0.アビー皮膚炎、再び(2019年~)

2021年8月 5日 (木)

アビー、ステロイドで良くなる(首以外)

ステロイド錠を服用し始めてから

4週間が経ちました。

 

最初の一週間の量は20mg/日、

次の一週間は半分の量、

その次の二週間は、一日おき。

 

服用し始めてから、

舐めたり掻いたりがピタッと止まりました。

 

そこからぐんぐんと良くなりました。

 

 

こちらはステロイド開始前、

6月19日の胸、お腹。

B23eb97f3af24aec9212d1069455f5f6

98b49e3bf5af42a0a0fd204b016fb49c

 

 

 

今はこんなです(*^▽^*)

大変、良くなりました!

Ea51474bb9e74ae0b7863027615e35cb

C5fd6a30361f48efb4c483cf826f1efe

 

まだ薄毛で皮膚も黒ずんでいますが、

皮膚の色まで良くなるには

もう2ヶ月くらいかかるかもしれませんね。

 

 

 

こちらは、ステロイド開始前の、

お顔、脇腹、前足。

Eb75fc5b532442e89940da34f5e9b586

E6a5512f31ce46f2a9fd0c225d83c647

 

 

 

今はこんなです(*^▽^*)

お顔が綺麗になってきました。

02ed712ff6844b42b9a61b0679cc1a3b

 

右の前足は、表がまだザラザラしていて

裏側(肉球の間)はまだ赤い。

ステロイドお休みの日だと舐めているので

気を付けないとすぐに再発しそうです。

 

脇腹は、大方良いのですが、

よく見ると小さな膿皮症が時々発生してます。

6867ec29fdd14f94941935ba694cee7c

40d24f8b2a1d420982799439d46eee11

 

これらも、見つけ次第、消毒液を塗ります。

 

 

というわけで、全体的に見ると、

とてもよくなっています☆

 

 

服用している薬は、ステロイド錠のほかに

終わりのない、甲状腺ホルモンの薬があります。

この量も、先生と共に色々試してきましたが、

今の量で合っているようです。

 

 

ステロイドが唯一、効果が出た薬、となると

「アトピー性皮膚炎」

ということになるようです。

 

 

 

ただ、お顔に関しては、

目の周りや鼻、口元が酷いままで、

痒そうにしていました。

 

つい最近まで良くならず、こんなだったのです。

27de5b9ad9cb4ec9923160a019924484

 

 

私が素人的に思うのは、これは「湿熱」の状態で、

体に熱がこもり、余分な水が溜まっているのだと。

 

それで、せっせと薬膳を意識したごはんを

食べさせていました。

 

それが良かったのかなぁ。

 

8月に入ってから劇的によくなってきて。

 

今日はこんな綺麗でカワイイお顔に戻っていました。

Bbce207f2cda4c79ba15ee956d99da70

 

 

もしかすると、目薬も良かったかもしれません。

二か月くらいの間、涙目と目やにが続いていたので

老化による「渇き目」かなと思い、

一週間ほど前から潤い成分の目薬(人用)を

差していたのでした。

 

 

痒みにはステロイド、

新しい炎症には消毒液、

お顔の炎症には薬膳、

涙目には潤い目薬。

 

こんな形で続けてみます。

ステロイドと消毒液は病院からの処方です。

他2つはオリジナルです💦

 

 

いまアビーはとても快適そうですし、

1時間以上かかっていた毎晩の塗り薬タイムが

ほとんど不要になったことで

夕食後からずっとぐっすり眠れていて

夜鳴きや徘徊も止まりました。

 

 

とはいえ、実はまだ首の下側に

ぜんぜん良くなっていないところがあります。

その様子も見つつ、暑さ和らぐ頃には

三日に一度くらいのステロイド投薬に

出来たらいいなぁ、と先生とお話ししました。

 

 

ちなみに、週一の里山歩きや、

後ろ脚強化の運動は

休まずやっております☆

 

 

筋肉が、老化を遅らせる!

筋肉が、健康を作る!

筋肉が、夏バテを防止する!

 

と、思ったりしています(笑)

 

その話はまた次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年7月 7日 (水)

アビー、毛刈りしました!

一週間ほど前、アビーの皮膚科の先生に

毛刈りを勧められ、6ミリの長さにカットしてもらいました。

 

驚いたことに、たくさんのシミ!!!

 

458be464ab0343bd9fc4f8736541ccc3

 

これはもともとあるのか?

あるいは体の不調によってできたものか??

 

C8b6931ad2f045dcbc8fe61c9e1b15e2

 

帰宅すると、ちょっと不思議そうに

アビーを見たジャスミン。

 

そんなことより、痩せているのがよくわかる。。。

現在、15.2kg。理想は18キロくらいなのですが。

1f3358e56aee41f781a348e13e213726

 

帰宅して近所に散歩に出ると、

見違えるほどの身軽さ。

だ、だれですか???ってくらい、

颯爽と歩います。

2aaeec79a9b24082a0d2531efdf9d15f

 

カットした日だけかと思いきや、

そこからの一週間ずっと、歩みが軽やかです。

 

こんなに気持ちよく思ってくれるならば

もっと早くやってあげればよかった。

 

そして今、前足が痒くてたまらない様子。

 

03f9157fc3654df3a9faae6e223a180c

 

足先は舐めやすいので、一向に良くなりません。

そこで、未使用だった手拭いを4等分し、

患部に巻いてみることに。

B75e1f2c0771486faaab433ef042ab12

 

気が付くと取れてしまってますが、

おとなしく巻かせてくれるので、

むき出しのままより良いような気がします!

 

 

少し前はあんなにも落ち着かなったのに、

今ではスヤスヤと寝ています。

睡眠って、犬にも大事なので、

安心してぐっすり寝ることで

皮膚病がよくなるといいなと願います。

F9c7b36db83543c992cc34a48e16574c

 

 

それに、お顔も酷くて。。。

 

目の周りと、口元、そして頭部にはあちこち

膿疱ができています( ;∀;)

まゆげもできちゃった。笑

36379e6bee054c9a853d08da3fb8eacd

 

 

毛が無くなったら、UVカット機能のあるタンクが

ゆるゆるになってしまったので、

急遽、新しいものを購入。

楽天で半額セール!!

ありがとう!!!!ナイスタイミングでした。

 

半額ですから、こんな柄なんですけど、

ま、仕方ない(笑)

E67754361ebe4051b8ed1e78f735791e

 

 

毛が短くなったので、膿疱に消毒を塗りやすくなりました。

毛をかき分けると、小さい膿疱がまだまだたくさんあります。

薬を塗ったところです。

160a1c47a2c54b58aefba9d5b4480320

 

 

この他にも、お腹や胸、首の下側、わきの下など、

全身を痒がることは相変わらずなので、

久しぶりにステロイド(プレドニン)が処方されました。

 

痒みが減って、膿疱が出なくなることを期待します!

 

 

現在のお薬。

 

・(ステロイド)プレドニゾロン20mgを1日1錠。

 

・(ホルモン)サイロシン0.5mgを朝と晩に半錠ずつ。

 

・点耳薬モメタオティック 1日両耳に1滴ずつ。

 

・消毒液を患部に適宜。

 

という感じです。

ステロイド、どうなるでしょうか、

期待半分、不安半分。

 

なぜなら、ステロイド錠により

膿皮症が悪化したことがあるからです。

 

再発してから、丸3年になってしまいます。

どうにか、今年で区切りをつけたい!!!!

 

 

 

 

 

 

2021年6月25日 (金)

認知症、小休止?

過ごしやすい梅雨が続きます♪

気圧が低かったり、突然に雨が降ったりするものの、

梅雨にありがちな、連日しとしと雨、みたいな日が全くない。

空模様や天気予報を見ながらにはなるけれど、

ほぼ何時でも犬散歩に出られるというお天気は

本当にありがたい。

 

そして、それはアビーにも良い影響なのか、

認知症の症状がほぼ無くなり、

普通のおじいちゃん犬になっています。

 

ぽわわーんとしてみたり、

頑固になってみたり、

くっついて離れなかったり、

寄りかかってき太と思ったら、
いびきをかき始めたり、

よたよた歩いていたと思ったら、
目の前に飛んできたトンボをジャンプして
捕まえようとしたり。

 

以下は、3日前に高崎自然の森へ行った時の様子。

シャキッとして、しっかり歩けました。

21261cf183a642ee8f5b329447214c42

 

道をちゃんと認識してます。

65b982a63c064743a1158880ef8cde7c

 

はすの花咲く回廊。

9b79d522d2a648129e1ad4056f656ad9

 

 

E3aea1db1a2d48dea6b962e9d3113278

68948dda0741416dbf2576c7a5abe151

 

シオカラトンボ?

931bbcae7b814486a5f10039ab4529a5

 

緩やかな下り道。

Ad64621bb64e47fd98a5e604b9566064

 

長さがあれば、階段もひとりで下りられます。

75115881d55645f791fb501348528233

 

 

まっすぐ伸びた幹と、明るいグリーンの葉が気持ちよい。

977b9a6751a54ecfa81545ac638403da

 

立派なモミジ。秋が楽しみ。

31f138b34268414481c989a697e0f001

 

 

認知症犬の介護経験のあるドッグトレーナーさんに聞いてみたら、

「波があるもの」だそうで、

「落ち着いているときに、

やっておきたいことをやっておけ」

とのこと( ;∀;)

 

そ、そっか、やっぱりそうなんだ・・・

 

 

ならば、今のうちに映画を観たいな。

 

そういえば、あの「犬部!」の映画ができたんですってね。

◎「犬部!」公式サイト

https://inubu-movie.jp/

2頭のわんちゃん、可愛い♡

公開までもう少し。

 

ならば、別のもの。。。。

「いのちの停車場」ならば、

どうやってアビーの終活をより良いものにできるか

参考になるかもしれないな。

 

「ザ・ファブル」ならば、

何かよくわからないけど私にまとわりついてるものを

スッキリとそぎ落とせるかもしれない(^-^;

 

 

そうそう、そんなことより、

猫たちが私を呼んでいます、いつも💦

なでなでタイムが短くなっているからかと。

まずはそこのフォローアップに励まなければ。

 

(*_*)とほほ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月 5日 (土)

アビー、認知症の始まりか?

3月下旬ごろから、アビーに異変が起きました。

変化が大きいので時系列で整理してみます。

 

*****

まず、3月下旬。

狭いところに入っては出られず、

クウーンと鳴いたり、

A45b47af23f64a0db25b47210ebfda83

 

常に私の後をついて離れず、

2階に行くと1階から「ワンワン!」と呼んだり、

けれど庭ではひとりでも平気、というか

ウロウロ歩き回り、

立ち止まってはボーーっとしている、

そんな日が増えました。

 

つまり、「徘徊」です。

1e48b783d2254b6793419041b7b9722f

 

この時点で服用していた薬は、

・精神安定剤(抗うつ剤とか抗不安薬とも言います)クロミカルム

・甲状腺機能低下症治療薬サイロシン

この2種です。

クロミカルムは分離不安症で

「常同行動」の激しい犬に用いる薬で、

アビーの場合は耳血腫になった昨年11月から

耳を異常に掻くことやめてもらうために

服用を始めました。

 

 

*****

4月5日。

かかりつけの先生に徘徊のことを相談してみると、

「抗うつ剤の副作用かもしれない」とのこと。

 

それでその精神安定剤を止めてみると、

すぐに症状は出なくなりました。

ホッとしました。

 

しばらくは平穏でした。

 

*****

5月10日。

突然、食欲が出てきたようで

食べ終わっても「もっとちょうだい」と

キッチンにいる私にくっつき虫。

 

食べるものは念入りに臭いを嗅ぐアビーが

確認せずにパクパク食べるようになりました。

 

空になったジャスミンとスミレの

お皿をも舐めまわすのでとても驚きました。

 

 

さらにその日から、徘徊が再発しました。

 

朝起きてから午後1時か2時まで、

そして午後10時頃から深夜2時頃までが、

徘徊の時間となりました。

 

逆に言えば、午後の2,3時間と、

そして早朝の3時間ほどしか寝ない(座らない)のです。

ずっと立ったまま。

 

 

となると、3月の徘徊は

抗うつ剤の副作用ではなかったのか・・・・

 

 

*****

5月19日。

抗うつ剤は甲状腺ホルモンの作用を弱めるため、

抗うつ剤を止めてから1か月過ぎたところで

甲状腺ホルモンの薬が多すぎやしないかを

血液検査で確認してもらうと、

やはり効きすぎていることがわかりました。

 

そこで、甲状腺ホルモン剤を、

 

0.8mg/日

 

から、

 

0.5mg/日

 

に減らすことになりました。

 

この頃、アビーの背中が異常に熱く、

(胃熱と思われます)

それで背中に大きな脱毛が発生したと気づきました。

この日を境に、胃熱は急速に治まっていきました。

 

 

 

*****

5月21日。

甲状腺ホルモンを減らして2日目。

再び狭いところに入っては出られなくなりました。

 

徘徊は日に日に酷くなり、

昼間もほとんど座らず、

家の中でも庭でも永遠と歩きまわるようになりました。

 

3月のときより、少し激しい感じで

狭いところに入っていきます。

柵を倒し、動けなくなっていたり、

Bde4e01bc6c444f6b5d8981bfeffaf78

 

 

以前は、夢中になって穴を掘って

すっぽり入って昼寝をすることが好きな子でしたが、

ちょっと掘っては止めて、

またちょっと掘っては止めてを繰り返していました。

Dba4669aaaed431b9467520b3b396fae

 

途中で何をしているのかわからなくなるのか、

あるいは足腰の限界で掘り続けられないのか・・・

 

どんなに想像してもわからないとき、

動物と暮らすことの難しさを感じます。

なんとかして気持ちをわかってあげたいと。。。

 

 

 

そして体中の膿皮症も酷くなっていきました。

睡眠不足、そして体力消耗なためかと思います。

たまに座っていると思ったら、

お腹を舐めたり

後ろ脚で胸の辺りをガリガリと掻いたりしています。

 

そのため、竹布(たけふ)のシャツを

再び着せるようにしました。

膿皮症部分に泥がつくとよくないし、

ガリガリと掻いても布一枚あるだけで少しカバーされます。

 

 

*****

5月25日。

とうとう夜鳴きが始まりました。

 

 

鳴き方は、悲しげにキューウーンだったり

ピーピーと鼻を鳴らしたり、です。

 

そしてそれは、昼も夜もでした。

 

これがウワサの夜鳴きか???と思い、

YouTubeで検索したところ、間違いないようでした。

「夜鳴きといいますが、昼も鳴きます」と語る動画も

ありました。

 

 

私がそばから離れると、

探すように、アウーン!アウーン!

そのうち叫ぶように、ギャンギャン!!!!

と次第にエスカレートします。

 

そばに行くと、明らかに安堵の表情を浮かべました。

 

夜鳴きは、分離不安症の症状かと思われますが、

徘徊も酷くなっていきました。

 

いったん散歩に出ると永遠に帰ろうとしなくなり、

無理に引っ張っても脚を動かそうとしません。

 

「んもーーー!!!頑固じじい!!!もう真っ暗だよ!!!」

と、下品に叫びたい気持ちになりました。

 

でも絶対に怒ってはいけません。

 

大きめのジャーキーを持ち、

アビーを引き寄せるようにして、

私は後ろ向きで歩き、

やっとの思いで帰ってくる毎日となりました。

 

以前はおやつに興味が無くて、

社会化レッスンをすることが大変だったコが、

おやつ無しには帰宅できなくなりました (*_*)

 

 

夜鳴きと徘徊だけではありません。

 

この時点でも、狭いところ、

いや、入れないでしょ!というところにも

入っていこうとし始めました。

 

たとえば、ネコ用のドーム型トイレとか、

壁の角とか。

 

笑!!!!

 

アビー!あなたはでっかいんだから、

そんなとこ無理よ!笑!

 

あまりのボケ具合に、

ちょっと面白かったりしました (^-^;

 

まだ笑える余裕があったんだと、自分にホッとしました。

そのくらい、この数日間はとても疲れました。

 

私がお風呂に入っている間も

ギャンギャン!と鳴いてました。

この頃、夫が出張で留守だったものですから、

ひとりで対処するしかなかったのですが、

それが良かったと思われます。

夫がいたら「うるさい!」と怒っていたはずなので。

 

キューウーン、ピーピー、

やがて、ギャンギャン!

 

そんなときも、猫たちやジャスミンたちは

じっと我慢して耐えてくれたのでした。

 

 

 

*****

5月31日。

どうしたものかと試行錯誤していると、

添い寝してやると、すーっと寝に入ることが

わかってきました。

 

しかしなぜか、地震でも来たかのように

ハッ!!!と、飛び起きたりしましたが、

また、なだめて、添い寝すれば

寝てくれました。

 

添い寝できる時間になるまでは、

相変わらず、

キューウーン、ピーピー、

やがて、ギャンギャン!

なわけですが、

 

夫が出張から戻り、状況を説明すると

ちゃんと対処してくれて、

二人体制となれば交代でそばにいてやれるので

吠える回数は格段に減りました。

 

 

変なところで寝ているアビー。

C77dd88a0f9e4c818bb4f9fc7969b0e3

 

しかし、やはり2、3時間で起きてしまい、

ひとりで家の中を徘徊するのは毎日のことでした。

 

でも吠えないので、みんなの睡眠時間は

確保できていました。

 

 

*****

 

そこで振り返って考えてみると、

 

「抗うつ剤の副作用で認知症が起こり、

投薬を止めたら治まった」

 

ということは、見当違いだったのか?

 

単純に、老化だったということか?

 

 

和犬の半数は、長生きすると認知症になる、

と何かで読んだことがあります。

 

認知症の度合いについて調べてみました。

人の場合と同じように

犬の場合も認知症の症状には段階があり、

次のようにカテゴライズして度合いを調べるのだそうです。

 

1)見当識障害

2)社会的交流

3)睡眠/覚醒サイクル

4)粗相、学習と記憶力

5)活動性

6)不安

 

このうちの2つ以上に当てはまれば、

認知機能不全症候群(認知症)と診断がつくのだとか。

 

(6つではなく、5つに分けるという獣医師もいました)

 


アビーに出ている症状は、3つ。

徘徊と分離不安と夜鳴きです。

3と6 ってことかしら?

 

以下のサイトで調べることができました。

 

ベネッセ「認知機能不全症候群セルフチェック」
https://pet.benesse.ne.jp/tu/nestle/NC_DISHAA_200805.html


アビーは「中等度」と評価されました。

 

早めに獣医師に相談したほうが良いと書いてありました。

 

皮膚病やら甲状腺機能低下症やらがあるので、

かかりつけの先生と行動療法の専門医の両方に

相談してみなければならないと思いますが

色々と悩みます。

あまり薬は使いたくありません。

 

 

 

*****

認知症か、分離不安症か。

 

というのは、コングを転がしておやつを出す、

ということができたり、

0cdfda9d6492402eb567141a059876e5

 

 

コーンを軸に、ジグザグ歩きもできます。

後ろ脚強化として、一年くらい前から

アビーに取り入れているエクササイズです。

Ff8829f3a94e40ef9139b5b7d63fb21c

 

 

お手やフセもできるし、みんなと一緒に

おやつをもらうときは座ってお行儀よく待つことも

ちゃんとできます。

 

というわけで、認知できなくなっているという感じではないのです。

 

とにかく離れたくなくて、

私が段ボール箱を畳んで閉じて、と作業している合間も

こんな距離にいたりします。

796970463a0c4399957b8f7e67175fde

 

ただただ、ひとりになると変になってしまうのです。

 

 

体のためだけでなく、頭の体操という意味でも、

自宅周辺でない場所に行くのは良いことなので

可能な限り、車に乗って出掛けます。

数年前もそんなことしたなぁ。。。

皮膚の舐め壊しを止めさせるために。

 

「高崎自然の森」は、アビーにはとっても良いところ。

1e1a514e7a4f461e8b810521a1efd793

 

森林浴は私も癒されますし。

5fdd619b712e46efb69a19e0d065c2e6

 

 

階段も、サポートしながら上り下りします。

5c1236bd648f4272988cf3cad34c7f3a

 

 

昨日は久ぶりの雨でしたが、

同じように2時間散歩に行きました(^_^;)

D6873fc945c046b199db226dd8ebb88d

 

 

今日は従妹に手伝ってもらい、古河総合公園へ。

Da85c931e8764ce6b292571e977eee85

 

体も頭も鍛えます。

 

認知症か分離不安症か、あるいは

「まだらぼけ認知症」という言葉があるように、

時間や場所で変わったり、

数日ごとに変化したりするのかもしれません。

 

あるいは分離不安は、認知症の一部、なのかもしれません。

 

 

*****

まだまだ分からないところがたくさんありますが、

いずれにしても、完治はなく、

ゆっくり進行するでしょうから、

私もそれに合わせて勉強します。。。

 

 

アビーがくれた楽しい思い出に感謝しているし、

「お年寄り」には敬意をもって接するべきだし、

最後の最後まで幸せなコでいてほしいので。

 

 

というか、そういう心がけを意識していないと、

「もーーーー、いったい、どうしたいの?!!!」と

イライラしてしまいますから。

 

 

色々と参考書を呼んでみると、

徘徊も夜鳴きも、本人にとっては

ちゃんとした「理由」があるのだそうです。

 

 

怒らない。聞いてあげましょう、どうしたいのかを。

 

 

 

2021年4月30日 (金)

驚きの場所に膿皮症

前回のアビーのシャンプー時、

最後まで立っていることができなかったため

今回は下半身と上半身を

日を分けて洗うことにしました。

 

 

まず下半身。

上半身は数日経ってから。


 

下半身だけでも、立っているのが辛そうでした。

水に濡れることが嫌いだから、余計なのでしょう。

 

 

洗い終わって、さあ乾かそうというところで

座り込んでしまいました。

26a85fdaa6db4bc692c3e37ca181b8f5

 

 

ならば、背中から乾かせばいいかなと。

 

すると、背中中央あたりに膿皮症を発見。

 

4462c8854d604861bb44786bcb45bd36

 

最近のアビーも相変わらず

膿皮症が無くならない日々を

送っていて、

おそらくそれは甲状腺機能低下症が原因でしょうとの

ことなのですが、

甲状腺ホルモン剤を服用していても、

定期的に新しい膿皮症ができます。

 

 

膿皮症については、自由が丘どうぶつ病院さんのサイトで

わかりやすく説明されています。

https://hospital.anicom-med.co.jp/jiyugaoka/disease/skin/20200812/635/

 

 

 

他の原因(ホルモン系)もあるかも。。。

と感じていますが、

それを調べるのは簡単ではないので

今のところ、膿皮症ができたら「マスキン水」という

消毒液を塗って広がらないようにしています。

 

膿皮症ができたら、

範囲が小さいうちに消毒することで

早期完治が見込めるので

ちょっとでも掻いたり舐めたりと気にしている箇所があれば、

毛をかき分けて新しい炎症ができていないかを

チェックしているのですが。

 

 

背骨上なんて、ノーチェックだった・・・(*_*)

なぜなら、口も脚も届かないため

掻いてるそぶりがなかったから。。。

 

 

***

 

 

 

ここから先の写真は、少し気持ち悪いかもしれません。

 

まるで、ホラー体験でした・・・(*_*;

 

 

 

***

 

 

発見した背骨上の毛が浮いていたので

ちょっと摘まんでみたら

ボロボロ剥がれてきて・・・

 

 

うわわーーー 

 

 

D9efdb187cc64c229ae509c00240ad03

 

 

 

 

しかも、皮脂がベタベタしていました。

 

 

自然と剥がれる部分を取り除いたら

直径10センチくらいありました。

9a694dc085f64a1bb78a64b0939514af

 

 

この位置じゃあ、しばらくハーネスは無理だわ。

 

 

シャンプーの不快さを取るため、

散歩に出ようと思ったものの、

 

背中はこのままでいいのかなぁ・・・?

 

 

で、ウェザーニュースで紫外線量を調べました。

 

この日の紫外線は少ないようだったので、そのまま出かけました。

 

さすがに、目立ちます。

F9e01aeb4acd4743975302dacfd40b35

 

 

 

 

アビーは相変わらず、全身膿皮症だらけ。

そして、たいていは時間差で左右対称にできます。

 

しかしまさか、背骨付近とは。。。

 

 

冬毛が抜けるタイミングで

こんな感じになるのかもしれないと思ったので、

先日も記事にした特殊なコームを買い、

マメに下毛を取っていたのに

悲しいかな、膿皮症ができてしまうんだなぁ・・・

 

 

これは首の左側面。

8e146aff3dcb4c48a43608a23e425012

 

 

左前脚。

0ded4af6ef8e4b75a9fbf7fcbc2c32ff

 

 

左膝外側

42359f521ce34c089c53c44ab75bddd3

 

 

 

尻尾の付け根、内側

23c50a45ee8645c7a786ef6ff284a81d

 

 

他にも複数あります。

 

そこに、毎晩、マスキン水を塗ります。

 

 

抗生物質が効きにくい体質になってしまったため

これしか方法がないようですから

地道にやるしかなく。

 

 

背中のほうは、

数日すればシャツを着せても刺激はないかなと

思うので、紫外線対策をしながら

散歩してあげようと思っています。

 

 

これからどんどん歳をとり、

ますます免疫が期待できなくなるのに

これといって頼りになる治療法が見つからないなんて

可哀想なコです。。。

その分、楽しいことをたくさんしてあげようと

思ってはいますが、それも簡単なことでもなく。

 

 

 

 

 

 

  

 

2021年1月22日 (金)

なぜ抗うつ剤なのか

ではなぜ、アビーに抗うつ剤が必要か。
ここを考え直す必要があるのかなと。

止められるものなら、止めたいもの (T_T)


アビーには分離不安はないし、
攻撃性もないので、
精神安定剤なるものに頼りたいと
思ったことはありません。

ただ、次のようなところは
正常ではないな・・・と思っていました。

○ハエや蚊を気にして、口をパクパクして捕まえようとする

○立ったまま一点を見つめてじっと動かず、それが数分に及ぶ

○雷だけでなく、雨だけで不安になってオロオロする

○散歩中は緊張が高く、おやつが食べられない

 

そして実害としては、

・「尾追い」を繰り返し、尻尾が脱毛する

・暇なときにお腹を舐めて脱毛し、皮膚が黒くなる

これらの点は、アビーが我が家に来たときからでした。


8a4ea119ff264fe9b49dded76a802311


当時は、大地震や津波によって、
怪我をしたのかなと思っていましたが、
あれこれ勉強してみると、
これは「尾追い」による自傷行為だとわかったのです。

 

 

それから1年ぐらいは新しい環境で緊張もあり
精悍な顔つきでしたが、

6bfd9ec6f88645f799d00d9b449837ec

 

 

やがて、とても穏やかなお顔になっていったのでした。

21180b2ae60a44299aa34d82118ec6f5

 

なのに・・・2013年冬ごろから口の周りに
皮膚炎が始まり・・・

84943f2feda249508b6a462dbb95b2b3

 

原因不明、治療法もなく、
4人の獣医さんにかかりましたが
悪化するばかりでした。

 

174e518687614865ac5167397e968806

 


そこで、二次診療の病院に行き、
アジア獣医皮膚科専門医の永田雅彦先生に
1時間にも及ぶ問診(生活習慣など)を
していただき、
PTSDの可能性を告げられたのです。


そのときに初めて、
抗うつ剤「アナフラニール」が処方されました。


*****
PTSDとは。
厚労省のサイトより
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_ptsd.html
「こころの病気を知る」
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。
突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てきます。とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときは、PTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。こうしたつらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。

*****

 

抗うつ剤を服用すると、
掻いたり舐めたりすることは減り、
今までになく、とてもよく眠るようになりました。

本当にとってもよく眠っていました。

 

そして2年近く続いた皮膚炎は、
たったの4か月で
ほとんど治ってしまったのでした。

Db89be99e3ee41ae9febb09968626a38

 

これには本当にビックリしたものです。
皮膚についての薬は、
飲み薬も、塗り薬も使わなかったのですから。


結局、抗うつ剤は、
2016年8月頃までの一年間、服用しました。


それから2年間、皮膚病はまったくありませんでした。


それが、2018年8月、
自宅の改修工事をきっかけに足先を舐める行動から再発。


あれよあれよと広がり、
皮膚科専門医の先生に治療を受けるも改善せず、

またあの時のように酷くなったらどうしようという
不安から、

「抗うつ剤を服んだら治るかも」と安易な気持ちで
抗うつ剤を希望しました。


当時の皮膚科医の先生は、
2015年にPTSDの可能性を指摘してくださった
永田雅彦先生のお弟子さんでした。
だから、とても期待していました。


でも残念ながら、改善しませんでした。


皮膚科の先生は、自らアビーを薬用シャンプーで
洗ってくださり、保湿剤をつけてくださいました。
4か月間、週一ペースで。

水が大嫌いなアビーにストレスかからないかなと
心配でしたが、抗うつ剤のおかげか、
鳴いたり暴れたりせず、おとなしく洗われていました。


しかし、それもあまり効果はありませんでした。

 

費用ばかりがかさみ、
我が家の家計も苦しくなっていきました。


とはいえ諦められるものではないので、
私はあれこれ調べまくり、
甲状腺機能の検査をお願いしました。

T4とTSHを計測。

甲状腺機能低下症だということになりました。


ホルモン剤の投薬を始め、
定期的にT4だけを測りました。

1日0.3mgで、T4値は標準値に
入っていました。

しかし皮膚炎が改善されないので、
1日0.45mgに増やしました。
標準値のど真ん中になりました。

 

それでも、結局、
皮膚の状態は変わりませんでした。

 

今考えてみれば、抗うつ剤をいったんやめて、
それから甲状腺の検査をすればよかったなと。

抗うつ剤を服んでいたから、
甲状腺ホルモンが少なかったのかもしれない
と思うのです。


当時の先生は、抗うつ剤が甲状腺機能に
影響を与えることはご存じありませんでした。

私が、2種同時に服用して問題は無いかと
2,3度質問しましたが、問題ないとのこと。

まあ、それは先生の主観ではなく、
製薬会社の説明書がそうなのであろうと思います。


抗うつ剤そのものについても、
犬の精神科医は日本にはほとんどないため
抗うつ剤をきちんと扱える獣医さん自体が
とても少ないのだと想像します。


ましてや皮膚科の先生に通っていたのでは
甲状腺ホルモンの治療や、
精神科(行動療法)等に詳しいことは
期待できません。


それに早く気付くべきでした。

 

今になって、別の先生から、
甲状腺機能低下症が皮膚病を招いている可能性と、
T4を計測しているだけでは正確ではないということ、
そしてこれまでのホルモン剤の量では足りないのかも。
という新しい話をいただいて、
なんだか、どっと疲れが出てしまったのでした。

 


話は逸れますが、

一年ほど前から、犬の行動学について
会員制オンラインセミナーを受講しているですが、


ぎふ動物行動クリニック

https://tomo-iki.jp/clinic


このクリニックは、日本でおそらく唯一の
「ストレス診療科」を開設しています。


そしてなんとタイミングよく、
そちらで1月13日に開催されたセミナーが

攻撃行動に対する薬物療法‐[問題行動解決塾・理論編]
https://tomo-iki.jp/info/8274


だったのです。

アビーには攻撃行動はないのですが
自傷行為があるため、
薬の選び方などが勉強できればと受講。
とても参考になりました。


ただ、テーマの内容としては、
飼い主の接し方や、おうちの中の環境改善、
そして攻撃行動に対する行動療法だったので、

アビーのような、震災による強い恐怖体験への
薬物療法については、
事例があるかどうかはわかりませんでした。

 

より理解したい場合は、カウンセリングを
受けるしかなさそうです。

 

PTSDと抗うつ剤、

甲状腺ホルモンと抗うつ剤、

そしてPTSDと舐める・齧る・掻く行為、

さらに甲状腺ホルモン低下と膿皮症。

 

甲状腺ホルモン剤と抗うつ剤を増やしている今、
皮膚がすっきり治ってくれれば悩みませんが、
そうではないからヤキモキしてしまいます。。。

 

それに、抗うつ剤を服んでいても、
相変わらず、尾追いがあります。

D1a2b0dc72b343168cbefa0b61cb832b

85a343a595724e7d8b652c55ae131e40

 

 

アビーはほんと、お医者様に恵まれません (T_T)

可哀想です。なんとかしてやらねばと
頭が痛くなるばかり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年1月18日 (月)

甲状腺機能低下症が皮膚病を?

アビーの状態を書いては保存し、書いては保存しで、

やっとここまで書けました・・・

 

いやもう、複雑です・・・

 

2018年の夏からアビーの不調は始まったのですが、

見た目ではそれは皮膚病だったので

皮膚科専門医の先生に診てもらってきました。

 

しかし、もしかすると、皮膚病の類ではなく、

(まあ結果は皮膚病なんでしょうけれど)

原因が甲状腺ホルモンが大きく不足しているためかも

しれないという状況になってきました。

 

経過を整理すると、

2019.7.6 甲状腺ホルモン剤の服用開始

3カ月おきに血液検査をしながら

その状況に応じて、0.3mg~0.45mgを服用

 

これで甲状腺ホルモン:サイロシン「T4」

の値は良好でした。

 

 

しかし、このときすでに、

抗うつ剤を服用していました。

 

 

皮膚病は時に少し良くなったり

また悪くなったりの繰り返し。

完全に綺麗になることはなく、

もう少しで完治なのに!というところで

再度悪化したりの日々でした。

 

 

 

そして耳が折れてしまった昨秋

2020.10.6 の頃は 0.3mg/日

 

 

ビデオオトスコープ治療をしてくださる、

新しい先生のご提案で、

2020.11.16から、

甲状腺ホルモン剤を増やすことになりました。

 

 

先生が「0.3mgから0.4mgに増やしてみましょう」

とおっしゃったので、

私は0.1mgだけ増やすのか、と思ったのでした。

 

 

ところが、アビーの様子がなんだか変なのです。

 

全身を掻いたり舐めたりがピタリと止まり、

やたらと元気で、食欲も病的に旺盛で、

頻尿、そして

体重がどんどん減っていく。。。

 

表情もこう、なんだか、ギラギラしているというか・・・

 

人でも病的に痩せると目がギロッとなりますが、

そんな感じなのでした。

 

以下2枚がその頃の写真です。

0fc26ea7a63c4a3abbfe10a420e070c3

E320773ddad940619ee69f2e5f4a87fc

 

体重は、17.5kgくらいだったのが、

2週間後には、14kgになっていました。

 

 

先生に相談すると、なんと!

ホルモン剤の量を間違えていました。

 

私がお伝えしていた0.3mgは1日の量だったのですが、

先生はそれを1回分だと勘違いされていて、

つまり0.3mgを朝晩で服用していた、と思われたそうです。

 

ということは、

先生は、0.6mg → 0.8mg にしたつもりが、

実際は、0.3mg → 0.8mg になったのです。

 

アビーにとっては

いきなり3倍近い量のホルモンが入ってしまい、

甲状腺機能亢進症になっていたのでした(*_*)

 

食べても食べても痩せる、という、

まさにバセドウ病の症状です。

 

 

ところが、皮肉なことに、

掻くのも舐めるのもしなくなり、

皮膚はどんどん良くなっていきました。

 

それで、

 

甲状腺機能低下症が原因で皮膚病が起こっていた

 

と仮定できたわけです。

 

 

 

しかしその量のままでは、心臓によくないそうなので

 

1日0.8mg → 0.5mg に減量。

 

それから、1ヶ月半が経過しました。

 

表情は改善して、元のアビーの、疑り深い顔(笑)に戻りました。

カメラ嫌いなんでね。

66ac5d0d385e49089f0929e2234c0a1d

595e4c6762bc4c5eb343ca7648fdbab1

 

体重も戻してきて、16.25kgまで回復。

17.5kgくらいほしいところです。

 

 

 

しかし残念なことに、皮膚炎(膿皮症)がポツポツと

出てきました。

 

A044db424009481080e291b5778781ba

 

 

膿皮症は、免疫が弱ると出てくるそうなので

甲状腺ホルモン剤がまだ少ないのかもしれないと

仮定して、

 

甲状腺ホルモンを増やす前に、

血液検査をすることになりました。

 

 

しかし、ここでまた問題が。

 

アビーが服用している

抗うつ剤(クロミプラミン)は、

甲状腺の働きに影響を与えるとかで (+o+)

 

 

昨年の春に遡りますが、

二次診療の病院で初診料7700円!で診察を受けた際、

 

「抗うつ剤と甲状腺ホルモン剤は一緒に服用しても

問題ないのでしょうか。

反対の作用があるようにイメージするのですが」

と、私から質問したら

 

「そういったケースは今までありません」

と専門医の先生はおっしゃっていました。

 

 

でも、今診ていただいている先生によれば

影響あり、という論文が出ているのだそうです。

 

やっぱり! と思いました。

 

 

まあ、言ってみれば、

専門医の先生すらご存じないくらい、

極めてレアなケースにアビーは苦しんでいる、

というわけです。

 

 

さあ、じゃあ、どうするの?!ということですが、

 

T4を出すように指令を出す視床下部にある

「甲状腺刺激ホルモン」(TSH)はどうなっているかを

調べるといいのだそうです。そりゃそうだ!

 

 

で、結果は、基準値「0.5以下」のところ、

「1.02」・・・

 

すごすぎる。

 

つまり、TSHさんは、

「甲状腺さんよ、もっとT4を出しておくれ!!」

と叫んでいるような状態なわけで。。。。

 

 

甲状腺ホルモン剤を服用し始めたときは、

TSHの値は「0.6」でした。

 

 

1年半でそんなに大きく変わるものなのか。

 

アビーの身体で何が起こっているのかな・・・

 

 

まだまだ先は見えません(涙

 

 

ここ1か月の様子。毛のボリュームは出ましたが

膿皮症がまだ残っていて、

ぼこぼこしている感じはなくならず。。。

A5c7eb89e52042c7898a6426d60b9e44

 

 

Ce4c2779bc0a4e4db9877d47901c1c5b

 

 

 

 

 

2020年12月 2日 (水)

アビーの耳血腫、治ったようです

現在、アビーの右耳はこのような形状です。

この形はもう治らないこと、
前回の診察で説明を受けています。

3cce3f55e7384a7d849cd3d839114498

*「耳血腫」とは
耳介にある軟骨内に血液が溜まる病気。
なんらかの原因により耳介の軟骨内で出血し、
血液が溜まって耳がぷっくりと腫れる。
アビーの場合、外耳炎の不快を
激しく掻いたことによる打撲と思われます。



 

昨日は二度目の診察日。

耳血腫の経過と、外耳炎の治り具合を
診ていただく予定。

 

診察台の上のアビーはとにかくじっとしていて
お利口さんというより、
恐怖で腰が抜けている感じ。


そのアビーの耳介を触診する先生。

再度腫れる感じはないけど、
どうかな~、ドキドキ。

 

「耳血腫は治っていますね」と先生。


(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

嬉しすぎる。

(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

 

耳血腫はたいてい繰り返すとの説明を
先生からも、経験者さんたちからも
聞いていたので、

一度の注射で治まったなんて本当によかった♡

 

(とはいっても、前の病院で三度も
インターフェロン注射をしましたが)

 

 

次に、
その原因となっていた外耳炎が
どの程度治ってきたかを
オトスコープで診てもらいます。

 

これがとっても重要!!

 

外耳炎もしつこいため
繰り返し洗浄する場合がほとんどだと
事前に説明を受けています。

 

だから、この日も鎮静下での耳洗浄を
することになるであろうというわけで
朝ごはんを抜いてきました。

 

アビーは診察台の上で
じーっとしたまま腰抜け状態。
以前のようにおろおろしないのは、
抗不安薬のおかげかもしれません。

 

そんな腰抜けアビーを見た先生が
「鎮静せずに、このまま見られるかな~?」と
そっとオトスコープを耳に入れてくれました。


アビーが意外にもおとなしかったので、
スコープは奥のほうに進み・・・


垂直耳道(出口に近いほう)には
耳垢が少し残っていましたが、


水平耳道(鼓膜に近いほう)はとても綺麗で、
遠くにちゃんと鼓膜が見えました。


皆で、「おーーー、綺麗!」と感激。

 

マラセチア菌による大量の耳垢は、
ほとんど無くなっていたのです。

 

これなら洗浄しなくてOK!!!

 

当然、鎮静処置も不要!!!



 

(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

うそみたい。嬉しすぎる。

(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

 

 

ただ、完治まではもうひと息なので、
点耳薬を続けてください、とのことでした。

これからの2週間は、2日に1回です。

これですんなり順調に完治したら
今まではなんだったの??と思わずには
いられません。。。

 

 

そんなわけで、ひとまず耳の心配は
無くなりました☆

  

これは今日のアビー。元気です。
足腰のために、普段の散歩でも急斜面を歩かせています。

2730571232294a5e97c124bc9affef82

今回の治療をするまでは
散歩中も座り込んで、耳を掻いたり、頭を振ったり
お腹や体のあちことを舐めていましたが
まったくしなくなりました。

 

これには、ほんと、驚きます。

 

残るは、全身の膿皮症です。


ここ数日の、シャツを着ていない写真がないので
あとで撮りますが、


外耳炎というストレスがなくなったとたん、
ゆっくりと改善しているように見えます。

 

このまま抗生物質を使わずに
様子を見ましょうということになりました。

 


これは先週、朝日峠ハイキングコースでの1枚。
アビーの足腰のために、優しいコースを選んでいます。

Cd59544e745b48bd947d02deaf3b08c0

 

 

*****

もし、酷い外耳炎になっていたり、
繰り返していたりするペットさんがいましたら
「ビデオオトスコープ」を持つ病院さんに
相談してみることをお勧めします。



病院選びを間違えたために
アビーの折れた耳が元に戻らないこと、
後悔と悔しさでいっぱいです・・・

 

 

 

 

2020年11月28日 (土)

アビーの耳血腫、次の治療法

楽しかった日記のように
ほいほい筆が進まないけれど、
記録せねばと書いてます。

 

まず、耳が折れたのは10月6日。

 

週一のインターフェロン注射は
前に書いたように、
可哀想で3回で終わりにしました。
結果、耳の状態は腫れたままで変わらず。

右耳の外側がパンパンです。

6884b01635354c348ea7efca17c8dd9d

 

 

ただ、痛みは無い様子で安心していた私。

 

最初の担当獣医さんからは
再生医療を勧められたりしたもの、
それは芽が出るまで時間がかかるから
見送り。

 


さて、どうしようかと
2週間ほど悩んでいました。

 


先日受けた、
JBVP日本臨床獣医学フォーラムの講座で、
耳のトラブルは、まずオトスコープを使って
中をよく確認してもらってください、
との話がありました。

 

そこで、
「茨城県 動物病院 オトスコープ」で検索すると
なんと、市内にあるではないですか。

 

しかも。。。なんだよぅー。。。
猫たちがお世話になっている病院さんでした。

 

もっと早く知っていれば
アビーの耳は折れずに済んだと思うし、
痛いインターフェロンも不要だった・・・(涙)

 

*******

 

そんなわけで
予約をして治療していただくことになりました。

 

結局、耳が折れてから6週間が経過していました。

 

 

当日は、朝食抜き。
耳の奥の処置なので、鎮静剤を使うそうです。

犬の耳道は90度に曲がっているので、
スコープを通すには眠ってもらわないと無理だし、
意識がある中での耳洗浄は苦痛すぎる。

 


鎮静剤は注射ですぐに効き、
でも意識はちょっとある感じ。


看護師さん二人がかりで
眠りの深さを確認しながら、
先生の処置が進んでいきます。

 

 

1.オトスコープで右耳の奥まで見る

モニターで見せていただきました。
鼓膜前までの耳道には、
「あらららー、ひどいっ!!!!!」
と声が出てしまうくらい耳垢がびっちり。
鼓膜の手前に層のように溜まっていました。

 

 

2.耳垢を洗浄する

液体の薬を耳にジューっと押し入れては
液体と共に垢を出す方法でした。

 


3.耳介に溜まった血を抜く

耳介の腫れているところに
針を刺して溜まった血をゆっくりと抜きます。
20ccだったかしら、なかなかの量が出てきました。

 

 

4.耳血腫用の薬を耳介に注射

薬はステロイド、と伺ったような気がします・・・

が、違ったかも。うろ覚え。

皮膚を切開したりはしませんでした。

 

 

5.耳洗浄した結果をオトスコープで見る

「うわ~、すっきり!!!」
鼓膜が綺麗に見えて、
皮膚は少し赤みがある程度で、
ただれ等はありません。

「もっと酷いかと思ったら、
そうでもないですね」と先生。

 

6.折れていない左耳もオトスコープで見る

初期の段階で使ったオスルニアという
点耳薬が効いているようで
耳垢は乾燥していて、量も少ない状態でした。
というわけで、洗浄なし。

 

 

7.鎮静から覚めるのを待つ

鎮静剤は2時間ほどで覚めるそうで、
治療処置は1時間ほどで終わったので
まだ立てないアビーを抱えて車に乗せてもらい
帰宅しました。

右耳がペタンと薄くなりました。

B9736747467a42d2a679656e34b6c84a

 


初回の治療はこのようなものでした。

 


鎮静からの目覚めは悪く、
翌朝まで眠りこけていたアビーでしたが

徐々に気持ちはスッキリしてきたようです。

気になっていた臭いもなくなりました。

 

自宅では、点耳薬を1日1回、両耳に入れます。
それだけ。

 

また、最初の5日くらいは耳垢が出てきたので
見える範囲のものをコットンで優しく
取り除きました。

 

 

そうそう、耳血腫になると、
再び血が溜まる可能性が高いそうですが
見た目には薄いままです。

 

 


来週にまた通院です。

初日と同じ処置が予定されていますが、
血が溜まってこないので、どうなるのかな。

 


といっても、やはり鎮静かけて
オトスコープで耳の奥を見る必要は
あるのでしょうね、
外耳炎を完治させるために。

 

 

そして治療後、2週間近くが経ちますが、
耳を掻いたり気にしたりする様子は皆無です。


そして驚くほど、
体を掻いたり舐めたりも減ってきました。


なので皮膚を守るために着せていたウェアは
不要になりました。

お顔や表情もスッキリしてきました。

3efce029b6ab40c8bf0cee28facffc97

 

ただ、1キロ強、痩せました。

 

舌もいい感じです。ちょっと細いのかなぁ。

でも夏の頃のような、真っ赤で縦シワだらけ、
というのはなくなりました。

105283e96ebf410cb653c4a199bb004c

 

 

 

全身の膿皮症はまだまだ大変な状況です。

被毛がボコボコして見えますが、

かき分けると、それ全部、

1つ1つ円形に脱毛しています。

脇腹から脚にかけて左右10個くらいずつ、できてるかな・・・

2ea9c93258844c4f977a242f7dc8c50c

 

 

ボサボサで毛がたくさんあるお尻辺りも
直径5センチ程度の大きな膿皮症が4つもできています。

B5890881899e48b1aa5edf4b08746197

 

首の前側も、まだかなり脱毛中。

 

 

 

さらに問題は、後ろ脚の老化が顕著になってきました。

ナックリングしてしまう回数が増えました。

 

リハビリ始めました。

また次に書きます。

 

人と同じように、歳をとっても運動は欠かさず、

より筋力トレーニングをして、

若々しさをキープしてやらねばと思っています。

 

 

 

 

 

 

2020年10月31日 (土)

アビーの折れ耳と今後の薬

耳血腫の耳は折れたままのアビーです。

 

インターフェロン注射、2回目のあと

パンパンだった耳はやや引いて

柔らかくなってきました。

 

そして、外耳炎の薬オスルニアがよく効いて、

耳の痒みはなくなりました!

 

こんなによく効く薬ならば、

もう少し早めに出会いたかった・・・

しかし、早く効く薬は副反応も強いと思われ、

オスルニアの使用は2回のみ、と

決められていることもあり、

再発の心配はぬぐえません。

 

 

そして4,5回必要と言われたインターフェロン注射が

効いてくることを期待していたのですが・・・

 

 

3回目の注射時、

1回目同様、保定が悪く、

針を刺してからアビーが暴れてしまい、流血。

 

 

ゆっくり注射することは難しいと

判断されたのでしょうね、

先生はトンボ針から直針に変えて、残る液をブスッ!

 

アビーはその痛みと恐怖に逃げようとして

診察台から落ちてしまいました。

 

 

あー・・・可哀想なアビー。

 

あの看護師さん、保定を勉強し直していただきたい。

アビーのせいにしてる感じも、よろしくない。

 

 

そんな苦い経験をしてしまったアビー。

今週初めに4回目の診察だったのですが、

さすがに今までになく病院に入りたがりませんでした。

 

 

だよねー・・・と思いながら、なだめて入り、

先生には、2回目の看護師さんに保定をしてほしいと

お願いしました。

 

 

すると、3回目から耳の状態が

あまり変わっていないことを理由に、

インターフェロン注射をやめて

中身を抜くこともアリだとご説明いただきました。

 

 

それは痛いのかと伺うと、

時間が長くなる分、痛いと思うと。

 

保定は3人くらいでやるしかないと。

 

 

そんなの、アビーには地獄です。

 

それならば全身麻酔のほうがいいです。

 

ただ、アビーの年齢が不確かなことから、

先生は全身麻酔を心配しています。

 

そして、先端医療とか次世代医療と言われる

「幹細胞療法」もあることを伺いました。

 

また新しい治療かぁ・・・

ふぅ・・・

 

予算は初月5万円くらいで、その効き具合で

その後は少しずつ回数を減らしていき、

終わりは特にない、とのこと。

 

 

その日は、それについてのお話を伺うだけで、

インターフェロン治療はお願いせずに帰宅しました。

 

ただ、元気と食欲が少しないことを話し、

4月から止めていた精神安定薬アナフラニールを

復活させたいことを話、処方してもらいました。

 

 

というわけで、インターフェロン治療は

3回だけで止めてしまいました。

もったいなかったかな・・・

 

 

 

ひとまず、毎日、耳のケアをしながら

様子を見ようと思います。

アビー自身は、もう痛くないようなので。

 

 

 

しかーし。

これでアビーの問題は終わったわけでなく、

2年も続いている全身の皮膚炎(膿皮症)が残っています。

 

 

おそらく、(私の推測でしかありませんが)

インターフェロンにステロイドを入れた注射だったため、

新しい炎症が3つほどできてしまいました。

 

アビーはステロイドにとても敏感です。

すぐに膿皮症ができてしまいます。

 

 

そこで、ビクタスS MTクリームを出してもらい、

それを毎日塗ることにしました。

 

塗ると舐める、というコなので、全身タイツ、復活です。

 

0eeac97de12a4663aa96bc21d83146d7

これはアルファアイコンさんの「アレルギードッグウェア」で、

通気性や生地の柔らかさ、菌の繁殖を防ぎ、

縫い目やタグを外側につけたものです。

 

 

昨年に着せていた2着は

掻きむしって穴だらけだったので、

今回1着だけ新調。

 

 

抗生物質入りの「ビクタスSMTクリーム」を塗り、

ウェアを着せると、

掻くことも舐めることも大幅に減りました。

 

 

オスルニアで外耳炎の痛みと痒みを止め、

アナフラニールで不安やイライラを取り、

ビクタスクリームで全身の炎症の痒みを取る。

そんなところなのかなぁ。

 

 

 

そこから2週間のいま。10月30日撮影。

C421710ad16c4fda941e61ee98442f8e

 

ぼこぼこと陥没して見えるところは、

一度すっかり脱毛し、新しい毛が生えてきているところです。

しかしそこの周辺には、まだ無数の炎症が残っています。

4bc41277419740538d9581cee984a28d

 

 

 

 

胸の部分は春夏と丸禿でしたが、ずいぶんと良くなりました。

(左上にはまだ炎症が残ります)

F13321c5a95f410fb3cea74bfb190c58

お腹もかなり良くなりましたが、まだ炎症は残り、

ウェアで覆えないため、時々舐めています。

 

 

 

 

精神安定薬アナフラニールを再度服用し始めたのは

10月17日から。

効いてきたのか、元気が出てきました。

Ea5f5525bd57456db4231e0336799454

 

737647b8328248fb8b4c5592c71fa58c

 

 

 

そして10月29日。鍼灸治療の日。

アビーの外耳炎治療のことや、

精神安定薬を再度始めたこと、

そして治療費がかさんでお財布が厳しいことなどを

鍼灸先生に話し、

治療内容を変えることにしました。

 

一年以上、鍼、お灸、瀉血、マッサージ、薬膳ごはんを

続けてきたので、

アビーの身体は整ってきているのではないか、ということで、

漢方薬と漢方サプリをいったん止めて、

精神安定薬だけにしてみましょうと。

 

 

実際には、甲状腺ホルモンの薬と、炎症部分への塗り薬は

続けますが、全身皮膚炎についての飲み薬はひとまずお休み。

 

 

 

私もホッとして、気持ちが和らぎました。

治療の前に、ここに寄ったからかもしれません。

病院そばのコスモス畑。

7b755c11a22f4ee7b83cb3d4464f9c00

Dc92d9f1e6014caaa046aa444c3b59fd

 

アビーも気持ちよさそうに歩いていました。

18cc4c98d2334bdd84008839a93a25bd

64b68f48d29446a3ae124a87424bb5c5

 

 

これから先、またどうなるか、ちっともわかりませんが、

とにかく治療費の確保をしつつ、

全身の塗り薬と耳の衛生を毎日頑張るほかありません。

 

 

もしこれでダメなら、幹細胞治療、考えてみます。

でもそれは、お金が溜まってからのお話・・・

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年~) 1.とらおのダイエット 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定) アビーの突発性前庭障害 アビーの老犬介護 エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 気管虚脱 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。