたような。

 

ちなみに、1つの骨壺に仲良し猫ちゃん同士を

一緒に入れることはアリだそうです。

 

 

私の中のミーナは、まだ鮮明にカワイイ♡

A80ae16a592845ed9541afa3b1a36379

 

 

今でもミーナの遺影に話しかけない日はありません。

といっても、いわゆる『ペットロス症候群』のように

健康や精神を病むほど悲しみに暮れているわけではなく、

やっぱり「とことん可愛い存在」だったことを

振り返って振り返って愛おしく思い返すのです。

 

それが「供養」というものなんだと思いますが。

 

 

そうなってくると今度は、

透明になったミーナの気配をなんとなく感じてみたくなって、

身近なものにミーナの魂が宿ればいいな、

なんて思っちゃったりして

(やっぱり病んでる???笑)

「ねこ」に由来するたくさんの物に囲まれたい

という欲求が出てくるわけです(*^▽^*)

 

白猫さんとか黒猫さんとか、

キジトラさん茶トラさんの場合だと

市販の物でそっくりさん

(たとえばぬいぐるみやら絵など)と

出会えると思うのですが、

ミーナのそっくりさんに出会うことは

ほぼ期待できず。

 

 

そこで、こんなブローチを作ってもらいました。

いやまあ、似てる!!!

そして可愛すぎる(≧▽≦)

9a4ce2a117b341dda767bc2b0d394006

いつも使っているバッグにつけてます。

お店はminneの「Toy Needle」さん。

 

 

 

それだけでは飽き足らず、窓辺に、これ。(*'ω'*)

以前から所有していたものですが「あみねこ」さんです。

遺影の傍に置きました。

90f3fddb5e4448ddaed167545650f825

 

 

さらに、フェリシモの「猫柄のバングルウォッチ」を

朝から寝るまで身に着けて。

42493869b43e4890b9d17cba1274f3c9

 

 

 

 

さらにさらに、ミニハンカチもセミオーダー。

ミーナの名前を入れてもらい♡

これは楽天のお店で「Litakara baby」さんで。

A24f69ab3d484dafba41815e7b68e032

 

 

 

身の周りのグッズに留まらず、というわけではないのですが

誘ってもらったので行ってきました。

猫グッズだらけのカフェ「カフェドしっぽな」さんへ。

376bb9360f4d4652aacc23c9ab96c3ec

猫柄のカップを両手で包み込んで、

「ミーナはほんと賢いコだったなぁ」と、ほんわか気分。

 

 

 

 

さらに、あじさい寺へも。「天引観音」です。

アジサイに囲まれて、なんだか疲れていた頭の中が

ふわりと軽くなりました。

3512a0cbcf784df3a5e45da1bd7cb8c9

 

 

ミーナが亡くなって一週間を過ぎた頃だったかな。

この辺で地域ネコをお世話している方からヘルプがあって

お話だけ聞いてきたのですが、

そのときにお庭のアジサイをいただて飾ったのがこちら。

モリモリしていてなんだかとっても幸せな気分に。

3b795e0d42d745b7acbf9e31458e3f4d

 

来年以降、アジサイが咲いたらミーナの季節

と思うのだろうな。

 

 

こんな調子で、ミーナの祭壇にはずっとお花を飾っていました。

生花はいいですね、季節が如実に表れる。

 

079aa1626ffd442795d191365698b4f6

 

 

41a3152f147d44d985ea30fa601cff43

 

 

7月初旬は雨続きの毎日でしたが、七夕の日に外に出てみたら

月とたくさんの星。

スマホのカメラでは写せませんが。。。

A9e52595c7f54a04b2387ad5d4e94c52

 

 

七夕の前日には、

お友だちが流れ星の和三盆を持ってきてくれたので

気持ち的にも雰囲気がでました☆

3ca023924cba4d708ced2308a283afd6

 

 

その後もまた別の方が

「この間、見かけたときに疲れた顔してたから」と、

あんこたっぷりのお団子を持ってきてくれました。

(疲れていたのはアビーの介護で、ですが)

私の和菓子好きを知ってのこと。

 

 

犬友さんやご近所さんたちの

温かいお気遣いがたまらなく嬉しい。

 

人懐こいジャスミンや、

おうちのない犬猫の保護活動が

このような輪を作ってくれて、

そのありがたさをミーナが気付かせてくれた。

やっぱりミーナはすごいコだなぁ。

 

 

そして7月下旬、暑い日が続くようになりました。

今は真っ白なクルクマとピンク色のバラです。

01a53a3aa6cc41559b0a8df8e6e0cc2a

 

 

左側にあるのは、ソレイユの遺影と遺骨です。

もう4年も経ちます。

 

こうして月日はどんどん流れていくのですねぇ。。。

 

ソレイユからもミーナからも

命についてたくさんのことを学びました。

そして彼女たちの存在が、

私の人生の

「いちばん幸せだった頃に居たねこたち」

になるのでしょう。

 

ペットって、生きてるだけで、すごいです♡

私は入れ込みすぎかもしれませんけれど・・・

でもやっぱり、そういう存在なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月 6日 (水)

ミーナ、荼毘に付すまで

前回の続きです。


買い物リストが出来上がり
一息つくと、
火葬どうする?と夫が言いました。

この日は日曜日。

明日から仕事モードにならなければいけない夫は、
辛いけれど火葬することで気持ちの整理を
つけたいようでした。


でも。
うーん。。。
できるだけ長く置いておきたい。

それが私の本音でした。

 

ミーナが晩年過ごした部屋。

保冷効果を高めるため

ペンギン柄のタオルですっぽり包んであります。

C59456a107434c388bd167546e15c6d8

 

 

もう動くことのない遺体であっても、
ミーナがすべて消えてしまうことが怖くて
悲しくて、
辛くてたまらない気持ちになってしまい・・・


夫は「明日だと、俺は一緒に行けないかもよ」
と言います。


うん、わかってる。

でも、今日は嫌だな、

まだ、置いておきたい。


答えを出せないまま、
買い物リストを持って出掛けることにしました。

 

最初に向かったのは、お花屋さん。
「優しいピンク系で、三方見スタイルで」と
アレンジメントを頼みました。

そして、棺に入れるお花も欲しいことを伝え、
店内を見回すと可愛らしいスプレータイプの
バラがありました。

「ピンクワルツ」という名前でした。

若い頃、「waltz」という単語を入れた
メールアドレスを使っていたなぁなんて
思いながら、そのバラに合う他のお花を
選んでもらいました。

柔らかで華やかなトルコギキョウを2種、
白とピンクのグラデーションが見事なカーネーション、
そして白のアルストロメリア。

棺に入れたいことを伝えると、
直前までお水に漬けておいてくださいとのこと。

なるほど。しおれないようにってことですね。

悲しみでいっぱいのときは
当たり前のことが思いつかないものです。
前日のうちにお花だけを切り取って
明日に備えてしまうところでした。


4年前に亡くなった子猫「ソレイユ」のときは
庭のミニバラが満開で、
小さな小さな体には
それだけで十分美しく飾れたからなぁ。。。


アレンジメントが出来上がるまで
少し時間があったので
ホームセンターに向かいました。

棺は白い段ボール箱にしたかったのですが、
書類箱サイズと、
果物用サイズ(「メロン」とか「ぶどう」と書いてある)
しかありませんでした。


また、定番色のままの段ボール箱も
60センチまでしかありませんでした。

そっか。

確かに、70センチもあったら
人の手で運びにくいよね。

これまた当たり前のことを
思いつきませんでした。

どのサイズも最大で60センチだったので
その中から選びました。

淡いピンク色の不織布と
綺麗なリボンも合わせて購入しました。


次は写真立て。
どんなタイプがミーナに合うかなぁ、
木枠?カラフル?ガラス?
結局、3つ購入しました。

 

こんなふうにミーナのために
何かを選んでいる最中は
心穏やかになっていました。

 


お花屋さんに戻ると、
アレンジメントに使われたお花は
半分くらいが棺用に選んだお花と同じでした。

嬉しい心遣いです。
違う?ピンク系がそれしか無いってこと?笑


そして棺用のお花は
短めに切りそろえられており、
2つに分けてくださっていました。
手で折れる茎と、ハサミが必要な茎とに。


それらを抱えて帰宅し、
さっそく棺づくりに入りました。

サイズを確認すると、
60センチ長さでも十分でした。

深さがありすぎたので、
25センチまでカットしました。

次に布を全面に貼らねば。

カッター、ハサミ、定規などで試行錯誤していると
おまかせで流していたamazonミュージックから

JUJUが唄う「守ってあげたい」が流れてきました。

ユーミンの、あの、国民的名曲です。

とはいえ、私はあまりこの曲の歌詞を
じっくり聴こうとしたことはありませんでした。

初めてといってもいいくらい、
じっくり耳を傾けると、
まさに、ミーナへの私の気持ちそのものでした。

『 ♪ 初めて言葉を交わした日の~

(省略)

遠い夏、息をころし トンボを採った

もう一度 あんな気持ちで

夢をつかまえてね ♪ 』


ミーナを初めて見たときのことを思い出しました。
ひとりで必死に虫か何かをつかまえていました。


そこから私のミーナの観察が始まって、
その10か月後に
ミーナのほうから「にゃあ」と言いながら
寄ってきてくれたのでした。
怪我をしていて食事がとれないようでした。


『♪ 守ってあげたい

あなたを苦しめる全てのことから ♪』


保護するときも、
怪我をしていたときも、
その後9年間の毎日も、
3か月半の闘病中も、
ずっと、ミーナのためにやってきたことを
あれこれ思い出しました。


すっかり気に入ってしまった
「守ってあげたい」を1曲リプレイ設定して、
頭の中を思い出でいっぱいにしました。

そして黙々と、
かわいい棺を作り続けました。


棺には何を一緒に入れてあげようかな。

写真も選ばなきゃ。

棺造りは思いの外、
心落ち着かせる良い時間となりました。

 

棺が完成する頃にはもう夕方でした。

さあ、ここからはいつもの慌ただしい日常が
待っています。
犬たちの散歩、猫たちのトイレ掃除、
みんなの食事作りと配膳、投薬。


私の食事は夫が用意してくれました。
そして「明日の午後なら時間取れるから」と
言ってくれました。


ふたりでちゃんと送らなきゃね。

月曜の午後2時で
ペットの葬儀屋さんに予約することにしました。


ミーナのところへ行き、
保冷剤を交換していると、
初めてとらおがそばにきました。

B0fe4aae593e4fc7982869e86766b8b6

しばらくの間、
ふたりでーナに話しかけました。


その後もずっと、
ぶわっと込み上げる悲しみで
涙の涙の時間でした。

 

 

月曜の朝。

サラサラと降る雨の中、
アビーの散歩をしながら

何度も何度も
深呼吸しました。


今日は本当にもう、お別れの日。


午後2時を過ぎたら、
ミーナを触れなくなってしまう。


魂はもう無いというのに、
柔らかなお耳、しなやかな尻尾、
そしてふわふわの被毛。


念のため、ペットの葬儀屋さんに電話をし、
何時間前に保冷材から離して
棺に入れてもよいかを尋ねました。


2時間前ならということだったので
その前にお花を準備しました。

 

88dc5c5976124a35a70316a715143c08

 


棺の中には、ふわふわのマットを敷きました。
枕になるよう、2枚使いました。
ミーナも愛用していたマットです。

Be41bde052b94e6d82ae9596837f3287

 


ミーナを棺に移す様子を、
とらおと志麻がじっと見つめていました。


夫もやってきて、ふたりで一緒に
お顔周りには「ピンクワルツ」を、
ふわふわとしたトルコギキョウも添えて、
全身を優しい色のお花で包みました。

 

ミーナの仮のお誕生日6月1日に購入した
新品のケリケリを抱きかかえるように置きました。

偶然にも、お花たちに溶け込むような色合いでした。

やっぱりこれが、私が想うミーナの色なんだなぁ。

9964239091514481ac80af7661c1854d

 

好きだったオヤツやオモチャ、そして私との写真、
みんなとの思い出の写真を添えました。


サラサラと雨が降っているものの、
空は明るくて、寒くもなく、蒸し暑くもない、
ホッとする気候でした。


出発30分前、
ミーナがよく過ごしていた窓辺に置きました。

C7a7778f471b4e0683b87b484b378c39


ここからよく外を眺めたり
お昼寝をしたりしていたね。

151ccf66f7c0449aa64cfcc7d1bb3481

 

4aee518c4be1429a8562dc2e46ba8b24

 

48849a70539043b7bdfb0f5b5df8fc72

 

A6c5638f75134eca96026dbc8d610678

 

 


とらおと志麻がやってきました。

志麻はお行儀よくミーナを見つめていました。

とらおは、ケリケリの香りに気付き、
中に入りたそうでした。

F445393ef300427aae088ca61c878a9a

 

出発の準備をしていると、
ご近所さんがお花とお弁当をもって
駆けつけてくれました。

なんて嬉しいお気遣いでしょう。

私はまだ誰にもミーナが亡くなったことを
話していなかったのですが、
夫がジャスミンの散歩中に話したようでした。


ミーナの出棺直前でしたから
十分にお話しできず申し訳なかったのですが
優しいお心遣いが、
寂しくてたまらない張り詰めた気持ちを
和らげてくれました。


出発の時。
ミーナが濡れないよう、
棺にはビニールを被せて、
転ばないよう注意しながら
車に乗り込みました。

夫と一緒で良かったと思いました。


30分ほどで「愛心ペットセレモ」さんに到着。


何度かお世話になっているので
会場の方とは顔見知りです。
「艶々で綺麗なねこちゃんですね」と
言ってくれました。

少しだけミーナのことを話しました。
会場の奥様は大の猫好きさんだと
以前伺ったことがありました。
ソレイユもこちらでお世話になったのでした。


そのせいか、不思議と心は落ち着きました。

 

B3449a91f3624a619f945498aff87c4b


いつものように
「最後のお別れを」ということで、
夫と順番に何度も撫でながら
話しかけました。

 

D23462a8713b492e8baee8caee056932


振り返ってみれば、
私の人生の中で最も安定して幸せな時期に
ミーナはうちのコでいたのね、と。

東日本大震災の混乱が落ち着いて、
果樹園の仕事もやり終えて、
夫の起業を支えながら
好きな仕事だけをやればよかった10年間。

私の四十代はずっとミーナと一緒だった。
楽しい時間をありがとう。
ミーナのおかげで、私も幸せだったよ。


あまりに長く撫でていたので、
「そろそろよろしいでしょうか」と言われ
ハッとしました。
夫に背中をツンツンされました。


控室で待つ間、
ミーナの写真をずっと眺めていました。

 

9ddd723a0f7e4eb18cd785feda17e1b4

 

夫とも写真共有しておいたので、
「これ、笑えるね」とか
「これ、すごくかわいく写ってる」とか、
会話は尽きませんでした。


夫が「デジタルフォトフレーム買おうよ」と言いました。
うんうん、欲しい!!
音楽流せるタイプね。
「守ってあげたい」をかけ続けたい(*^▽^*)


そんな会話をしていると、
お骨になったミーナが連れられてきました。

 

手前の器に、
足の指の骨・尻尾の骨・歯・爪
と分けられていました。

爪、切らないでおいてよかったと思いました。

歯は少ないね、最初から前歯がなくってね、
奥歯も悪すぎて、ずいぶんと治療したよね。
肝臓も悪かったけど、数年で良くなったね。
ここ数年はどこも悪いところがなかったから、
抗がん剤は制限なく選択できたんだよね。。。


一部、グリーンに変色した骨を見ながら、
また語り始める私。


分けてくださった小さな骨っこたちを
どうしようかと悩んでいだら、
ペンダントにしたりする方もいるとのことで
あとでじっくり考えたらよいでしょうと、
会場の方が2つずつ
小さな袋に入れてくださいました。


そのあと、お骨上げを行いました。


実際のミーナも、骨壺と同じような重さだねぇ、
なんて、またしみじみ思いながら、
なにかこう、スッキリしたような、
もう、悲しんでばかりいても仕方ない、
ミーナの笑顔を思い出そう!

そんなふうに思えてきました。

ミーナの一生が、
とても素晴らしいものだったと思いたい。

彼女は十分幸せだったと思いたい。

毎日楽しかった、と思いたい。

 

自宅に到着して、
一番話しかけやすいところを祭壇としました。

62ec26c2d6984988a982c33c792ec747


ご近所さんがくださった白と紫色のお花が
静かで優しい雰囲気を作ってくれました。


お線香の煙と香りが
ただならぬ雰囲気を醸し出しているせいか、
犬たちはちょっと離れた場所で
静かにしていました。

 

気が付けば、お腹がGuuu。

ご近所さんにいただいたお弁当を
ありがたく頂戴しました。


実は荼毘に付す前、
コンビニプリントを利用して
遺影を何枚かプリントしたのですが
発色が悪くて。

なので、このときはまだ遺影がありません。


お気に入りの写真をスマホの壁紙にして
お鼻やおでこをくるくる撫でました。

スマホを持つと、
闘病生活をアップしていたSNSに
報告しなきゃならないことに気が付きました。

あー・・・

そういうのは、まだ辛い。

心が落ち着いたらにしよう。

治療していた病院への電話も無理だ。
涙をこらえて話す自信がない。

 

今はとにかく、ミーナの思い出に浸りたい。

おしゃべりで、表情豊かで、しっかり者で、
小柄ですばしっこくて、じゃらじゃらが大好きで。

 

夜、ニュースを見ると、「梅雨入り」宣言
されていました。


梅雨と共に、喪に服すことになるわけです。

 

夜になって、ミーナを「みーたん」と呼んで
治療してくださったM先生にLINEで報告しました。
これだけは、なんだかすんなりできました。

温かいお返事を何通かくださって、
ご自身が猫ちゃんを亡くされた時のお話も
合わせて書いてくださったので、
皆さんそれぞれに別れのときの辛さを乗り越えて
今があるのだと、
心を強く持てるような気がしました。

「経験者」というグループに
入れてもらったような気持ちにもなりました。

この先生にずっと診てもらいたかったなぁ。。。


途中で変わったY先生も一生懸命やってくださったから
後悔とか残念とか、そういう気持ちではないのですけど。

理系っぽい先生と、文系っぽい先生がいるでしょ(笑)
雰囲気の違いでねこと飼い主の緊張度も変わるもの。


Y先生はおそらく、ミーナのことを心配する質では
ないでしょう。だから急いで連絡することもなかろう。

とはいえ、2日後には病院に連絡することができました。
カルテにはなんと書くのかなぁ。「死亡」とか?

まあ、いいわ。

この病院からお花が届くことはありませんでした。

他の病院さんでは、長く治療した後に亡くなると、
お花を贈る習慣があるのだそうです。


ミーナ、病院ではイイコでがんばったのにね。。。


なので私も電話報告だけにして
病院へ挨拶に行くことは止めました。

どうせまた、別のコの定期検診で行きますし。

 

その後、数日してから
ぽつりぽつりと、ミーナのことを
友人知人に話していきました。


お花やお菓子などを持ってきてくださる方が
意外に多くて、
お返しをちゃんと考えねばと思いました。

 


F56b7cabe52d425baa4ca314dea2a80f

 

本当にありがたいことでした。

 

つづく。

 

かどうか、未定。。。

 

 


2022年5月30日 (月)

5月の真夏日

この3ヶ月、

ミーナのことで頭がいっぱいになりがちです(T_T)

でもそれは様々な角度から見ても

あまり良いことではないと思うので、

努めて別のことに気持ちを向けるようにしています。

できればミーナのことで頭の中をいっぱいにしたいのだけれど・・・

 

というわけで、

真夏日になった日曜のみんなの様子。

 

これ、サラちゃん(笑)もう、6歳です。

といってもやっぱり若い。

みんなとろけてる時間も、サラは活動的なので

じゃらじゃら遊びをしてあげました。

それで気持ちよく疲れたようでウトウト顔。

469455096eb04195b812c10b03d4c9b2

 

 

 

こちらは志麻。12歳。

朝食後から、夕食前までほとんどここにいました。

写真を撮られたことに気付いて振り向くも

目が開いてないし(笑)

78c74460d5c24723b75b3cb237a4f07b

 

 

 

ブーレくんもここにずっといました。

部屋の角です。まったく風通し無いのに。

13歳ともなると気温に鈍くなるのか???

539f3029b598449a937c09d2d51344e1

 

 

 

でも、キャッツチーム最年長のミュウは

風通しの良いベッドの上で、

これまたずっとお腹を出して寝ていました。

494bf13e58c3404c88e75868994c2050

 

 

 

アビーはちょこちょこ動いていました。

ベッドと敷き物を取り換えたので気持ちよさそう。

58561823c63e446da79b5f77094cf5ff

 

 

 

余談ですが。

大好きな花が近所の畑の縁に咲いていました。

バイカウツギ。

いきなりの暑さにびっくりしたことでしょう!

610c428b247747e9a744b948d9c2180b

 

もう10年近く前かな。

バイカウツギを好きだとブログに書いたら、

この花束を持ってきてくださった方がいらっしゃいました。

ラムちゃんとまーりんの里親になってくださった方です。

最後にお会いしてから4、5年くらい経つかな。

お元気でいらっしゃるかしら。。。

06e7bd81b45848b59f120ba2131322d9

 

 

さらに余談の波及ですが(笑)、5月27日はソレイユの命日。

まだ遺骨が手元にありまして。

供養方法をずっと考えていたら、とある本に、

大好きな花を鉢植えにしてその土に混ぜるという

アイデアがありました。

ソレイユ鉢のお花候補に、このバイカウツギを

考えたのですが、ブッシュ的な樹形になるそうなので

鉢植えには向いていないのだとか。

 

 

 

話は戻して。

これは土曜日のジャスミン。可愛すぎて。

7aee8426944c4a098ca4019a44cb28f2

14歳。ずいぶんと白くなりました。

カメラ目線も、力が抜けるようになりました。

「マテ」というとビシッと構えるコなんですけどね。

 

日曜は、夫が庭の手入れをしてくれていて

それをこんな感じで眺めていました。

9947a6bd348647b8ac86acda42cce74b

 

 

 

 

そしてそして、こちらはとらおちゃん。

え?!もしかして、10歳になった?!

あー--、とらおは5月8日ごろのお誕生日です。

お祝いも「おめでとう」も忘れていた・・・

672ff2d2b36c4ffcba55581839e71d50

とらおの薄毛についても

書きたい事項があるのです。

近いうちに!!

 

 

 

あら、こちらは何が写っているの?的な

スミレさん。15歳。

065bc2e08a464e8a86950552ce3d1f8d

 

熟睡したいときはここに入っているようです。

夜はまた別のところで寝ているのですけどね。

こんな狭い所にいたら暑いでしょうに、と思い、

アビーと一緒に扇風機をかけてあげました。

 

いくら、単独行動が好きなチワワでも、

高齢ですから少し気遣ってあげないとねぇ。。。

小さすぎて視界に入らず・・・なんて

言ってちゃダメだわよ、私。(^_^;)

 

 

 

さて、トリはもちろん、ミーナさん。10歳。

体調が悪いので熟睡できず、あちこち移動してました。

硬くて冷たいところが良いみたい。

1fb782ea45c44c038e0bd556ebf1ec2b

私は「みーにゃん」とか「みにゃみにゃ」とか

「みにゃちゃん」と呼んでいて、

夫は「みー--にゃっ!」と呼んでいます。

一番あだ名の多い子です。

よくしゃべるので、会話を楽しんでいたら

呼び名がたくさんできてしまった感じです。

 

サラの次に若いのに、重病になってしまうなんて。

 

あー-、やっぱりこうして、

最後はみーにゃんのことに戻るのです。

 

朝は「今朝は吐いてないかな」と思うことで目覚め、

寝る前は食べそうなものを出してあげてから寝る。

 

たくさんの時間をみーにゃんに費やしたい。

でも求められていないのです(笑)

 

『ほっといて』

 

そう言われていることに気付いてあげることって

大事なんです。たぶん。

 

 

 

今年初の真夏日、体調崩す感じもなく

みんなしっかり乗り越えられました。

気付けばうちは、老犬・老猫ホーム、だな(^^)

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月 9日 (月)

「アビ爺」の近況

ゴールデンウィークが終わっちゃいました。

あっという間でした。

 

結局、出掛けたのは一日だけ。

近場の低山でハイキングしてきました。

それだけでも満足。

 

普段、ほとんど休みのない夫も

今回は仕事量が半分くらいだったので

積極的に庭掃除やお料理をしてくれました。

振り返れば外食はゼロだったなぁ、なんだか意外。

 

おかげで私はミーナの看病に

全力投球できました。

 

 

さて、アビーの近況を。

 

耳の治療は定期的に続いているものの、

結局のところ前庭疾患も老化のうちだし、

中耳やら内耳やらの問題も

高齢ゆえのことと割り切って、

 

 

かつて祖父母のことは

敬意をもって労わってきたように、

 

年老いた愛犬のことも

感謝をこめて労わってあげましょう、

というスタンスで考えられるように

なってきました。

 

 

背中や腰を触ってみて

冷えているときはお灸をして、

 

 

歩き方がぎくしゃくしているときは

動物理学療法士さんに整体をお願いして、

 

 

肌寒い日は鶏肉と新ジャガの

ほくほくごはんを、

 

ちょっと暑くなった日には

牛肉とトマトにセロリなんかも加えて

さっぱりするごはんにして、

 

ちょっと寒い夜には

ガーゼのタオルをかけてあげて、

労わり尽くす。

 

 

 

オムツやらハーネスをしておけば

介助しやすいのは確かだけれど、

 

アビーにとっては煩わしいだろうし、

締め付けで血流が悪くなるから

良いこと無しと気付いて。

 

Fe18fba7e47046af94ef6c49753d06e5

 

だから家の中では

一切しないようにしました。

 

 

 

そうなると、ちょっとした尿漏れで

ベッドやらを洗濯しなければならなかったり

するのですが、

ベッドを2つ用意したり、

しそうなときはトイレシートを敷いたりして

先回り。

 

ごはんを食べているときに出てしまうのは

相変わらずです。

F4af042eae6744c89233066d88d1cd66

 

尿漏れ防止に良いとされる食品も

取り入れていますけれど、なかなか。

 

 


朝と夕方には雨でもしっかり歩いてもらって、

というか散歩は

アビーの「三度の飯より好きなこと」

なので、最優先してやらねばと。

 

散歩の時間になると目だけキョロキョロして

ハーネスを着けてもらうのを待っています。

Dda9db6d7fa54913b116f8bfef9f6745

 

 

 

 

前庭疾患が出てすぐのころは不調で、

朝になかなか起きられなかったり、

 

不定期に徘徊が止まらなかったりしたので

規則正しくしようにもできなかったのですが、

 

春めいてきてからは

朝の時間帯に目を覚ましてくれるので

一日がスムーズに進むようになりました。

 

耳の治療のおかげでもあります。

 

 

 

とにかく毎日2回、

土の上をしっかり歩かせてあげること。

そして体を冷やさない。

水分不足にさせない。

 

それで血流が良くなる。

 

アビーの耳の故障は

血流の悪さも原因のひとつだったかもと

反省しています。

手作り食だから十分のはずと

思い込んでいました。

 

 

今はなんとか自力で立ち上がることができていて

お水の場所まで行けてます。

C0ae14401850457ebac8a48e78f81542

 

 

あと一歩のところで、たどり着けないこともあります。

Ca9ed0bf1d5f4df7b19a430c5da75da6

 

 

徘徊もします。

27bc5e7acdb44056980a617bf29dfdbf

テーブルの下で身動き取れなくなっていることも

たまにあります。

 

 

ベッドの手前で寝ていることもあります。

9b385e50a6294109a6842913de5c48fe

 

 

こんなですが、夜鳴きは皆無。

 

私も、今は「大変だよー」と思うことは

なくなりました。

穏やかなおじいワンになってくれています。

いいこ、いいこ(^.^)

 

 

ただ2つだけ悩みがあって、

痩せてしまって太らせられないこと。

気温と湿度が上がるとすぐにバテてしまいます。

 

それと、寝相がいつもお腹が下になっていること。

体勢を変えようとすると怒ります。

 

いずれも、なんとかできないかと模索中。。。

 

 

さて、どんどん老いていく愛犬の様子は

ちょいちょい動画に残す。

何か気づきがあるかもしれないし、

いずれ宝物になる。

 

というわけで、

5月8日、気持ちの良い日に

散歩したときの動画があります。

 

ギリギリのような、

まだまだのような、

そんな散歩風景です(^.^)

 

YouTubeに飛びます。

アビ爺の歩様チェック2022.5.8前半

https://youtu.be/LudSLE3K_Fk

 

 

アビ爺の歩様チェック2022.5.8後半

https://youtu.be/_BynEXTAJtE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月16日 (土)

ノーズワークのプレ競技会

2016年から習い続けているノーズワーク競技。

どんなものか簡単に言うと、犬版「宝探しゲーム」です。

 

複数の箱の中に1つだけ、特定のにおいが隠されています。

 

それを犬が嗅覚をもって探し当て、

ハンドラー(飼い主)に合図を送るのです。

 

ハンドラーはそれが正しいと判断できれば

「アラート!」と宣言します。

 

正解していれば、ハンドラーは相棒である犬に

ご褒美としてその場でおやつをあげることができます。

 

空港などで働く「探知犬」の作業を、

家庭犬と一般飼い主が楽しめるように

アレンジしたドッグスポーツなのです。

 

そのクラスで「プレ競技会」を初めて開催したので

参加してきました。

「プレ」というのは、本番が別にあるということ。

しかし本番は毎年遠方で開催されているため

外出時間の制限がある私は

ずっと参加できずにいました。

 

 

さて、こちらが今回のプレ競技会の様子。

B47ee0c02ba94aa2a09d31cdc17238cd

 

7583c5a96b8d4f78b07c155a72f47dd4

 

2bd5322d43604a70b00e311c85a4401c

 

遠めの撮影でさっぱりわかりませんかね。笑

先生が撮影し、配布してくださったので

文句は言えません!笑笑!

 

 

この会場の方のブログのほうが

よっぽどわかりやすくて楽しい文面です。

「ペットの郷日誌」

https://blog.goo.ne.jp/petnosato

 

 

隠されている宝(におい)が

1つの場合はClass1で制限時間は2分

2つになるとClass2で制限時間は3分、

3つだとClass3、4分。といった感じになります。

 

スミレはClass1に、ジャスミンはClass2に参加しました。

それぞれに制限時間があり、クリアできました。

 

605d937f84994bd7b0c0d6cbe12e8121

 

7b7b1ce4326e4f18a1624ef14095952e

 

 

こちらは控室。

99dc9c94907e4d1e9c898ca73c707df2

10頭くらいの参加だったので

待ち時間も長かったのですが、

ふたりとも一度も騒ぐことなく

静かに待っていることができました。

 

私は競技と同じくらいに、このことをとても嬉しく思いました。

 

ノーズワークを始めたばかりのころは、

ジャスミンはクレート内でギャンギャン吠えて興奮収まらず、

(早くノーズワークがやりたくて騒ぐのです)

そのたびに心を鬼にして

「吠えているうちは出してあげないよ」という厳しい態度で

練習を重ねて重ねて一年以上かかったかな、

それくらい私も頑張って、ようやく

「待機中は吠えない!」

という犬に仕上げることができたのでした。

 

頑張った分、喜びも大きいわけです。

 

 

最近の私はみーにゃんのことが心配でたまらず、

先が短いことをふと思い出しては悲しくなり、

知らず知らずのうちに気持ちが疲れて切って

ひどい顔になっていたので、

競技に集中できたこの4時間は

とてもありがたい貴重な時間でした。

しっかりリフレッシュできました。

 

夫も協力してくれて、

長時間の留守番がまだ不安なアビーのために

お昼時間に一時帰宅してくれたのでした。

 

 

ノーズワークのトレーナーさんの話によると

半年ごとに開催する予定とのことなので

また秋ごろに参加できるといいなと思っています。

 

競技会でなくても、普段のレッスンも

とても楽しいものです。

 

興味ある方、一緒に習いませんか (^^♪

 

上記リンク先に、お誘いの連絡先がありましたよ☆

 

 

 

 

 

 

2022年4月12日 (火)

高峯の山桜(桜川市)

一昨日の日曜、桜川市にある山桜の里に行ってきました。

 

自生する山桜が「高峯」をはじめとする桜川市の山々を

パッチワークのように飾るのだとか。

 

歴史的に有名なところでもあるそうで。

 

詳しくは桜川市のホームページをご覧ください。

 

http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/page000202.html

 

 

D6daf6438953421e89b2bfbc269f2ff6

 

 

駐車場がわかりにくかったのですが、

迷いながらも一番近いところに停められました。

思ったほど混雑していないのでオススメです。

 

その無料の駐車場から数分歩くと売店があり

飲み物や手作りのおにぎりやお餅などが

ありました。売店はここだけです。

191df7c834184b6eae867eafd7b7d781

 

 

ちょっと寄り道できそうなスポットもありましたが、

寄らずに、上を目指しました。

Daf3e6c8c1d94d79a0f5a2132fa65157

 

 

林道(舗装道路)を30分ほど歩くと(ずっと上り)、

第一展望台に到着。

Eafbc27b11fe43099c4f45cb893ad203

 

4d8e6a7975714593b5f2258bdfc6ad0c

 

 

↓奥に筑波山が見えます。

C0722532f2c941089c7e330087376b97

 

 

 

そこからまた歩くと、こんな眺めもあり。

Ee49220466a34edeb47c5e95ebbcf405

 

 

 

そして15分くらいで、第二展望台に到着。

28ef064f9ca84918ac45629336323f0b

 

ここで持参したおにぎりを食べました。

おにぎり好きだなー私。いつもそればっかり。笑

 

 

帰路も同じ林道を下ります。

 

C76d312b05f049ec90fb473bf3885a2d

 

 

アスファルトの上を歩くのは

少し味気なかったのですが、

素朴な山桜を

これでもかというほどたくさん眺めながら歩けて

とても良いひと時でした。

 

1ab0aabaeb9e4bb3b68e5d6a0a2e8b4f

 

 

そろそろ桜も終わりでしょうかねぇ。

 

もうひとつ、枝垂れ桜が豪華な、

「常陸風土記の丘公園」というところも

石岡市にあるのですよ。

 

ただ、このお天気続きで週末まではもたないかな。

 

でも行ってみたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.ミーナのリンパ腫治療 1.とらおのダイエット 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3.アビー皮膚炎、再び(2019年~) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定) アビーの突発性前庭疾患 アビーの老犬介護 エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) スミレの気管虚脱 テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミュウの腎臓病 ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。