9.愛犬とハイキング

2020年4月12日 (日)

山も春

ここのところ、山歩きが楽しい!

 

 

新型コロナのあれこれで、

なんとなく疲れた気分になるのだけれど。

 

 

季節は「春」!

 

自然の中に身を置かないなんて、もったいない!

 

 

ソメイヨシノだけが春じゃないし、

 

お花見の集いだけがアウトドアじゃない。

 

 

木々の枝からは新葉がどんどん出て、シジュウカラも元気。

7dac9761504c4c2093f492d2c40523be

 

 

岩場の陰からはスミレが顔を出す。

Dd62ffce57b043fe96bb289eb0b874e9

 

 

 

ウグイスのホーホケキョも艶っぽくなってくると

カモたちは仲良く飛び立つ準備中。

 

Be1a59aebcf04acbb5cedde970b7e47c

 

 

 

こんなときだからこそ、

抑えるとこ抑えたら発想を明るく!

 

春はなにかと不調になりやすいこともあるし。

 

努めて、明るく!

 

山のおかげで、私も犬たちもとても元気。

 

 

前回の加波山から

緊急事態宣言が出される前日までの

山歩き記録。4週間分。

 

 

★雪入ふれあいの里→剣ヶ峰→雪入山

 

0cc5b9e3277542a098520bb485a58ffd

 

9d1e95a03a9c47e2ba9baa6c19542220

 

Cefe66fedf6149248a8b72b022e23cc8

 

73f8ea17d34d4cea9f7f306fff164e82

 

 

 

 

★御嶽山→雨引山

 

97199d1193354457a82f85b1736a6d69

5f02b66e889949258876d76cb9c01263

Bd5e985ff41542b0b806effdd35523a2

E03b0f9489734999ac0b256b84b8a4c4

B24e4192499b425493e7d59faf6e35e0

 

 

 

★宝篋山(ほうきょうざん)→ 尖浅間山(とがりせんげんやま) 

 

653dd7c6ed9e4df38d78d1a938aa7ad7

4f64f890e0c74e15bd466d1e503b8943

1da1827138d44d7c951aab24a697b022

Bd3ee42fb7c249c2849324115c7bb95e

 

 

 

★雪入ふれあいの里→雪入山→せんげん山

 

76519cdf746642b28f4d5687873a536f

 

3c99974b2e0745bc84e2423f2357264b

 

76f38012db374d02902812077978efab

3a4a20aca98f427f8b2b6573de2b6934

D2c0c92adafc41398afa35bff0097bd6

 

 

Syay at Home は大事だけれど、

他の人と距離が取れるならば、

登山などのアウトドアスポーツは

心身の健康にとても良いと思います。

 

とはいえ、有名な筑波山はおそらく人でいっぱい。

こんなときこそ、人気のない山を選ぶべし(笑)

 

最近の愛読書(≧∀≦) 

B0e703905f5c4e68a252a13a073eb98d

2020年3月24日 (火)

スミレと霞ヶ浦総合公園へ


一週間前のスミレさん。

土浦市の霞ヶ浦総合公園に行きました。


B0c303b75c9d48078d1d3506b22c1438


この日は冷たい風が吹いていましたが、

モコモコなスミレさんには

ちょうど良かったみたいで

とってもよく歩いていました。


風車と水車を霞ヶ浦側から見たところ。


この木道はたしかワンコ禁止だったと思うので、

抱っこして歩きました。


撮影のときだけ下ろしたもんだから

緊張顔。



木道のある場所は水生植物園になっているため、

ワンコの排泄が問題になるのでしょうね。



沼地(ハス田かな)には

野鳥がたくさん降りていました。


(見かけた鳥はセグロセキレイ、ツグミ、ムクドリ)





そしてランチは、園内の「食堂」で。


ワンコ連れは外のテーブルが利用でします。


カフェ前の小さな池は、ユリカモメとキジバトでいっぱい。

子供たちが「鳥の餌」をあげていました。


ユリカモメ、この辺に急に増えてきた気がします。



そんなこんなで6千歩くらい歩いてきました。



大小サイズ違いのワンコが3頭もいると

代わる代わるお出掛けすることになり、

大変だけど楽しいというか、


「趣味はイヌと出掛けることです」


みたいな生活になっております(^ν^)



できればジャスミンとスミレくらいは

一緒に出掛けられるといいよね〜


というわけで、

メルカリでこちらを買いました!


E461d95ee0ea4574ad4df335f82bfaa9


メルカリ初利用です(^^) 



モンベルのワンコ用リュックで、

現在発売中の色は明るいグリーンとブルーなんですが、

数年前に販売されてたこのレンガ色が良くて、

中古を探してました。


嬉しい♪


さて、次はどこへ行こうかね〜


8a1e591776ed4c529cca6d78ce8d4a05



2020年3月22日 (日)

アビーと「常陸風土記の丘公園」へ

アビーの鍼灸通院の帰り道、

石岡市にある常陸風土記の丘公園に寄りました。

536bd540533b446f892881019ffec802

6acba075e6434a2f9c7d4cf97cc9c867

 

この公園の人気の桜は「枝垂れ桜」ですが、まだまだ。

チューリップが植えられていました。

(↑円状に土を盛ったところ)

 

↓ここは桜のトンネル。

7bb24f36c83846aaa82220dece7882b2

 

昨年はお花見でき、豪華な雰囲気に酔いしれました。

今年もとっても楽しみにしています♡

 

B926a360d65042a3bf514ea48f33e68e

 

 

今回のお楽しみは、数キロ続く散策路。

明るい森の中の道をたくさん歩けます♪

 

7fa9ddeb5e054b8dadb8393de7302fe5

 

 

F7447e3ea95e4a44a66a5acb3daaaba6

 

049767a7da75488a8391114a60989ce1

 

D3d377d870094113856b4ca825a80979

 

1bb1eb90d0ab478faecdeb695b14fa98

 

もし行ってみようと思われた方は、

迷子にならないよう

園内の地図をよく確認してから歩き始めてくださいね。

6f0b942379464ba78be74064f8d0afe4

こちらは古くて不安になるかと思いますが(笑)

 

新しい看板もありました。

ただ、森の中を歩き始めると、

道標はほとんどありませんでした。

 

しっかり1時間ほど歩き、

アビーは楽しかった様子。

この日は鍼灸のおかげもあり、

とても気持ちよさそうに寝ていました。

 

 

最近、痛み止めのおかげで

お腹は舐めはなくなりましたが、

上腕の内側を舐めるようになりました。

その辺に痺れがあるのかな…

 

できるだけ筋肉が衰えないように

自然の中をたくさん歩いてもらって、

老化の進みを遅らせたいものです。

 

 

 

 

2020年3月 4日 (水)

ジャスとマニアックな山へ(後編)

加波山登山の続き。

 

八合目を過ぎ、

疲れてきたー

膝の上がビリビリしてるー

と思った頃、

 

そんなハイカーの気持ちを察してか

まるで勇気付けるかのように

「あと5分」の道標。

0b2f0f44c4d847e4939bdc02afc9e404

 

この手前に細い砂利敷の道があり、

二、三人が腰掛けられるベンチがありました。

座ってみると危ないくらいグラグラ(・_・; 

バランス取りながら腰掛けて、しばし休憩。

 

 

再び歩き始めると、お若いトレランの人が

挨拶とともに私とジャスミンを抜いていきました。

同じニンゲンとは思えない身軽さ。

まさか、下から来てそれ?その速さ?

すんごーい☆

0266af9952b9403f903ec9206d53a38c

(トレラン:トレイルランニング。山歩きならぬ山走りすること)

 

ゼイニクが削ぎ落とされたスリムな後ろ姿に

惚れ惚れしながら、

よーし!もうちょっとだ!

とまた自分を奮い立たせて歩きます。

 

 

すると右側に鳥居が見えました。

Ecb5e793e1ae427ab95b147d47589907

やっと着いたー!

と思ったらまだ「0.4km」!

あのトレランの人は雨引山のほうへ行った様子。

1a1b1ee5728949bc80e52ffe02dea256

 

最後の踏ん張り。石階段。

82ccecd7a2e044d8b74207e455de8ad9

 

 

で、着いたーー!!

ここにも「加波山神社」とありました。

E5267588a1344a5fb8eb69a00abbec5b

左側に大きな天狗さま。こんにちは。

 

 

 

それにしても静かな頂上…

人の気配なし。

Ab2ec64041104721a0eb81b81b277d8e

 

 

見晴台が無いなぁ。。。下界を見渡したかった。

いいお天気なのに、残念すぎる。

 

 

でも空にはパラグライダーたちが。

気持ち良さそう。8機も見えました。

6cdde21d32a045ef8023946cbc43bdc8

 

 

下界は見えないわ、上にはパラもいるわで、

なーんか高いところに来た感が薄れるなぁ。。。(^_^;)

 

 

とりあえず、おにぎりタイムしたいな♪

えーっと、ベンチは、、、無いっぽい。。。(+o+)

 

 

ん?

33cbbdacc7d3450fa910747638fe8bc7

え?まだ上がある??

 

 

達成感もつかぬ間・・・(-_-)

 

 

もうここまで来たら、行くしかないでしょ。

見晴台があるかもしれないし。

 

で、登る。

ジャスミンも張り切る。

8444c6b9375c4f6ba744e03c55be2ed5

 

 

いやまあ、すごい自然。

これはもう、修行の域。

 

で、2,3分でお社が。なんかシンプル。

Cd7a740252d34b2a940e417aa008a6c6

 

 

ここが頂上?と思ったらまだ道が続いてるー

78bd3e17e4044b60949e25a30aa36305

 

終わりなき戦い。。。

やはり修行の域。

 

 

2,3分登ると、

なになに?「たばこ神社」?!

13f100972e504295a436ac7d8583a126

たばこの葉の豊作を願うのかな?

 

 

 

で、また道が続いてる…

さすがに行くかどうか迷う。

 

 

けど、きっともう来ないかもしれないから

行っとこう。

まだ脚は動くし。

とにかく頂上らしい見晴らしがほしい!

 

しかしあたりは薄暗くて道もあるのかないのか・・・

 

 

と思ってたら突然目の前に大きな岩!

ヒィーーーッ! ここ通るの?!

 

 

念のため、スマホのアンテナチェック。

何かあったら連絡できるのかどうかを

ちゃんと確認しておかないと(これ大事)

Cf24638b3940410bbe9430775b2c6dec

 

不安定な足場を慎重に登り切ると、右側が崖!

ジャスと私の安全を確保するため、足場を探しながらの徒歩。

写真どころではなかった・・・(;'∀') 

 

しかし、こんなところを通り抜けると、

ちょっとナチュラルハイな自分に気付く。

 

 

行けるとこまで行ったるでー、みたいな。

 

 

 

で、3つ目のお社に到着。前の2つより立派?!

5c6ff3fe519b4b0d921c2fe6e4e97589

 

 

「ジャス~、ようやく頂上かなー」なんて愛犬に話しかけていると、

おじさまがひとり、この左側に腰掛けて休んでて

ちょっとドキッとしました。

 

 

「頂上はここですか」と尋ねてみると

「あと1つお社を超えたらあるよ」と。

 

えー、まだ、あるのーー!?( ;∀;) 

 

けもの道しか見当たりませんが・・・

 

 

でも、あと1つか。

 

進むしかない。(笑)

 

 

 

両サイドは崖と言ってもいいくらいの急斜面。

 

気持ち弱まり、軽くふらっとする。。。

90edf4743fcb46289118b212090be5c8

しかもこの笹藪、

ジャスにも私にもマダニつきそう。

 

 

 

で、着いたー!!最後のお社!!

「加波山大神社」とありました。

小さいけど。

F6ec5fbe2828420087dfb8ced584a32e

 

1beb4e75bb4f40d481684459c588712f

(いつも気になる、お社の扉にある覗き穴・・・)

 

 

というわけで、頂上かと思った神社から、

4つもお社が続きました。

 

細い道と、両側の崖を思うと、

私は尾根を歩いたのだろうか。

 

 

さらに道は見えましたが、

その先は無いなと、

この時はなぜかあっさり結論出まして。

5118639661f945bfb5e99f9bfb8d17c1

 

というのも、写真でわかるように

この先に行っても木々が密集しているので

見晴らし台はまず無いなと。

 

 

それにもういい加減に腹ぺこだし。

確認しなくてもいいや、下りたい。

と思ってしまいました。笑

 

 

 

とにかくどこにもベンチがないので、

「あと5分」の道標があったところまで戻り、

グラグラベンチでおにぎりを食べていると

砂利道からベテランふうな三人グループさんが歩いてきたので

色々と教えていただきました。

 

 

頂上はやはりあの場所でよかったそうで、

もうちょっと歩けば、

三角に組まれた石の頂上印があるのだそう。

 

 

その方たちも、

「もう少し整備して見晴らしを良くすると

楽しい山になるんだけどなあ!」

とおっしゃっていました。

 

そっか。やっぱりね。

 

同じ気持ちの人がいたことがわかり、ちょっとスッキリ。

 

 

下りはまた倒木を乗り越え、

落ち葉に滑り、

6f030fcb7e654571b9bb8d12751405af

 

流水の音がするパイプに首を傾げるジャスミンに笑い、

9e15ebe832af42f7b45af296a62d74f6

 

急坂の石道は膝に負担がかかりそうなので

ボーゲン滑りのようにやや横方向にターンしながら歩き、

738c1f1dba4c46fbb06d05b3c30b01b6

気づけばジャスミンもお疲れ気味で、

膝が心配なのでほとんど抱っこ。

7キロあるので私の腕は痛くなりましたが

無事に帰ってこれました。

 

 

このルートは健脚でないと人も犬も厳しいかもしれません。

3〜5合目のコンクリート道は急だし、凹みが歩きにくい。

 

その他は、距離も勾配も初心者向きなのですが、

整備されていないところが多く、足場が悪い。

 

変な力を使い、翌日にはいつもより疲労感が残りました。

 

でも山歩きなんで、ちょっと疲れて当たり前。

 

 

 

下っている最中は、ここに来ることはもう無いなと

思いましたが、

 

数日経つと、意外と面白かったかも。

なんて思ってしまいます。

その証拠に、この記事は長文になったし 笑

 

 

苦労しても、また行きたい!という感覚になれることが

大自然の魅力なのかな(^^)

 

 

 

 

2020年3月 3日 (火)

ジャスとマニアックな山へ(前編)

筑波山の隣には加波山という、

地味な山があります。

読み方は「かばさん」です。


私はその読み方を知ったとき、

なんだかすごく興味がわいて

いつか登ってみたいと思っていました。


やっと念願叶いました!


加波山には複数のルートがありますが

この日は「加波山コース」にしました。

B0eacfd74a6845d19edc0932ae167580


駐車場の目印は「加波山神社」という大きな看板。

44f8c9e67b2c4c1eb4be79ad8a59ac5a

左側には「加波山神社」

9f98be46ee6149fabbf8f07898df842b

無事に登山できるようお願いして、

いざ。


なんだか不気味な雰囲気。

日曜なのに人がほとんど居ない。

3d4cf45fd8cc4461a647726a6a3fc8b4

たしか、ここが一合目だったかな。

分岐点には看板があるので迷うことはありませんが…、

ほんとかな…と不安になる雰囲気(°_°)

C197dfc4969f440bbd63c4761ccc2688


加波山には700を超える神様がいるそう。

あちこちにほこらがありました。


三合目から五合目が、ちょっとなぁ…

こんなところ。

36f6de3615724b2a990233be37284860

5cad3005b20a404d976d8e17b3881f0b

つまり、採石場でした。

だから道は舗装道路。

52ef0ed7b3a04a94910060c4851236b8

しかも急勾配でした。

滑り止めの丸い掘りは

ジャスミンの足には疲れるようでした。


やっと五合目から、山らしくなりそう。

Eeada426e7db450a9370ac5922e69ee5


と思ったら、落ち葉だらけ…

Ef72d010739c4bf991e0bb0a171ef1f8

人の出入りが少ない証拠です。

倒木も3,4箇所ありました。

A10949b5feb34833b5bfa58e4e999d54


どこを撮っても空は狭く、

見晴台はひとつも無かったような(-_-)

C478f80272b546b895800fce523005a6


7合目。美しい杉林。

Ad5d33b6564b4b72a72a859a8b61ff75


8合目。イノシシとか出てきそう。

Ef7e4e86351046f9907c8399ee77cd6c


続く。





2020年2月12日 (水)

ジャスミン、元気に山登り

昨日、とても良いお天気の中、

ジャスミンとふたりで低山に登ってきました。



楽しい様子を動画にまとめました。


YouTubeですがよろしかったらご覧ください。

https://youtu.be/P2fO9PFrPSY


ジャスミンは今年5月で12歳になります。


あと何回一緒に登れるかなぁ。


シニア犬との山登りは暑い日は無理なので

限られた登山日和をジャスミンとアビーに

捧げたい!

と、そんな頻繁には行けないけど…


アビーとは先週末に行きました。

そのときはお友達と一緒だったので

おしゃべりに花が咲いて、写真ほとんどなし。


でも見てください♪

これは登山道の入り口。

ものすごい笑顔(笑)

Ed3b51f7bfa14e6c80651f6e4603b16d


こちらは頂上。

De4e7a3b84d243e4a373c1692d4bfd7e


若い女子との登山は楽しいねぇ、アビー♡


そんなわけで、私も体力整えて

犬たちに着いて行けるよう

頑張らねば(^.^)




2020年1月28日 (火)

充実の1月

例年と違って晴れの日が少なかった1月でしたが、

我が家のお出掛け事情はなかなか充実していました。

 

アビーとは山に登り、

ジャスミンとはフィールドで走り、

スミレとは義母のお誕生日を祝いました。

 

665da26105fd4a018627ff0454d249c9

F3377ae0a6a348328cb570409cdde694

51b23aa1f1a84d00bd1fc49deb6e8cf4

 

そして初詣もして、みんなの健康と交通安全をお願いしてきました。

7b03e7e487ee4edf8eaa9f2fef1b2d2d

初詣にまで愛犬を連れて行く、犬バカな私です。

20192712ec684b3f971111d4e87b10af

 

もちろん、ジャスミンが好奇心旺盛だから。

 

5f8b1696f2c04316b00bca2ab441b112

959f9fef76df424280eae5ee85a771b5

 

人混みに緊張してしまうアビーやスミレはお留守番。

 

 

気が付いたら10年以上、犬たちとアウトドアを楽しんでいて、

ほかに10年超えた趣味はほとんどない〜(笑)

 

 

先日、一緒に山に登った方が話してくれました。

あと4、5年早く、私と出会いたかったと。

 

なぜなら、

愛犬ちゃんがまだ元気なうちに一緒に登りたかった、

犬と登山するなんて想像したことなかったもん、喜んだだろうな〜、と。

 

 

山道を歩きながら、じんわりきちゃいました。

 

 

その愛犬ちゃん(ラブラドール)は今はかなりのシニアさんで

平地の散歩もキツいそうです。元気な時は筋骨隆々だったそう。

 

 

あと何回、ジャスやアビーと山登りできるかな。

 

C92fa705e7ae4cec88ab197e521f45e4

 

 

スミレとのしつけ教室も順調で、たとえば1つ挙げるとすると、

こんなに離れても「マテ」ができるようになりました。

世間にも慣れてきましたから今年はもっと色々なところに連れて行けると思います。

 

5abcd13d012046f2a3cbc204c8ad4d98

それにしてもチワワってほんと小さい(^^)

 

 

 

犬は人と一緒に何かするということがとても大好きなんですよね☆

うちの3ワンは、11〜13歳。

残り数年も、楽しい楽しい人生にしてあげたいです。

 

 

「お母さん!今日もほんとうに楽しかったよ!」

 

愛犬たちにそう思ってもらいたいなぁ、と。

 

Fc1f79dd2bf8468ebea3ff01ea4374f8

 

51a59e1f85f3495cb18e6cb2ac44e1f0

5c35ab13d298401db95516f9bffe4b53

Ca9495c5dd4f433fa14808386c63ffd6

 

 

 

 

2019年12月30日 (月)

アビーと山歩き(宝篋山 常願寺コース)

昨日はとても良いお天気でした!

年の瀬ではありますが、お正月の準備もまあまあ終わったので、

 

先日ジャスミンと初トライした宝篋山の

最長コース「常願寺コース」をアビーと歩いてきました。

 

↓登山道入り口の手前にある休憩所の看板。

 A468a5b545a7403cac824dfd172f8bef

 

ここは登山口手前の田んぼ道。

C677e3bd5a394f7b8b2e3aec2079c49b

今日はマーキング三昧しないでくれよ。

 

 

最近のアビーは

耳が遠い、めんどくさがりなど

お年寄り感が出てきていたので、

久ぶりのロングロードで体力大丈夫かなと

少々不安があったのですが

 

「キツそうなときは頑張らせずに引き返す」

 

そう決めて、いざ、往復4時間の小旅行〜♬

 

山に入ると、もうーもうー、ほんっといきなり生き返る!!!

足取りが軽やかすぎて笑ってしまうほど!

 

D80713952f43453da858d59f2ecd6601

 

ウキウキしているアビーの背中を見るのは

私もとても嬉しいのですけどね(*'ω'*)

 

 

 

余談ですが、犬の最新の年齢換算方式だと

ジャスミンとアビーとスミレは

人でいうと69歳から72歳となるそうです。

 

☆最近の「アニコム損保」のコラムより。

https://mag.anicom-sompo.co.jp/11013?openExternalBrowser=1

 

 

ヒョエ〜〜 意外といってる。

そうかー、そうだったのかー。

高齢者マーク、貼る頃だね。

 

 

話は戻して。

アビーはどこまで行っても楽しそうに山道を進みます。

C87fc91ef79c45bbae7977e38e24bdfd

 

 

今回はアビーを信頼して

長めの180センチリードにしました。

いつもは120くらいかな。

 

岩場も飛び乗り、歩きやすそう。

 

2a069aae47894283ae14619c184271f7

 

 

ロングリードはちゃんと一緒に歩けるコでないと

グイグイされたときに飼い主つんのめるので。

小型犬は別ですけど。

特に下りなんて、アビーサイズのわんこに引っ張られると

 

まじ命とり。

 

アビーが若い頃は、短ーく持って、

とにかく抑えて抑えて滑らないよう気をつけて

下りてきたもんです。

いつも膝が痛くなりました。

 

 

昨日はお天気がサイコーでした。

アビーもいい笑顔。

7fe0e05e321847189693f0ed378eef59

 

こんなふうに鳥の声や沢の水音を聞きながら

空気の澄んだところを犬たちと歩くのは

もう本当に爽快!

 

知らない人々との狭い山道でのすれ違いや、

お利口だねーと撫でてくれる人への笑顔、

ロングリードであっても私の位置を確認しながら

離れすぎないこと、

休憩所などでやたら吠えないこと等々、

 

様々な場面で私も犬たちもリラックスして楽しめるのは

一緒にトレーニングしてきた成果であり、

 

かけがえのない時間を共に過ごしてきた証なんだよなぁと、

自然の中でひとりにんまり、感慨深くなるのでした。

 

 

さて、休みながら歩いてはいるものの、

1時間過ぎると疲れてきて、

アビーの足取りもゆっくりになってきました。

もちろん、私も。

 

F8ea3783c0a244398a20cc8a1e2cc246

 

けれどこのコースは尾根を歩くので開けているところも多く

見上げれば晴れ渡る空!

 

疲れ吹っ飛び、気持ち軽やかに歩けてしまうのです。

 

そこが、このコースの魅力☆

 

 

傾斜がほとんどなくなると、そろそろ頂上です。

E9ecda64c666412897812a4440db54b0

 

 

着いた〜!!!

D368edf197d949589ce0aa88ae6e13b6

 

頂上ではお決まりの大きく握ったおにぎりを食べ、

アビーにも鶏肉とスープをあげて、

「登れちゃったねー!」と撫でてやり、

記念写真を撮りました。

 

20分ほど休憩すると、さすがに体も冷えてきたので、

上り途中で脱いだトレーナーをまた着て、

アビーの舌の出かたや足先を触って確認して、

いざ、出発。

Eab9501aedb144089a354f357b514229

 

 

下りは、少し急だけれど小さな沢を
何度も渡りながら歩ける極楽寺コースへ。

 

Ebfae6caf4d64635a2230d7be6191b92

 

 

アビーは私が持参した水は飲まず、

沢の水を飲みます。。。。さすが野生育ち。

4021b95b32a542eaa19ced64afe906d1

 

 

橋も怖がらず上手に渡れます。

Ae536dfd6dfd44d4a995fefec1636044

 

 

賑やかな子供たちには目もくれず、

鼻を使いながら楽しそうに歩いていました。

 

 

下りは休憩なしでリズミカルに歩けました。

あっという間に下山。

 

 

B8d770a78ea8464cb9fdd2e0afb6f8bd

(山の下のほうにはシダ植物がたくさん生えています)


 

 

行く前は体力を心配したけれど

まだまだ大丈夫なアビーでした。

これで古希なんだもんね〜

犬って体力あるな。

 

 

スマホアプリの歩数計を見ると

歩いた距離は10キロほどでした。

 

 

また来ようね、アビー。

 

自宅に戻ると夫が薪ストーブに火入れしてました。

アビーはその前で満足げにスヤスヤ。

 

 

夕食もペロリと平らげ、また眠ってしまいましたが、

トイレは?と聞いてみると、行くと言うので軽く外に出ました。

 

そのあとはそれはそれはもう、ぐっすりよく眠っていました。

体力回復を助けるおパジャマを着て。

3ddc25c7e329407fab874f00e0125220

 

 

 


2019年12月24日 (火)

いばらきヘルスロード「菅生沼遊歩道」へ

茨城県には「ヘルスロード」として

認定された道があちこちにあるそうです。

 

【茨城県ヘルスロードについて】

http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/yobo/zukuri/herusuro-donituite.html

 

以下抜粋

「ヘルスロードは、健康づくりのため、ウオーキングの推進を図るとともに、高齢社会を見据えて子どもからお年寄りまで、また障害のある人も安全に歩ける県にしようという壮大な計画です。」

 

 

知らず知らずのうちに何箇所か行ってますが

これを参考にすれば、

犬たちと自然を楽しみながら歩ける道を

もっとたくさん簡単に探せそう☆

 

とはいえ基本的に子供さんや高齢者さんが主な対象かと思うので、

犬okかどうかは事前に調べる必要がありますが、

調べるのは簡単♪

Instagramで地名を検索してみればよいだけ。

 

「愛犬と〇〇へ行ってきました」という情報提供者さんがいるので。

thank you!

 

 

とにかく自然を楽しみながら犬たちと安全に歩きたい♪

 

 

というわけで先日、そんな「ヘルスロード」の1つ、

坂東市の菅生沼遊歩道に行ってきました。

 

https://www.nihon-kankou.or.jp/ibaraki/082287/detail/08218cb3410089182

 

菅生沼の冬はコハクチョウが有名なので、

どのくらい来てるかなぁとワクワクしながら行ってきました。

駐車場はこの沼地そばにあります。

1542f21401c942878dacae1464fec0c5

 

雨予報が出ていたためか、日曜なのに人はまばらでした。

すごいカメラを持つおじさまたちが数人いたので

ちょっとダンディなお父さんに

「今日までに何羽くらい来てますか?」

と聞いてみると

「昨日数えたら80羽来てるね」

と教えてくれました。

 

12月初め頃から飛来してきて

1月にはピークとなり

多いと200羽にもなるそう。

 

今回はコハクチョウ観察だけではなく、

4.4キロの遊歩道を歩きたくて来たので

まずは、歩こう!と張り切って歩き出しました。

F95b5324101e4e9eb7b77a51db024551

(↑右奥のほうにコハクチョウがいて駐車場もあります)

 

 

半分は砂利道で、車もたまーに通ります。

 

B91ad301e89745cda627dd3239cd8ca0

27f34247458f4eccb9b3b992cdf1aaa2

 

橋を渡り、反対側へ。

07567a8bfaad45629fd19f75f8b7c08d

1年半前だったかな、この湿地帯で

野生のキツネを見ました。

このままずっと自然が保たれるといいなぁ。

 

橋を渡ると、ちょっとお化け屋敷風。

個人の土地みたいです。でも住んでなさそう。

4bf8c731b40a46aeaa187e9c47b940bf

 

 

薄暗い竹藪を抜けると、短い距離ですが湿地帯を歩けます。

D044269171834cc5a4f1499e723b5fd1

ウグイスの声が聞こえてきました。

双眼鏡があれば野鳥が多く見られそう。

 

この先がちょっとわかりにくいですが、

やはりまた民家やお墓などありました。

 

初めての人は迷うと思います。。。

私は何度も来ているのでひとりでも平気ですが、

最初は知っている人と行った方が良さそうです。

 

その先を少し進むと、桜並木になります。

8343b0ff6c38400da87412ff01f567a0

 

 

桜並木を抜けると広い道路(橋)になり、

その先はまた砂利道。

「鳥獣保護区」に看板があります。

702bd45c571b48be8bbb5e24d06e2901

 

砂利道は乾燥時は埃っぽいので

お天気とよく相談したほうがいいです。

3bf18984244348729166fcaa44cced8e

 

砂利道の脇には川が流れていて、

そこにオオバンの群れがいました。

オオバンって、丸っこくてカワイイ♡

5479edb75dc944d797a8d3c04afd0d8f

 

程よく身体が温まったころ、スタート地点まで戻れました。

私には、この4キロくらいがちょうど良い距離。

行き帰りの運転があるので、あまり疲労しない程度がよい。

 

 

白鳥さんたちを近くで見られるよう橋の歩道が作ってあるのですが

その橋はわんちゃん立ち入り禁止。

犬が吠えたりすると鳥たちがびっくりするため。当然ですね。

その一歩手前でジャスミンを抱えて、しばし眺めました。

 

E932ed5b6cd3497f9ae601c8f321008b

 

コハクチョウは日中はずっとぷかぷか浮いていて、

時々頭を水の中に突っ込んで何か食べていたり、

仲間にちょっかい出したりしている様子がまた

人間っぽくて面白い。

 

それが夕方になると

家族単位で長い首を振りながら鳴きあって集まり、

順番に寝床まで飛んでいくそうです。

 

その飛び立つ姿が夕陽と重なると

とても優美だそうです。

それでカメラ小僧が集まるわけか(笑)

 

ダンディ白鳥さんが

「飛び立つとき、ハクチョウの羽が夕陽を受けて黄金に輝くんだよ」

 と話してくれました。

 

見てみたいな〜

 

 

それにしてもこの日、すれ違った人は1人。

お天気が悪かったから仕方ないか…

でもー、日曜だよ?

みんなもっと歩いてほしいな〜(^^)

 

そうすれば桜並木も手入れしてもらえるんじゃないかな。

 

コハクチョウがさらに飛来してくる1月にまた行ってみます♪

よかったらご一緒しましょう!

 

 

さて次はどこへ行こうかな♪

 

 

2019年12月 2日 (月)

ジャスミンと山歩き(宝篋山 常願寺コース)

またまた低山ハイキングしてきました。

向かったのはいつもの宝篋山。

60歳代後半の叔母が一緒です。

 

今回は、

尖浅間山(とがりせんげんやま)の頂を超えて、

宝篋山登頂を目指す「常願寺コース」という

片道4キロのコースに初トライです。

 

駐車場から歩くと、まずはこの見晴らし。

E8aa5244073a493cbbfcda9ec948cdda

 

「よーし!あの頂上を目指すよー」

という気分になれます♪

今回は向かって右側のほうから登ります。

2ff6ec2edd634179a1c855e1b935060c

 

 

初めてのコースのお供はジャスミン。

体力があるので最後まで歩いてくれる可能性大で、

足場の狭いところもよく見ながら

自分でルートを探して進んでくれます。

ちょっと深い沢などでは抱っこもok。

まずはジャスミンで様子を見て、

アビーやスミレが登れるかなぁと考えます。

 

田んぼ道を進むと、沢沿いを歩く道が出てきます。

極楽寺コースに似た雰囲気です。

Ce13fc362b7a475a8ba27da5295333b4

 

 

時々、沢を横切りながら進みます。

8d1a3f3db1f84493b527b178110df671

 

今回初めて、3mのロングリードを使ってみました。

いつもの散歩用リードだと

岩場などをジャスミンが勢いよく進んだとき

私が追い付かないため、

ジャスミンが後ろ側に引き戻されて危ないのです。

 

ロングリードだとその心配がほぼ無く、

私も歩きやすかったです。

何よりジャスミンが本当に楽しそうに歩いていました(^^)

 

 

 

沢エリアが過ぎるとやがて緩やかな落ち葉道になります。

 

あら〜、こんにちは!

6歳のキャバリアちゃんに出会いました。

77567cc3cfdd459a84d80bdc1357edcc

 

キャバリアちゃんのママは、

私がいま検討しているモンベルのリュックを

背負っていました⭐︎

 

キャバリアちゃんが歩きにくいところは

リュックに入れて入れて歩くのだとか。

 

使い勝手を聞いたところ、

底にトレイがあるので犬が安定する、とのこと。

ますます買いたい気持ちになりました⭐︎

 

ちなみに入れたいのは

ジャスミンじゃなく、スミレです。

12月のお小遣いで買えるかな♪

 

 

さて、この常願寺コースは二度登頂できるというコース。

1つめの尖浅間山頂まで2キロ強。

その先は少し下り坂になります。

1時間以上も上り続けていたので

歩きながらホッとできる感じです。

 

 

しかしその下りは長く続かず、

すぐに登りになります。

登りはやはりしんどい。

 

でも筑波山のような急勾配がないので

犬たちと歩くには最高の山道に思いました。

スミレ連れでも行けそうだわ。

アビーも楽しめそうですが体力的に距離が心配だなぁ

さすがのジャスミンもペースが落ちて、

のんびり歩く感じでしたから。

 

 

ふうふう言いながら、歩くこと1時間45分。

宝篋山の山頂に到着!

筑波山をBackに。

173c708b85e74513b733233eeaf140d8

 

日曜だけあって、たくさんの人が

お昼ごはんを食べていました(^^)

1ae11bd91cb64be99b2e191bf367d845

 

30分くらい休憩したかな。

伯母が作ってくれたおにぎりを食べ、

ジャスミンにも持参したお肉を食べさせて

帰りのルートはどこにしようか話し合いました。

 

帰り道はやっぱり、いつもの極楽寺コースがいいね、ということになり、

沢に沿って歩く最短コースにしました。

 

極楽寺コースは下り始めは急勾配が続きます。

木の幹に捕まりながら、滑らないよう

しっかり腰を据えて歩かなければならない場所もいくつかあります。

 

でも、赤みを帯びた真っ直ぐな杉の中を抜ける道は最高に気持ちが良いのです。

Ac1184b50dbe4cf39831a4776a4faaa1

 

赤色に染まったモミジも何本か眺めることができました。

Baa94f00430e4140a252e72980a25ccc

Df216c1e868741a6bbc7d3839d7328a0

 

下りはジャスミンも軽快に歩いていました。

その後ろ姿を眺められることを

本当に幸せに感じました(^^) 

De23c9b8f5ea4dc39863c42868c35c29

 

 

そして今回、初めて

ラフウェアのハンドルつきハーネスを

ジャスミンに着けてみました。

これがものすごく良かったのです!

 

ジャスミンの小さな足では渡れそうもない

沢に差し掛かったらひょいと持ち上げることができました。

939f0c383226477abaa045cb6cad2534

胸側にも布があるので、泥跳ねなど汚れ防止にもなりました。

 

 

楽しい沢沿いルートでは1時間もかからずに

下山できました。

69d37573e20b4d36850e70af59a2f4f5

楽しかったね〜(^^)

 

今回の上りの常願寺コースはとても気に入りました!

また近いうちに行きたいと思います。

 

 

 

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年~) 1.とらおのダイエット 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。