野鳥観察

2020年1月19日 (日)

カモのいる池へ行ってみたら

アビーの膿皮症が復活していて、もうホント頭痛いです。

週1,2回の通院がとにかく時間を取られるし、

毎晩の薬塗りは嫌がるのをなだめながらだから1時間もかかる、

そしてごはんに混ぜた薬は避けて食べるようになったためお口ポンにして朝晩に。

こんな苦労、早くヤメタイよ(>人<;)

 

と愚痴るのはブログだけにするために、

今年3度目のバードウォッチングへ。

 

前日から、雪なの?雨なの?降るの?

とヤキモキしてましたが、

朝起きると雨すら降ってない。

4f3b9d4f97e04ce494c752423750cb94

(奥に黒い塊。スミレ)

特にアビーは芝生が濡れているとデッキから下りないので、

こんなふうにしていると芝生は全く濡れてないことがわかります。

 

 

これなら、山道、大丈夫そう♪

というわけで、土浦市の宍塚大池へ行きました。

 

 

朝9時集合。気温は5度。

やっぱり粉雪が舞ってきました。

さすがにいつものメンバーはほとんどお休み。

少人数で楽しく散策スタートとなりました。

ニット帽に手袋、ブーツも防水・裏起毛の暖かいもの、

撥水ジャケットの下にはダウンベストを着て。

75eb806adfb4470881ecf790c37cdadf

こんなところを歩きます。

 

 

それでも池ではたくさんのカモが元気に泳いでいました。

ここのカモは近づいてこないので、ずーっと先にいます。

D5f17ebe90bb418f95b40bc4f575f072

マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、

ホシハジロ、オオバン、

そして初めてじっくり観察できたのはオカヨシガモ。

黄色やグリーンやオレンジ色といった色味がなく、

全体的にグレーでまとまって、小紋模様を胸にあしらう、

とても粋な感じのカモさんでした。

 

 

そしてこれ。円陣を組んでいるみたいに輪になって泳ぎ、

しきりと頭を水面に突っ込んでいます。

215115c02b4c4b0bac1c259de3a9f1fb

 

他のカモが脚で水をかいていると、水がかき回されて

下からプランクトンが浮いてくるため、それを食べるのだそう。

つながってぐるぐる周り、電車ごっこみたいでした。

 

 

池の周囲にはいくつかの散策道がありのですが、

小雪も止まずいつ雨が降ってくるかもわからないので

いつもの山道コースをやめて違う道で早めに帰ろうとすると、

 

エナガの群れに遭遇。

楽しそうに笹の葉にぶら下がったり、

細い枝から枝へ飛び移ったりしてました。

遊び好き、さえずり好き、そんなタイプ。

 

小鳥がいるのは、こんな竹藪の中が多いです。

E6ed304fd7f54eb6a62a5ec2b0f189f3

 

エガナの他にも、シジュウカラやカケス、

ジョウビタキのメスにも会えました!

ジョビさんのメスは、オスのように鮮やかなオレンジ色を持ちませんが、

後ろ姿をよく見せてくれたので双眼鏡でじっくり眺めると、

背中側にオレンジ色の羽があるのが見えました。

へ~、そうだったんだ~。

とても美人さんで惚れ惚れしました(^^)

 

 

それからすぐ近くでツグミとアカハラの小競り合いも

わずか数メートルのところで見られました。

想像するに、アカハラの餌場にツグミが入ってしまい、

アカハラが追い出そうとしてる、そんな感じでした。

ケンカに夢中で、うっかり私の前に出てきたと思われます。

 

アカハラの明るいレンガ色のお腹がとても綺麗でした。

ツグミのまだら模様もかわいいよ~(^^♪

アカハラとツグミは同じくらいのサイズなんですね、

そういうことは図鑑を見ているだけではなかなかわからないところ。

 

そして帰ろうと駐車場に向かうと、

近くの水田でタシギとクサシギを見ることもできました!

 

クサシギはスマートな体型で、1羽でいました。

胸からお尻までが真っ白なのでよく目立ち、

アヒルのようにお尻をしきりに上下させていました。

ご機嫌なのかしら。

 

 

タシギはずんぐりしていて、ファミリーでいました。

水の中に長いクチバシを突っ込んでは、夢中になってもぐもぐしてました。

まるっこい体系と食べることに夢中だったので、食いしん坊キャラだな。

 

 

そんなわけで昨日は大収穫でした。

寒い中、行ってよかった。

 

後半は休む間もなく双眼鏡を覗いていたので写真は撮れず。

どっちみち距離があるからスマホでは撮れそうもないですが。

 

 

帰宅すると、冷え切ったせいで背中のゾクゾク感が取れず、

アビーやジャスミンと小走りで散歩したり、

夕食には豚汁作ったり、

生姜入り葛湯を飲んだりしても寒気が治らず、

最終的には「発熱、寒気に」という栄養ドリンク飲んで寝ました。

393aa6ccd3f34f6f99468419276792f4

朝は背中のゾクゾクは無くなって、喉も痛くないし、大丈夫みたい。

油断しないで菊花茶をぐびぐびと飲みながらストレッチすると

体温が上がってきたような。

家事を終えたら、さてと!犬たちを何処に連れて行ってあげようかな。

今日と明日はお天気が良いようです。

 

 

 

 

2020年1月14日 (火)

今年2回目、冬鳥観察

冬は晴れの日が多いので、なんとか予定を整理してたくさんアウトドアしたいなぁ♪

というわけで、この三連休は半日だけ自分の時間が取れたので行ってきました!

 

「野鳥の会茨城県」主催の探鳥会♪

場所は土浦市の乙戸沼公園。

 

288cceadde4e4a72b1caa488e6133f1e

Ac4a0d33c7724a46a3815614c767b1da

 

沼の周りに遊歩道とジョギング道があり、
といっても一周30分程度の距離ですが
子供たちも楽しめる遊具がたくさんあっていつも人が多い場所です。

 

有名な公園なので、五年くらい前には犬たちと散歩に行ったことがあります。

けれど水鳥が多くて、ジャスミンもアビーもハンターモードになってしまい、
(当時は若かったから)
鳥たちが可哀想なので、その後は行くのを止めていました。


久しぶりに行ってみると様子が違う。。。?

 

 

478ba11917ff44f2bc438a49b238b107

 

こんなにたくさんのカモメさんはいなかったような。

聞くと、数年前から飛来するようになったそう。

 


野鳥も生き延びるために
時代に合わせて住処を変えていくのですねぇ。
多くは人間の環境破壊のせいでしょうけれど…

 そしてそういった地球規模での自然の状況を知るために探鳥会があるわけで。

 

このカモメさんたちは東京都の「都の鳥」ユリカモメ。

東京湾と行ったり来たりしている個体もいるだろうとのこと。

東京都が、一部のカモメさんに足輪を着けて生態を観察しているそうです。

2e724d2b186e467ca08b60b04d0f1db9

冬は頭部が白毛ですが、夏は黒くなるそう。
白いとふっくら見えてより可愛い♪


クチバシと脚の色で幼鳥か成鳥かを見分けられるそうで、
黄色味がかっているコはまだ0歳の幼鳥さん。

 D214125ec72844ec975bf5cbf2461dae

ということはこちらも。
羽に茶色が残っていて、お顔にあどけなさもあります。

C5097868c5ef465d9417f3efd2c0262b 

どこで生まれて、ここまで飛んできたのかな~

 


さて今回、私が乙戸沼公園に来たのは、
カモのことを詳しく知りたいなと思ったからでした。

 

お正月に行った坂東市菅生沼でのオナガガモが美しく
尚且つツガイの仲良しさにほっこりしまして、
なんだかどんどん興味が湧いてきて。

今年は私にとってカモ元年とすることにしました♪


野鳥観察デビューから三年目になりますが
見に行く時間もあまりなく、

野鳥それぞれの特徴もちっとも覚えられないののですけど。。。

 

 

でも、こういうことはその時その時が楽しいので、

いつまでも「初心者」でいいと思ってます(^^)

 


野鳥の会の皆さんが本当に親切にしてくださいますし。


今回見ることができたカモは、

オナガガモ、ヒドリガモ、

ハシビロガモ、ホシハジロ、

マガモにコガモ、カルガモでした。

32a93f22d4e64c55969fedc941b4fd6a

 

私はあまりよく見えませんでしたが

(性能良い双眼鏡が欲しい)

ミコアイサという、お顔がパンダ柄の珍しいカモもいました。


ハッ!気がつけば
カモの見分けが少しだけできるようになってる〜〜
嬉しい〜 (*゚▽゚*)

 

カモさんたちと一緒にオオバンとバンもいました♪

左の黒いコがオオバンさん。バンさんは撮れませんでした。

5f0d18e559da47e9999cf2edfdbdd895

 

鳴き声がツルみたい!と言ったら、
「どちらもツル目クイナ科だからね」と教えてもらいました。


そして、オオバンには水かきがあって、
バンには無い!というお勉強もできました。

 

オトナになってから
こういう形で観察やらお勉強やらができるのは
なんだか本当に楽しいのですよ♡


オオバンは特に、古河総合公園で出会ったときから、
丸っこくて可愛らしくて
すっかりファンになってしまったので
ここでも会えて幸せでした♡ (笑)


そしてオオバンちゃんはオスメス同色ですが
おでこの白い部分が、オスのほうがやや広いことを確認できました☆
本当にオスだったかはわかりませんけど(笑)

こんなふうにあれこれ想像しながら眺めるんですよ~
もう、かなりのオタクですね~(笑)

 A9e84e767f584f05ba95b5c735451ffb

 

 

コハクチョウもいましたが4羽だけ。

ここは水性植物がないから何を食べているのかなと気になり。

何年か前まではハスの花が咲いていたのに、
釣り人のために取ってしまったのだそう。

市の公園紹介を見ると「親子で釣りが楽しめます」とありました。

そういえば平沢官衙遺跡そばの大沼もきれいさっぱりハスを抜いてしまってたなぁ。

夏は一斉に花が咲いてとても綺麗だったのに残念に思っていました。

あれもまさか、釣り人のため??

 


そして初めて見たのは、潜水が得意なカイツブリ!!

全身が黒っぽくて身体が小さいから、

私ひとりでは全然わからなかった〜

 

 

そして、カンムリカイツブリもいました!!
こちらはちょっと大きいし、白毛もあるので見つけやすかったです。

 

8720a8f1f1604e20946de5adae50326b

写真ではちっともわかりませんね(+o+)

 

野鳥観察のときはまずは肉眼で野鳥を発見し、

そこに双眼鏡を合わせるのですが、

カイツブリさんたちはしきりと潜水するから、
いた!と思って双眼鏡を合わせると

・・・ あれ、もう、いない ・・・  (^∇^)

 

私がいま思い出して想像すると
潜水時間は5秒から10秒くらいかなぁ、

真下に潜るだけじゃなく進んでいくので、
潜った場所に双眼鏡を合わせて待っていても
遠くに顔を出すので、結局肉眼でしか見えませんでした(笑)

 

 

 

そして今となっては、この↓野鳥が誰だったかも覚えてない(笑)

 

07ff3c29b04c4554a62d54a10a8951a7

 

 

水鳥を楽しんだら、公園の外に出て、田畑や雑木林に現れる小鳥の観察です。

色々見られましたが、今日は省略。笑


そんなわけで、おそらく感覚的に4km前後くらいを
3時間かけてのんびり歩き、冬鳥さんをたくさん観察してきました。

来週末も探鳥会に参加したい!

この時期ならではの、冬鳥をたっぷり見たい〜!!

 

探鳥会は県内あちこちで、土日に開かれていて
ホームページで日時や場所、長靴がいいかどうかと、
参加のマナーやルールが確認できます。


無料で参加できることが、なによりです(^^)

どこの会に参加させてもらおうかな~
予約不要。その日の気分で~

 

54554cf5e727427fb56b87b721b3b08c

(ペアで仲良くヒドリガモ)

 

 

 

 

2020年1月 8日 (水)

お正月のコハクチョウ

また菅生沼のハクチョウを見てきました。

好きだなぁ、はい、好きです(笑)

 

お昼頃に行くと、この土地の所有者さんによる餌付けがあるので、

人が来るたびに白鳥もカモも「ごはんだ!」とばかりに寄ってきます。

 

2edd385e2f3e4f8a9868ac1f21d68a45

 

この場所に作られた橋は、水鳥観察にとてもよい造り。

間近でカモや白鳥が見られるのです。

写真ではいまいちですが、実際はお目目の色までくっきり見えます。

 

6fd61a699f4249a4a8bd8c65cb15f28d

(マガモさんペア)

 

そしてカモさんたちは、

マガモ、オナガガモ、ホシハジロがいました。

ホシハジロの赤いおメメを間近で見たのは

初めて!(左下の頭が茶色のコ)

D6053796a7f74332ac225bf2db1dc8dc

 

そしてカモのメスは一見地味ですが、

よく見ると羽の模様がとーっても美しいです。

オナガガモのメスの模様は幾何学模様のよう。

F585ab988b7c4132ba607523a1a615b9

 

普通の池にいる野生のカモですと、近づくと逃げるため

双眼鏡でもないとなかなかじっくり見られないのですが

ここではとてもよく見えるので、気が付けば50分くらい眺めてました。

 

そして白鳥は、「コハクチョウ」と、

5c73d993eeb54d879599d53578189e6f

 

「オオハクチョウ」も少しいました。

Bed431b6f3e4466291af89e35edcfe50

 

 

 

元気のないオオハクチョウの幼鳥がいたのですが

大丈夫かなぁと気になって…

奥のコがこのあと、何かを喉に詰まらせたような仕草で

咳を繰り返していて、

やがて陸に上がってしまいました。

4f14eff6f9024b898103bd86944444a4

(羽がグレーの白鳥たちは昨年夏ごろ生まれだそうです)

 

頑張って日本まで渡ってきたのに、

ここで息絶えるな!!

頑張るんだぞ!!

と思うしかできず。。。

野鳥は子猫のように保護できませんし。。。

気になってもどうにもできません。

 

 

これはオナガガモの潜水。

9d3df244fd1145d5bd412df2f3b7aa47

池の底の何かを食べようとしています。

 

 

3月くらいまでいるそうなので

また見に行きたいと思います♪

Ca462c164a2a411198fa6927b499a263

 

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年) 1. ふわりとゴルフィと故ソレイユ 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらおのダイエット とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。