アビーの突発性前庭障害

2021年8月20日 (金)

アビーが突発性前庭障害に(3)回復

症状が出てから、ちょうど2週間となる日の朝。

 

手伝ってあげないと自力で立てないアビーが、

顔を洗っている私のそばに

「おはよー」とふらつきながら歩いてきたのです!

 

ひとりで立てたのは10日ぶりくらいでした。

歓喜でした☆

 

 

前の晩、食べたごはんの量が増えたので

調子がよくなってきたのかも、と

期待していました。

やっぱり「食べることは、生きること」だなぁと☆

 

 

この日は雨続きだった空もやっと晴れた朝で、

気温がぐんぐん上がりそうだったので

ジャスミンとアビーと一緒に朝の散歩に出掛けました。

 

ジャスミンになんとか付いていくアビー。

85e89490fe324554afccc5d0a1e0e5cf

 

一緒だと楽しいね。

7845225f3f1a4fc5b29a694f81101aa6

 

とはいえ、さっさと歩いて帰りたいジャスミンの

スピードにはついていけず、

何度も何度もジャスミンに「待って」をお願いして

アビーのペースで歩いたのでした。

 

 

普段なら15分で終わる散歩コースが、

1時間もかかっていました (;^ω^)

 

私もアビーの誘導に必死なので、

そんなにもかかっていたとは驚きで。

 

朝からたくさん歩かされたアビー、

これまた久しぶりに手作りごはんをしっかり食べてくれました。

食欲不振のときはドッグフードやキャットフードしか

食べてくれませんでした。

06a2be80c00b410d98b7563c88548933

 

午前中はウロウロしていて、

スミレと会話したりもしてました。笑

65d3ef48ad7e48f8806046980a701847

 

午後になると、私の足元で眠る、という

普段のルーティンに戻りました。

 

34a00ef5bb004ad7a0466c67ed680ad1

 

 

翌朝も元気に起きて、朝散歩に出掛けました。

2日連続で早朝に起きてくれたことは

調子がよくなってきた証拠だと思います。

 

なのに💦

私が早起きできず、6時過ぎてしまったので

またジャスミンと一緒に。

Fd0f35c88de54578b410f9084a821275

ゆっくりすぎるペースなので

ジャスミンには申し訳なかったのですが、

アビーも一生懸命、歩いていました☆

 

まだぜんぜん病気前には遠いですが、

歩きたいと思う気持ちがあることは

喜ばしい限り☆

 

 

夕方は、後ろ脚に少し負荷をかけてみようと思い、

ゆるい坂道を歩かせてみました。

9fbfd0aa25374707aae82d974079f8ed

 

ふらふらしながらも、後ろ脚を踏ん張って歩きます。

とってもゆっくりで、時々止まりながら、です。

10ac7bdfed2440599fb2152c8da4c796

 

途中で栄養チャージさせるために、

お肉のジャーキーやチーズクッキーなどを

私がたくさん持っていることを知っているのか、

時々こうして「栄養チャージ希望!」と

私の顔を見上げます!笑笑

 

 

ひと休み中も、後ろ脚、ふんばる!!

このくらい開かないと立ち止まっていられません。

3496d24ca3c0455ab082f6982578f463

 

 

人間のリハビリと同じように、

病後というタイミングでいかに上手に筋肉を使うかが

復活のカギだと思うのですが、

なんせ私はそういう専門知識ゼロなので

とにかく「フィットネス」レッスンで習ったことを

思い出しながらアビーにやらせています。

 

歩いている途中で疲れたり転びそうになったりすると

アビーは自主的に立ち止まるので、

そのときは前脚や後ろ脚をさすってあげます。

 

それだけでも、きっととても気持ち良くて

疲れが減るのだと思います。

 

雨続きの時や、体(肉球など)が冷えているときは

下半身だけお灸をしてあげました。

それも良かったと思いたい。

 

 

言葉を持たない動物の状態をどれだけ把握できるか

本当に難しいですが、

そういうことも勉強を重ねることで

段々と分かってくるものです。

 

 

今朝は5時に起きられた私。

でもアビーはそれより先に起きていて、

私が起きるのを待っている間に

また寝てしまったようでした。

C7182c3724ac4d6086cd15d597365d32

 

この ↑ 写真からも、後ろ脚の力の無さを感じます。

 

回復までしばらくかかると思いますが、

少しずつ、知恵を働かせながら、

スイスイ歩けるように誘導してあげたいものです。

 

もう、お年寄り犬なので限界はあると思いますが。

 

 

というわけで、眼振、吐き気、旋回、斜頸といった症状は

無くなりましたので、

前庭障害そのものは「治った」と言えそうです。

本当に2週間程度で回復するのですねぇ。

酷かった時には信じられませんでしたが。

 

 

犬も歳をとると「急にくる」なんて言いかたをしますが

もしかすると前庭障害とか前提疾患と言われる症状かも

しれませんね。。。

 

私が10年前ごろに保護した子犬ちゃんたちも

シニア期に突入しているのだなぁと改めて思います。

 

月日が流れるのは早い。

 

どうかよく観察してあげてくださいませ。

 

といっても、

どのコもしっかりしたご家庭に託しているので

基本的に心配はしていませんが、

(うちのほうがよっぽど不安定💦)

 

ただ新型コロナの影響は

至る所に及んでいると思いますので、

これまでは不要だった心配も

今は常に心の中にあります。

里親さんご家族みんな、ご無事でいるかなぁと。。。

 

お互い、気張って頑張りましょう。

そしてリフレッシュやリラックスも忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月16日 (月)

アビーが突発性前庭障害に(2)

アビーの嘔吐と食欲不振(吐き気)、眼振、旋回は

5日目になり、より酷くなっていました。

 

前日のコロナワクチン接種(2回目)で

39度近い高熱が出ていた私は、

アビーを診てもらうか、

明日にするか迷っていました。

酷くめまいがして

運転することに自信が無く・・・

 

しかし、心配なのは脱水です。

一日様子を見ても良いかどうか考えると

心配で寝てもいられず、

結局、病院に電話をかけ、

午前中の最後ならば診てくださるということで、

連れていくことにしました。

 

すると、同じくワクチン接種で発熱し始めていた夫が、

「オレはまだ運転できる」といって、

大急ぎで連れて行ってくれました。

 

夫はアビーをとてもかわいがっています。

 

病院では、水分の点滴、

吐き気止め2種とステロイドの注射をしてもらい、

アビーは少し楽になったようでした。

 

その様子を見て私もホッとして熟睡でき、

夕方にはほぼ解熱、丸一日食べられなかったのですが

夜には食欲も回復しました。

 

 

余談ですが、

これからモデルナワクチン接種の方は

解熱剤は2,3種類くらい用意しておくと

安心かもしれません。

 

私の場合、2種類服用しても効かず、

3種類目でようやく解熱しました。

 

 

大変な一日を終え、この日はみんなで早寝しました。

 

 

 

6日目の朝。お水をガブガブ飲んでいたものの、

これまでのように吐き出すことはなくなりました。

 

でも、頭が左に傾いたまま飲むので、

お水は少しずつしか入っていない感じでした。

6ffa9758303246b698fa7974f057711e

 

 

それで先生に電話で様子を伝え、

その後のケアについてアドバイスをいただきました。

翌日から病院は5連休でした。

 

 

故障が起きている内耳側に首が傾くそうです。

アビーの場合、どうやら左のようです。

6f4351d86fda4c3e970ab05d5922b2ae

 

 

吐き気が止まっても、バランスがうまく取れないため、

きちんと立つことができません。

Ecb905f37eae40a6b8511850225a87c0

 

見たい方向、気になる方向があっても

そちらにすぐに顔を向けることができないようで、

お目目だけがクリッと動くようになっていました。

124e886b1b8343f3a9dee4ba39e63fa0

 

それでも歩き出せば、なんとか前に歩けるようになりました。

https://youtu.be/PiEmxbpNTXQ

 

 

そしてやっと、夜には少し

食べられるようになりました。

寝そべったままですけれど(笑)

09d5ae021678486583184454116c575d

 

 

立つと目が回るから、そこで食べなさいと

私が勧めたのでした(^.^)

 

 

食べた後は、こんなところに入って

落ち着いてました。

体を支えてもらいたいのでしょうね。

331fa953a22a4653a58b51b986b0cc4d

 

というわけで、一番ひどかったのは4日から5日目で、

病院で治療していただいたことで

翌日は症状が和らぎ、

7日目からはわずかながら回復傾向に転じました。

 

 

 

もうろうとして視点が定まらなったのに

お顔が明るくなってきて、

キッチンに続く柵の前ではちゃんと止まれるようになりました。

8cd14a35e65e4960a3d5619bca3c7971

 

 

アビーは耳が聞こえないので、

私がどこにいるかを目視でしか確認できません。

 

それで首が斜めのまま探しに来るので

ちょっと可愛かったりしました(^.^)

06cc58de809340e98fa92caf17dbfa0f

 

このころから、ひっくり返ることはなくなりました。

でもまだ、ふらつきは残るので、家具の周りには

段ボール。。。

 

それに、まだ、よだれが常に出ていました。

床のあちこちに染みやら汚れやらの跡ができました。

 

 

 

 

8日目~10日目にかけては、

少しずつ、ふらつきが減っていきました。

 

https://youtu.be/Jz5Bc20i4gc

 

ただ、食べられるごはんの量は少なく、

立ったり座ったりが自分だけではなかなかできません。

 

筋肉が著しく落ちました。

 

立とうとして尻もちをついてしまったのか、

後ろ脚がこんな角度になってしまっても

自分で治せない状態です。

チカラが入らなくなっているようでした。

0a6a104faca941769b47aa43ad921dbc

 

 

散歩は午前中に1回、夕方に1回行くようにしました。

外に出るのもやっとですが、

歩き始めてしまえば、だんだんとリズムよく歩けるように

なっていきました。

 

でも距離はとても短め、

立ち止まってじっとすることも多いため、

時間は何倍もかかります。

 

ハーネスとリードでフォローすることもありますが、

できるだけ自分の力で歩くよう、

少々よろけても少し離れて見守りました。

 

ここで過保護にしてしまうと、

バランス感覚が戻らなくなるかもしれないし、

あっという間に筋肉が衰えて、

寝たきりになってしまうと思うので。

 

 

また、これまでのようなタイムスケジュールで

動けないアビーは

深夜にごはんを食べたりしています。

94470d2c9a0c4a558e7d6abb458412d6

 

 

 

そろそろ2週間が経ちます。

 

「治った!」というようなわかりやすいタイミングは

ないと思いますが、

とにかく食欲が戻れば、落ちた筋肉の回復もできるはず。

 

なんとか私も気張って、

アビーの回復をフォローしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月14日 (土)

アビーが突発性前庭障害に(1)

アビーに異変が起きました。


先週木曜、前回の記事をアップして

日暮れ間近になってからお散歩に出発。

 

いつもより気温が低いからか、

ルンルン小走りで進んでいくアビーを見て、

今日は調子がいいんだなぁと嬉しくなりました。

 

ところが、15分くらい行った先で

アビーが突然ふらつきはじめました。

 

比較的涼しいのに熱中症?!と思い、

お水を飲ませながら、時々座らせたりもして

ゆっくりゆっくり帰ってきました。

 

ふらつき始めたときの動画です。

https://youtu.be/0HR8fGEJXcU

 

帰宅してからはいつも通りごはんを食べて

吐き出すこともなく、よく眠っていたので

なんだったのだろうと、ちょっと不気味でした。

 

 

そして翌日。やっぱりヨロヨロとしています。

https://youtu.be/7bkjX2QtKJQ

 

急に老化が進んだのかなぁ・・・

やっぱり軽めの熱中症で不調なのかなぁ・・・

とあれこれ考えていました。

 

朝の散歩の後はぐっすり眠りこんでしまいました。

C938bf88aa5c4ec2841094563980bbd8

 

しかし夕方の散歩で驚きました。

やはり途中からふらふらし始めて、

まっすぐ前に進めなくなってしまったのです。

 

仕方なく、10分ちょっとくらい、

抱えて帰宅したのでした。

 

帰宅すると、眼振が出ていることに気が付きました。

わんこは黒目が大きいのでわかりにくいのですが、

アンダンテくらいの速さで左右に瞳が動いています。

それは目を閉じていても、瞼の動きでわかりました。

 

以下は3日目の朝に撮った動画です。

https://youtu.be/_pIPGTqMPZs

 

眼振が出ているとなると、脳か耳か、

ということで、病気辞典で調べてみました。

 

色々書いてありましたが、おそらく

高齢犬に出やすいという前庭疾患だろうと思いました。

耳の奥の平衡感覚をつかさどる器官の故障です。

 

 

異変が起きてから3日目の朝は

ふらつきと眼振に加えて、

同じ方向に繰り返し振り向く動作が出て、

https://youtu.be/qpQTfxzVlJ0

さらに前脚が踏ん張れずに転倒するようにもなりました。

https://youtu.be/sid6JXi_38Q

 

ちょうどその日の昼に、

スミレさんの通院があったので

先生に様子を話してみました。

雑種犬に多い、前庭障害だろうとのことでした。

ビンゴでした。

 

吐き気が出るようなら吐き気止めを、

まったく食べないようなら水分の点滴を、

という説明をいただいて帰宅しました。

 

 

午後にはもう、ハーネスをつけて補助しないと

立てなくなっていました。

E387580994e94f64a298f683ec19f2de

 

あまりのふらつき具合に、避難するジャスミン。

離れたところからアビーの様子を見ています。

Ee50911cda70452c9e2075e0b03fe395

 

 

夕方になると、アビーはお水を大量に飲み、

未消化の朝ごはんをドバーッと吐き出しました。

 

よだれも常に出ていました。

ひとりでは立ち上がれないので、

室内でもハーネスを着けるしかありません。

このハーネスは胸全体を一枚の布が

カバーしてくれるので、

背中側のハンドルを持ち上げれば、アビーは楽に立てます。

A7b25e6350404d28b84a6716bb484eed

 

それからは何も食べられなくなりましたが

お水だけはよく飲んでいました。

 

また、首が持ち上がらないようでした。

Eb4c8a43d4eb47d1a5c0879b3b4d45d6

 

4日目もお水を飲んで胃液を吐いて、ぐったりしていました。

日曜ですから病院はお休みです。

 

首の皮をつまんでは脱水状態を確かめましたが、

老犬だから伸び切っているのか、

脱水しているのかよくわかりませんでした。

 

健康な時からつまんでおけばよかったと

思いました。(なんか変?)

 

 

とにかく、月曜になったら診てもらわなきゃと、

それ以外の動作についても慎重に観察していました。

日曜は台風が近づいていたので

普段から低気圧で元気がなくなるアビーにとっては

気分の悪い時間帯が長く続いたことになります。

 

 

しかしタイミングの悪いことに・・・

日曜の午後、私はコロナワクチン2回目接種で、

夜9時くらいから高熱を出してしまうのでした・・・

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年~) 1.とらおのダイエット 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ 9.愛犬とハイキング Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) ふわりとゴルフィと故ソレイユ(決定) アビーの突発性前庭障害 エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) コンブくん(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 気管虚脱 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 野鳥観察 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

よく利用するサイト

  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。